2019年09月14日

養殖アユもここまで来た すだち鮎という商品

父が亡くなってから天然の鮎を食べる機会がなくなっている。
養殖の鮎は見るのも…という感じだったが
先日、県内の養殖鮎を食べて認識が変わった。
(養殖鮎を食べると脂でぎらつくのが常)

体高は天然物よりやや高い養殖体型だが、かなり天然に近づいた。
釣り師にはおなじみの黄斑が見えているのも特徴。
エサのなかにすだちを混ぜているとのことだが
確かに香酸柑橘の持つ抗菌作用や整腸作用もあるのだろうが
それだけでなく水質の管理なども含めて
エサを総合的に吟味されているのだろうと思う。
DSCF0913-1.jpg

そのため、ぶよぶよ感がなく、健康的な印象を受ける。
(ストレスが少ないとか、水の循環が良いとか、エサの質が高くしかも与えすぎていないとか)
天然アユを常食している人に食べてもらっても
おそらくは半分ぐらいの人は養殖と気付かないだろう。
そのレベルである。
DSCF0932-1.jpg

塩焼きがだんぜんおいしいが、さしみもありえる。
(管理が行き届いていれば天然モノと違って 寄生虫はだいじょうぶだから)
DSCF0920-1.jpg

天然アユでも川によってずいぶん味が違う。
(水のミネラル成分も影響している気がする)
吉野川本流や那賀川本流はいまひとつ。
水温の低い川、ダムのない支流などのほうが明らかにいい。
県内では、鮎喰川、海部川、野根川、勝浦川の月ヶ谷温泉から上流あたりだろうか。

父はアユの研究で博士号を取られた在野の研究者、谷崎鱗海さんに教えてもらったと言っていたが
養殖物がここまで来ると谷崎さんが生きておられたら目を丸くされているだろう。

谷崎さんについて以前に書いた記事
http://soratoumi2.sblo.jp/article/174363083.html

ウナギでいえば四万十市の加持養鰻場
http://www.shimantogawa-unagi.jp/indextop.html
以前に地元の商工会議所に同席していただいて訪問したことがある。
天然モノよりおいしい、というのは多くの人の評価。

今回のアユは徳島市国府町の岩崎商店。
(国府町は徳島市内の水道水ではもっともおいしい地区。おそらくは吉野川の伏流水が影響しているのだろう。地質は砂利層と粘土層が分布していると思われるが、もともとの川の流路だった場所なら地下水も豊富だろう)

すだち鮎 岩崎商店
https://s-iwasaki.com/

人知れずよいものをつくっている事業所を応援したくなる。

タグ:吉野川
posted by 平井 吉信 at 16:01| Comment(0) | 山、川、海、山野草

鮎戸ノ瀬とアユ 


吉野川小歩危峡から少し下ったところに
吉野川のなかでも有数の激流をなす鮎戸ノ瀬という場所がある。

アユも一気に上れないので立ち止まる箇所である。
地元の人は流れの緩い場所で錘を付けて針を上下に動かしてひっかける。

鮎戸ノ瀬が太公望で賑わったのは池田ダムができる前のこと。
けれどダムには階段式の魚道があり、上る個体もいるようだ。
(ダム湖に遭遇した個体は戸惑うのではないか。川の上流にどこまでも静水が続く環境は魚のDNA=記憶にはないだろうから)
DSCF6066-1.jpg

D7N_5023-1.jpg

D7N_5025-1.jpg
吉野川にダムがなければ世界有数の観光地となっていただろうと
インバウンドで賑わう大歩危小歩危と祖谷地区を見ていると思ってしまう。


タグ:吉野川
posted by 平井 吉信 at 14:37| Comment(0) | 山、川、海、山野草

ウリハムシギャング団 庭のキキョウに出現


6月に開花したキキョウ(園芸種)が9月に入ってなお蕾を付けている。
盛期のような花の大きさはないが、小さくても可憐。

ある朝、キキョウの花弁に黄色と黒の見るからに悪そうな虫が寄っていた。
ウリハムシ。
D7N_4947.jpg

D7N_5020-1.jpg

D7N_5008-2.jpg

D7N_5017-1.jpg

これから開花しようとしていた花が犠牲に。
D7N_5003-1.jpg

DSCF6057-1.jpg

庭での植物間の競合には不干渉を決めているが
毛虫と害虫だけは別。
写真撮影を行ったあと、薬剤で駆除。
posted by 平井 吉信 at 13:52| Comment(0) | 家の庭

2019年09月13日

西日を受けて西を向いた狸は温度が上がるので


仕事が終わったその場から散策する。

巨大なたぬきの像が鎮座する公園にやってきた。
子どもの頃は国鉄小松島駅と隣接する新港公園があった場所。
いつ果てるともなく続く12両編成の列車が通るたび、
人力で踏切を上げ下げするのだ。
いつの時代?と言われそうだが
子どもの頃には蒸気機関車も走っていた。

国鉄小松島線が廃止後に広大な敷地が公園に変わった。
そこに鎮座するのがスタジオジブリの作品の主人公になった金長狸である。
DSFT3943.jpg

手を叩くとありがたくも狸の霊能力で滝が落ちてくるとの伝説があるが
この日は現れなかった。

西に傾いた太陽から熱波を浴びている。
彼は西日をまともに受けているので温度が上昇してセンサーが動作しないのだろう。

暑い!という声が公園の散策びとからも漏れてくる。
でも、見上げた空が夏と違うことに気付いた。
DSFT3947.jpg


posted by 平井 吉信 at 22:24| Comment(0) | 徳島

世界三大土柱のひとつ 阿波の土柱


といってもグランドキャニオンには及ばない。
崖といえばサスペンス。2時間ドラマがテレビから消えて久しい。
確か浅見光彦の事件もここで起こったのでは?
(藍色回廊殺人事件)

土柱へは徳島道(高速)を降りずに阿波SAに車を置いて歩いて行くこともできる。

土柱観光の拠点は土柱ランド新温泉という施設だが、
9月から新たに露天風呂が加わった。
http://dochuland.com/

公営駐車場に車を置いて遊歩道を高度を上げていくうち
西に向いた土柱が現れて正面から対面する。
DSFT0085-1.jpg

DSCF0734-1.jpg

さらに土柱のある谷を迂回するように高度を上げていくと
いつのまにか土柱のある尾根に出る。
前の写真で正面に見えていた崖の上に立っている。
DSFT0096-1.jpg

ここの遊歩道には柵もなければ手すりもない。
道ばたから崖になっているのでご注意。
DSFT0101-1.jpg



DSCF0737-1.jpg

DSC_3122_1.jpg

DSXE1712.jpg

DSC_1251-1.jpg

DSFT0109-1.jpg

この土柱を10数年追ってみたのでまとめて並べてみる。
季節も異なれば時間も違う。
それでも土柱の険しさが薄れている様子はうかがい知ることができる。

それも自然の摂理。
変わりゆくことが社会の常であるとすれば
無常が常という矛盾が社会ということになる。
つまり人の世は矛盾を抱えて生きるなかに本質がある。

風に吹かれて土柱を見れば、熱風一辺倒でない秋が忍び寄る。
posted by 平井 吉信 at 22:14| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2019年09月08日

森に包まれ山気が迫る朝立彦神社(徳島市飯谷町)


徳島市から勝浦町方面に行く方はご存知と思うが
県道に「朝立彦神社」の標識がある。
(読み方は「あさだてひこ」)
もしかして由緒ある神社かもしれない…。
そう思った方は多いのでは。

由来は知らない。
でもこの神社はその立地が異質である。
立派な神社だが、車や自転車でたどり着けない場所にある。

中津峰山系の東端、平石山の尾根を勝浦川に向かってたどった尾根筋にある。
その尾根は馬場のように細長い平坦な空間がある。
ただしそれは崖の上。
このような立地ゆえ、神社へは登山道を経由する。
そのために車を停める場所すらなかったが
近年は奧まで車道が延びて終点に駐車できる場所ができた。
けれどそこからは徒歩のみ。

アプローチの始まりは長柱(なごしろ)の潜水橋を渡るところから。
勝浦川中下流でもっとも秘境感漂う場所。
DSCF5025-1.jpg

DSCF5035-1.jpg

潜水橋とは大水が出れば水中に潜ることで流出を防ぐとともに
最短距離で両岸をつなぐため歩行者や自転車通行車には利点がある。
県内の潜水橋で転落事故が起こったため背の低い欄干が設けられている。
DSC_3783-1.jpg

DSCF9811-1.jpg

まちから来た人は不安になる細い道を上まで上がっていく。やがて分岐を左折する。ここも道は狭い。
ようやく行き着いた終点に車を停めてさっそく上がりはじめる。

神社の参道というよりは登山。周辺の森は生命感あふれる。女性がひとりでは寂しさを感じるだろう。
DSFT3388.jpg

DSFT3391.jpg

DSFT3420-1.jpg

DSFT3423-1.jpg

DSFT3427-1.jpg

やがて森に包まれて鳥居が見えてくる
DSFT3438-1.jpg

DSFT3447-Edit-1.jpg

神社のある尾根は崖に囲まれている
DSFT3450-Edit-1.jpg

神社が見えてきた。ご祭神は和多津見豊玉彦命
DSFT3458-1.jpg

DSFT3487.jpg

上がりきると西はそのまま森へと分け入っていく
東は明るい芝生。その昔は馬術の訓練に使ったのではないかと推察(馬場)。
四国では尾根に平坦な地形があるとそのように使われていたはずだから。
DSFT3498-1.jpg

DSFT3470-1.jpg

南を見下ろすと勝浦川と勝浦町。
DSFT3478-1.jpg

雨乞いの祈祷が行われたとされるお亀の岩
DSFT3482-1.jpg

東の展望できる場所でおにぎりを食べるのもいい
周囲を見ながら歴史と山気を感じていたい。
(こんな神社こそ霊力あらたかではないかと思えるほど。お願いごとはしないけれど)
DSFT3504-1.jpg

DSFT3513-1.jpg

DSFT3458-1.jpg



posted by 平井 吉信 at 15:59| Comment(0) | 山、川、海、山野草

小松島港


DSFT3809.jpg

DSFT3807-1.jpg

DSFT3813.jpg

DSFT3816.jpg

posted by 平井 吉信 at 12:36| Comment(0) | まちめぐり