2019年04月04日

明日香から万葉の世界へ 万葉恋歌


万葉集が好きになったのは中学の頃の旅行がきっかけだった。
国語を担当する担任の先生が明日香村へと連れていっていただいた。
高松塚古墳の壁画がブームになっていた頃だったと記憶する。

甘樫丘、雷の丘と飛鳥川、岡寺、伝飛鳥浄御原の宮、石舞台古墳、天武持統陵、鬼の雪隠、亀石などを自転車でめぐる夢のような三日間だった。
明日香村の地形は以下の記述のように変化に富んで
そこに四季折々の風情、光の彩なす影、風のそよぐ緑、棚田の色彩に古京がたたずまい
自転車や徒歩がとても楽しい。
「明日香川上流は山また山として、檜隈は野、真弓は丘、そして山と丘に囲まれた飛鳥古京は箱庭のような原としてとらえることができる(「万葉の歌 明日香・橿原」(中西進企画、清原和義著)



これが古墳や考古学、古代文学に思いをはせるきっかけとなった。
その後、何度か明日香を訪れては感慨に浸っている。

馬子の墓とされる石舞台古墳
DSC_1678-1.jpg

いまも昔もそう変わっていない飛鳥川
DSC_1718-1.jpg

DSC_1717-1.jpg

明日香川明日も渡らむ石橋の遠き心は思ほえぬかも


明日香河川淀さらず立つ霧の思ひ過ぐべき恋にあらなくに


落ち着いたまちなみは地元が意識して守っているもの(橘寺周辺)
DSC_1731-1.jpg

橘の寺の長屋にわが率寝し童女放髪は髪上げつらむか


川原寺を望む
DSC_1729-1.jpg

かつての都が置かれていた場所(飛鳥宮跡・伝飛鳥板蓋宮跡/飛鳥浄御原宮跡)
DSC_1753-1.jpg

甘樫丘はいつ来ても明日香を濃厚に感じるところ。かつては盟神探湯が行われた
DSC_1641-1.jpg

丘からは大和三山や大原が見える
DSC_1606-1.jpg

DSC_1692-1.jpg

田んぼにこんなものが古代からあるなんて(亀石)
DSC_1732-1.jpg

吉備姫王墓の猿石
DSC_1810-1.jpg

DSC_1813-1.jpg

庭園のようでもあり儀式の場のようでもあり(亀形石槽)
DSC_1776-1.jpg

DSC_1781-1.jpg

檜隈の中心地、中尾山古墳へ。自転車で徒歩でめぐる飛鳥路のなつかしい感じはどこから来るのだろう(高松塚古墳の近傍にて)
DSC_1826-1.jpg

さ桧の隈 桧隈川の 瀬を早み 君が手取らば 言寄せむかも

(↑絵のように美しい場面ですね)

高松塚古墳の北にある中尾山古墳。宮内庁の定める文武天皇陵とは別に中尾山古墳が文武陵ではないかとの説が有力。いずれにしても親族が集まって埋葬されている事実に変わりはない
DSC_1835-1.jpg

田園を逍遥すると印象的な丘がある。なぜかなつかしささえ感じる(高松塚古墳の南方にある文武天皇陵=檜隈安古岡上陵)
DSC_1927-1.jpg

天武・持統天皇陵(檜隈大内陵)
DSC_1736-1.jpg

春過ぎて夏来るらし白妙の衣乾したり天の香具山




万葉集がいいのは表現がまっすぐな歌、おおらかなうたが多いこと。
永井路子さんいわく
「そこかしこにも、みずみずしい愛の息吹きがあり、率直すぎるほど率直な欲望の告白があった」。
目のやり場にもこまる感じと記されている。
確かに「新肌触れし児ろしかなしも」などといわれるとそうだろう。
(この直截な言い方とその裏にある得意気な顔と逢えない時間がやりきれない切なさが入り交じった感情を現代の日本語で書き表すことは難しい。例え言葉で言い得てもその感情を追体験する場面がないから)

この時代は耐え忍ぶ恋が美徳だなんて思っていない。
縄文の時代にピカソのような表現があったように(わびさびとは程遠い)
ほんの少し前の日本には夜這いと若い衆組による仲裁などがあったという。
万葉集には日本人の愛のかたち、原形があるとも結論づけている。

多摩川にさらす手作りさらさらに 何そこの児のここだかなしき


音楽のような余韻を残す言葉の存在感も今日の日本語からは消えている。

会っている間が夫婦であり結婚であったという古代の結婚観も図々しくも新鮮。
魅力がなくなれば関係は消滅する。
だからこそ逢瀬にかける。

君が行く道の長路を繰り畳ね焼き亡ぼさむ天の火もがも

これは激しい。
旅に出る恋人が通る道を焼き尽くすという女の情念。

吾を待つと君が濡れけむ足引の山のしづくにならましものを


二人行けど行き過ぎ難き秋山をいかにか君が独り越ゆらむ

大津皇子をめぐる女たちのつややかな返歌や姉の弟を想う絶唱。


この著作が生まれたのは1972年。
高度経済成長、カップヌードル、インスタントな恋愛という風潮のなかで
万葉を通して愛の原形を見つめている。
その文体は口語体でラジオのDJのようでありながら
ふと立ち止まる瞬間に古の薫風が当時の香りをまとって
いまの時代に吹いてくる。
アカデミックとは無縁の万葉集の読み解きだが、
万葉集のなかでも恋の歌を集めて永井ワールドを全開に魅力を語っている。
いまの二十代の人が見ても共感できるのではないだろうか。

(目次)
プロローグ 日本人の愛の原型
1 片恋
2 ひと目見し人
3 ひめごと
4 悦びを謳う
5 待つ
6 別れてある時も
7 夫と妻
8 人妻ゆえに
9 悲しき恋の物語
10 万葉の恋愛美学

残念ながらこの名著も廃刊となっているかもしれないが、中古では手に入る。


https://amzn.to/2OFrbz2
(Kindleででも復刻してもらえないかな)

手持ちの1995年光文社名著愛蔵版の初版1刷と2004年同文庫本の初版1刷
DSCF0082-1.jpg



タグ:縄文 万葉集
posted by 平井 吉信 at 00:14| Comment(0) | 生きる

2019年04月02日

平成から令和へ 夫婦桜(立江町) 

天皇皇后両陛下には格別な尊敬の念とともに親近感を覚える。
宿命という立ち位置に言葉で言い表せない苦悩を感じられ
自問自答しながら今日までご公務を務められたのではないか。
実直で飾らないお人柄。
平成という文字はお二人の生き方のようにも思える。

そして、令和。
万葉集からの典拠という。
万葉の直截ないいかたが良くて就寝前にその世界観に浸ることもあった。
ぼくも著書を持っているその方が考案者かもしれないともいう。
よく吟味されて軽やかで雅な音がする。
女性的な価値観の普遍化がこの元号に秘められていないだろうか。

樹齢百年を超える桜が寄り添って咲く場所がある。
空に田畑にと広げた腕の壮大さ、緻密さ、力強さ。
花びらが太陽を隠すほどの樹勢は衰えることなく。
退位を目前に平成から令和へと流れる時間…。
時折白装束のお遍路が道を行くのが見えるが
ここには誰もいない。
ぼくは桜の木の下で立ちすくむ。10分、20分、半時間、さらにさらに―。
D7N_3663-1.jpg

DSFT3312-1.jpg

DSCF9794.jpg

DSFT3317(1).jpg

両手いっぱい満開で応える姿を心の目で写し取って
平成から令和へと受けつぐ時間の重みを感じていた。
DSFT3333-1.jpg
タグ: 令和
posted by 平井 吉信 at 00:05| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2019年04月01日

岩脇公園(どんがん淵)の桜(羽ノ浦町)

雨が降る。
きょうは新元号の発表の日。
気温は冷たく風が強い。
どんがん淵も人はまばら。
それでもときどき雲間からこぼれる太陽が置き忘れた春をそっと置いていく
DSFT3278-1.jpg

DSFT3280.jpg

D7N_3615-1.jpg

D7N_3619-1.jpg

D7N_3640-1.jpg

D7N_3651-2.jpg

D7N_3658-1.jpg

桜を眺めながらラジオで知る。
新元号は「令和」と決まった。
なるほど、こんなにいい場所はない。
DSCF9770-2.jpg
タグ: 羽ノ浦町
posted by 平井 吉信 at 23:44| Comment(0) | 山、川、海、山野草

生名谷川の桜(勝浦町)

D7N_3571-1.jpg

D7N_3570-1.jpg

D7N_3572-1.jpg

D7N_3574.jpg

D7N_3577-1.jpg

D7N_3594-1.jpg

D7N_3581-1.jpg

D7N_3596-1.jpg

DSCF9755-1.jpg

DSCF9756-1.jpg

タグ:
posted by 平井 吉信 at 23:24| Comment(0) | 山、川、海、山野草

雨あがり 滴をたたえた桜 夕暮れに浮かぶ


桜は高い空の下で見るのがいい。
空と分離して光が対照をなすから。
でも、雨の滴をたたえた雨上がりの桜はさらにいい。
DSFT3184-1.jpg

DSFT3190-1.jpg

DSFT3192-1.jpg

DSFT3199-1.jpg
撮影地:大坂峠のあせび公園(板野町)

DSFT3202-1.jpg

DSFT3208-1.jpg

DSFT3242-1.jpg

DSFT3252-1.jpg

DSFT3259-1.jpg

撮影地:桜づつみ公園(藍住町)
タグ:
posted by 平井 吉信 at 23:17| Comment(0) | 山、川、海、山野草