2019年02月23日

日和佐の恵比須洞 

美波町のWebサイトに紹介されている恵比須洞をついでに訪ねてみた。
https://www.town.minami.tokushima.jp/kanko/spots/06ebisu.html

ついでに、というのはわざわざ訪問の主目的としないという意味。
ウミガメで有名な大浜海岸を山沿いに上がって
「ホテル白い灯台」を過ぎて恵比須浜に下っていく途中に恵比須洞はある。

車は県道沿いに数台停められる。そこから歩いて半島を一周する。
上り下りの高低差はあるのでそれはそれで愉しめる。
DSCF8119-1.jpg

振り返るとホテル白い灯台。
白い灯台が白くないのはウミガメの上陸に配慮したため。
(少しでも陸に反射する光があるとウミガメが上陸を避けるので空色になった)
DSCF8128-1.jpg

曇りの日であったが海の深みは印象的
DSFT1256-1.jpg

神社があって半島をぐるりと一周して戻るけど時間はそれほどかからない。
次に恵比須浜へと車で降りていく。

逆光を受けた恵比須浜
周辺にはサテライトオフィスがある。
DSCF8141-1.jpg

周辺に自生する植物や樹木を見るのも楽しみ
DSFT1269.jpg

船が出て行くのは入り江の奥の港と外洋をつなぐ水路。
かつてこの狭い水道で潮干狩りをした記憶がある(アサリ)。
DSCF8149-1.jpg

残照を浴びる白い灯台。
DSFT1280-1.jpg

道の駅日和佐までやってきたときのオプションのひとつとして
恵比須洞と恵比須浜はどうだろう。

posted by 平井 吉信 at 22:51| Comment(0) | 山、川、海、山野草

春を待つ小川 河原のこみち 支流の日だまり 朝の海 〜四万十市周辺〜


仕事で訪れた四万十市周辺で道草をするのはいい感じ。

安並地区の水車(四万十市)
DSFT1753-1.jpg

DSCF8500-1.jpg

四万十川下流にあって黒尊川ととともに清冽な支流の後川(四万十市)
中村郊外(作並の風車からも近い)では日だまりの川
DSCF8470-1.jpg

DSFT1710-1.jpg

蕨岡(わらびおか)まで来れば水はいちだんと澄む
DSFT1736-1.jpg

四万十川本流 赤鉄橋の上流 菜の花にはまだ早い(四万十市)
DSCF8507-1.jpg

DSFT1788-1.jpg

DSFT1796-1.jpg

大方浮鞭の海(黒潮町)
渚に差し込む朝夕の光の錯乱を国道から眺められる
それも幾重にもわたって長い距離を斜めから見るように
DSFT1813-1.jpg

ときめきを感じてしばらくそこにいた
DSFT1810-1.jpg

まちには近いが春には遠い
茫洋とした光に包まれたそれぞれの場所で
すでに春の予告編を見たようが気がした。
posted by 平井 吉信 at 11:37| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2019年02月11日

食べることで身体を癒していく 


このところ仕事が立て込んでいたうえ
風邪の人との面談が相次いだ。
疲労もあったのだろう、しばらくして風邪を引いた。

連休中は寝たり起きたり。
その合間に仕事をしている。
今朝は寒く感じて室温をみれば8〜9度。
エアコンがないので冬の室内は10度〜12度ぐらいだが
慣れてしまってキーボードを打つ手もなめらかに動く。
高気密高断熱の家屋で全体暖房が理想だろうが
うちはそうもいかない。エアコンを付けないのはきかないから。

鼻水が止まらなくて風邪+アレルギー性鼻炎のような症状。
日曜でもやっていて漢方薬を処方してくれる医院が近所にあったので行ってみた。
けれど忙しいのか流れ作業で診察は瞬時に終了(忙しいのはわかるけど…)。
体温すら計らず自己申告だった。家庭の体温計は信用できるのだろうか。

結果はアレルギーの対症療法の薬を処方された(ザイザル錠、モンテルカスト錠)。
(患者一人ひとりに適切な処方はあるというのに。かかりつけ医ならおそらく葛根湯加川キュウ辛夷を処方するだろうけど、ここは初診)
実際に主訴は解消したけれど(それはそれで仕事に出るので無意味とは言わないが)
体調(現在の体質)を改善しなければ意味がない。

熱っぽさがなく平熱だが芯から冷たい感じがする。
(平熱は36度台後半であるが、計ってみるとそれより低い)
この時点でインフルエンザは却下できる。

ということで自己診断は麻黄附子細辛湯の処方。
(似たような位置づけでは小青竜湯があるけれどこちらを選んだ)
なかなか薬局には売っていないが近所の店頭で探し出した。
https://shop.cosmospc.co.jp/products/detail.php?product_id=680
(インターネットでも少ない)

急性鼻炎のようなアレルギー症状が治まる今夜ぐらいから
葛根湯加川キュウ辛夷か辛夷清肺湯(手に入りやすい商品名ではチクナイン)に切り替えていく。
https://www.kobayashi.co.jp/brand/chikunain/prejudice.html

それ以上に食事が大切。
身体をあたためるスープは20分もあればつくれる。
ニンジン、赤タマネギ、生姜、エノキに酒、塩を入れて
食べるときに醤油、コショウを少し落とす(好みに応じて)。
冷凍餃子を解凍したものを入れていて
そこからも旨味が出てくる。
あっさりとしているので中華風スープとしていくらでも食べられる。
DSFT1906-1.jpg

五分搗き米に自作の梅干しは
噛めば噛むほど身体の内部にまで広がっていくようで。
DSFT1913.jpg

DSFT1912-1.jpg

相変わらず葛湯またはゆこうの絞り果汁の湯割は続けている。
DSCF8289-1.jpg

DSCF7312-1.jpg
(ゆこうには優れた抗酸化作用、腸内健康を整える働きがある。それは他の香酸柑橘よりも優れていることがわかっている。ありがたいことにまだ青果が手に入る。しかも無農薬)
風邪を引くと身体はケーキのような甘みを欲しがらない。
葛湯にメープルシロップ、ゆこうの果汁をかけたらちょうどいいおやつにもなる。

風邪薬だけに頼らないで免疫力を高めるには口からの摂取が助けになる。

追記
堺屋太一さんが亡くなられた。
大阪万博は少年の憧れであり
特に太陽の塔にはわけもなく惹かれた。
(芸術は理屈を越えているんだよね)
https://taiyounotou-expo70.jp/

晩年の岡本太郎さんにお会いし
サインをいただく機会があって
そのことをご本人にも告げた。
太郎さんは万博を調和だとはまったく考えておらず
それを告発するために屋根を突き破ってそびえ立っているのだと。
(枠内に収まる建築家とそれを打ち破る革命家)
かっこいいではないか。
posted by 平井 吉信 at 12:00| Comment(0) | 生きる

2019年02月09日

風邪の季節 体調を調える葛湯


葛粉を溶かしてつくる手ごろな飲み物。
ヨーロッパの冬の風物詩がココアとするなら
日本では葛湯だろう。

葛粉は葛根湯の主原料でもあり
身体を温めたり整腸作用があるなど優れた食品である。
8グラムから10グラム程度の葛粉を少量の水で溶いて
(水で溶かすのが原則)
熱湯を注いだらできあがり。
このとき温度が低いと白濁してしまう。
そのときは電子レンジの500Wで20〜30秒温めれば
とろみが出てくる。
DSCF8289-1.jpg

そのままで十分においしい。
(砂糖を入れては葛湯の価値が失われるし必要性は感じない)
しかし良質の蜂蜜、メープルシロップを加えると
得も言われぬごちそうとなる。

チョコレートもためしてみたが悪くない。
果肉の入ったジャム類を載せると
浮いていたものが沈んでいく。
甘酸っぱさと食感の変化も愉しめる。

葛粉といっても国産葛100%を求めること。
(吉野葛は生産量が限られているので)
鹿児島や宮崎産を使っていると安心。

まずは100グラム程度を取り寄せてみて
ためしてみたらいいだろう。
スイーツを食べるよりは葛湯を欲しがる季節。
日本の冬の風物詩、葛湯はいかがでしょうか。


ぼくはムソーを使っている。ヨドバシが入手しやすい。
https://www.yodobashi.com/product/100000001003885178/

Amazon党はこちらで。




posted by 平井 吉信 at 15:07| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ

2019年02月02日

吉野川橋 黄昏


鳴門方面へ行くとき、かつてこの橋しかなかった時代があった。
昭和30年代には川面から水陸両用機が発着していたらしい。
平成も終わろうとする2019年の冬、
人々の暮らしを見つめてきた流れとそこに架かる橋。

DSCF8037-1.jpg

DSCF8059-1.jpg

posted by 平井 吉信 at 19:11| Comment(0) | 徳島

徳島市南部に広がる荒涼とした光景


極北の地で撮影したような風景ですが徳島市内です。
どこかわかりますか?
DSFT1693-1.jpg

右を拡大
DSFT1693-2.jpg

冬には冬の表情があり冬を愛しむように
家に帰れば湯に浸かる楽しみがある。

追記
300円台で買えていたバスクリン、バスロマンは一気に500円台に値上がりしたのに
体感できる入浴感は変わっていない。
選択肢から外れて「温素」が一番手に。
着色料も濁り成分も入っていないこれがいい。
(バスクリンやバスロマンの香料は浴室に持ちこむことへの違和感があるね)



もし家庭の風呂に好きな写真がタイル画のように
しかも日替わりで入れ替えられたら愉しいかもしれない。
posted by 平井 吉信 at 18:45| Comment(0) | 山、川、海、山野草