2018年11月04日

仁淀川紀行 浅尾沈下橋から鎌井田地区と仁淀川を遡る


鎌井田地区を訪れるときの胸の疼きはなんだろう。
観光地ではない四国の片隅に
忘れ去られたかのようなたたずまい。
でもそこからわき起こる豊かな感興は
目に見えない生きる力となっている。

DSFT9079-1.jpg

DSFT9066-2.jpg

D7N_2360_1_01.jpg

DSFT9092(1)-1.jpg

D7N_2372-1.jpg

D7N_2349-1.jpg

DSFT9059-1.jpg

川は川だけが存在しているのではなく、人の営みと一体となって生きている。

(ニコンD7200+AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR、フジX-T2+XF35mmF1.4 R、フジX-E2+XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS)
posted by 平井 吉信 at 11:56| Comment(0) | 山、川、海、山野草

仁淀川 越知町宮の前公園のコスモスまつり(2018) 川面を背景に花も人ものどか


仁淀川がもっとも澄んでくるのは秋から冬にかけてである。
仁淀川、というより日本の川と風土の関係をいまに見せてくれる鎌井田地区は
日本の原風景というべき宝物である。

高知県出身の作家、森下雨村の「猿猴川に死す」で高知の川について触れられている。
なかでも桃源郷のように描かれている吉野川最上流部の広大な風景はいまとなってはダムの底。
文章をもとに脳内に描くしかないが
鎌井田地区はまだかろうじて面影が残っている。

しかし夢を壊すようだが、浅尾の沈下橋周辺がいつも濁って見えるのはなぜだろう。
おそらくは上流からのダムの放水口があるからではないのだろうか。
ダムがなければ仁淀川の水質(特に水底)はまた別物になっていただろうと想像する。
高度経済成長に果たした役割はあるのかもしれないが
沖縄振興にも似た構図(矛盾)を感じる。

須崎から佐川を経由して越知町にさしかかると
河原でコスモスが咲いて人が集まっている。
立ち寄ってみたらイベントが開かれていた。

コスモスと仁淀川(本流、支流)とコスモスをめでる人を追ってみた。
DSCF6778-1.jpg

DSCF6777.jpg

DSCF6773.jpg

DSFT9052.jpg

DSFT9055.jpg

D7N_2280-1.jpg

D7N_2333-1.jpg

D7N_2284-1.jpg

D7N_2315-1.jpg

D7N_2287-1.jpg

D7N_2318-1.jpg

D7N_2330-1.jpg

D7N_2295-1.jpg

D7N_2289-1.jpg

D7N_2335-1.jpg

D7N_2299-1.jpg

D7N_2300-1.jpg

D7N_2340-1.jpg

D7N_2305-1.jpg

うららかな秋の一日、ここに来られた幸せな人も
来られなかった人も おだやかな日々が続くよう。
posted by 平井 吉信 at 11:37| Comment(0) | 山、川、海、山野草