2018年11月26日

阿波狸合戦のあった勝浦川下流の散策(徳島市南部の論田、大原、小松島市江田地区)


ときは江戸の末期、天保年間に遡る。
小松島は日開野(ひがいの)で染め物を商う大和屋の茂右衛門は
子どもにいじめられていたタヌキを助けた。
それ以来、タヌキは大和屋の護り神となった。
タヌキの名は金長という。
(茂右衛門は実在の人物で子孫も健在)
金長は、阿波狸合戦の主人公であり、
スタジオジブリの平成狸合戦ぽんぽこにも出てくる。

コ島は津田の六右衛門のもとで修行を重ねて成就の後、
小松島の主人の下に帰ろうとする金長を
師匠の六右衛門が娘婿にと見込んで呼び止めたが、
大和屋への恩義を果たしたい金長は義理を尽くして辞する。
これを謀反と受け止めた六右衛門は奇襲をかけるが
金長の一の子分、藤樹寺の大鷹の犠牲で金長はいのちからがら日開野へ逃げ帰る。
金長に思いを寄せていた六右衛門の娘、鹿の子姫は悲しんで身を投げて父の行動を諫めた。

やがて娘の自死を悲しむ津田方(六右衛門一派)と
合戦を受けて立つ覚悟の日開野方(金長一派)が勝浦川の下流で激突する。
阿波の狸合戦と後生に知られる戦いは三日三晩続き、
付近の河原には無数のタヌキの屍が転がっていたという。
(住民の目撃談)
金長は六右衛門を討ち取ったが
自身も六右衛門に切られて瀕死の重傷で苦しみながら死んだ。
その後を継いだ大鷹の息子の小鷹が二代目金長を襲名、
津田方は六右衛門の子息、千住太郎を据えて弔い合戦というときに
屋島の八毛狸の仲裁で和解した。
再び平和を取り戻した阿波狸界だが、やがて暗雲が垂れ込めることになる。
そこから始まるのが後述の三田華子の阿波狸列伝である。


ぼくも父もタヌキに化かされた実体験がある。
http://soratoumi2.sblo.jp/article/177277035.html
それは昭和の終わり頃から平成にかけての話である。
とにかくコ島には狸をめぐる無数の民話が存在する。

「阿波狸列伝」(全3巻)を読めば
ハリーポッターやスターウォーズが表面的な大味の物語に見えてくる。
そこには人情や意地、人の生き方や哲学、陰陽の呼吸や風土と一体となった冒険譚が繰り広げられる。
(以前から電子書籍で復刻してもらえないものだろうかと繰り返し書いている)

今回は近場にして足をほとんど踏み入れていない
阿波狸合戦のあった地区へをご紹介。
ところは徳島市の旧国道55号線沿線の論田町から大原町、
小松島市の江田町にかけての勝浦川三角州。

この地区には車を停めるところが皆無である。
そこで江田の潜水橋の左岸に数台置ける広さの河川敷があるので
そこに停めるのがいいだろう。
DSCF7653.jpg

江田の潜水橋を左岸から右岸に渡ることにする。
(川は下流を向いて左手を左岸、右手を右岸という)
DSCF7526.jpg

右岸には分派流があって小川の風情を醸し出す
誰かが釣りをしている。北海道の原野を流れる川に見えなくもない。
DSFT0518-1.jpg

DSCF7652-1.jpg

何を釣っているのだろう。
淡水魚研究家か、タナゴやカワムツ釣りのような通の釣りかもしれない。

河原の花にも目をとめる。
DSFT0526.jpg

土手から見えた木造家屋。
ベランダがいい。
DSCF7645.jpg

分派流は大原の崖にぶつかって淵をつくる。
さっきの浅い小川とは思えない深淵。
DSFT0530-1.jpg

誰が放流したかブラックバス。
釣りきって欲しい。
DSFT0527-1.jpg

川沿いに神社がある(蛭子神社)。
このあたりから自転車専用道が旧国道に架かる勝浦浜橋まで続く。
DSCF7635.jpg

江田の堰は潮止めとなっている。
ここは汽水域である。
背後に見えるのは江田の潜水橋。
DSFT0536.jpg
(レンズ遊びでフジのデジカメにミノルタのフィルム一眼用のレンズ(1980年代発売newMD85mmF2)を付ける)。

DSFT0538-1.jpg

勝浦川最下流に架かる野神潜水橋。
道幅は狭く大型車は躊躇するだろう。
ところが人も自転車も車も意外に通っているのだ。
DSFT0548-1.jpg

DSFT0558-1.jpg

DSCF7518.jpg

DSCF7525.jpg

DSCF7545-1.jpg

DSCF7550-1.jpg


さらに下流へ移動すると野神潜水橋と江田潜水橋が同じ視野に見られる。
(ミノルタ85oで撮影)
DSFT0564-1.jpg

DSFT0567-1.jpg

阿波の狸合戦があったのはこのあたりの河原ではないだろうか。
勝浦浜橋だと水深がありすぎて狸が渡れないからだ。
DSCF7507-1.jpg

DSCF7536.jpg

さらに下流へ土手を歩いて行くと寺が目に入った。
土手を降りて見ると身代わり観音で知られる真言宗耕福寺という。
DSCF7557-1.jpg

DSCF7560.jpg

DSCF7578.jpg

DSFT0575-1.jpg

耕福寺からは土手に戻らず土手の下の集落を歩く。
道幅は狭く車での撮影はできない。
すると曲線を描いたみごとな石積みの壁が見えてきた
DSCF7581.jpg

DSCF7585.jpg

DSCF7587.jpg

DSCF7590.jpg

DSCF7611.jpg

DSCF7614.jpg

これは、おとめ石を積んだものといわれる。
おとめ石とは「乙女石」ではなく
コ島藩主が採取を禁じた「お止め石」とのこと。
https://www.city.tokushima.tokushima.jp/kankou/shimin_isan/city/032.html
良質の石は勝浦川河口の南部の大神子海岸で採れた。
明治になって解禁されてから地元の名士が建てたものだろう。

周辺はデザイナーが建てたような瀟洒な一戸建ても目に付き
新旧が対照的だ。
DSCF7619.jpg

花を育てる人も多い
DSCF7623-1.jpg

徳島市内の人口が密集しているとは思えないのどかな風景
穴場のような非日常感ある住まいだが、
実は旧国道まで指呼の間にある。
DSCF7627.jpg

DSCF7625a.jpg

蛭子神社を過ぎれば再び江田潜水橋。
勝浦川下流に位置する徳島市南部の地区はのどかで
住宅に行き届いた配慮を持つ人が多く住む土地である。
この地で200年近く前にあった狸の合戦や
殿様のおふれに思いをはせながら歩いてみると
半日の時間が短く感じられることだろう。
DSCF7529-1.jpg

タグ: 2018
posted by 平井 吉信 at 23:18| Comment(0) | 徳島

2018年11月25日

グルメにはほど遠いけれど食べることはありがたくもあり

グルメにはほど遠いしおしゃれにはさらに遠いけれど
ときどきは味わうこともある(料理は毎日つくっている)。

ソースを使わずに地元産のタチウオの魚醤と酒で味付け、隠し味はケチャップ。
ソースの焼きそばよりもあっさりしているけれど味わいは豊か。
飽きにくいので量を食べられる。
DSCF7018.jpg

カツオの新鮮な柵を買ってきてたたきをつくる
果汁酢を使わず塩だけにしてある
DSFT7473.jpg

めずらしくタモリが入荷しているので塩焼き用に買った
DSCF5631.jpg

県漁連のぬら。そのまま食べられる。
マーケティング次第ではこの倍でも売れるはず
DSFT8952-1.jpg

天然ハマチの柵を刺身に
DSCF6803.jpg

野菜たっぷりですぐにできるインスタント風手づくりカレー
DSCF6370-1.jpg

有明海のよく肥えたあさりを
砂抜きをして短い火入れと余熱でつくるみそ汁
これ以上のごちそうがあるとは思えない
DSCF4421.jpg

日清ラ王のゆず塩。全粒粉仕様でこの秋から出ている
ラーメンを食べ慣れている人には受けない風味だろう。
DSCF5815.jpg

どん兵衛もある
DSCF1390.jpg

DSCF1397.jpg

らーめん工房 りょう花と牟岐55ラーメン
(コ島ラーメンは5年以上は食べていないが、年に数回は食べるラーメン)
DSCF6381.jpg

DSCF7089-1.jpg

朝のコメダでコーヒーを注文すると希望によりトーストも付いてくる
DSCF6381.jpg

丸亀製麺のカレーうどん
DSCF6018.jpg

久保田(今治)の天ぷらそば(これで並盛り)。
koredenamimoridesuka.jpg

重松飯店の焼き豚玉子飯。やや甘めの味付けだがファンは多い
DSCF7061-1.jpg

かきまぜて食べる。晩ご飯は要らないと思える量
DSCF7064-1.jpg
次回は金龍別館に行ってみたい(今治)

週に1回は食べている大地(徳島市)のランチ
DSCF7002.jpg

DSCF2016.jpg

DSCF5458.JPG

赤飯はサントノーレ川下(坂野町)
8月末に収穫した自家製(地元産)のもち米「満月餅」を
玄米のまま冷暗所に保存して使うたびに精米。
DSCF6900-1.jpg

最後の〆は蕎麦。そばは毎日でも食べたい。

乾めんなら本田麺。これはこの秋のそば(北海道産そば)
(乾めんは保存性が良く添加物を加えないので実は風味も佳い。ただしそのためには製法の段階で鮮度を保つことが必要。製麺所の努力がこの風味に結実している)
機械打ちのそばは断面が四角だが、
本田面は磨き上げた小麦粉と
国産そば粉を混ぜて手延べでつくるので断面は丸い。
DSCF7324.jpg

本田麺そばは秋冬限定だが、本田麺ではうどんやそうめん仕様が基本。
そばは風味があるので汁につけずにそのまま食べても心地よい。
DSCF7327.jpg

立川SAの立川そばセット(ユズ酢のばらずしが付いている)
祖谷そばの系統の10割そば。ぼくは蕎麦通でないので
この素朴な食感が好きで1か月に一度は食べている。
この夏の台風で高知道の上りは一部が崩落したが
下りとうまくつないで対面通行でしのいでいる(普通に通行できる)。
立川SAはこじんまりとした食堂だけど感じが良いので
同じ高知県内の道の駅633美の里とともに応援している。
DSCF6157-1.jpg

DSCF6162-1.jpg

直心庵のそば
DSCF7072-1.jpg

鳴門金時のかきあげ
DSCF6522-1.jpg

グルメでないのはご覧のとおりだけど
自分でつくるときは野菜料理をたっぷりつくっている。




タグ:2018
posted by 平井 吉信 at 22:08| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ

いろどり橋 初めて迎えた秋に映る景色


7月に供用を開始したいろどり橋が夏を越えて
初めての秋を迎えた。

めざす彩山は四半世紀の未来の姿だが
いまの景色から未来を見てみようと訪れた。

月ヶ谷温泉対岸のキャンプ場へは木橋で渡る。
奥に見えるのがいろどり橋。
DSFT0302.jpg

キャンプ場周辺の河畔林も色づいてきた
DSFT0310.jpg

DSFT0386-1.jpg

いろどり橋の近傍ではシャガと葉わさびが伸びている
DSFT0323.jpg

DSFT0324.jpg

いまはもう秋…♪ なのに、レンゲソウと桜の開花
DSCF7401-1.jpg

DSFT0425-1.jpg

キャンプ場への小径は北海道のようだ
DSFT0345.jpg

絵葉書になりそうないろどり橋周辺の秋
DSFT0350-1.jpg

かずら橋のように揺れる
鳴門の渦の道のように真ん中に透明ガラス板がある
DSFT0363-1.jpg

宝石のような目をしている
DSFT0367-1.jpg

斜めの光を浴びて温泉周辺でも燃えている
DSFT0410-1.jpg

DSFT0374-1.jpg

温泉から少し下って慈眼寺への道の途中にある灌頂滝
水量は少ないが滝は流れている
DSFT0477-1.jpg

滝のほぼ直下から滝が滑る断崖を見上げることもできる
水量こそ少ないが
景観だけでいえば県内有数の滝ではないか
DSCF7438-1.jpg

滝の東の岩場はすでに紅葉の盛り
DSFT0445-1.jpg

いろどり橋の背後の山が色づくのはまだ少々先のことだけど
その種を蒔いた人たちのことに思いをはせている。

posted by 平井 吉信 at 21:12| Comment(0) | 山、川、海、山野草

夏にはなりきれない晩秋の海

秋から冬へ向かっているというのに
「南阿波サンライン」という名前は夏をうたっている。
そうであればそのように撮ってみたい。

家事がはかどって眠い午後、
やはりここへ出かけてみた。
展望台にクルマを停めて撮影した後、
別の展望台でKindleを取り出した。
梨木香歩の「うみうそ」を読んでいるうちにうたた寝。
DSFT0180-1.jpg

DSFT0175.jpg

DSFT0196-1.jpg

DSFT0249-1.jpg

DSFT0263-1.jpg

DSFT0186-1.jpg

やはり夏に見えない。
空気感が違うから。
でも空と海を感じる。
posted by 平井 吉信 at 18:03| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2018年11月23日

江川崎 十和 土佐昭和 土佐大正 窪川 2018年四万十川の秋を上る


江川崎から窪川までの四万十川は
その代名詞の穿入蛇行を繰り返しながら
山間部を流れる大河の中流域。
山に囲まれた下流と違って空が明るい。
山が迫っていても土地が開けている。
三桁国道といってもこの区間は快適に流れていく。
(四国路では宍喰〜室戸間とともにオープンカーで走ってもっとも気持ちの良い区間だろうね)
DSCF7255-1.jpg

起点は江川崎の道の駅よって西土佐。
DSCF7241.jpg

対岸に見えるのは天文台、ホテル星羅四万十。
DSCF7243.jpg

四国の道の駅でもっともコンセプトが見える施設(軽トラがその象徴)
DSCF7250.jpg

DSCF7248.jpg

目当てはいちごようかん。
いちごの含有率が高い手作りのようかんは出色の出来映え。
DSCF7252-1.jpg
天然鮎も売りだが、
ぼくは小さい頃から鮎喰川や海部川の天然鮎を食べてきたから
四万十川本流のアユは…

道の駅を出てすぐに見えてくるのは長生(ながおい)沈下橋。
DSFT0080.jpg

国道381号線は気まぐれ蛇行の四万十川へ付いていけず
時代とともにトンネルで短絡してまっすぐに。
道から置いてけぼりとなっている川筋がのどかな桃源郷。

これは2008年夏の中半家沈下橋
DSC_9155-1.jpg

DSC_9159_1.jpg

十和村広瀬を訪れたのはもう20年以上前だろう。
広い河原と前方には山が迫る地形は四国の片隅に自分たちだけの隠れ家。
川音と蝉時雨の夏、四万十川に飛び込んだ。
近くに小さな湯船に熱い湯を張った柳瀬温泉があり、
川遊びで火照った身体をほんの一瞬預けた。
夜になれば懐中電灯で足元の流れを照らしてテナガエビやモクズガニを探す。
星を見ながら流木を焼べながら洋酒を飲みうとうと。

あの頃、声をかけて集った仲間はどうしているだろう?
良き妻、良き夫となり、良き母、良き父となっているだろうか。
四万十川は遠くになりにけり、と思っているかもしれないが
ときどきは掌で温めているかもしれない。
山深い川の畔の思い出はあせることなく
人生を照らす焚き火のように。

DSFT0093-1.jpg

DSFT0095-1.jpg

クルマは快適に381号を土佐昭和にさしかかる。
予土線と並行する三島沈下橋が眼下に見えてきた。
DSFT0109-1.jpg

DSFT0116-1.jpg

水量が少ないが増水したら迫力がある三島の瀬も対岸に見える。
DSFT0120-1.jpg

予土線の時刻表を見たらまだ1時間以上汽車はやって来ない。
この写真は2016年3月下旬に撮影したもの。
たまたまトロッコ列車が通過した(まだ肌寒いころだろう)
DSCF0526-1.jpg

D7K_7639-1.jpg

土佐大正で無手無冠酒造のダバダ火振を買い求めたのもあの頃。
当時、東京では知る人ぞ知る栗焼酎だったと
月間アウトドアの藤田編集長がおっしゃっていた。

上岡(かみおか)沈下橋は昭和38年の建造。
優美なコンクリート構造物と四万十川の蛇行が重なって風景に溶け込む。
DSFT0124-1.jpg

DSFT0157.jpg

DSFT0150-1.jpg

窪川周辺の水質は決して良くないけれど
海をめざして流れていくうち
人家の少ない流域と無数の支流と山からの湧き水で浄化されていく。
下流の水質はピカイチだ
盛夏の四万十川を思い出す。
この川には支流が多いことが地図を見るとわかる。
DSC_9145_1.jpg

DSC_9142_1-1.jpg

でもいまは2018年秋、平成最後の四万十川の秋が過ぎていく。
DSCF7294-1.jpg


追記
窪川に昼過ぎに到着したので
あぐり窪川のレストランで豚の生姜焼き定食を。
米豚、生姜、仁井田米も窪川の特産品。
DSCF7298-1.jpg



posted by 平井 吉信 at 22:11| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2018年11月18日

秋の桜 田んぼに咲いた 羽ノ浦町のコスモス 

D7N_2675-1.jpgD7N_2672-1.jpgD7N_2623-1.jpgD7N_2660-1.jpgD7N_2620-1.jpgD7N_2615-1.jpg
D7N_2609-1.jpg
花は大勢を見ているようで実は一輪だけを見つめている。
D7N_2587-1.jpg
D7N_2585-1.jpg
DSFT9698-1.jpg
このみちはいつか来た道―。
コスモスのはなやいだ時間はどこまで続いていくだろう。

(ニコンD7200+AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR、フジX-T2+XF35mmF1.4 R)
タグ:2018
posted by 平井 吉信 at 22:37| Comment(0) | 山、川、海、山野草

四万十川 中村から岩間まで 書きたいことがありすぎて

四万十川―。
書きたいことがありすぎて。

NHKが打ち出した「日本最後の清流」の頃から通っている。
当時は高速道路もなくコ島から10時間近くかかった。
四万十川がもっとも四万十川らしいのは
穿入蛇行を繰り返す中流から下流にかけて。
昭和、大正、十和(いずれも現在は四万十町)の鉄道沿線と
江川崎(日本で一番熱い気温の場所)からくるりと向きを変えて
中村をめざす下流域。

なかでも江川崎から下流はいまも「日本最後の清流」である。
川エビ(テナガエビ)、アユ、ウナギ、ゴリ、モクズガニをねらう専業の川漁師の存在、
小さな谷筋まで黄色い腹のウナギが上る。
沈下橋をはるかに水没させる洪水もときどきあるけれど、
川面を行き交う夢幻の羽色の野鳥、
夏の夜の火振り漁の松明、
沈下橋を渡る花嫁行列。

南国の暮らしは川とともにある。
川は変わることなく山裾を洗って悠然と流れる。
人の世の桃源郷と自然の深沈としたたたずまいが
20代の青年の心を捉えて放さなかったのである。

下流は依然として旅の難所である。
全長200km級の日本の川で下流に平野をつくらないのは
島根の江川(ごうがわ、ごうのがわ、全長194km)と四万十川(全長196km)ぐらいである。
(吉野川は194kmだがコ島平野を擁しそこから産する藍が地域経済を潤した)
流れが緩やかであること、
途中に盆地(三次、窪川)があって経済の中心地となっている点も共通である。

四万十川でも江川崎(合併前の西土佐村の中心)から中村(旧中村市の中心)までは
崖崩れが頻繁に起こる区間であり、産業用の大型車の通行も多い。
特に口屋内などの集落を通る際に気を使う。
(といっても全国から集まる長期の連休以外はさほど混むことはない。渋滞が起こるとしたら離合渋滞である)離合が苦手な都市部の人は車で来ないほうがいい。
鉄道は通っていないので、高知西南交通の路線バスを使うのがいい。
http://www.kochi-seinan.co.jp/obj/pdf/local_ekawasaki_shimoda.pdf

いまでも桃源郷のはずだが人々は立ち止まらない。
流域の人口減少はとまることなく
専業の川漁師もいまはいらっしゃるかどうか、
四万十川に憧れて移住された方も定住されているかどうか、
人生も呑み込んで川は流れていく。

11月の晴れた日、中村から江川崎経由で窪川をめざそう。
国道56号線を通過しないて四辺形の三辺を行くコースである。
そういえばこの日は難所の窪川越えにバイパスが開通する日だった。
(江川崎をめざしたため開通日に通ることはできんかった)
このバイパスの開通は地元に歓迎される。
国道56号線の高知〜四万十間でもっとも難所だから。
→ 片坂バイパス

まずは、中村の郊外にある四万十川最長の沈下橋、
佐田(さだ)の沈下橋。
まだ川霧が残る時間である。
※沈下橋=ちんかばし、は洪水時に水没する橋。水の抵抗を少なくするため欄干はなく橋桁も水流を極力受けないようにしている。対岸を最短距離でつなぐため地域住民に使い勝手の良い橋。徳島では潜水橋=せんすいきょう、と呼ぶ


沈下橋へ降りていく道に駐車場とトイレがあるので
そこにクルマを置いて歩いてみよう。
このところ雨が降っておらず秋の渇水期で水深は浅い。
DSCF7183-1.jpg

DSCF7181-2.jpg

DSCF7176-1.jpg

佐田の沈下橋を渡り終えて振り返る。
目の前の流れは傍流で本筋は対岸にある。
DSCF7179-1.jpg

次に三里沈下橋。佐田からクルマで5分程度の場所にある。
DSCF7192-1.jpg

沈下橋を遊覧船(屋形船という)がくぐっていく姿がよく見られる。
土佐の小京都といわれた中村ならではの川遊び。
DSCF7189-1.jpg

高瀬沈下橋
周辺はイノシシが出没しそうだ。大河の下流とは思えない静けさ。
DSCF7192-1.jpg

勝間沈下橋
橋下流の奇岩、静謐の水を湛えた四万十の流れが悠久を感じさせる。
DSCF7194.jpg

DSCF7211-1.jpg

DSCF7204-1.jpg

山水画のような空気は大河と山がつくりだしているもの
DSFT0011-1.jpg

橋から上流をみれば、山裾(河畔林)を川が洗う。
山と川から恩恵と洪水の両方をいただきながら
生きていける場所を見つけて人が住んでいる。
それが南四国のヒトと川。
DSFT0019-1.jpg

釣りバカ日誌のロケがあったと
DSFT0008-1.jpg

静かな川面の奥行きは絵画のよう。小舟を漕ぎ出してみれば…
DSFT0032.jpg

四万十川は中流域よりも下流域が水質がいい。
人口負荷が少ない地域を流れることで水生生物等による自浄作用が優るうえ
流れ込む清冽な支流、山の湧き水があるためである。
200km級の大河の下流ではもっとも水質が良いだろう。
下流域では人口密集地を流れる支川の影響のある仁淀川を上回る。
DSFT9995-1.jpg

川好きが集まるのは口屋内(くちやない)の集落。
ここから四万十川随一の支流「黒尊川」をたどることもできる。
口屋内沈下橋は老朽化のため落橋の怖れがあり通行止めが長く続いている。
(昭和30年竣工で60年以上経過)
自治体も予算が厳しいのだろうが…。
DSFT0047-1.jpg

DSCF7225-1.jpg

民宿が置いたオブジェにはこう書いてある。
「四万十川ひとつ残せず私たちの存在する意味はあるのだろうか」
DSCF7227.jpg

お堂があり、そこから川を見下ろせる
DSCF7231.jpg

DSCF7233-1.jpg

DSFT0059-1.jpg

次は四万十川のポスターでおなじみの場所、岩間の沈下橋。
四万十川が大きく蛇行しそこに架かる沈下橋として人気がある。
DSCF7236-1.jpg

ところが、橋の一部がない。
DSFT0068-1.jpg

DSFT0072.jpg

調べてみると橋脚の老朽化が原因のようだ。
修復には多額の費用が必要なため
市ではふるさと納税型のクラウドファンディングを募っている。
https://www.furusato-tax.jp/feature/detail/39210/2439


在りし日の岩間沈下橋を載せておこう(2008年夏、2016年春)
川下りの最中でカヌーを岸に停めてここから飛び降りたことがある。
DSC_9145_1.jpg

DSCF0470-1.jpg

晴れた秋空を映す四万十川。
でも五月の風が若葉をそよがす季節がもっとも好きだ。

四万十川は江川崎から予土線沿いに進むことになる(続く)
posted by 平井 吉信 at 13:24| Comment(0) | 山、川、海、山野草