2018年09月30日

秋の黒沢湿原 森のキノコとススキとツマグロヒョウモン 湿原の最後に白が舞う


山野草がいっせいに芽吹いて山ツツジに彩られる4月、
新緑の5月、
トキソウやランの仲間が成長する6月、
コオニユリ、キキョウ、サギソウ、ハンカイソウが乱舞する
7月から8月は特に愉しい季節。

でも秋の湿原にはまだ来たことがなかった。
キキョウは残っているかな? 
でももう花の咲く山野草はないだろう、と思っていたから。

D7N_1701-1.jpg
ススキが目に飛び込んできた。仲秋の名月は終わったばかり。

首をもたげているキセルアザミ
DSFT8251-1.jpg

DSFT8235-1.jpg

クルクルねじれるネジバナ
DSFT8241-1.jpg

蜘蛛の巣は森が身に付けたネックレス
DSFT8244-1.jpg

ツマグロヒョウモン(♀)
D7N_1637-1.jpg

ツマグロヒョウモンとキセルアザミ(♂)
D7N_1676-1.jpg

D7N_1687-1.jpg



湿原の池が見えてきた
DSFT8260.jpg

ヒツジグサがまだ咲いている
D7N_1699-1.jpg

池から離れて畔を歩いていると林間にキノコが続々と
DSFT8304.jpg

いかついシロオニタケ
DSFT8294-1.jpg

シロソウメンタケ
DSFT8322.jpg

色違いのようなベニナギナタダケ
DSFT8283.jpg

松尾温泉へと続く下り道にある滝
ここで引き返す
DSFT8316.jpg

D7N_1727-1.jpg

湿原の秋の気配が部分的に色づけをしたかのようにあらわれる
DSFT8358-1.jpg

D7N_1706-1.jpg

D7N_1709-1.jpg

D7N_1731-1.jpg

最後に見たのはまだ咲いていたサギソウ
DSFT8417-1.jpg

DSFT8423-1.jpg

DSFT8428-1.jpg

秋の湿原に別れを告げる白の乱舞を見送る。


タグ:黒沢湿原
posted by 平井 吉信 at 22:17| Comment(0) | 山、川、海、山野草

天然のプールから子どもの姿が消えて


まちの近くの川を少しだけ川底をプールのように掘り下げて
人間の子どもが使いやすいように変えてみた。
(もちろん生態系には何の影響も与えていない)

田んぼの向こうにはパラソルがあって
おとなたちが交替で水遊びする子どもを見守っている。
DSCF5973-1.jpg

そんな映画のような世界があるのが高知県西南部。
DSCF5971-1.jpg

でも、いまは誰もいない。
稲穂と彼岸花が見守っている。
DSCF5968-1.jpg

来年は少し大きくなってここに戻ってくる子どもらを。
タグ:幡多
posted by 平井 吉信 at 21:25| Comment(0) | 山、川、海、山野草

九月の風が追い越していく「夏のクラクション」 


海沿いのカーブを君の白いクーペ 曲がれば夏も終わる ♪
(「夏のクラクション」/稲垣潤一)

もうすぐ10月だけど
彼の声でこの曲を聴くと
手の届くところにあったあの頃が胸を熱くさせる。

稲垣潤一の「思い出のビーチクラブ」と「夏のクラクション」
国道56号線の文字から
何光年彼方の過去が光速度でよみがえるのはなぜ?
DSCF5959-1.jpg

写真は土佐佐賀の展望台から見た太平洋
(X-E2+XF18-55mmF2.8-4 R )
タグ:幡多
posted by 平井 吉信 at 21:07| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2018年09月25日

お多福の磁気サンダルって知っていますか?


事務系の仕事の人は通勤や外出時の靴のままで仕事をしていないだろうか。
足が蒸れて匂う原因となるし、
足裏は熱が籠もりやすいのでクールビズに相反する。

そこで職場ではサンダルに履き替える人も多い。
その際におすすめのサンダルがある。
(まあ、結論は急がずに)

リフレクソロジーとか反射区という言葉は聞かれたことがあるだろう。
足裏のツボであり経絡の流れにも関係するところ。
ぼくも毎日自分の足を押している。
もう十数年になるので目を閉じていても反射区はわかるし
他人の足裏を押して身体の状態がある程度わかるようになっている。
皮膚に電流を流す装置で経絡の流れを確かめているこの頃。

一日中靴を履くことは足指の動きを束縛し、血流が滞る原因。
足のむくみや仕事の能率が上がらない要因である。
(靴を履いていてが創造的な仕事や効率的な処理は難しいというのは経験)

しかし職場にクロックスはどうだろう。
(仕事ができる人たちは選ばないと思うのだが)
デザインの違和感以外にも足が快適かどうか。
健康を考えるならほかに良い選択肢がある。

それが一世を風靡したお多福の磁気サンダルである。
磁気の効用についてはお多福は
家庭用永久磁石磁気治療器として医療機器認証番号を取得している。
DSFT8607.jpg

DSFT8600.jpg

このサンダルをつくっているのはお多福産業という徳島の企業である。
うちの近所にも数年前まで見かけていたが、
先日、いくつかの店舗を見回っても見つけられなかった。
地元の商品は地元で買いたいと思っていたが、
探索する手間と時間を節約すべく
インターネットで青森の靴卸店から購入。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/laber/00008052303j.html
(ショップの人とメールのやりとりで、近所のメーカーのサンダルをインターネットで青森から買うとはね…などとほのぼの)

DSFT8585.jpg

DSFT8610.jpg
その際に色はブラウンと白にした。
アマゾンに売っている品番(紳士オリジナル)は
デザイン優先で機能優先ではない。


ぼくが買ったのは定番の「いきいきマーク2」。
この商品のように突起があると足裏のマッサージ効果に加えて
浮遊感や蒸れ感の解消につながる。
歩いてみるとこの突起が気持ちいい(決して痛いということはない)。
雨でなければ野外を歩くと(足の前半分が着地する際に)循環器のツボが刺激されて
呼吸がすっきりしてくるはずだ。
DSFT8599.jpg

DSFT8586.jpg

女性用は「いきいきXメッシュ」などが用意されている。



DSFT8588.jpg

色については黒は選ばない。
暗がりで見にくいことが大きな理由。
白を選んだのは暑い時期にすがすがしいと思ったので。
デザインもよく無印良品の素材系のアウターとも合わせられる。
オフィスはもちろんレストランでも違和感がない。

DSFT8596.jpg

サイズについては足形を専門の装置で測定した結果、
248〜250mmの長さ、足囲いがE〜2Eのぼくが
このサンダルではL(26〜26.5センチ)でぴったりのフィット感
(自分専用と錯覚するぐらい)が得られた。
(普段履くサイズより1サイズ大きめがいいというのが多くの人の意見)

サイズ展開は以下のとおり
S(24.0〜24.5cm)
M(25.0〜25.5cm)
L(26.0〜26.5cm)
LL(27.0〜27.5cm)

DSFT8592.jpg

サイズが合えば湧泉のツボにぴたりと磁石が当たる。
湧泉のツボはついつい押してしまう気持ちいい場所なので
このツボに当たらないと磁気サンダルもマッサージサンダルも意味がない。
履き心地は底が厚くないこともあるが
買ったその日から屈曲性が高いのでバタバタしない。
まさに現代の「わらじ」のようで
床に吸い付く感じがある。
(足裏は歩く愉しさをこのサンダルで知ることになる)

素材はゴム系で水洗いが簡単。汚れても安心。
永久磁石は6個使用。
足入れが簡単なのに歩いていて脱げにくい適度なフィット感がある。
磁石の部分が足裏に痛いのではと心配する人もいるだろうが
(足裏を押し慣れているという点を差し引いても)
磁石の部分の盛り上がりはほとんど感じない(物足りない)。
(このサンダルで足裏に痛みを感じる人は重症ですよ)

磁石の効用は血流の促進で、
足の冷えが改善された、疲れにくいという声が多い。
この軽さ、日本製(徳島製)のつくりの良さ、
フォーマルにも使えそうなデザインの品格、
足に当たらないやわらかい素材ながら耐久性(多くの人が口にしている)、
だから買ったその日からフィットする。
これらが評価されて多くが長年のリピーターである。
しかも価格は2千円を切る(本体価格)。

おさらいです。
◆突起状と磁石が歩くだけで履くだけで足裏のツボを刺激して血行を改善
◆水洗いできて清潔に保てる
◆ソールがやわらかく足裏に寄り添ってばたばたしない(わらじのようなフィット感)
◆日本人の足形に合っている(ただし4Eなどの幅広の人は現物を合わせるのが賢明)
◆耐久性がある
◆日本製(徳島で生産)


こんなすばらしいサンダルが身近にあることをお知らせするとともに
(メーカーとは利害関係なし)
お多福産業さんには県内の小売店でもっと置いてもらえるよう要望したい。
http://www.otafuku-sangyo.com/omona/04sandals.html

posted by 平井 吉信 at 21:14| Comment(0) | くらしとともにあるモノ

庭のツユクサ 秋が手をひろげて


キキョウが幻想的に咲いていた庭の一角から
少し離れてツユクサがいっせいに咲き始めた。
その一輪。
DSFT8570.jpg

濃い紫は撮影したそのままを掲載。
もう上着が必要な季節になった。
知らぬ間に秋が手をひろげている。


フジX-T2+XF35mmF1.4 R(接写リング)手持ち
posted by 平井 吉信 at 20:16| Comment(0) | 家の庭

2018年09月24日

大川原高原 初秋の夕暮れの池の畔


遅い時間だったけど
大川原高原の池にやってきた。
太陽は西へ傾いて風がやんだ夕方。
DSFT8080-1.jpg

徳島ではよくみかけるシコクママコナ
DSFT8065-1.jpg

時期は少し早かったが数輪咲いていたアケボノゾウ
DSFT8070-1.jpg

ハナトラノオ。園芸種が持ちこまれたのか
DSFT8071-1.jpg

暮れゆく池の畔で静かにときをつむいでいく。
DSFT8076-1.jpg

タグ:大川原高原
posted by 平井 吉信 at 23:36| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2018年09月22日

秋の味覚をチョコレートにして100円少々で愉しめるもの

少しずつお見せしましょう。
具材を詰めたチョコレートのようです。
3種類あるようです。包丁で切って断面をお見せしています。

北海道のかぼちゃ
DSCF6241-1.jpg

熊本の和栗
DSCF6242-1.jpg

鹿児島の紅はるか
DSCF6251-1.jpg

(配合割合は、それぞれ紅はるかは3%、和栗は2%、かぼちゃは4%)。
平安時代なら香を焚いてうんちくを述べ合ったでしょう。
これを食べ比べるのが平成最後の秋のお遊び。
鹿児島紅はるかは容易にわかるでしょう。
熊本和栗と北海道かぼちゃの見分けが付きますか?
チョコレートが素材の味(ペースト状のクリーム)を連れて甘味処として楽しませます。

写真からおわかりでしょう。
3種のこだわり国産素材 不二家LOOK 秋のうまいもんひとりじめ
と書かれています。


コーヒー、紅茶よりも緑茶がいいでしょう。
そこで藤枝の真茶園の深むし茶を煎れてみました。
DSCF6253-1.jpg

さて、これは何でしょう?と当てっこをすると
食後のひとときが愉しくなりますよ。
DSCF6256-1.jpg

見つけたらすぐに買わないとそのうち売り切れる「限定」です。
(商品の完成度が高い)
エアコンのないわが家では冷蔵庫に入れてあるけど
これは冷やしたほうがペーストの風味がわかりやすくなる。
(味わい方のコツかも)

実はここ数年、毎日食べているチョコレートがあって。
体調を整えるのにも役立っているような気がする。
(手術直後に外科医が患者にチョコレートを勧めるのは有名な話)
それは明治のチョコレート効果72%


上等の紅茶(フレーバー紅茶でないプレーンなもの)と合わせると
目を閉じて味わっている。
苦みが甘みを呼び込みながらコクの余韻を残して
後味よく溶けていく。
こんな時間がとても大切と思える上質なチョコレートに脱帽。
脳が喜ぶようでどんどん仕事がはかどる。
でも食べるのは1日に2〜3粒だから体型には変化なし。

.。'.*.'☆、。・*:'★    .。.・'☆、。・*:'★
  .。'*・☆、。・*:'★     .。・*:'☆
 ☆、。 ・*'★ .。 ・':....*.:'☆        .。・:'*・':'・★

秋はもう部屋のなかにまで入り込んできました。
もう長袖ですね。
posted by 平井 吉信 at 19:05| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ