2018年05月13日

彩山の吊り橋 この夏に完成 ためいきの山から花咲く山へ


連休中に月ヶ谷温泉前の河原から
対岸に向けて架橋する吊り橋が見えた。
彩山構想の一環として整備されるらしい。

ここは上勝町の月ヶ谷温泉に隣接する勝浦川南岸の川沿いの土地。
杉が植林されているが、地形から推察すると
以前は棚田だった耕作放棄地かもしれない。

徳島新聞の記事(Web)によると
月ケ谷温泉近くの福原平間地区の10・9ヘクタールと、対岸の福原川北地区の18・6ヘクタール。日本料理のつまもの「彩」の材料となる葉や枝を収穫したり、就業体験を行ったりする「彩エリア」、間伐して自然林を残す「森エリア」を設ける。

とある。

連休から数日後、
彩山の整備に向けて関係者のお話を現地でうかがう機会が偶然にやってきた。

現時点では工事中のため立ち入りは禁止されているが、
スタッフの水澤莉奈さんにご案内いただいて撮影を行っている。

この日は快晴。
正木ダムのバックウォーター(湛水域)の上流部で船を浮かべる人がいる。
バス釣りだろうか?
DSFT3109.jpg

吊り橋はすでに完成している。祖谷のかずら橋ほどではないが、適度な隙間を空けてあるそうだ。
DSFT3115.jpg

吊り橋の中程に(鳴門の渦の道のような)真下を眺望するのぞき窓がある
DSFT3117.jpg

彩山では、カエデの一種(種類が多すぎて見分けられないが、イロハモミジと呼んでいるそうだ)、
ホオノキ、南天のような樹種が見える
DSFT3133.jpg

このところ上勝にお金を落とす源泉となっている葉わさび、
杉の間伐林のちょうどよい日陰で成育中。
DSFT3154.jpg

初めて見た葉わさびの花
DSFT3177.jpg

山を歩いていて沢でわさびを見つけると
普通は根を持ち帰るだろう。
でも、そうするとその場所から個体がなくなってしまう。
ぼくは葉だけを持ち帰っていた。これは十数年前のこと。
それを一瞬熱湯にくぐらせて、水に入れると鮮やかな緑になる。
鰹節をかけておひたしで食べたもの。
今回の写真は店頭で購入したもの(上勝産)
DSFT3048.jpg

DSFT3052.jpg

水澤さんから説明をいただいているのは
葉わさびの株のなかにマイクロ葉わさびが紛れているということ。
DSFT3186.jpg

帰りの斜面でユキノシタを見かけた。
これも天麩羅にして食べたもの。塩をまぶすとポテトチップスのような味わい。
でもここ十数年食べていない。無理に採らなくてもいいような気がして。
DSFT3237.jpg

今頃は町内の斜面やスギ林の林床にはシャガが咲き誇っている。
この彩山も自分に合った場所を選んで自生する山野草が出てくることだろう。
人も植物も、自ら居場所と出番を探すこと。いろどりらしい。
DSFT1791.jpg

この橋とともに、彩山が一般公開されるのはこの夏とのこと。
まだまだ最初の一歩だけど、杉の山が花を咲かせる宝の山に変わる日を見てみたい。

水澤莉奈さんの活動報告
http://www.irodori.co.jp/asp/news.asp?nw_bunrui1=%8B%AD%97%CD%91%E0%81I%8A%88%93%AE%8BL&view=3&design_mode=0

水澤さんは地域おこし協力隊として上勝町に来られました。
地元農家とのやりとり、海外からの視察者、流通の専門家からの助言など
充実した日々を過ごされたことが活動報告からも伝わってきます。
水澤さんは園芸療法を勉強されていると伺いました。
そして、この4月から株式会社いろどりの社員となられました。
ますますのご活躍をお祈りします。
posted by 平井 吉信 at 18:25| Comment(0) | 山、川、海、山野草

上勝町から戻る道沿いで見つけた植物



人の目に触れるところで自生しているエビネ
DSFT3288-1.jpg

その近くにあったシライトソウ
DSFT3310-1.jpg

これは園芸種のシラン
DSFT3317.jpg

夕暮れ時の手持ち撮影なので絞り開放(XF35mmF1.4 R)。
たまたま妖艶な雰囲気になった。
(このレンズの開放での残存収差が画にきいている感じ)
タグ:2018 上勝町
posted by 平井 吉信 at 11:42| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2018年05月06日

連休は月ヶ谷温泉で鯉のぼりを眺めて食事と水遊び


勝浦川の支流、月ヶ谷には源泉がある。
かつて源泉に近いところに湯屋があった。
IMG_1141.jpg

これはその内部。おそらくは板を沈めて鉄の風呂釜に触れないようにするもの。
DSCF1949.jpg

昭和の時代、田舎はほとんどこれだった。ぼくも親戚の家で入ったことがある。
板をそっと踏みこんで肩までつかるので、よくあったまった。
窓を開けると東の空に満月が昇ってきたことを覚えている。

この場所は地元で湯守をされてきた美馬由美さん((株)かみかついっきゅう前社長)に
ご案内いただいたときのもの。
DSCF1984.jpg
源泉を薪で沸かしていたもので
県道から入り込んだ山中の沢の音が聞こえるような場所にあった。
(月ヶ谷温泉の歴史ともいえる神聖な場所)

月ヶ谷の淵。
DSCF1992.jpg
源泉はここからさらに上流にある。
険しい岩をよじ登って見えた景色は
岩が温泉成分で白く変色した光景だった。

時代の流れで月ヶ谷温泉は源泉から離れて便利な場所に建てられたが
老朽化したので平成17年にはリニューアルされ、
上勝町の集客交流拠点として賑わっている。
こんな風呂が付いている客室もある(宿泊客のみ)。
各部屋が勝浦川を真下に見下ろす絶景に立地している。
IMG_1085.jpg

周辺には東輝実さんのカフェ・ポールスター
表原平さんのイタリアンレストラン「ペルトナーレ」があるなど
町内で人が集まる場所となっている。

月ヶ谷温泉の前にはキャンプ場があって
バーベキューなどもできる。
温泉とキャンプ場は勝浦川を渡す木の橋で行き来ができる。
DSCF3438-1.jpg

さらにその少し下流に吊り橋が完成しようとしている。
これは株式会社いろどりと上勝町が描く
観光と産業振興を一体化した「彩山」構想の一部の仕掛けである。
(現時点ではまだ通行可能とはなっていない)

温泉から歩いてアクセスできることをめざしているのだが
この吊り橋は道路から見えず
勝浦川の渓谷の美しい場所に鳥の目で接近できる。
眼前には未来の彩山が観光客が移住者の受け皿として迎えてくれることになる。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/tiikisaisei/dai43-2nintei/plan/a597.pdf

混む時期に人が集まるところは避けたいが
家族への接待ということもあるので。

まずは食事から。
この日はフロントで社長の松岡左千子さんが接遇をされている。
(かつて三田村邦彦主演のドラマに出演して三田村さんと会話をされた方)

川が見下ろせるカウンターに座って
しいたけ膳と晩茶御膳を注文。
DSCF3448-1.jpg

しいたけ膳(しいたけ天麩羅、焼きしいたけ、小鉢、ご飯、山菜そばのセットで1,100円)
出されるお茶はもちろん乳酸発酵の上勝晩茶。風景を見ながらいただくとなおさら。
DSFT2973-1.jpg

こちらは晩茶御膳(阿波尾鶏の晩茶燻製焼き、晩茶コロッケ、玉ねぎピクルス、晩茶ゼリー、ご飯、晩茶ふりかけ、山菜そばのセットで1,500円。写真の燻製焼きは火を入れる前)
DSFT2981-1.jpg

DSFT2967-1.jpg

料理はおいしい。県内の第三セクターでも有数だろう。
もし食事に行かれるときは事前に予算と好みを伝えて
料理長にお任せしてみるのも方策かと。

温泉前の勝浦川には鯉のぼりが数本渡されている
DSFT3008.jpg
うちにも鯉のぼりがある。
その昔、ぼくの成長を祝って買ってくれたものだが
まちなかでは鯉を上げるのもなかなか大変だし
何より年月が過ぎてしまった。

食事のあとはそのまま川へおりていく
DSFT2994-1.jpg

橋を渡ればキャンプ場
DSCF3460-1.jpg

下流には吊り橋が見える
DSCF3501-1.jpg

それぞれの休日を楽しまれている
DSCF3486-1.jpg

DSCF3502.jpg

DSCF3505-1.jpg

見上げれば鯉のぼり
DSCF3499-1.jpg

DSCF3512-1.jpg

月ヶ谷温泉を後に車で10分の灌頂ヶ滝へ。
水量が思ったほどなかったが
次々と人が訪れて涼感をもらって降りていく。
DSCF3519-1.jpg

DSFT3031-1.jpg

帰りにはいっきゅう茶屋でおみやげをおわすれなく。
ここでしか入手できない上勝晩茶の生産者が少なくない。
勝浦町のよってね市はいまならイチゴがねらいめ。

上勝町は徳島市内から1時間弱で山道の運転が苦手な方でも車線が広い点は安心。
神山とともに手軽なお出かけ地としてともに発展して欲しい。
posted by 平井 吉信 at 13:57| Comment(0) | 山、川、海、山野草

新緑のごちそう 砥石権現 その3 アケボノツツジ (ニコンD7200+AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR)


前頁から)
山麓ではすでに花は散っていたので期待していなかった。
ところが高度を上げるにつれて咲いているレンゲツツジが目に付くようになった
D7N_0336-1.jpg

D7N_0544-1.jpg

D7N_0325-1.jpg

山野草の新芽にカタクリ。食べてしまいたくなるようだ
(もちろん食べたり採ったりはしない)
D7N_0358-1.jpg

D7N_0400-1.jpg

砥石権現の東南に点在するアケボノツツジが見えてきた
花は満開を過ぎたばかりだが、まださほど傷んでいない
レンゲツツジとの光の混ぜ具合はレンズを向ける前に描いている
(背景にどんな光を散りばめるかという望遠レンズならではの世界があるね)
D7N_0409-1.jpg

D7N_0418-2.jpg

D7N_0423-1.jpg

D7N_0427-1.jpg

D7N_0436-1.jpg

D7N_0457-1.jpg

D7N_0459-1.jpg

D7N_0462-1.jpg

D7N_0467-1.jpg

D7N_0473-1.jpg

D7N_0491-1.jpg

D7N_0493-1.jpg

D7N_0515-1.jpg

見る人に幸福感を届けてくれる桃色の花がもっとも好きといった人がいる。
花を見るとき、漠然と見ているのではなく
大勢のなかからただひとつの花を見ている。
ただひとつを見ながら大勢が視野に入る。
花を見るとは、花を選ぶこと、
花を選ぶとは、ただひとつに意識を置きながら
まわりに思いをめぐらすこと。
花も人も同じ。
アケボノツツジの5月は明けて連休も明けようとしている。
posted by 平井 吉信 at 12:36| Comment(0) | 山、川、海、山野草

新緑のごちそう 砥石権現 その2 林床の山野草 (フジX-T2+XF35mmF1.4 R)

前頁から)
登山口から沢沿いの平坦な森ではヤマシャクヤクが開花しかけている
DSFT2504-1.jpg

DSFT2528-1.jpg
(この写真はXF14mmF2.8 R)

沢(水)があるし、ここで一日過ごしたいぐらい
DSFT2512-1.jpg

DSFT2523-1.jpg

とはいえ、尾根の鞍部に向けて登り始めよう
DSFT2534-1.jpg

新緑を透かして降り注ぐ萌え色の光の下でおにぎりを食べる
DSFT2536-1.jpg

尾根に出るとさらに明るく
DSFT2541-1.jpg

ブナの古木にも力がみなぎるような
DSFT2557.jpg

山頂が近づくとミツバツツジが散策を愉しく
DSFT2587.jpg

直系1センチに満たない小さな花はワチガイソウ
DSFT2596.jpg

DSFT2611-1.jpg

DSFT2619-1.jpg

標識のように見えた
DSFT2620.jpg

水恋沢方面へ樹幹のよしずを抜けていく
この先の岩のアケボノツツジは終わっていたが
代わりにシャクナゲが開花しかけている
DSFT2622-1.jpg

カタクリが点在する尾根の斜面
DSFT2649-1.jpg

DSFT2657.jpg

DSFT2666.jpg

DSFT2680-1.jpg

DSFT2686-1.jpg

DSFT2704.jpg

DSFT2728-1.jpg

DSFT2734-1.jpg

DSFT2746-1.jpg
(カタクリはそれぞれの姿態があって次々と目移りしてしまう。手ぶれ補正は本体にもレンズにも付いていないが、すべて手持ちなのは電子シャッターだから切れること)

砥石権現の山頂をすぎて東に降りていくと南斜面に岩がある
そこにアケボノツツジが群生している
DSFT2834-1.jpg

DSFT2815-1.jpg
(アケボノツツジについては次のニコンに委ねよう)

夕方になって尾根を西へと戻っていく
DSFT2886-1.jpg

DSFT2899.jpg

妖艶な存在のレンゲツツジ
DSFT2904-1.jpg

尾根を下る道すがら どこまでも歩いて行けそうな
DSFT2910-1.jpg

重厚な雰囲気に見せているのは夕方の光
DSFT2913-1.jpg

平坦な森ではエンレイソウが点在している
DSFT2941.jpg
(楚々とした花がひんやりとした風に揺れて、山歩きが終わりに近いことを感じさせてくれた)

→ その3へ
posted by 平井 吉信 at 12:23| Comment(0) | 山、川、海、山野草

新緑のごちそう 砥石権現 その1 森の小径 (フジX-E2+XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS)


新緑のごちそうを見せてください、
浴びるほどおいしい空気が吸いたい、
いま起こっていることを忘れられる誰もいない場所に連れて行ってください、
そう言われたら困る(言われてみたい気もするが)。

でも、たぶん答えは用意してある。

そこに行けばどんな夢も叶うというよ。
誰もがみな行きたがるが遙かな世界♪
(どこかで聴いたような)
その山の名は「砥石権現」。

歌の世界と違って
まちから片道50km少々(林道を含めて1時間20分)で
ブナをはじめ新緑がまぶしい森に到着。
これが四国。

砥石権現とは
スーパー林道から容易に踏み跡をたどれる山で神社ではない。
連休中というのに、車は1台も停まっていない。
この山を一人占めなのか。

春の砥石権現、新緑の砥石権現、初夏の雨上がりの砥石権現、
紅葉の砥石権現もいい。
かつてこの山で帽子をなくした(そのことさえ気付かなかったのだが)
数ヶ月後に落とした帽子がぼくの目の前に現れて
そのときどこかで見たことがあると稲妻が走った。
1年近くを経て多少傷んでいたが
持ち帰って手入れをしたらほぼ元通りになった。
それが無生物であっても
持ち主の元に帰りたい思いが顕在化して訴えたと思われてならない。

(これが見つけた当時の様子。日陰の木の枝に誰かが掲げておいたのだろうが、それが数ヶ月も風に飛ばされずにいることがありえるのだろうか)
DSXE5469.jpg
http://soratoumi2.sblo.jp/article/166834580.html

新緑の砥石権現を3部作でお伝えしてみよう。
それもカメラ(レンズ)ごとに分けてみるという趣向。
(レンズ1本でこれだけ伝えられるよという意味も)
時系列ではないのでご了承を。

まずはフジX-E2+XF18-55mmF2.8-4 R LM OISから。
フジの第二世代の絵づくりのミラーレスで汎用のズームを付けたもの。

沢沿いを登るとヤマシャクヤクが咲くゆるやかな平原の森に出る。
すでにもう足が止まっている。
なぜならあちこちに愛らしい山野草が開花しているので。
(その写真は2番目のX-T2で)
主に広角を使って目の前の森を肉眼で見た感じに。
画角的には画角28〜35o(35oフルサイズ換算)で漠然と目の前を見ている。
DSCF3327-1.jpg

谷が刻まれているがもはや源頭に近い
DSCF3322-1.jpg

尾根に出ると東へと稜線をたどる。ブナが迎えてくれる。
DSCF3338-1.jpg

尾根は明るい森でうれしくてうれしくてしようがない歩み
DSCF3341.jpg

誰が名付けたか水恋沢という谷筋にも明るい森が展開する
DSCF3354.jpg

沢の途中の印象的なオブジェのような樹木
DSCF3372-1.jpg

岩の上のレンゲツツジが庭園風の景観
DSCF3363-1.jpg

砥石権現の山頂(といってもここが目的地ではない)
DSCF3376.jpg

さらに東へと稜線をたどるとアケボノツツジが見える南に開けた岩盤がある
DSCF3389-1.jpg

もっと東へと降りて登り返すと鹿舞ダキ山があり、北の尾根を降りていくと
岳人の森に到達する。途中でヤマシャクヤクの斜面がある。
今回は尾根を引き返す。
DSCF3398.jpg

振り返るとさらに鹿舞ダキ山から北の1,142m峰へと下る尾根が見える。
DSCF3404.jpg

→ その2へ
posted by 平井 吉信 at 12:19| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2018年05月04日

ハガツオのタタキ 四国は魚がおいしい 山のミネラルと水が魚を育む


海南町のスーパーでハガツオの短冊が手に入った。
室津漁港(室戸市)からである。
カツオの仲間はさしみで食べるとおいしいのだが
氷を入れたクーラーバッグで持ち帰ったけれど
傷みが早い魚なので表面に炙りを入れることにした。

塩をまぶして水分を拭き取り
いつものように手首を固定して軽く握り
包丁を手元から先まで長く使う動き(肩関節で切る感覚)で
厚めに切って赤玉ねぎに高知産生姜のすりおろしをかけた。
つまりはハガツオのタタキ。
桃色の肉の色、黄金生姜の輝き、玉ねぎの紅が鮮やかだが
風味を引き締めつつ殺菌効果で一石二鳥。
(ぽん酢を使うよりも塩だけのほうがおいしい)
DSCF3227-1.jpg

徳島、高知に住んでいる利点は新鮮な魚が手に入ること。
たった10分の調理で安くておいしい主食の出来上がり。

追記
玉ねぎはおろしたての三徳包丁を使った。
カードのポイント交換で手に入れたもの。

普段もっともよく使っているのは
菜切り包丁(勝浦町の大久保鍛冶屋製)、
http://www.pref.tokushima.jp/takarajima/tokusen/houtyou.html
魚介と肉専用には鉄の鎌形、
小回りの利く小さなステンレス小出刃包丁(トマトやスイーツ、ジャガイモの目を取るなど)。
(包丁は2種類の砥石を使ってときどき研いでいる。厚い新聞か段ボールを切って仕上げる)

試し切りでは玉ねぎでも目が痛くならない。
トマトを切ると果汁が出てこない切り方ができそう。
(切られたトマトが気付かないとでも)
さしみ専用にしようかなどと使い途を考え中。
DSFT9197.jpg

DSFT9210.jpg

追記2
中村(四万十市)へ出張に行くと
地元の人たちと居酒屋で歓談することが多い。
その日の夕方に漁港に揚がったものを
その日の宵にいただくのを「びりびり」という。
これは天神橋商店街内のなかひらにて。
DSCF6837.jpg

清水サバのさしみとともに高知市内では物理的に難しく
ここ中村でないと食べられないようで。
それにしても四万十市中村は
塩タタキの発祥の地、
清水サバのさしみ、
四万十川の天然ウナギ、
それに負けず劣らずおいしい養殖ウナギ(加持養鰻)
アオサ海苔の天ぷら、
川エビ(テナガエビ)の唐揚げ、
ゴリの佃煮…。
おいしい海と川の幸の天国のようなところ。
ダバダ火振や藤娘を飲みながら
ブシュカンを絞って食べていると
ざまにえいけん。

追記3
香川や県北ではダメなのか?と言われそうだが
そんなことなはい。

蓮根海老はさみ揚げ定食(松茂町の小鮎、ランチメニュー)
DSCF3940-1.jpg

瀬戸内海の魚介を使った名店といえば、高松市屋島の淡海。
いま頃はサワラも旬だけれど
今年豊漁というマダイの炙りの定食(夕食メニュー)
DSCF3949.jpg

DSCF3952.jpg

朝は東京でいたはずなのに同じ日の昼と夜は四国の魚介料理をいただいていた日。
11号線沿いにありがちな観光客相手の?の店ではなく
まじめにコツコツ手抜きなしで地元の鮮魚が食べられる店。
タグ:2018
posted by 平井 吉信 at 19:48| Comment(0) | 山、川、海、山野草