2018年02月20日

台所のプリンス 1/2回転キッチンループで


空港でのできごと。
「サインしてください」
「一緒に写真を撮ってもいいですか?」
女性がぼくのところをめがけて押し寄せてきた。
「あの、ぼくはユヅルではないのですが…」
(ファンが怒りそうな悪い冗談を。でも、少し目の悪い方が後ろ姿をみて勘違いする人は100人に1人ぐらいはあるかもしれない。所作の真似はできるから→ ナイナイとの影の声)

目が覚めた。
なかなか心地よい夢だった。

実は台所ではぼくもプリンス(と言ってしまおう)。
前振りはこちらの記事から。

短時間で料理をつくるとき
台所を駆け抜けている。
(水場と冷蔵庫と電子レンジとガスコンロと乾物置き場が少し離れているため)。
火をかけたまま、追加の調味料を取りに行く。
そういえばシイタケが残っていた、このタイミングなら使える!
などとダッシュしてはターン。
その際にブレーキをかけながら右手で欲しいものを掴むと
その勢いで反転する
(1/2回転。前身のエネルギーをわずかなきっかけで、むしろその力を利用するように反転させる)。
(いや、ほんとうに日常です)

その姿は氷上の彼に似ていなくもない(と思い込んでいる)。

みなさんの一日もそう。
日常にはひそやかな愉しみが隠れている、と言いたかっただけ。
(突っ込み処満載だけど、納得しどころも少しはわかってもらえた?)


有言実行というのは実は大切なこと

言葉にすることでイメージを描くことはもちろんだが、
自分の本能に火を付ける。
高まった集中力をくまなく使い切るための準備を行うことができる。
それはドーピングすることなく
アドレナリンを分泌させるとともに
視界からすべてを消し去ること。

ライバルが予想以上に飛んだ、早かった、高得点を出した。
ならば、いつもより踏みきりを強めに…などど考えると失敗する。
人間は考えながら行うことはぎこちない。
(えーと、これができたから、次はと、これをして…)
これが失敗の要因。

ところが無意識でやるとどうなるだろう。
脳は集中してやるべきことを行うことができる。
それどころか、脳優位の身体の制御を
身体全体の制御に切り替える、もしくは連携の強化ができるのではないか。
当然、脳だけの制御よりもはるかに高速かつ正確で疲労が少ないのではないか。

そのとき脳内では神経細胞は新たな可能性を求めてつなぎ替えを模索する。
そこに人間の可能性がひらく。
だから、無心とか無欲というよりは、
無意識というのがメンタルの本質を表しているように思う。

数年をかけてスクワットやマシーンで鍛え上げたポパイのような筋肉が
本番でどのように動いてくれるのか。
緊張して我を忘れてしまえば、簡単に負けてしまうだろう。
制御できなければ鍛えたことがかえってブレーキになってしまう。
そのことをよくわかっているアスリートは筋トレは慎重に行うだろう。
骨、筋肉、神経が一体となって意のままに
いや、無意識に動いてくれると良い結果になる。
イチローはルーティンの効果(無意識の動き)と
正しい身体の使い方を実践しているよね。

メンタルを鍛えるというのは
考えずにやることで集中力を引き出すということ。
そこにはライバルはいない。
敵は己自身の心だけ。
そこには戦略はない(不要)。
(勝つために難度の高い技を封印して完成度の高い技の総合点で競うようにする、というのは戦略だけど、試合に臨む姿勢は戦略よりもっと根源的なものが大切)

ものごとを表面的に見ることなく
何のために、どのようなを見ていくと
本質が見えてくる。

→ 近道のようで近道じゃない(KPI達成重視)
→ 遠廻りのようで遠廻りでない(成功のためのプロセスを描く)

いまの時代、本質は既存の問題解決の外にあることが多いとしたら
その枠をはずす(意識しない)ことから始めるしかない。
日本が飛翔するために、一人ひとりが意識すべきこと。
posted by 平井 吉信 at 01:15| Comment(0) | 生きる

2018年02月17日

高知県 観光コンテンツのつくりこみがえいけん


JRで高知駅に着いたところで北口で高知県庁のIさんに拾っていただいて
県西部の自治体へと向かうある日。

すれちがう電車が謝っている。
「ごめん」
いえいえ、これは行き先「後免」を表す。
DSCF2883-1.jpg

オムライスで有名な日高村のラッピングが施されている。
目立たないところに文字が書いてある。
「オムライスをフーフーする顔は、キス顔に似ているらしい」
「気になるあの娘と、日高村」と書いてある。
ところが上のほうに小さく
「こんなに宣伝しゆうけんど、この電車、日高村、いかんきね」
おもしろい。
(ぼくもあの娘と行きたいな)

自治体の職員の方もおもしろい。
というか、熱心。
Iさんもそう。
そこまでやるんかいな、と感心するきに。
(変な高知弁、ごめん)

「芋けんぴは、越智と窪川と日高ではどれがおいしいですか?」
「○○」
(そうですね、ぼくも同じ答えです)
「日高村のオムライスは?」
「○○」
(なるほど、予想していました)
と話が車中で弾むうちにだいぶ西に進んできて昼に。
「食事はどこでしますか?」
Iさんと意見が一致して、あぐり窪川で。
(いつも笑顔でてきぱきとした女性のスタッフがいるのだ)

県職員のIさんは四万十ポークの丼で
ぼくは四万十ポークのトンカツで。
DSCF2886-1.jpg

食事のあと、町役場でIさんの同僚の県職員の方々と合流。
立派な四万十ヒノキの柱が印象的な真新しい庁舎。
これから町幹部の方々に説明と意見交換を行うところ。
(きょうは助っ人ということで呼ばれている)


.。'.*.'☆、。・*:'★    .。.・'☆、。・*:'★
  .。'*・☆、。・*:'★     .。・*:'☆
 ☆、。 ・*'★ .。 ・':....*.:'☆        .。・:'*・':'・★


仕事も終わって高知駅で数少ない徳島連絡の「南風」待ち。
とさてらすに寄ってみよう。

高知県のそれぞれの市町村の名物が人形で表現されている。
DSCF2910-1.jpg

22世紀になっても龍馬で引っ張るやろね
DSCF2900-1.jpg

室戸はこころのふるさとのようなところ
(ぼくにとっては奈良県の明日香村と室戸かな)
DSCF2903-1.jpg

そろそろ、ジョンマン(ジョン万次郎)を大河で取り上げてもえいのとちがう?
土佐清水のみなさま、ジョンマンをざまにえいと思うちょりますけん。
いっちきちもんちきち。
じゃっと、きょうびは西郷どんやけんおんなじ時代はちいとむずかしいぜよ。
(高知の人は使わんけど全国の人はこれが高知弁とおもうちゅう言葉。中村も宿毛もはいっちょりますけん)
DSCF2896.jpg

観光パンフレットも見慣れんのんをもろてきちゅうがよ
(変な高知弁、ごめんなはり)
DSCF1895-1.jpg

そんななかで目がとまったのは
いの町公式観光ガイドブック「ふわふわ」。
DSCF1901.jpg

表紙は人力飛行船に乗る男の子と女の子が
仁淀川下流の国道と鉄橋の上を飛びゆうところ。
これがまたえい。

俯瞰によるパステルタッチのやさしいイラストは手に取ってみたくなる。
(まず、ここでしょ。ガイドブックに何を載せるかではなく、どのように手に取ってもらえるかでしょ。そこから勝負が始まっている)
DSCF1902-1.jpg

Web上ではこちら

しかもこのガイドブック、見る人がみれば作り手の愛情と思いが見えてくる。

写真のトーンをほぼ揃えてある。
しかも観光パンフにありがちなPLフィルターでコントラストを強調、
もしくは彩度を上げたよそゆきの風景写真にしていない。
コントラスト抑えめ、彩度やや抑えめ、露出+1EV程度、
色温度4000〜4800程度で透明感のあるふわっとした絵に統一している。
(Instagramで女性が好みそうな絵づくり)
光沢紙だが純白でなく、やや生成りに近づけている。
当然だがイラストと写真のトーン(世界観)を揃えてあるのだ。

瓶ケ森林道(UFOライン)の紹介はドローンの空撮である。
これもイラストの世界観の延長線上ですっと入ってくる。
この林道は四国の林道でもっとも眺めがいいところを走っている。

驚いたのは「仁淀川さんぽ」の頁で
吉野川源流の「白猪谷」(しらいだに)が掲載されていること。
(白猪谷を紹介している観光パンフレットは見たことない)
siraidani-1.jpg

いかに安居渓谷が仁淀ブルーで売り出そうと
D7K_4563-1.jpg
三嶺南面の上韮生川が原始の森の渓流のたたずまいを持っていても
かつて一世を風靡した面河渓を持ってしても
DSC_2968-3.jpg
(つまりは四国の川の源流をくまなく見てきたぼくの目にも)
白猪谷の深い空色は別天地。
(人に教えたくないほんとうの穴場)
しかも吉野川源流をたどる散策の愉しみ。
川そのものがルビーのような光を宿している。
siraidani-1.jpg
ガイドブックでは「水は宝石のような美しい色彩を放つ」とやや常套句だが
コンテンツをつくる際に一度は足を運んだのではと思わせる。

近いうちにいの町を訪れてこのガイドブックのつくられた背景や
作り手のことを尋ねてみようと思う。

仕事ではまた数日以内に高知県西部の別の自治体へ行くけれど
あたたかくなれば、仕事でなく高知県西部をまわってみよう。
このエリアには、県外の人も県内の人も知らない穴場がたくさんあるのだ。
タグ:高知
posted by 平井 吉信 at 23:31| Comment(0) | まちめぐり

2018年02月14日

バレンタイン企画 チョコを渡す人がいなくてもチョコをもらう相手がいなくても ばらの騎士があれば。たった5分で味わうR. シュトラウス「ばらの騎士」の愉しみかた


オペラ通でもないぼくが解説するのは冒険だけど
もし6分ほど付き合ってみようと思われるのなら、
YouTubeのリンク先をご覧になってみては?
https://www.youtube.com/watch?v=9Qzcnd0pLvg

このリンク先が実によくできている。
ボランティア団体のようだけど
法律を遵守して音楽に対訳をつけていただいている。

リヒャルト・シュトラウスは大昔の作曲家ではなく
第二次大戦後に没した人である。
ドイツ後期ロマン派のめくるめく音彩を描いてやまない。
オーケストレーション(オーケストラへの編曲)に関しては
プロの作曲家のなかでも名人芸の域に達している。
(ぼくはベートーヴェンの不器用なオーケストレーションが好きなのだけど)

.。'.*.'☆、。・*:'★    .。.・'☆、。・*:'★
  .。'*・☆、。・*:'★     .。・*:'☆
 ☆、。 ・*'★ .。 ・':....*.:'☆        .。・:'*・':'・★

ばらの騎士 三重奏での登場人物は以下の3人。
陸軍元帥夫人マリ・テレーズ:エリーザベト・シュヴァルツコップ
ばらの騎士オクタヴィアン:クリスタ・ルートヴィヒ
花嫁ゾフィー:テレサ・シュティッヒ=ランダル

カラヤンとフィルハーモニア管弦楽団による1956年の録音から
第三幕の終わりのほうの一部に出てくる三重奏だけを取り上げた動画。
(といっても登場人物はなく字幕だけ)

この動画では、ドイツ語と日本語の歌詞と対訳が出てくるので
発音を追いかけつつ意味もわかる。
さらに、字幕の出し方が絶妙である。
第3幕の有名な三重奏が終わりに近づいて
「神の御名において」と元帥夫人がうたい終わると
(実演ではここから元帥夫人は退場するのだが)
元帥夫人を演じるエリザベート・シュワルツコップの名前が浮かび上がる。
続いて、ばらの騎士オクタヴィアンを演じたクリスタ・ルードヴィヒ
そしてゾフィーのテーマがオーボエで奏でられると
ゾフィーを演じたシュティヒ・ランダルの名前。

そして管弦楽の響きに包み込まれると
指揮者カラヤンの名が流れ、没後20年を記念と紹介される。
さらに作者のリヒャルト・シュトラウスの生誕150年に当たると表示される。
オーケストラがエコーのように回想するなか、この録音のプロデューサーの名が流れる。
https://www.youtube.com/watch?v=9Qzcnd0pLvg

対訳集の本もあるが、哀しいかな平面上にまざりあう歌詞を表現することができない。
ところが動画で字幕を動かしていくと
三重奏の複雑なからみが見えてくる。
左にゾフィー、右にオクタヴィアン、
真ん中下から元帥夫人の台詞が流れるという至れり尽くせり。

ここでこの歌劇の見どころを少しだけ。
この楽劇(作者は歌劇とは呼んでいない)は、
18世紀のウィーンを舞台にしている。
設定は以下で。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B0%E3%82%89%E3%81%AE%E9%A8%8E%E5%A3%AB

先にも述べたようにオペラを好きでないという人は
大柄なアングロサクソンの男女(ネアンデルタール人のDNAを持っているからだろう)が
歌詞が聴き取れない発声法でヒステリックな大音量を上げるのが我慢ならないからだろう。
ぼくも苦手である。
(プッチーニの蝶々夫人などはそのような歌唱は出てこない)
モーツァルトの頃の時代設定ということもあって
ばらの騎士もそのような歌唱は求められていない。

劇の設定を個人的な見解でひもといてみよう。
元帥夫人は30歳前後であるが、身分の高い夫を持つ。
おそらくは政略結婚で、年下のオクタヴィアン(17歳)を愛人にしている。
このふたりがベッドでむつみ合う場面から幕が上がる。
(それを不貞と責めるとこの劇は成り立たない)

若いオクタヴィアンも元帥夫人に夢中であり
序曲は突き抜けようとする彼を包み込む夫人の包容力の愛を描く。

17歳のオクタヴィアンを演じるのはソプラノもしくはメゾソプラノ、
つまり女性歌手が男装して演じる。
劇中では元帥夫人の部屋にいることを見つかりそうになって
女装する場面がある(女性が男装して役作りを行うが劇中では女性に変装して本来の性でうたうという凝ったつくり)。


第三幕の三重奏の場面は居酒屋。
ここで上記の3人が遭遇する。
三重奏は三角関係の悲恋と恋愛が絡む。
つまり恋の勝者と敗者がいる。
ただし配役上は男1人、女2人であっても
演じるのは女性3人(つまりひとりはズボン役=男役)。

かつて英語と日本語の歌詞まで暗記してしまった
ミュージカル「Les Miserables」の三重奏を思い出す。
コゼットとマリウス、それを見守るだけのエポニーヌ。
滝田栄のジャン・バルジャンや島田歌穂のエポニーヌを見るため
梅田コマ劇場まで何度も通ったっけ。

ばらの騎士の元帥夫人は、2人が恋に落ちていることを見抜き
ゾフィーもオクタヴィアンと夫人が愛人関係であることを感づいてしまう。
元帥夫人は自分が身を引くことでオクタヴィアンの幸福を願うという
気品ある態度と心の葛藤を演じなければならない。
この楽劇の事実上の主人公であり、
リリックソプラノにとっての生涯の集大成となるような名誉な役である。

ここでは名歌手シュワルツコップが心の機微を演じきる。
表現することが愉しくてたまらない、そのために生きてきたといわんばかりの
絶唱をコントロールしつつ、涙を気品で隠した歌唱。
舞台姿を想像しつつ聴いてみよう。

ふたりの愛人関係に気付いたゾフィーは
その場から立ち去ろうとするが
オクタヴィアンが引き留めようとする。
ゾフィーも不安と憧れが入り交じる
若さが崩れ落ちそうになりながら
支えを求めている。
第2幕のばらの騎士を迎える「銀のばらの贈呈」の場面で.
夢のような歌唱を見せたシュティッヒ=ランダルが
思いが天に突き抜ける歌唱を見せる。
そこに戸惑いや不安を散りばめて。
ぼくはこの声を聴いて10代の娘に感じられた。
(うますぎない、絶叫しない、コケットリーであって乙女チックな)

もっとも感動的な第3幕の三重奏に対して
もっとも美しいのは第2幕の銀のばらの贈呈の場面である。
第2幕では、親類に当たるオックス男爵の婚約の使いとして
銀のばらを届ける「ばらの騎士」が登場する。
(このとき、花嫁ゾフィーを見初める。ゾフィーも修道院を出たばかり。つまり同年代の若い二人の一目惚れ)
オクタヴィアンは、第3幕では好色のオックス男爵をゾフィーから引き離すため
一計を案じて女装して誘惑する場面も演じるなど、全3幕を通じて出番が続く難役である。


.。'.*.'☆、。・*:'★    .。.・'☆、。・*:'★
  .。'*・☆、。・*:'★     .。・*:'☆
 ☆、。 ・*'★ .。 ・':....*.:'☆        .。・:'*・':'・★

ゾフィーは貴族生活に憧れる少女。
まだ見ぬ男爵が醜男であることは知らないで
婚約の使いで訪れたばらの騎士にめぐりあってしまった。
(第二幕)
10代の恋を初々しく演じるとともに
若気の至りや誇らしげな態度、不安やおびえなども表現する。
第2幕は全曲に字幕付のこの動画で。
https://www.youtube.com/watch?v=JqUK1NyKYrE

5分過ぎにばらの騎士があらわれる。
8分台のゾフィーが献呈されたばらについて夢見心地に話す場面は
この世のものとも思えない美しさ。
声の弱音に生涯の憧れを載せてうたっているような。
そして、オーボエで奏でられる天国のこだまのようなゾフィーのテーマ。
グロッケンシュピール、ハープ、チェレスタなどが刻む不思議な音階のいろどり。

ふたりの間に恋心が芽生え
10分台から12分にかけて、このときを死ぬまで忘れないと。
Rシュトラウスはここぞとばかりに
転調、移調で歌い手の心も聴き手の魂も揺さぶる。
リヒャルト・シュトラウスは管弦楽の魔術師。
声はオーケストラと一体となって音楽をつくりあげる。
こうなると、ばらの騎士から一生抜け出せない。
だって、この音楽が響かなくなる頃は干からびているのだから。

音で聴く限り、カラヤン/フィルハーモニアの1956年録音が最良と思う。
(録音もいまの水準と比べてもひけをとらない)
芸達者なシュバルツコップに薫陶を受けたのか
シュティッヒ・ランドルのゾフィーと
ルートヴィッヒのオクタヴィアンの儀式の緊張が解けたあとの会話など
弾むような気持ちを伝えて止まない。
三重奏もいまだ持ってこれを越えるものを知らない。
オペラはつくりものの世界、というけれど
そのなかに感情を投影することは
論理一辺倒に活を与えて
豊かな感情の流れを内なる自分に開くことができ
一種のカタルシスを得るのではないか。

.。'.*.'☆、。・*:'★    .。.・'☆、。・*:'★
  .。'*・☆、。・*:'★     .。・*:'☆
 ☆、。 ・*'★ .。 ・':....*.:'☆        .。・:'*・':'・★


聴いていると聴き手も同じように
高揚感や寂しさを感じることがある。
それこそリヒャルト・シュトラウスの魔法。
息すらできなくなる恋愛の不安と情熱、
そしていつかはつゆと消えゆく夕映えのようなためいき。
歌詞も音楽も理屈もわからなくていい。

誰だって、人を好きになったことはあるはず。
たとえ片思いでも、全身全霊で人を好きになって
彼女の成長を見守る場面があっただろう。
彼の愛に包まれていることに気付いて
身も世もない恋を経験しておとなになっていくことがあっただろう。
恋に卒業はなく、いつが来ても慣れることはないこの感情の晴れ舞台。
バレンタインに聴く「ばらの騎士」はメッセージを伝えてくれるのでは?



追記
コンサート形式で三重奏から最後までの演奏がある。
(コンサート形式だが元帥夫人は一度舞台から去って行く)
https://www.youtube.com/watch?v=EXi8U1twwrc
アバドとベルリンフィルによる。
評判のいいカルロス・クライバーよりこちらがいいように思える。
名人集団のベルリンフィルがこれほどあたたかい音色で
しかも包まれるような抱擁感で鳴るとは。
キャスリーン・バトルのゾフィーはかれんだが、少し違うような気がする。
(ゾフィーはもっと控えめに感情表現するのでは。もっと拙い感じというか、前に出すぎない初々しさとでも)
フォン・シュターデのオクタヴィアンはいい。所作や感情表現まで見とれてしまう。
フレミングの元帥夫人は落ち着いているが期待を裏切らない。
実演に接していたら目が眩むような感動だったのではと思う。


さらに追記

フレデリカ・フォン・シュターデがうたった作品として
カントルーブのオーヴェルニュの歌から「バイレロ」はいかが?
暑い夏に聴くと、フランスの高原地方の情緒が涼やかに立ちこめるはず。
https://www.youtube.com/watch?v=b_LUu45cHPc

ぼくがレコードでもっているのは、ダウラツの歌唱。
もっと素朴な感じがする。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=194&v=-iI8tMHrD_c

音楽って、一度に時代や世界を越えて駆け巡ることができる世界旅行、歴史旅行のようなものだね。


posted by 平井 吉信 at 22:44| Comment(0) | 音楽

2018年02月12日

雪が溶ければ水辺に行きたくなる 北の脇に空が映る(部分的ウユニ塩湖出現)


朝、起きてみると意外にも積雪。
徳島の平野部でも今年ぐらい雪が積もることは少ない。

そして積雪が10センチでもあれば
徳島では通勤に6時間かかった、などの噂話が飛び交う。
(ぼくは通勤をしないので真偽のほどはわからないが、普段より時間がかかるのは間違いない)
それを聴いて新潟出身の人が苦笑する。
この程度の雪で何でそんなにじたばたするのって。

それが南国なんですよ、新潟の方。
スキーを愉しむ人もぼくのまわりにはいない。
一度だけ信州野沢温泉へ3泊4日のスキーに出かけたことがある。
あのときは急行「しなの」だったか「ちくま」だったかの大阪発の夜行列車で
朝の5時ぐらいに松本に着いた記憶がある。
スキーは楽しんだかって?
いや特には。歩くよりは早く滑ったような気がするけど覚えてないな。
(考えてみれば生涯に一度だけかも。今後もしない、多分)

朝起きて宿のまわりが一面の雪景色だったことのほうが感動的。
とにかく南国の人間は雪が苦手。

ところがきょうの雪は午前中に溶けてしまった。
雪にとざされていた南国人間はさっそく水辺に行きたくなる。
冬の間は山も山野草も休眠で行くところがないから。

近所の勝浦川を見に行った。
これはこれでよかった。
水辺は冬が極まって春に転じる気配がした。
DSCF1865-1.jpg

次に北の脇に行った。
高校時代、学校の帰りに泳いだもの。
風がなくおだやかな海は寒くはなかった。
DSCF1884-1.jpg

波打ち際をみると空が映っていた。
DSFT8267-1.jpg

DSFT8288-1.jpg

DSFT8312-1.jpg

近づいて自分の目で確かめて肌で感じることが大切。
思い切って決断して実行することが人生を動かしていくのと同じ。

(フジX-T2+XF35mmF1.4 。ほとんどこれだけで写真を撮っているような気がする。標準レンズが好きなんだろう)
posted by 平井 吉信 at 22:52| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2018年02月11日

手抜きだけど (ぼくにとって)世界一おいしいカレー


理由は簡単。
自分で描いた味にするから。
食べたいカレーは、もこもこと濁った味ではなく
野菜の甘みと肉汁の適度な豊潤さがあるけれど
食べた瞬間においしいと思えるすっきりとしたカレー。

たっぷりのニンニクをオリーブオイルで炒めて焦げ目が付いた頃
大量の細かく刻んだたまねぎを投入してフライパンで炒める。
(たまねぎの甘みがカレーの基本になるので)
蓋をして蒸し焼きふうに。その間に別のことをできる手抜き。

同時並行で湯を沸かしながら
このところの寒波に対抗するため
身体を温める効果の高い刻み生姜を入れておく。
ニンジンの断片をハリオの電子レンジ調理容器で600W5分程度加熱して下ごしらえ。
そしてわきかけた鍋にニンジンを投入。
(さらに同時並行であらかじめ水に40分ほど浸しておいた米を。研ぐ際には最初に浄水器の水を吸わせていったん水を出して数回かき混ぜる。ぬかの汁を米に吸わせない。米を研ぐのは全工程で30秒という手抜き)

ほどなく炒めた玉ねぎが鍋に合流。
フライパンが空くので、塩を振った肉の表面を中火でさっと焦がす。
あとは鍋に入れて鍋のなかで肉は煮える。

鍋には赤唐辛子を2本入れて味のとんがりをつくる。
それを尖らせすぎないために、メイプルシロップを鍋にたらす。
(隠し味というより素材の強さを調整するという意味で)
阿波尾鶏の胸肉を使うときはバターをほんの少し鍋に入れることもあるけれど
この日の肉は余り物の豚バラの塊と阿波尾鶏のモモ肉の塊で
肉の脂の旨味があるので。

ぐつぐつ煮えてくる直前でトマトを1個半分に切って入れる。
この酸味と旨味は欠かせない。

たぶん酸味と旨味を辛みに加えることで豊潤さが出るのだろう。
そこに脂の旨味は欠かせないが、すっきり感が基調なので。

鍋はテルモスの保温鍋。
ぐつぐつ煮えたら火から降ろして保温する。
この間、約半時間。火を使わず煮える間にほかの用事ができる(手抜き)。

半時間後、再び弱火にかけて
ゴールデンカレーのルーを規定の7割程度入れて
3分かきまぜて火を止めてできあがり。

ルーは煮込まない。味見をしても追加のスパイスは不要と判断。
(これも常識)
ルーを7割程度に抑えるのは
カレーの味を支配しないよう
ルーはあくまで味覚の入口の導入役だけど
あとは素材のおいしさが主役となるよう。
(昔と違っていまのゴールデンカレーはひとつの完成形で何を足しても余分になる。だからルーを控えめに素材の風味を活かしつつ味の加減ができるようにしている。とろみが不足すると感じるときはレンコンパウダーや玄米パウダーを入れる。この作用でまろやかさ、コク、おいしさの持続性が向上する)

こうして1時間弱で(材料の下ごしらえに時間がかかる)
炊飯とご飯とさらに同時並行でつくっていたサラダができる。
(包丁とまな板を複数用意するのは生肉と野菜を分けて調理するため。先にニンニクや玉ねぎを切り、それから肉を切る。別のまな板でサラダをつくる)

料理をするのは気分転換。
(実は時間短縮のために台所を走り回っている。優雅にやっていられない。同時に調理をするとそうなる)
人間は手を動かすとなにかひらめくようになっているから
普段料理をしない人はわくわくしながら料理をしてみるといいかも。

味は?
もちろん掛け値なくおいしい。
小学校の頃から試行錯誤しながらつくってきたので無意識で身体が動く。
いまある材料で、そのときの体調や気候を考えて味を決める。
それに向かって短時間で仕上げる。

カレーは食べ終わるとすぐに冷凍するけれど
翌朝あたためるときは食べる直前にガラムマサラ系を少々加えて香りづけする。

見かけはともかくカレー専門店のカレーは
酸味や旨味が足りないのに味がぼけている。
きっと煮込みすぎているかスパイスを入れすぎているんだろうね。
(風味の引き算が必要なのでは?)
手抜きは料理を愉しむ方便であるとともに
おいしさに近づく手段でもある。
DSFT8129-1.jpg
おかわりのあとに思い出して撮ったので見映えはしないけど
おいしさは食べている本人が心から満足しているので。

posted by 平井 吉信 at 23:51| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ

2018年02月10日

子どもを大切にする国 特急のなかのほのぼのとしたできごと。南太平洋の子どもたちを思い出した


それは心なごむ光景だった。
特急うずしおの車内に
志度駅だったか
幼稚園(保育所?)の子どもたちが4人の先生の引率で
集団で乗り込んできた。

相席になる人に先生(保育士?)たちが
ひとこと断って子どもを座らせていった。
(どうぞ、どうぞ♪)
子どもたちもどうにか着席できたようだ。

そのなかのひとりの先生(20代半ばかな?)が
一人ひとりの子どもにほほえみを浮かべながら
やさしい所作と澄んだ声で呼びかけて
デジカメで写真を撮ってあげていた。
特急の車内が教会のような厳かな空気さえ感じた。
(スマートフォンでなくデジカメでしかもシャッター音を消して自然光で撮られていた)

その姿が天使のように見えて
仕事といえでも使命感を持って
(だからこそ)楽しんでやっている姿にほのぼのと。

心のなかで、その調子で♪
良い人生になりますようにと願った。

(川端康成の「バッタと鈴虫」に出てくる少女をもちらりと思い出した)

.。'.*.'☆、。・*:'★    .。.・'☆、。・*:'★
  .。'*・☆、。・*:'★     .。・*:'☆
 ☆、。 ・*'★ .。 ・':....*.:'☆        .。・:'*・':'・★

…ときは南太平洋ポリネシアにいた頃のこと。
滞在したボラボラ島(自炊していた)のオテマヌ集落の教会で
日曜の礼拝があり、10代半ばと思われる白いスカートの少女が
小さな子どもたちにマリアさまのようなおだやかな笑顔で接していた。
子どもを飽きさせないように留意しつつ読み書きを教えていたのだろう。
borabora03.jpg

borabora01.jpg

この少女が天使のように見えた。
10代で諦念にも似たおだやかなほほえみをたたえて。
borabora02.jpg
(特急うずしおで出会った女性とも雰囲気が似ているので思い出した)

ヴァイタペ村にバスが着いた
borabora04.jpg

ターザンごっこ
borabora05.jpg

自転車買ってもらったんだね
borabora06.jpg

そんなにレンズに近づいても…。駆けっこ早くなったかな?
borabora09.jpg

愛くるしいムーシン・ダニエルちゃんももう大人になっているんだろうな
右は妹。よく面倒を見てあげていたね。
borabora07.jpg

borabora08.jpg

乙女ですから
borabora10.jpg

borabora11.jpg

鶴の折り方、覚えている?
borabora12.jpg

風がやんだ夕暮れ。ひとり旅っていいね
borabora13.jpg

borabora14.jpg

観光地から離れた暮らしの匂いがいい
borabora15.jpg

borabora16.jpg

無人島でのピクニックの記念に
borabora17.jpg

南太平洋高気圧 1020ミリバール?
borabora18.jpg

ラグーンのサメはおとなしい。泳いでいてよく囲まれた
borabora20.jpg

鳥の楽園への入口
borabora22.jpg

自転車で島を一周すると半日はかかった
borabora23.jpg

椰子の実を頭に当てると大変
borabora24.jpg

ボラボラ島の象徴、オテマヌ山
borabora21.jpg

環礁の外海はいきなり水深数百メートルに
borabora19.jpg

地球の休日を愉しんでいますか?
borabora25.jpg

マーロン・ブランドが所有するテティロア島にセスナをチャータして
そこから鳥の楽園に向かった
borabora26.jpg

ぼくがカメラを持っていると
洋の東西を問わず、日本の田舎を問わず
子どもが寄ってくる。
(警戒されない雰囲気を持っているのは強み? いや、子どもは瞬時に本質を見抜くのだろう)
そしたら一緒に遊ぶ。
折り紙はよく教えてあげたし
ペタンクに入れてもらったり、飛び込みをしたり。
同世代の人たちとはときに無人島に船でわたってピクニックにも行った。
岩に参加者全員の名前を書いているスナップがそのときのもの。
国は変わってもところは変わってもひとの心は同じなんだということを
身体で感じられたことがポリネシア滞在の収穫だった。
(年を取ってから何かをしよう、ではなくいまできるならいまやること。「若さの特権」は時間やお金で買えないよ)

どこも同じ。人は同じだよ。
そして夏は終わらない。永遠に終わらない。
楽園は、それを見ようとする心のなかにあるから。

(ミノルタX-700+MD28/2.8、35/1.8、50/1.4。いいなあ、この時代のカメラって。価格は安いのに完成された技術が凝縮している。このカメラは18年にわたって販売された。篠山紀信や三好和義も使っていたよね。ぼくが常用しているフジのデジカメではこの色は出ないのでなつかしくなる。こんなカメラ、いまの時代にある? ただしぼくが持っている2台のX-700は骨董ではなく完動の現役。ファインダーの優秀さは一眼レフ市場で最優秀。だからピントが合わせやすい。1/1000秒までに抑えたシャッターも安定感抜群で長年の使用に耐えるもの。ミノルタ最後のMF一眼レフとして産業遺産になってもおかしくないと思う。クラウドファンディングでミノルタブランドのデジカメってできないものかな?) 
D7K_4850-1.jpg

D7K_4877-1.jpg


http://soratoumi.sblo.jp/article/61144747.html
http://soratoumi2.sblo.jp/article/182280055.html
http://soratoumi2.sblo.jp/article/181212781.html
posted by 平井 吉信 at 13:10| Comment(0) | 生きる

2018年02月07日

南フランスを思い出すとき フォーレやドビューシー、ビゼーの楽曲 上野由恵さんのフルートが冬の日本をプロヴァンスの風そよぐ季節に変える


パリの散歩道 フランス・フルート名曲集 上野由恵/三浦友理枝

雪に閉ざされる日本から、
常夏の島々を思い浮かべても遠い。
むしろ、地中海沿岸の光にあふれたおだやかな地方、
例えば、南フランスのプロヴァンス地方や
スペインのカタルーニャが思い出される。
DSFT0682.jpg

DSFT1331-1.jpg

南フランスといえば思い出すのは
フォーレやドビュッシーの音楽。
フォーレの組曲「ペレアスとメリザンド」ならこんな情景。
38-1.jpg

 真夏の立体がしたためるけだるく重たい空気に、少しずつ諦念にも似たさわやかさが混じりはじめる頃、沈まないと思えた太陽に翳りが差した。黄昏海岸の目に映る景色のなかで何かがささやいている。ぼくは自転車を置いた。

 手をかざしてみると、ガードレール越しに海が橙色に散乱していた。
 目を閉じると波が見えてくる。沈黙の間をそれとなく波の音が満たしている。波頭がくずれながら横へ平行移動するのと、戻ろうとする波が縦の方向でぶつかりあう。その音のずれが、ほとんど海と陸の境目のない空気の厚みを感じさせているのだと気づいた。
 引きずられてこすれあう石ころ。波の声はやはりここまで届いている。はるばる太平洋から届いた旅の終点は幾重にも重なった砂の拍手。それは、突然ゆっくりと起き上がるような調子で声をあげるのだから。

 夏の午後が落ちる前に最後にぶつけてくるため息のような情熱に包まれていた。ななめの残照が頬のほてりをなぐさめてくれるようだった。
 長く引いた影をたどると、そこにひとりの女の子がいた。白い半袖のブラウスは分水嶺のように正確に光を分けて、直射するところは光を突き放してオレンジ色に染まっていた。

 ぼくは目をそらさなかった。
 女の子も目をそらさなかった。
 そんな状態が一秒間続いたあと、どちらからともなくうつむいた。
 ぼくは手を差し出した。ところが、汚れているのに気づいてあわてて引っ込めざるを得なかった。
 自転車のパンクはもう修理できている。ぼくは目線を上げて彼女を見た。やはり少し淋しそうな表情に思えた。
 けれど、それは間違いだった。小さくてふくよかな唇がわずかに動いて、
「ありがとう」
 そう言うと、きりっと結んでいた口元がゆるんで白い歯が並び、瞳はさらに大きく開かれて微笑の静止画をとってみせた。
 その笑顔に心の裏付けを必要としないのは、彼女が両親から情愛を持って授けられたにちがいない、均整のとれた容姿を持つ女の子だから。そのことを彼女自身、直観で感じていたのだろう。だから、なるべく目立つまいと表情を抑えているのかもしれなかった。

 彼女が手を振った。

 草の根の大地に立って空を見上げた。ため息のような情熱が溶暗していくと、背景は少しずつ照明を落とし、星がひとつ、ふたつ、にぶい光を空間に放ち、しだいに明るさを増していった。
 ぼくは自分がどれだけ無力かを知っている。だからこそ、すばらしいものに会えるだろう。
 トレモロで刻む弦の上をハーモニーがサーっと拡がって始まった夏、輝いていた。

「空と海」から引用


ペレアスとメリザンドでは有名な「シシリエンヌ」も良いが
ぼくは第1曲の「前奏曲」が好きだ。
この音楽を聴いていると自然に湧き出した泉のような文章である。

初夏の朝に窓を開けて
アンセルメ/スイスロマンド管のレコートでよく聞きこんだもの。
光と影が降り注ぐような音楽。
https://www.youtube.com/watch?v=dgRtrTnMr1M
(目を閉じて聴いてみて)

そして午後になれば、ドビュッシーの「牧神の午後への前奏曲」。
こちらは夏の午後の幻のような
それでいてめくるめく情熱と官能の極みを
時間軸の高まりで描いた10分弱の音楽。
ドビュッシーは天才的な音楽の詩人だね。
DSFT1328-1.jpg

これもアンセルメ盤で聴いたもの。
いまならデュトワ/モントリオール響がいいだろう。
https://www.youtube.com/watch?v=z1GAaSP8Ku4

ところが昨年秋、南フランスを彷彿させる楽曲を
フルートで演奏する日本人女性のアルバムが発売された。
パリの散歩道 -フランス・フルート名曲集
フルート奏者の上野由恵さん。ピアノ伴奏は三浦友理枝さん。
https://www.yoshieueno.com/

上野さんは高松市(志度)のご出身とか。
そしてたびたび行くサンポート界隈でコンサートをされたこともあるという。
今年その機会があればぜひ行ってみたいと思う。

DSFT1372-1.jpg

南フランスといえば、ぼくが大好きで欠かせない曲がもうひとつあった。
ビゼーの組曲「アルルの女」から上野さんの演奏を見てみて。
https://www.youtube.com/watch?v=mRK4nIbUuX0

DSFT1371-1.jpg

フルートはピアノなどと違って人間の肉声に近い音の出し方をする楽器である。
彼女の奏でる音色の音が詰まった密度感とそれと相反する浮遊感、
早いパッセージでの情熱的な粒立ち、
空気の震えは心の震えを伝え、
湿り気を帯びた珠を転がすようなレガートが
フランスの香る楽曲を典雅に奏でる。
人生がこんなふうに流れていけばいいと思える
我を忘れる数分のできごと。
彼女のたたずむ姿も美しい。
ぜひとも実演に接してご本人にもお会いしたいもの。

アルバムの選曲の良さも光る。
ドビュッシー、フォーレ、ラヴェル、ビゼー、サティー
まったく予備知識なしに聴いても耳が歓びそうな曲がずらりと並ぶ。
それでいて彼女の持つテクニカルなメソッドを十分に発揮する楽曲も含まれている。

CDの価格はやや高い。
しかしこの録音には関係者の思いが詰まっているように思われる。
オクタヴィアレコードは、田部京子のモーツァルトピアノ協奏曲K488
すばらしい録音を世に出してくれた。
演奏の良さともあいまって
この古典の楽曲の天使のような美しさを引き出してくれた。
http://soratoumi2.sblo.jp/article/179215570.html

空間の響きの良さをあますことなく捉えた録音は
おそらく化粧を施すのではなく楽器そのものの響きを
響きの良い空間に放って空間ごと閉じ込めたような録音。
CDが売れないといわれる時代に、
(3,200円という価格設定でも収益が出るかどうかと思われるのだが)
このような企画と成果を残した人たちへのエールを込めて紹介している。
CDを聴いた人の部屋(心の空間)に、どれだけ豊かな時間が流れ出すことか。


上野由恵さん、これからも良い音楽を届けてください。
posted by 平井 吉信 at 22:33| Comment(0) | 音楽