2017年12月10日

冬の南阿波サンライン 日だまり物語


コートの隙間から突き刺す風を避けて
南へ出かけたいと思うのが人情。
徳島県民なら、めざせ海部郡ということになる。

徳島市内から1時間程度で日和佐町に着く。
ここではそれぞれ個性的な飲食店があるのでお好きな店へ。
(いずれご紹介するとして)


さて、食後に昼寝がしたくなったのでサンラインへ牟岐側から入る。

第4展望台で日だまりに停めていたら
いつのまにかうとうと。
窓を開けたままで寒くない。
だってここは冬の日だまり、太陽が空から降りてきて戯れている。
目の前は牟岐大島
DSFT6460-1.jpg

こちらは出羽島 人が住んでいるなつかしい島
DSCF0755-1.jpg

日だまりの展望台はただいま空きがございます
DSFT6471-1.jpg

冬の空に思いがけず季節にない色を見つける
DSFT6466.jpg

座席に寝っ転がって窓の外へ足を出して雲を眺める
次々とやって来ては去って行く。飽きることがない
DSFT6467.jpg

居心地の良い第4展望台に次々と訪れる。
長い人は数時間ぼんやりといる。
その気持ち、わかる。


次に第3展望台に移動。
ここは遠く室戸岬を臨む南へと延びる海岸線を楽しむところ。
正面に太陽を見ているとまぶしい、と思っていたら、
太陽が傾いている。
DSCF0757-1.jpg

DSFT6524-1.jpg

明丸海岸と第2展望台を飛ばして外ノ牟井浜へと急ぐ。
釣り人が通う岩場にシオギクが咲いているはずだから。

崖の上から渚を見下ろすシオギクはいまが盛り。
DSFT6573-1.jpg

DSFT6567-1.jpg

そして第1展望台で沈む夕陽を眺める。
ここに居着いた猫。
誰かが餌をやっていることが毛並みからわかる。
DSFT6538-1.jpg

いよいよ、太陽が沈む時刻を迎える。
DSCF0770-1.jpg

DSFT6553-1.jpg

良い一日を味わったら振り返ることなく
もう視点は明日に向かっている。
季節が人の目を未来に向けさせる。
posted by 平井 吉信 at 19:23| Comment(0) | 山、川、海、山野草

ゆこう(ユコウ、柚香)が届けてくれる身体の冬支度


風邪が流行しているけれど
咽は痛くならないし(ときに酷使もしているけれど)
寒気もしない。
(インフルエンザの注射はする時間がなくて)

冬の体調管理は、ゆこうに限る。
ゆこうは、徳島県上勝町に産する香酸柑橘で
ユズとダイダイの自然交雑種とされている。
(ユコウ、ゆこう、柚香とも表記する。勝浦町、徳島市南部、那賀郡、阿南市南部、海部郡でも少量採れる)
香りはユズ、酸味はすだち、味はゆこうといわれるように
果汁そのものが美味。
(ぼくはそのまま絞った果汁をウイスキーのように舐めることがある)

ゆこうは、まろやかでありながらレモンのような透明感のある酸味を持っている。
徳島では、ユズ、スダチ、ユコウの果汁をブレンドして料理に用いることが多い。
でも、ぼくがゆこうを好きなのは果汁そのもの。

今年は裏年で実が小さくみかんぐらいだが、
それでも多くの人がぼくのゆこう好きを知っていて
持ってきていただいている。
DSFT6638-1.jpg

これを洗って絞り器にかけて
湯とはちみつで割って飲む。
このおいしさは究極の飲むスイーツという感じ。
ユズやスダチは飲もうとは思わないけれど
ユコウは香酸柑橘の天国のような魅惑を凝縮した風味で
舌も咽も歓ぶ。
DSFT6676-1.jpg

DSFT6680-1.jpg

DSFT6684-1.jpg

これを飲み続けていて気付いたことだが
風邪を引かない、冷えを感じない。
(実はエアコンもストーブも仕事部屋では使っていない。日の当たらない鉄筋コンクリートなのに)

ぼくは胃酸が多いほうだと思うけれど
(コーヒーを空腹時には飲めない)
ユコウは胃を刺激しない。
(おそらく酸性度が他の柑橘類より低いのではないか)。
他の香酸柑橘にはない抗菌作用や体調を調える機能があるのではないか。

絞り器は、しぼりーなというのを使っている。

果汁をこのまま舐めてもおいしいけれど
身体をあたためたいのではちみつ湯割で。
はちみつは勝浦町産の松平養蜂場のみかん蜜のを使っている。
DSCF4614-1.jpg

食後のコーヒーに代えて
ユコウはちみつ割を飲むひとときこそ
冬の至福といえるのでは。


追記
絞ったあとは清掃に使ったり
風呂に入れたりとまだまだ大活躍のゆこうに拍手。
冬の寒空の下、収穫されている高齢の生産者の方を応援したい。
posted by 平井 吉信 at 13:10| Comment(0) | 山、川、海、山野草

冬に摘む南国のお茶の世界がほのぼのと。宍喰の寒茶物語


茶は毎日飲むもの。
玉露や薄茶はたまに取って置いて
番茶(徳島では乳酸発酵させたもので全国的な番茶とは違う)や緑茶が日々の茶である。

ところが正月を迎える頃、茶摘みをする地区がある。
徳島県最南端の宍喰町では、
冬の寒さに負けじと厚い葉をわざわざ製茶して
寒茶と名付けている。

寒茶は野良仕事や食卓で飲まれるもので
ぐらぐらと熱湯で湧かして抽出しても苦みやえぐみが出ない。
それどころか、ほのかな甘みや酸味を感じつつ、ごくごく飲む。

ところが昨今では、茶を煎れて飲む人が少なくなってきた。
さらに、煮て飲むとなるとおっくうになる人もいる。
(そのまま熱湯に入れてもおいしいのだが煮出さないと旨味が出にくい)

そこで、湯呑みに湯を注ぐだけですぐに飲めるようにしてみた。
開発されたのは、宍喰にIターンで来られた方。

湯を注ぐだけで誰でも寒茶のもっとも好ましい風味が瞬時に味わえる。
DSFT6063-1.jpg
それどころか通常の寒茶の抽出法では
このまったりとしたスープのような旨味を出すことは難しい。
一見して普通のティーバッグでありながら
寒茶の本質を引き出したところが秀逸。
(通常の寒茶の茶葉からはこの風味は出せないよ)

具体的には茶葉を目に見えないほどの微細な孔を施すことで
旨味を存分に引き出すことに成功した。
しかも煮出すことがないため、風味が濁らず舌触りがなめらか。
(こくがあるのにすっきりしているのはホンモノの食品の共通点)
DSFT6075-1.jpg

もちろん、カフェインやタンニンがほとんど含まれないので
寝る前に飲んだり体調の思わしくない人にも安心して奨められる。
日本で唯一無二のこのお茶「寒茶物語」は
道の駅宍喰温泉の直売所「すぎのこ市」で手に入る。
このブログでも紹介しているように
徳島県南部には見どころがありすぎるので(だから目的地にたどり着けなくて困る)
ドライブがてら出かけてみては?

すぎのこ市場
徳島県海部郡海陽町久保字板取219-6
道の駅「宍喰温泉」内  080-6388-1831
DSCF4233-1.jpg

→ 四国の秘境、寒茶の里の女たち(日経BP記事)

→ かけがえのないこと 宍喰の寒茶のある暮らし そして甘みと旨味が溶け込んだ「寒茶物語」

追記
ほんものとは、決して自ら語らないし誇示しないけれど
それを見つけて共感するだけでも
生きていく力や優しさになるのでは?

タグ:寒茶
posted by 平井 吉信 at 12:15| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ

2017年12月09日

宍喰町から海部町への海沿いの四国のみち 愛宕山遊歩道


もうだいぶ前にここを通ったことがある(ような気がする)。
まだ遊遊NASAという宿泊交流施設ができる前の話。
久しぶりだから行ってみようと。

途中の牟岐55ラーメンで昼食を。
DSFT6410.jpg

出発は国道55号線沿いの遊遊NASAの入口に駐車場がある。
ここに数十台停められるが、ほとんど車は停まっていない。
遊歩道の入口を探したが見つからないので
遊遊NASAへの路を上がっていくと
右手に並行して走る遊歩道が見えてきた。
(国道から上がる登り口を見落としたようだ)

椿を見ながら上がっていく
DSCF0373.jpg

DSFT6411.jpg

那佐湾の入口への眺望が開けて最初の展望台
DSCF0377-1.jpg

大河のように見えるが、細長い湾である。
DSFT6417.jpg

那佐湾の先端へはどうやって行くのだろう
DSFT6418.jpg

と思っていると、すぐ近くに遊遊NASAの施設が見えてきた
DSCF0386.jpg

DSCF0395.jpg

さらに進むと、くじら岩とある。目が付いている
DSCF0408.jpg

本格的な展望台が現れた
DSCF0420-1.jpg

海岸性照葉樹の一部が紅葉している
DSFT6420.jpg

那佐湾に向かって下る手前で大里松原が見える
DSCF0439-1.jpg

那佐湾に向かって降りていくと思いきや
つづれおりに下りつつ
ついには池のある平坦地に降りる。
DSCF0447-1.jpg

ここはふしぎな地形である。
DSCF0450.jpg

DSFT6291-1.jpg

DSFT6292-1.jpg
山のなかを歩いていたら、いきなり平地に降りてきたような感覚。
海部川が南下しようとして
いつか隆起にあって流れを東流させたのが鞆奥漁港のようにも見える。

滅多に来ない人間に驚いたジョロウグモが巣を移動する
DSFT6289-1.jpg

降りたものの、また高度を上げていく。
途中に私有地があるのだろう。
生活の匂いが感じられる場所がある。
遊歩道と思って歩くと
踏み跡もわかりにくいかもしれない。
DSCF0468.jpg

DSCF0471.jpg

手倉漁港と手倉展望台の分岐がある
DSCF0482.jpg

DSFT6422.jpg

まずは展望台へと行ってみるが
展望のない展望台であった。
DSCF0489.jpg
そこから生活の匂い(ゴミ)のある路を通って海沿いの車道に降りた。

しばらく歩くと手倉漁港である。
DSCF0500-1.jpg

DSCF0520.jpg

港は自然度の高い構造で外洋の水が新鮮に入れ替わる
愛宕山への遊歩道は小屋の手前からあるようだ。

こんな自然度が高い港があれば大勢の人が押し寄せるだろう。
実際にどこを見ても家族連れなどが釣りをしている。
DSCF0523-1.jpg

DSCF0512.jpg

眼前に島がある。
DSFT6424.jpg

ここが港内とは思えない。
DSFT6426.jpg

日蓮聖人が沖を見守る
DSCF0495-1.jpg

帰りはまたあの路をたどる気がしないので
漁港から鞆奥のまちなみを経由して戻る。
DSCF0545.jpg



係留された漁船が南仏のようだ?
DSFT6429.jpg

独特の家のつくりは狭い港町での意思疎通のため
DSCF0548.jpg

DSCF0549.jpg

途中でヤッコソウが見られた
DSFT6361.jpg

民家の軒先でぼうとたたずむ
DSFT6375.jpg

大砂海岸まで戻ってくると月がまぶしい。
(そうか、スーパームーンだったのか)
DSFT6387-1.jpg

DSFT6402-1.jpg


愛宕山遊歩道は観光地といえる場所ではなく
地元にとって、この場所をどうしたいかが見えない。
しかし周辺まで含めて散策すればまた違った日常が見えてくる。
一見ぱっとしない場所に見えても
有償のガイドがあれば訪れる人はきっといる。
観光政策の課題が見えた気がする。
posted by 平井 吉信 at 22:16| Comment(0) | 山、川、海、山野草

東讃のさぬきうどん店 夢見心地のかけうどん 


東讃のある場所で打ち合わせがあった昼、
数年前に開店したうどん店に入ってみた。

外でメニューを見ていると
「なかでもご覧になれますよ」と。
てきぱきとした応対と笑顔の気配り。
それでもファストフード店と違うのは
若い店主と従業員が愉しそうに雑談をしているところ。
そこにいるぼくも愉快な気分。
仕事が楽しいから笑顔が自然に出る。

さぬきうどんの店に雰囲気は誰も期待していない。
ぼくはセルフ店は好きではないが、ここはセルフではない。
そして飾らないのに居心地がいい。
(うるさい活気の店、静まりかえった店、決まりごとを求める店も居心地は悪いでしょう)

そしてうどんが運ばれてきた。
注文したのは、かけうどんと天ぷらの盛り合わせ。
(両方で600円台だったと思う)
DSCF2094-1.jpg

うどんをいただいて何も書くことができない。
これがうどんの出汁かと思うほど、上品な風味。
あくまで澄んでいるが滋味深い。
目を閉じれば夢幻を漂う心地すらする。
(さぬきうどん店はが後味が悪い店が少なくない)
うどん店で心が満たされた唯一の場所。
DSCF2096-1.jpg

引田と白鳥の中間地点にあるこの店の世界観を味わうために、
来る価値があると感じた。
もうこれ以上のうどんには巡り会わないと思えるし
これ以上も求めたくない。
末長くご繁昌を、と願わずにはいられない。


追記
飲食店の店数評価のサイトはあてにならない。
載りたくないのに載ってしまったと嘆く店主が少なくない。
店の許可がなければ掲載しないなどのルールが必要と感じる。
デビューしたすぐの店は世界観を試行しながらつくっている。
それをつぶしかねないのが例のサイトなのだ。
(点数と実力がまったく比例しないことだけが弊害ではない)。
だから投稿しないこと、評価をあてにしないこと。
そうすることで、良質の飲食店を守ることができる。

飲食店を長年続けることは大変なこと。
毎日の決まり決まったことを
経験で判断して仕上がりを調えていく。

いいお店は良質の客を必要としている。
それでいて客を選んでいない。
うんちくを語らない、客に指導などしない、写真禁止など張り出さない。
いつも変わることなく
湯気の向こうで笑顔を浮かべてこちらを見ている。

posted by 平井 吉信 at 21:00| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ

2017年12月02日

黄花亜麻を見に抹茶ぜんざいに至る冬の大滝山


冬の風物詩といえば、和田乃屋の庭に咲く黄花亜麻。
モラエスが愛した花として知られている。
眉山の一角、
大滝山は江戸時代から徳島お城下のリゾートのような華やぎを持つ空間。
その山裾に面した庭に滝が落ちている。
DSFT6116.jpg
カエデの紅葉はまさに終わらんとするとき
黄花亜麻が満開に近づいた。
DSFT6131.jpg

DSFT6147.jpg
この奇跡の庭を愛でながら
滝のやき餅をいただく、というのがそもそも。

でも、きょうはこれ。
抹茶に焼いた餅を浮かべたぜんざい(抹茶ぜんざい=810円)。
DSFT613812-1.jpg

脳が食べたくなるスイーツって言い過ぎですか?
抹茶があれっと思うほど、しずしずと。
(和田乃屋さんは茶を目利きして扱っている)
焼いた餅の香ばしさ、
北海道十勝産の小豆と和三盆糖、つぶつぶと舌に踊る。
甘くないけど、このとろける感じ。
冬のキメスイーツとして、ひそかにおすすめ。

タグ:和田乃屋
posted by 平井 吉信 at 23:59| Comment(0) | 山、川、海、山野草

何世紀になっても…


帰ってくるあなたが、最高のプレゼント(1988年)

ジングルベルを鳴らすのは帰ってくるあなたです(1989年)

会えなかった時間を今夜取り戻したいのです(1992年)

何世紀になっても会おうね(2000年)

DSCF19422.jpg

JR東海の「クリスマスエクスプレス」でした。
posted by 平井 吉信 at 12:59| Comment(0) | まちめぐり