2017年10月22日

台風に備えたら県西部の脇町まで出かけてみる


台風が近づいているというので
仕事の合間を縫って準備を行った。
・飲料水の確保
・食糧の点検
・必要な機器のバッテリーへの充電
・ガソリンの補給
このようにして台風の準備を行っていると
それもかけがえのない時間に思えてくる。

準備が調ったので
雨が降っているが外に出てみよう。
雨脚が強まることを考えれば山間部や県南へは行きにくい。
そこで脇町あたりがいいだろうと県西部へと出かけた。

先日は直心庵でそばを食べたし昼を食べたあとなので
今回は楽庵へは行かないけれど
おいしいそばを提供することを求めつつ、
それだけにとどまならい心地よい空間をご夫婦が提供されている。
(距離が離れているので常連客ではないが自分の家に行くような感覚)

写真は少し前に行ったとき
さらそば
DSXE5949-1.jpg

生粉打ちそば
DSFT3407-1.jpg

脇町といえば、うだつのまちなみ、みまから、あんみつ館、オデオン座など
観光の見どころはあるけれど
菓子といえば、川田光栄堂ははずせない。

ていねいな菓子づくりはもちろん、新たな挑戦の気風も感じられる。
定番の「麦団子」はあん入りとあんなしがある。
万人向きはあん入りでこれは抹茶やすっきりとした緑茶でいただきたくなる。
あんなしは、菓子の地の魅力をそのまま打ち出した素朴かつ大胆なもので
これを出す店主の心意気が感じられる。

「脇美人」は、赤飯をはさみ、栗を載せている独創的なもの。
今回は、「麦恋し」も求めてみた。
見た目は地味で
流行の正方形の画面では映えないかもしれないが
(Instagramを見たいとは思わない。薄っぺらで)
その世界観は突き抜けていると思う。
素材を磨いて突きだしたかのようだが
そこに滋味あふれる和菓子の言葉が込められているよう。
DSFT5383-1.jpg

.。'.*.'☆、。・*:'★    .。.・'☆、。・*:'★
  .。'*・☆、。・*:'★     .。・*:'☆
 ☆、。 ・*'★ .。 ・':....*.:'☆        .。・:'*・':'・★


雨は降っている。
吉野川北岸をさらに戻っていく。
阿波町に入ってカフェを見つけたので立ち寄ってみた。

お店の入口には山で見かける木が窓の一部だけを隠す。
(というよりは窓からの景色にやさしさをめぐらす)
DSFT5376-1.jpg

店内には厳選された本が置いてある
(お客様がいらしたので撮影はしていない)
窓際に席を取って雨の舗道を眺める

DSFT5372.jpg


料理を待つ間に興味のある本を読む
「睡眠負債」について書かれたもの。

新作メニュー、マルゲリータのピザが運ばれてきた
DSCF0141-1.jpg

DSCF0144-1.jpg

用の器、素焼きの印象の大谷焼にしては珍しい
DSCF0152-1.jpg

オリジナルブレンドコーヒーに、店主が読み集めた小説や絵本、
お母さんが家族のためにつくる手作りの「ハハゴハン」をご提供することで
「何度でも通いたくなる大人がくつろげるお店」になれればと店主の米倉恵さん。
2016年9月28日にオープンされたとのこと。
DSCF0177-1.jpg

ご自分の店を持つことは、自分の小宇宙をつくることであり
自分が生きる場所(活きる場、ステージ)で輝くこと。

コーヒー×本×ハハゴハン めぐる
阿波市阿波町大道北50-1
(徳島市内からだと、県道12号鳴門池田線沿いでアワーズ、ドルチェ、さらにコメリを過ぎて左手すぐ)
080-9838-2942
日曜定休 
9時〜17時30分(朝ごはん9時〜11時、ランチ11時30分〜13時30分)


雨のドライブも悪くない。
いや、最初から確信していた。
雨の日だからいい。
雨音はショパンには聞こえないけれど
雨の音はしっとりと歌い出すミディアムテンポの音楽のように
平穏なリズムで木訥に刻みながら
次に来る雨上がりを待っている。
雨はいつか上がるのだから―。


posted by 平井 吉信 at 13:49| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ

台風接近 ラジオ(ICF-801)を点けてみた


目が覚めて前日から手元に置いてあるラジオICF-801をNHK総合放送に合わせる。
DSC_0875-1.jpg
改めて「いい音」と感心する。
高価なオーディオ装置、
例えば100万円を越えるB&Wやダリのスピーカー、
アキュフェーズや舶来のハイエンドアンプを聴いても
心がはっとすることは少ない。
(持っている人には悪いけれど)

なのにこのラジオは点けた瞬間に
心がときめく感興に誘われる。
(ほんとうにそうなんだよ)
DSC_0847-1.jpg

包み込むようなおおらかで
繊細に鳴りすぎず豊かに響かせるけれど
人の声がやわらかく、空間にぽっと浮かぶ自然な立体感。

これはデジタルシンセサイザーや
DSPなどのデジタル処理では失われてしまう空間処理かもしれない。
(アナログバリコンによるチューニングは実は音がいいのだ)
→ ソニーICF-801の詳しいブログはこちら
メイド・イン・ジャパンの至福のラジオ〜ICF-801〜
http://soratoumi.sblo.jp/article/57853049.html

今朝放送されていたのは、ラジオ文芸館という番組。
NHKのアナウンサーが古今の名作を朗読するもので
朗読に際して実際に放映の舞台を個人的に訪れてみたり
原作者に思いを吐露するなどその舞台裏が披露される。

この番組、土曜日の朝にやっているので
聴いてみたいと思う。
http://www.nhk.or.jp/bungei/
(できれば聞き逃した番組をインターネットで聴ければ良いのだが)

目を閉じて聴いていると
ラジオは良いコンテンツと見直した。

確かに文字で追った方が早いので
ラジオを聴くという行為は生産性が高いとは言えないと思っていた。

しかし、ぼくがスマートフォンを使わないのは
限られた情報(実は情報を集めるところから人生は動いていく)を分析して
そこから自由に思考をめぐらす時間を大切にしているからで
脳の神経回路のつなぎ替えなどが起こる。

良質の語り手が肉声を通じてもたらす言葉の意味は
無限のニュアンスを秘めてラジオから生まれて流れていく。
実はその時間こそ
(脳の栄養なのか心の滋養なのかわからないが)
かけがえのない時間であり
効率を追わずに効果を得ることであり
ひいては生産性の高い人間の行為ではないかと思うのだ。

ソニーICF-801
タグ:2017
posted by 平井 吉信 at 13:19| Comment(0) | 気象

特急うずしお N2000・2000系から新型2600系へ   


平成29年12月2日から高徳線のうずしおで一部投入される
新型車両2600系の試運転に遭遇。
JR四国の特急気動車で新型車両が導入されるのは
約30年ぶりとのこと。
DSCF0620.jpg

それまでの主力、N2000系と比べて最高速度はやや抑えたが
カーブの走行時の制御に空気バネを採用しているのが特徴。
空気容量と距離から高徳線のみで運用される予定。

高徳線は気動車区間で電化はされていない。
現行のN2000は速度が上がるとディーゼルエンジンの騒音が大きすぎて
デッキでの携帯電話の使用はほとんど聞き取れない。
DSCF0641.jpg

DSCF0638.jpg
そのためマナー違反ではあっても車内で電話を取る乗客は少なくない。
(ぼくは通話はあきらめて下車してからかけ直している)

高徳線では、吉野川の鉄橋での揺れがひどいが、
(それなのに速度はぐんぐん上げるので恐怖感を感じることがある)
佐古近辺の高架区間と牟岐線の文化の森周辺は乗り心地が良い。
線路の規格(公差)か設置精度が違うのではないか。
もしくはコンクリート枕木の効果か?

次世代を期待されながらつなぎの役割かもしれない2600だが、
愛着を感じている。
いつか2600に乗ってみたいものだ。
DSCF0628.jpg

高徳線のうずしおでは以下が予定されている。
(すべてのうずしおが2600になるわけではない)
http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2017%2009%2025%2001.pdf


タグ:JR 2017
posted by 平井 吉信 at 02:32| Comment(0) | 趣味

かぼちゃよりも金時のかきあげ


徳島市内の住宅街を歩いていて
道ばたの花壇に目を留めた。
いたずらか、おやつか?
DSCF9958.jpg

そして半時間後、
そばを食べていた。
音楽か、そばか?
DSCF9945-1.jpg

10月限定の「香るきのことほっこり甘い鳴門金時のかき揚げせいろ」
そのまま食べて咽を過ぎて
わさびをつけて甘みを感じ
汁につけてうまみを味わう。
全身が歓びつつ無心に食べた。
石井町の直心庵にて
タグ:そば 2017
posted by 平井 吉信 at 02:05| Comment(0) | 山、川、海、山野草

大川原高原 秋の一日 その生き物は?


佐那河内の大川原高原は徳島市近郊に住んでいる人にとって
すぐに行ける日常の避暑地となっている。
今回は主に生き物を撮ってみようかと。

池の周辺でアケボノソウが星夜のように水面に浮き上がる
DSFT4972-1.jpg

DSFT4975-1.jpg

D7N_8027.jpg

集まる虫。生物のしくみを知れば知るほど尊さがしみる。D7N_8062-1.jpg

D7N_8068-1.jpg

D7N_7979-1.jpg

D7N_8058.jpg

人も同じ。健康に気を配るのは生きることへの尊敬があればこそ。

森に入れば森の一コマ
D7N_8100.jpg

D7N_8013.jpg

D7N_8018.jpg

DSFT4935.jpg

DSFT4939.jpg

DSFT4993.jpg
タマゴタケを採っている人に見せてもらった。食べるとおいしいそう。特に焼き物で。

斜面で動く生き物を見つけた。
D7N_8184-1.jpg

ハクビシン?と思っていたけれど
これはニホンアナグマ。
見たことがない人が多いのでは?
D7N_8158-1.jpg

顔を見るといったい何に似ているのだろう。
形容しようがない。
アナグマと言っても熊の仲間ではなさそう。
D7N_8188-1.jpg

気配を消してナンバ歩きで10メートルぐらいの距離に詰めるが
餌探しに霧中で気付かれていない。
D7N_8197-1.jpg

地面に鼻を突っ込むように突いている
すると急に跳ね上がった
口にくわえているのはカンタロウ。
確かに紫陽花の腐葉土が積み重なったこの斜面には多かろう。
D7N_8192-1.jpg

高原の天文台を夕暮れが包む
そのとき龍のような雲が徳島市南部の上空を北から南へと移動していく。
DSFT5017-1.jpg

今夜はカレーをつくってみようと思った。
posted by 平井 吉信 at 01:12| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2017年10月15日

あかりの里さかもと2017


仕事で上勝町を訪れた帰り、夜になった。
今年は見られないと思っていた第4回のイベントだが、
新坂本トンネルを越えると神社の石段に沿って明滅する光が見えてきた。
車を停めて坂道を上り階段の下に出た。
あとは画像で。
→ 詳細は前年のブログ http://soratoumi2.sblo.jp/article/177277035.html

DSCF0130.jpg

DSFT5280-1.jpg

DSFT5348-1.jpg

DSFT5365-1.jpg

DSFT5317-1.jpg

DSFT5318-1.jpg

DSFT5353-1.jpg

DSFT5361-1.jpg

DSFT5328-1.jpg

DSFT5339-1.jpg

DSFT5355-1.jpg

DSCF0080-1.jpg

DSCF0083-1.jpg

DSCF0093-1.jpg

DSCF0085-1.jpg

DSCF0088-1.jpg

DSFT5330-1.jpg
明滅する行灯の行列はほのぼのとするものであった。
(ただLEDの照明は残念ながらこのイベントに合っていない)。

第4回を見て感じたことは、
よそでやっている陳腐なプロジェクションマッピングとはちがって
(手作りイベントを数多くやってきたから言うけど、一過性のパフォーマンスは心に残らない。税金を活かせない残念な使い方)
地元の人たちがていねいにつくりあげていること。
そこで思ったのは、やわらなか光を通して
日常の感謝や祈りを込める場となればさらに輝くのではと思った。

「おひなさまの奥座敷」といわれる勝浦町坂本地区は
集落のまとまりがよく、地区のみなさまが一体となって地区を盛り上げようとしている。
祭り以外にも足を運んでさかもとグリーンツーリズムに触れてみては?

動画で見る

タグ:2017 勝浦町
posted by 平井 吉信 at 23:00| Comment(0) | 徳島

雲が早く流れて明るい森に 雲早山


地図を見るのが好きな少年だった頃、
勝浦川の源流域のことが気になってしかたなかった。
小学生が家の自転車を漕いで握り飯をつくってもらって
行けるところといえば、せいぜい中流の横瀬辺りまで。
そこで父の車に同乗する必要がある。
当時は、勝浦町と上勝町の境にある坂本の集落にはバイパスはできておらず
支流の坂本川沿いの細い道を高度経済成長期のパブリカで揺られていく。
まずは支流の旭川の源流へ連れて行ってもらった。
アメゴ釣りのついでだった。
(ここで尺のアメゴを釣り上げた小学生だった)

いまの役場がある場所で本流と分かれた旭川は
田野々の集落を過ぎてだんだん川も小さくなっていく。
八重地を過ぎる頃、川がひとまたぎできそうになる。
これは衝撃的だった。
夏休みには毎日のように下流で泳いでいたあの勝浦川だと。
(遊泳禁止区域だが気にしない。ぼくの唯一の補導歴は川で泳いでいて婦警さんと遭遇したこと)。

地図を見ていると、本流の殿川内渓谷の源流部に雲早山という山がある。
くもそうやまってどんな山だろうと気になっていた。
源流については、地権者の了解をいただいて、
探検隊をつくって源流と思われる谷をいくつか遡行して源流点を同定したことがある。
(2万5千分の1の地形図を持っていても谷の同定はむずかしいのだ。GPSのない時代である)

雲早山を最初に訪れたのは20代の最初。
なにしろぼくの山デビューは剣山などではなく
高知大のワンゲル部の悪友に騙されて三嶺(さんれい)の
フスベヨリ谷やさおりが原、白髪山を経由して
西熊、天狗塚とめぐる四国のゴールデンルート。
当時の沢沿いのこのルートは
後に訪れた屋久島の森よりも深いと思えたほどであった。
(そのとき触発されて詩を書いた)

三嶺を経験すると県内の名峰を次々と行きたくなる。
高丸山の次は雲早山である。
スーパー林道をことこと揺れながら登山口へ着く。
そして沢沿いの庭園風景に浸りながらの登山はこれまた衝撃的だった。

縄文に触発されて三内丸山遺跡を見たさに
青森を訪れて足を伸ばした奥入瀬渓流を見たときでも
ああ、雲早山の登山道の平地版のようだなとしか思わなかった。
(好奇心の趣くままに旅をすることが生きる目的と思える)

それから数回通った後、見慣れてしまうとしばらく行かなくなった。
近年ではスーパー林道の上勝側が荒れてしまったこともあって
行きたくても行けなくなっていた。

ところがスーパー林道が開通したことを確認して
土須峠から行くことにした。


登山口周辺に車を停めて登山開始。
DSCF9967.jpg

ハガクレツリフネが迎えてくれる
DSFT5043-1.jpg

鳥居をくぐって山域に入っていく
DSFT5040-1.jpg

沢沿いにしばし立ち止まり谷を下る水を見送る
DSCF0493-1.jpg

DSFT5052-1.jpg

DSCF9986-1.jpg

DSCF0056.jpg

DSFT5056-1.jpg

休憩場所がある木陰の広場へと出る
DSFT5092.jpg

きょうは山野草は見えないと思っていた。
鹿の害に加えてもともと葉なの少ない季節。
ところが、トリカブトだけが群生。
DSFT5071-1.jpg

DSFT5078-1.jpg

DSFT50643.jpg

DSCF0513-1.jpg

鹿も食べない、人が持ち帰らないトリカブトは最後まで残る。
DSFT5179-1.jpg

よく見ると、白いトリカブト、紫の濃いトリカブトなど
個性がさまざま
DSFT5123-1.jpg

林床を這う足の長いクモは森の人気者
DSFT5167-1.jpg

明るい森を見ながら高度を上げていく。
尾根に出るまでの登りで雲早山は足を鍛えてくれる。
DSFT5081-1.jpg

倒木の苔に光が射すとミクロコスモス
DSFT5138-1.jpg

朴葉焼きの葉(ホオノキ)かと思ったが、トチノキのようだ。
DSFT5149-1.jpg

DSFT5154-1.jpg

森歩きは快適に高度を上げていくけれど…
なぜか違和感。この違和感は?
DSCF0009-1.jpg

ススタケがない!
DSCF0014-1.jpg

DSCF0024-1.jpg

DSFT5199-1.jpg

かつて来たときは谷を遡行しながら左手の尾根に取り付こうとして
背丈ほどのススタケをかき分けて行った記憶。
いまはどこを通っても尾根に行ける。
鹿害―。

地球の温暖化が原因だろうか。
冬を越せなかった個体がいまではやり過ごせるようになった。
加えて猟師も減っている。
かくして林床の草木は食べ尽くされ、明るい森が出現する。
人の目には美しい森に見えて生態系の崩れた姿。

森のキノコは愛らしい
DSFT5223-1.jpg

高丸山への分岐を経て尾根筋に出た。
かつてこの縦走路は難コースだったらしい。
いまでも尾根をトラバースする箇所がある。
DSCF0034-1.jpg

高丸山方面が見えているが、早い雲が次々とはるかな頂を覆う
DSFT5211-1.jpg

ススタケに覆われた山頂への尾根道もいまでは…。

DSCF0527-1.jpg

久しぶりの雲早山、雲の早さのごとく変わってしまった。
ただ、トリカブトの群生が残された。


タグ:2017
posted by 平井 吉信 at 21:14| Comment(0) | 山、川、海、山野草