暗転 


東京での出張のこと。
全国からの参加者との会議をコーディネート、
その後の懇談も終わって宿泊先へ戻ってテレビを点けた。

眠りに向かう前のニュースで母校の名前が聞こえてはっと振り返ると
徳島道での重大事故(詳細は触れない)。
DSFT2538-1.jpg

お悔やみとかご冥福を、などとと書けない。
一生に一度だけ時間を戻せるならそれがなかったときへと。
(因果律は変えられない)
DSCF9652-1.jpg

空高く過ぎていく夏に予告なしに訪れた明日の来ない夕暮れ。
一瞬先のことさえわからず生きている。
DSFT3516-1.jpg

この感覚はてのひらの幸福を確かめるようで
身の回りの人たちを通じて抱きしめるようで
震災以後、日本人に刻まれたもの。
DSFT3522-2.jpg
黙祷―。


posted by 平井 吉信 at 22:13| Comment(0) | 山、川、海、山野草

祖谷川源流 剣山秘話


鳴門秘帖も阿波狸列伝もここが舞台ではないかと想像させる。
斜面に開けた源頭のわずかな平坦地で沢が流れ
水利に事欠かない。
大岩の洞窟が座敷牢となっているというもの。

まさのそのような地形がある。
剣山と祖谷川がつながらない人もいるだろうが
祖谷川源流は剣山北西斜面から流れ出す。
(ここは沢登りとしても人気のあるコースと記憶)

西島駅からの下りでリフトに乗らず見ノ越まで歩くとしよう。
(リフトに乗ってしまえば山頂登頂の充実感は得られるけれど、今回紹介したほとんどはリフト経由の山頂往復では見られない)
そこで勇気を持って笑う膝を抱えつつ下り始めたとしよう。
歩き始めてすぐに巨岩が横たわり、
岩に沿ってまっすぐ降りる急な段差の路(一般的な見ノ越への路)と
岩を左に巻くように祖谷川源流まで降りたあと、
平坦なトラバースが続く距離が長いルートの2つがある。

もし足が下りの衝撃に耐えがたいときは(膝に負荷がかかっている状態)
距離が長い祖谷川ルートが楽なことを覚えておくといい。

西島神社がある大岩を左へと下る。
DSCF8761.jpg

DSCF8942.jpg

祖谷川の源流筋にほどなく降りる。
DSFT2992.jpg
そこでくるりと右を向いて平坦なトラバースが始まる。

ほどなく行くと大岩のふもとが見えるようになる。
間者牢もこのあたりでは?
DSCF8960.jpg

源頭の沢まで降りれば平坦。
DSCF8964.jpg

苔むした路はこのルートの白眉
DSCF9119-1.jpg

DSFT3001.jpg

森の巨樹に足を止める。ここはそれだけ快適だから。
DSFT3021.jpg

DSFT3003.jpg

祖谷川本流の源流にさしかかったようだ。
DSFT3055.jpg

DSFT3058.jpg


DSFT3384.jpg

ここを過ぎれば西島神社からの一般道(近道)とまもなく合流する。
見ノ越まではひといきだ。


.。'.*.'☆、。・*:'★    .。.・'☆、。・*:'★
  .。'*・☆、。・*:'★     .。・*:'☆
 ☆、。 ・*'★ .。 ・':....*.:'☆        .。・:'*・':'・★

リフトを使って山頂をめざして初めてたどりついた高齢の母が
足元の雲海や森林限界を超えた笹原に感動したように
剣山は誰にでもさわやかな感動を与えてくれる。

しかし一歩踏み出すと剣山は深淵をじわりちらりと見せてくれるようになる。
そのためには剣山と周辺のコンテンツを数十年かけてめぐることが必要となるだろう。

剣山には、ヒュッテと測候所の歴史、山岳信仰と修験の場、奥祖谷との一体性、災害と遭難の記録、
ふもとの木屋平村での巨樹の発見の物語や世界遺産登録をめざす急傾斜地での農業などの実話。
シコクシラベ、キレンゲショウマ、ヒメフウロなど固有の生態系、
さらにテレビも追いかけた大蛇、ツチノコ、
歴史をひもとけば平家落人、空海、古代ユダヤ・キリスト・アーク、
邪馬台国・卑弥呼などの伝説
(よくも洋の東西を問わず英雄やキーマンが集まったもの。まだほかにもあるかもしれないが)。
そしてそれらを舞台に描かれた小説。

それだけ多くの人を魅了する逸材が散りばめられ、
それをめぐる人々の隠匿と陰徳が交錯しつつ
複雑なタペストリーを編み込みながら微笑をたたえた山ということなのだろう。
西日本第二の高峰(1,955メートル)の深部にはまだたどりつけていない。

posted by 平井 吉信 at 11:22| Comment(0) | 山、川、海、山野草

剣山 御神水 大剱神社


次郎笈からのトラバース道で西島をめざすと
巨岩と赤い屋根の建物が見えてくる。
行場にかけて剣山北斜面には石灰岩層が広がっている。
太平洋プレートの押し出しで海がせり上がったという説がある。
D7N_7029-3.jpg

巨岩を従えた大剱神社の下では石灰岩の湧き水「御神水」がある。
石灰岩をくぐり抜ける水だからまろやか、水が腐敗しないという人もいる。
この水場で水を汲むのが登山の目的という人も少なくない。
DSCF9112.jpg

だからお願いしたいこと(肝に銘じて欲しいこと)がある。
この水場で手を洗ったりペットボトルを沈めて水を入れないで欲しい。
しばらく水場でいると、声を掛ける間もなく、やってしまう人がいる。
(悪気なくやってしまうのだろうが、表示がなくても少し想像力を働かせればわかることなのに)
DSFT3352-1.jpg

水場から西島神社へのトラバース道は崩壊しているので
いったん大剱神社へと登り返す。
上へ向かう道すがらで岩を違う角度から眺める。
DSCF8904.jpg

時間帯によっては授与所に神職もしくはゆかりの方がおられて授けていただけることがある。
DSCF8911.jpg

DSCF8913.jpg

神社からは西島駅まではすぐに着くが、上へ上がれば山頂をめざすルートとなる。
直登ルートと比べれば距離はやや長いが楽なので
体力に自信がない人は西島駅から大剱神社経由で山頂をめざし、
同じルートで戻るのが良いだろう。
不思議なのは、このコオニユリがどこから来てこの垂直の岩場に定着したのかということ。
D7N_7054.jpg

大剱神社からさらに上がると
高度感のある岩塊が次郎笈を背景に見られる。
一部しか写っていないが、右手は御神水を育む巨大な石灰岩である。
岡本太郎の作品のように天に突き抜ける。
ぼくはここで手持ちの水を飲んだり栄養補給をする。
DSFT3343-1.jpg

さらに頂上近くに亀石、鶴石と呼ばれる巨岩がある。
ここから見えるこれらの岩がそうなのかどうかはわからないが、
何か力を宿しているように見えなくもない。
D7N_7060-1.jpg

なだらかな山頂からは想像できない森、谷、岩が剣山の魅力をつくる。



posted by 平井 吉信 at 00:55| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2017年08月24日

剣山 稜線と山頂


刀掛の松で休憩すると山頂は近い。
夏雲の手前で霧が流れ
その間隙にさっと夏の太陽が現れると
ぞくぞくする時間が訪れる。
DSFT2853-1.jpg

D7N_6970-1.jpg

山頂直下の剣山本宮宝蔵石神社、となりに頂上ヒュッテ。
DSCF8857.jpg

神社のご神体となる宝蔵石
DSFT2865.jpg

山頂の傷みを防ぐ木道でなだらなか山頂を三角点へと向かう
山頂周辺はベンチがたくさんあり、思い思いに休む。
DSCF8869.jpg

山頂をさらに過ぎると西の次郎笈に向けての下りが始まる
DSFT2884-1.jpg

剣山から見る次郎笈の造形の美しさ
DSFT2906-1.jpg

剣山の南斜面、槍戸山方向の笹原と森林限界を超えて存在する樹木
DSFT2897-1.jpg

カンタロウを見つけた。まだ小さいほうだ。あざやかな紺碧が太陽に光る。意外にも足は早い(足はないけれど)。
DSFT2951.jpg

御神水(おしきみず)、大剱神社を経由して西島駅に戻る北面のトラバース道はもっとも愉しい散策路。そのまま下ると次郎笈峠を越えて登りへと変わる
D7N_6981.jpg

後ろを振り返ると剣山のなだらなか南斜面
DSFT2905-1.jpg

西島駅が近づいてきた
D7N_7038.jpg

posted by 平井 吉信 at 23:39| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2017年08月21日

剣山 夏の山野草


剣山はもとより、標高1,800メートルを超える四国の山の象徴は笹。
DSFT2681.jpg

カバとトットでカバトットというアニメがあった。
カニの甲羅にコウモリの羽根でカニコウモリ?
DSFT2738.jpg

ナンゴククガイソウには虫たちが群がるが、花の盛りを一足先に過ぎた。
DSFT2717.jpg

華を持った花、造形の妙、葉っぱの下でかくれんぼまでするキツリフネ
DSFT2739-2.jpg

艶姿ナミダ娘 色っぽいね
DSFT2756-1.jpg

すみれ色の涙というよりも天真爛漫なソバナは剣山の夏を彩る碧い宝石
DSFT2851-1.jpg

白いソバナ かつて白いソアラが人気だったあの頃
D7N_6901.jpg

青空の澄んだ色は初恋の色
D7N_6948-1.jpg

花の数でもたおやかな美しさでも凛としたたたずまいでもシコクフウロ
D7N_6791.jpg

ザ・ピーナッツ? あみん? ベッツイ&クリスは違うみたい
D7N_6905.jpg

駈けてきた乙女
D7N_6910.jpg

DSFT2863-2.jpg

D7N_6783.jpg

D7N_7123.jpg

ギンバイソウ かつて横浜にいた銀蝿草? いえいえ銀梅草です
D7N_6851-1.jpg

DSCF9469-1.jpg

DSFT3228-1.jpg

剣山の石灰岩地、行場で見かけるかれんなヒメフウロ
DSFT2763-1.jpg

DSFT2765-1.jpg

DSCF9462-1.jpg

紫の山野草ということで
DSFT3301-1.jpg

D7N_6796.jpg

幸福を呼ぶオトギリソウということで
D7N_7018-2.jpg

幸せを呼ぶ白いハナウドということで(サッカーはしません)
DSFT2743-1.jpg

DSFT2746-1.jpg

コモドギク、レイジンソウは見落とした。
チドリの仲間も見かけなくなった。

植物の花と人間の花とどちらがいいかはわからない。
ただ、人間の花は肖像権があるので…。

タグ:剣山
posted by 平井 吉信 at 23:22| Comment(0) | 山、川、海、山野草

剣山 キレンゲショウマの谷


これまでに何度も書いてきたので
今回は写真のみで。

霧深い谷の湿潤な大気に凛と咲く風情が美しい。
下をうつむいている花もあれば
天を仰ぐ花もある。

2017年の夏、キレンゲショウマと剣山。
DSFT3248-1.jpg

D7N_7132b.jpg

DSFT2829-1.jpg

DSFT3210-1.jpg

DSFT2841-1.jpg

D7N_6853-1.jpg

D7N_6856-1.jpg

D7N_6869-1.jpg

D7N_6871-1.jpg

D7N_6877-2.jpg

D7N_7104.jpg

DSFT3283.jpg

DSFT3292-1.jpg

キレンゲショウマをあとに刀掛の松に戻る。
天涯の花」で描かれたはかなくもまばゆい光景を霧のなかで思い出している。
DSFT2800.jpg


よみがえるキレンゲショウマの谷 剣山
http://soratoumi2.sblo.jp/article/176467785.html

冬の「天涯の花」しずかに
http://soratoumi2.sblo.jp/article/110750913.html

台風に負けず キレンゲショウマ、剣山(2014.8.14)
http://soratoumi2.sblo.jp/article/102456212.html

誰のため? キレンゲショウマ
http://soratoumi2.sblo.jp/article/85576708.html

剣山 2013 キレンゲショウマ・パルマータ 
http://soratoumi2.sblo.jp/article/72167914.html

キレンゲショウマ 2013
http://soratoumi2.sblo.jp/article/69483208.html


夏の剣山、キレンゲショウマ、そして次郎笈
http://soratoumi2.sblo.jp/article/57577968.html

剣山の山ふところ
http://soratoumi2.sblo.jp/article/57414716.html
posted by 平井 吉信 at 22:32| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2017年08月20日

剣山の行場


西島駅から15分で刀掛の松という三叉路に到着する。
DSCF8841-1.jpg

まっすぐ登れば最短距離で山頂(正確には山頂東の神社とヒュッテ)に、
右へ回れば大剱神社経由で山頂へ。
DSFT3315.jpg
(↑刀掛の松〜大剱神社のトラバース道は剣山でもっとも静かな散策が愉しめる。ルートとしてはここからではなく西島駅から大剱神社へ向かうのが一般的)。

左へ下れば行場へと降りていく。
DSCF9080-1.jpg

キレンゲショウマの咲く谷もそこにある。
穴吹川の源流から東へ延びるトラバース道をたどれば一ノ森への稜線へ辿り着く。
西へと登り返すと刀掛の松に戻ってくる(このルートは一方通行となっていて現地に表示がある)。


行場へ行く途中の斜面は石灰岩質でざれやすい。
(剣山の山頂付近はかつて海の底だったということか)
数年前に斜面が崩れてキレンゲショウマが壊滅したのではと心配されたが
蘇ったようだ。

一方通行なのでここをまっすぐ行き、左手から上がってくるというのが行場周辺の谷の周遊ルート。
DSCF8785.jpg

ヒメフウロを見ながらしばらく進むと左手に「鶴の舞」という岩場。
そそり立つ崖の上の割れ目を持つ岩で
この岩のまわりを蟹の横ばいのように岩を抱えて廻るのが行。
DSFT3166.jpg

鶴の舞の上方の斜面は行者野と呼ばれる場所。
DSCF9063.jpg

谷をトラバースしたところで、不動の岩屋がある。
ここは鉄の垂直階段を降りて水が滴る鍾乳洞の内部に入り
奥に鎮座する不動明王にしたたり落ちる湧き水は聖水かもしれない。
ヘッドランプがないと湧き水までたどりつけない。
DSCF8794.jpg

DSFT2781-1.jpg


ここで重症の男性を地元の男性が救出した動画(番組)がある。
https://www.youtube.com/watch?v=IQpgDkoXaJo
https://www.youtube.com/watch?v=93bPPPjCXe4
(本人出演による現場での再現劇)

ここで奇跡的な救出を行った井上惣介さんとは
2016年11月にぼくが講師を務めたセミナーにご参加されていて対面することとなった。
お話しをしてみると冷静かつ誠実さがにじみ出るお人柄で信念を持った方と強く印象に残っている。
(井上さんのこの人命救助は26歳のときで、つるぎ町が半田町と呼ばれていたときである。この尊いできごとを知ったのは近年のことで、このときは知らなかった。お会いしたときは社長になられていたが、見る人がみれば初対面でもわかる雰囲気を持った方で、大きなご加護を賜っておられ、それを社会のために役立てようとされているように見えた)

続いて岩の割れ目に鎖が見える。
この鎖を登る行を行う場所。
DSCF9070-1.jpg
(しかしどうしてこうも割れ目と孔ばかりがある場所なんだろう。修験の場でありながらエロスを感じる)

霧が立ちこめる谷を下っていく。
この幻想的な光景にいつも高まる。
DSFT3224-1.jpg

DSFT2786.jpg

DSFT3234.jpg

谷の岩場で黄色い点在が見える。
このような場所でキレンゲショウマが生きていた。
D7N_6884_01.jpg

D7N_6896.jpg

谷に薄日が射したり霧が立ちこめたりの神秘のとき
それに見とれて半時間足が止まる。
DSFT3210-1.jpg

穴吹川源流の谷を降りたところで東の一ノ森へ向かうトラバースと
西の行場めぐりを続ける路とに分かれる。
左(西)へ行くと巨岩を従えた両剱神社。
岩の巨きさが写真で伝わるかどうか。
DSFT3265-1.jpg

三十五社と呼ばれる社と岩
DSCF8829.jpg

さらに進むと古剱神社。この背後の大岩の上に鶴の舞があるはずである。
DSFT3273-1.jpg

神社へと降りてくる谷の上方に鍾乳洞の入口が口を開けている。
かつては奥まで入れた痕跡があるようだが
現在は崩れて侵入できない。しかし奥から風は吹いてくるのだとか。
D7N_6908-1.jpg

行場はさらに下に上にと続くが
カメラなどの装備を持った身では行くことができない。
西へ登りかえしてキレンゲショウマを愛でつつ刀掛の松へ戻る。

ロマンを楽しみたい方のために動画で
「エリ・コーヘン氏、同行記録 徳島・剣山史跡巡りツアー」発想の旅、第1部 「剣山を昇る」
https://www.youtube.com/watch?v=Jmg2FFAjyFA

祇園祭り・剣山の謎
https://www.youtube.com/watch?v=N4TR32mPxrs
posted by 平井 吉信 at 23:43| Comment(0) | 山、川、海、山野草

剣山への接近 


神山方面から峠を越えて木屋平へ入る途中で
道ばたの山野草(ヒオウギ)を見ることができる。
DSCF9029-1.jpg

鮎喰川は良質のアユを産するのは湧き水のため
水温を冷たく保ち、アユの餌となる苔が腐りにくいため。
上流部の水は確かに冷たい。
道幅の広いところに車を停めて渓流を眺める。
冷たい風と水音の清涼感がご褒美。
DSFT3146-1.jpg

谷間の木漏れ日が渓流の岩に光の粒子を散乱させる。
聖なる存在が現れる波紋のように。
光は粒子でも波動でもある。
DSFT3159.jpg


川井峠を越えると木屋平だ。
峠には娯楽施設や飲食店などがある。
まちに住んでいる人から見れば
「イノシシとシカしかいないと思える」場所にある。

穴吹川沿いにタキユリも見かけた。
DSFT3108-1.jpg

穴吹川は日本一の清流などで知られる。
水質は抜群で下流は香川県民の御用達の水遊び場となっている。
(かつてゆめタウン高松が徳島県民の買い物の御用達となっていたのと同じ)

けれど、昭和51年に穴吹川の源流を襲った大災害が環境を一変させてしまう。
接近した台風17号の影響で
9月8日から13日にかけての剣山での合計雨量は1837.5ミリに達した。
(1週間弱で1年分の雨が降った感覚)
その結果剣山系の北東斜面が地滑りを起こし
穴吹川上流が埋まってしまったとされる。
(激甚災害となったこの状況で人的な被害がなかったのは備えというソフトができていたから)
そのため、穴吹川上流は階段(堰堤)だらけ、川沿いの道は一部でハイウェイとなった。
この風景は川底を実験場のように施工している。
画面中央の落ち込みは打たせ湯のようだ。
DSCF8987-1.jpg

剣山が近づくと現れる不思議な標識「コリトリ」まであと○○km。
コリトリとはかつての剣山登山の拠点となった場所。
ご覧のように堰堤が無数に続く地形。
DSCF8981.jpg

ここから現在の剣山登山の拠点「見ノ越」に向けて高度を上げていく。
道ばたの山野草にも目を向けながら。
DSFT3094.jpg

高度を上げると見えてきた。
ここが昭和51年災害の爪痕なのだろうか。
DSCF9007.jpg

見ノ越に車を停めて階段を上がると登山の入口である剱神社が見えてくる。
DSCF8751.jpg

リフトで西島まで上がれば片道1000円(15分)。
横目で森を眺めつつ、足元には季節の山野草が咲く。
DSCF9026.jpg

DSCF9024.jpg

アサギマダラも花に集まっていた(写真は撮れず)

リフトを使わなければ西島まで森を抜けて1時間。
リフトを使う意義は、一度でいいから剣山へ登ってみたい人で
体力に自信のない方、高齢の方など。
山開きの期間で天候が急変しなければ登頂は容易だ。
その場合、ルートはまっすぐ直登せず、
大剱神社経由のゆるやかな登りを取る。
DSCF9041.jpg

追記

小さな子ども連れの若い家族、カップルは、
天候の急変やけがなど緊急への備えをしつつ
子どもがはしゃぎすぎないようペース配分、適切な水分補給など
家族の体調管理ができることを前提に
見ノ越駐車場から上がるのも良い経験になると思う。
いざとなれば帰りはリフトで降りることもできるのだから。
posted by 平井 吉信 at 13:11| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2017年08月18日

剣山は近かった


この剣山、見ノ越からリフトを使えば
1時間もたたずに山頂へたどりつく。
山頂へは幾重にも道が延びているが
上をめざせばどこから行っても山頂に着く。
山頂は広い草原になっていて名前の由来と合わない気がする。
山頂は植物保護のため木道が設置され
ところどころのベンチで風に吹かれて昼を食べる人たちが少なくない。

8月の剣山は暑いかって?
いや、まったく。
登りはじめの樹林帯は湿気があって汗をかいたが
尾根筋に出ると風が涼しい。
念のため、500mlのペットボトルを2本用意したが
下山までに1本で十分だった。
(最低1リットル分、できれば1.5リットル持っていると安心)

コースはリフトを使わず西島駅まで樹林帯を抜け、
テキサスゲートのあるシコククガイソウの脇をすり抜けて
刀掛けの松まで上がり
東の行場にあるキレンゲショウマの谷へと下る。
再び松まで戻ると尾根を直登して頂上直下の神社をめざす。
そこから木道を歩いて山頂へ。
今度は西へ下って次郎笈のコル(次郎笈峠)で東へトラバースしつつ
水の湧き出る岩場を上がり、さらに再度山頂をめざし
また、石灰岩の岩場を再度通って西島駅へ戻る。
ここで休憩したあと、祖谷川の源流を経由して見ノ越へ戻るという長丁場。

(ストックを2本持っている人がときどきいるけれど、ストックに頼らずナンバ歩きをしたほうが身体の負担は少ないように思う。ストックを使うことで体重は分散するが、体幹をばらばらにするような感覚=体幹を突き上げるような無理な動きを避けたいので。人と頻繁にすれ違う剣山では邪魔でもあるし)

リフトで来た人は歩き方でわかる。
西島駅を降りて気持ちが昂ぶるのだろう。
広い歩幅でのっしのっしと上がっていく。
終盤疲れるだろうな、明日の朝は筋肉痛だろうなと想像。

歩き始めは身体を慣らす意味で
意識的に遅いペースで、かつ小股で足を重ねるように歩を進める。
以前にためしてガッテンで放映していたものだが、
山を歩くとかえって疲れが取れるというもの。
それは、鼻歌を歌えるぐらいのペースで歩くのがコツというもの。
身体の老廃棄物や疲労物質が
普段より高まった血液の循環ですみずみまで運ばれていくからだろう。
疲れを取りに山へ行くという感覚を持っている人は少なくないように思う。

珍しく早朝起きて剣山をめざす。
実はそれまで貞光ルートが最短(時間)と思っていたけれど
438号が距離も時間も最短ではないかと実際に走ってみた。
すると2時間を切って見ノ越へ到着。距離は75kmぐらいだろうか。
(これだと自宅で昼を食べてから剣山へ行くこともできる)

交通量が少ないのがいい。
神山と木屋平の一部の区間は二車線で速度が出るところがある。
メインの貞光ルートは道幅は狭く、けれど交通量が多いのが難点。
排気ガスがないので空気と水を愛でながら走れるのも利点。

(続く)
タグ:剣山 祖谷
posted by 平井 吉信 at 22:55| Comment(0) | 山、川、海、山野草