2017年07月31日

2017年の夏、川の風景とタキユリ(カノコユリ)


夕立があるかもしれない、むせるような夏の午後。
じっとしているだけで汗ばむ。
自分の身体が自分の塩で溶かされるなめくじの気分なら
ユリなど見たいとは思わないものを。

でもやってきた。今年のタキユリに会いたいから。
だって時間は相対だから、去年のタキユリとはきっと違うから。

河畔林の外側では山裾に稲穂を輝かせて田んぼが並ぶ。
DSFT2473-1.jpg

DSFT2474-1.jpg

四国でもっともすばらしいものは?
川です。
(これには明確な理由がある)
DSFT2484.jpg
川がなければ四国の魅力の9割はなくなるといっていい。
(一人ひとりがその意味を考えてみては?)
DSFT2491.jpg

この日はあっけらかんとした快晴でないからかえって良かった。
もしそうなら、花の背景は明るくタキユリは浮かび上がることはなかった。
どんよりとした天気で川には靄、霧が立ちこめるから
タキユリはどんな花よりもなまめかしくたたずむ。
DSFT2478-1.jpg

DSFT2499-1.jpg
崖の下から垂れ下がる花を見つけては見上げる。
ときに地面すれすれに咲いている株もあるけれど。

D7N_6715.jpg

川底を流されてみたくなる。
子どもの頃からの本能みたいなものだから。
(そうは言っても身内や親しい人を川の事故で4人亡くしている。みんな川が好きだった。この川もかけがえのない人を奪っていったのだけれど、それでも川から離れて生きていけない)
(ぼくはぼくでこの近くで崖崩れに巻き込まれそうになった。10数年前のことだけど)
D7N_6723-1.jpg

タキユリの続きをどうぞ。
DSFT2513.jpg

D7N_6677-1.jpg

D7N_6686-1.jpg

タキユリは南四国固有の種類だったかな。
コケティッシュな天然娘。都会にはいないかもしれない。
D7N_6706-1.jpg

DSFT2528.jpg

D7N_6747-1.jpg
雲行きが怪しくなってきた。
ぽつりぽつりと。
でも天候はさほど崩れず川霧が濃くなる。
これはこれでいい感じ。

結局、この日見た(撮影した)タキユリで
ベストショットは相方がフジX20で撮影したもの(縦横比3対4の小さなデジカメ)。
人も花も儚い存在だけど、そこにいる、そこにあるだけで生命がうたっているね。
ねらって撮ったかどうかはわからないけど、彼女なりに感じていたと思う。
DSCF9349-1.jpg

同じ花と思われるものをぼくが撮影したもの(縦横比2対3の一眼レフ)がこれだけど
前者がいいよね。
D7N_6682-1.jpg

このところ、写真で負けることがときどき。
(感性の領域なんだけれど数撮るうちに身体で技術を覚えるんだね)
それはそれで楽し。
タキユリの王国は太平洋高気圧の全盛を告げるが
これから四国は台風の季節を迎える。

タグ:タキユリ
posted by 平井 吉信 at 22:29| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2017年07月30日

思い出の田井ノ浜 黄色い麦わら帽子の…


徳島県南で海水浴を楽しむ、
それもまちから遠くないところで、ということになると
まずは中林の北の脇。
学校の帰り、海に続く田んぼの一本道を
夏の太陽を受けて自転車を漕ぐあの日。
強い陽射しが心を軽やかにさせてくれる。
蝶が飛び交う松林を抜ければ海の家、
もう身体は沖をめざして水をかいていく。
程良いところで振り返って浜を見上げた空の高さと
女の子のまなざし。17の夏―。

由岐の田井ノ浜。
海に面した駅を降りたらそこはもう砂浜。
浜を囲んで駅が甲子園のセンター席のよう。
太平洋の分波が押し寄せた陸地の一角で奇跡的にひらけた渚。

そう、田井ノ浜には海開きの時期だけ運行される臨時駅があり
阿南市内から家族連れや高校生などが足を運ぶことがある。

土曜日の午後、仕事を終えての帰り道、
由岐I.Cで身体が反応して左折すると牟岐線の線路を渡って車を停めた。

田井ノ浜へと注ぐ田井川沿いはハマボウの自生地。
足元にナツズイセン、紅い風船を持った女の子のよう。
DSCF8649-1.jpg

D7K_9217a_NX2.jpg

DSCF8654-1.jpg
湿地に自生する数え切れないハマボウはいまを盛りに咲いている。
夏の日出会った黄色い麦わら帽子の女の子のように。
(松崎しげるのデビュー曲は良かったな)
DSCF8662-1.jpg

DSCF8659-1.jpg

そのとき田井ノ浜臨時駅に普通列車が到着した。
乗り込むカップルや高校生、見守る車掌。
DSCF8680-1.jpg

2017年の夏、海の家と渚はそれぞれのドラマを刻んでいく。
DSCF8690-1.jpg

DSC_1311.jpg


posted by 平井 吉信 at 23:26| Comment(0) | 山、川、海、山野草

野菜を食べるなら よってね市(徳島県勝浦町)


JAの直売所の格差が広がっている。
先日は愛媛県内のある市の幹部から市内の直売所について
現地で状況を伺ったところ。
継続的に品質向上や消費者の視点からの作付を行いつつ
農業や食の啓発を行い拠点として高い志で運営されていることが伝わってきた。
なにより一人ひとりの農家の研究熱心さと良いノウハウはたちまち伝線(模倣)されるところがいい。
産地はそうあるべき。それが個々の農家の所得向上にもつながるのだから。
(でも閉鎖的な農村ではそれがうまく行かずノウハウを抱え込む)
だから、この直売所の理念を感じないまま
レイアウトや地産地消のレストランなどかたちだけ真似てもうまく行かないよ。

徳島県内ではどうだろう。
愛媛県内に匹敵する取り組みは見られないように思うけれど
よく通っているのは勝浦町のよってね市。

夏の野菜を心ゆくまで食べてみたいと思って
梅を漬けたいと思って
トマトを冷やして塩を振って食べたいと思って
これだけ買ったのに1,320円でした。
DSCF9244-1.jpg

適度に山中にあって(標高差をうまく利用できる、虫害が少ない利点を活かせる)
適度にまちに近くて(消費者の感性を汲んで商売ができる)
結果は良い作物を手頃な価格で供給いただいている。
(マーケティングとか演出という感じはしないところがいい。ただ農家の立場からはこれでいいのかとも思うけど)


posted by 平井 吉信 at 14:32| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ

東讃に現れたエーゲ海を見下ろす神殿(のような)遺跡とたどりつけない岬


香川県は安全かつ快適に住むとしたら日本でも有数の土地と思う。
洪水や地震などの災害が少ない、公共交通の便、道路事情とも良い、経済的にもまずまず、
土地は広く四国のなかでも手に入れやすい。
瀬戸内海の光景、里山のなだらかな起伏はおだやか。
ときどき水不足で夏場に節水(取水制限)があるぐらい。
(うどんは安いけれど、食べすぎないよう注意しておけば)

香川の地形を見ると多島海が見えるようだ。
海だけではなく、陸にもこんもりとした小山が盛り上がり
地球温暖化で海水面が上昇すると内陸部も瀬戸内海のような光景になるだろう。

海に向かっては半島状の地形が突きだし、
そこに観光資源が散りばめられている。
浦島伝説の荘内半島には海と桜を望むことができる紫雲出山(しうでやま)があり、
全国に誇れる景観を持っている。
http://www.mitoyo-kanko.com/?p=17175

国道が海沿いを走るのは徳島県境に近い引田地区と愛媛県境に近い海岸線ぐらいで
あとは海に近い内陸を走る。
海岸線は国道から離れて海に張り出すので
西から五色台、高松をはさんで屋島、八栗山といった独特の地形を背景に持つ観光地が点在する。

さらに東讃(香川県東部)の海岸線は一部にリゾートの雰囲気もあるが観光地化されておらず、
ランプロファイア岩脈など独特の地形もあって
陸からのみならず海のおだやかな瀬戸内海をシーカヤックでめぐってみたい気がする。
もしかしたら往時の瀬戸内の漁村のたたずまいなど残っていないかなども興味深いのだ。
そう考えて時間を見つけてこのところ東讃めぐりをしている。

今回は志度から大串半島(大串自然公園)をめざすもの。
香川県は道が広い。どこへ行くのも大船に乗ったつもりでいける。
(これが高知や徳島だとすぐに道が狭くなって神経を使うのだが)
国道11号から適当に半島をめざして何度か曲がると海沿いに出てそこから半島の背骨を伝っていく。

駐車場に着いて看板を見る。
DSCF8598-1.jpg

まずは時計回りに「テアトロン」と書かれたオブジェをめざす。
車を止めて歩きだすと海が見える芝生の公園に出る。
DSCF8574-1.jpg

半島の付け根を見るとワイナリーと思われる建物が見える。
DSFT2341-1.jpg

大串半島の先(大串の鼻)の方向へ散策路は延びていく。
DSCF8578-1.jpg

植栽のハイビスカスを相方がフジX20で撮ったもの。
門前の小僧の読経に似て
無意識に光を観るようになったのだろう、
ハワイの空気感、風土、ホ・オポノポノが大好きなので
自らの想いが乗った写真かも。
DSCF9176-1.jpg

エーゲ海に映える神殿のような施設が見えてきた。
さぬき市野外音楽広場テアトロンという。
http://www.city.sanuki.kagawa.jp/sightseeing/sights/oogushi/theatron
もうすぐスピッツの野外ライブがあるそうで
それを見に行くための下見ではないのだけれど。
DSCF8646-1.jpg

おそらくは盆地城の地形を活用した施設ではないかと推察。
(掘り下げたのなら土砂の処理に困るから)。
瀬戸内の夕暮れが迫る頃、
ここは独特の熱気を帯びるのだろう。
DSCF8642-1.jpg

ただしここに1万人収容を想定した自家用車のアクセスも収容もできない。
この隔絶感が一種のサマーキャンプのような演出となるのだろう。
アクセス面からはありえない施設整備だが
なにごとも常識のフィルターだけで見たくない。
気を付けておくことは周辺には飲食のできるところが皆無なので
水分補給とトイレの問題が生じる。
(水を飲むとトイレの需要が発生する。我慢すると体調を崩す)
運営の視点に立てば、
ボトルネックを計算した交通手段の設定など
(一度に輸送できる人員は限られているのでヒトのたまりをどこでどの程度つくるか、つくらないか)
高度に配慮されたソフトがなければ税金を投入した遺跡となってしまう。
それはどのように解決するのだろう。

いったん上に上がって島を周回する道路を時計方向に進んでみる。
気温は30度を超えて35度近い。
ふだん汗をかかないエアコン不使用者でも暑いと思うこの日の散策。
DSFT2359-1.jpg

海へ降りる散策路をたどると長ぞわい観音。
大串半島付近での海上交通の安全と大漁を願って作られた庵治石の観世音菩薩。
DSFT2372-1.jpg

そこからさらに下る道がある。海岸に向かって降りているようだ。
DSFT2403-1.jpg

海岸沿いの散策路に出た。海釣り公園まで舗道が続いている。のどかな釣りができそうだ。
DSFT2411-1.jpg

振り返ると大串半島の先端、大串の鼻が近くに見える。
DSCF8592-1.jpg

灯台に行ってみようと思ったが、なかなかたどり着けない。
道を探しに上まで行って気付いた。
この灯台は舟でしか行けない。
海中へと階段があるが、干潮になると渡れるという水深ではなさそう。
おもしろい。
(大串埼沖灯標という)
DSFT2378-1.jpg

観音像が見えてくると特撮映画のような雰囲気。
SNSをやっているヒト、ネタを提供しますよ。
大串自然公園の長ぞわい観音様ですよ。
DSFT2416-1.jpg

それでは大串の鼻の展望台に行こうと道を探したが見つからない。
すでにこの周辺を3〜4度歩いているうちに
相方が疲れてきた。
熱中症になると行けないので水を飲ませて日陰で休ませ
車を取りに坂道を15分走る。走れメロスの心境。

相方を拾って車で周辺を回ってみる。
水分補給をして休んだので元気になった。
相方がもっと探してみようという。

観音様からトラバースの道がある。
これが大串の鼻展望台へ続いているのだろうとほぼ確信はあるのだが
(冒頭の地図をご覧いただきたい)
進むうちにテアトロンの下の入口に戻ってしまった。
歴代のステージに立った演奏者のサインが並ぶ通路。
DSCF8635-1.jpg

通路を抜けてステージに立つと意外に客席が近く感じる。
DSCF8604-1.jpg

もう何度目になるのか、観音像へと向かう途中で気付いた。
ここが散策路の分岐(入口)ではないかと。
DSCF8624.jpg
登山をしていればこの程度の踏み跡を見落とすことはありえないが
観光地の散策路が草に覆われて見えにくくなっているとは思わなかった。
(画面のほぼ真ん中で草が茂っているところが入口)

草を踏み分けていくと踏み跡は明瞭となった。
DSCF8607-1.jpg

ヒョウ柄のキノコが生えている。
DSFT2389.jpg

展望台が近くなると崖崩れで散策路が崩壊している箇所に注意。
DSCF8610.jpg

崩壊地の崖の下は渚。
DSFT2422-1.jpg

大串の鼻展望台に到着。
DSCF8614-1.jpg

謎は謎のままでも良かったが
謎を解くプロセスが愉しい。
仕事もそうで問題発見と解決が楽しくて。
理詰め(ロジカルシンキング)だけでは決して答えは得られない。
なぜなら着眼点は既存(過去)の改善や修正にないことが多いから。
やわらかい感性、洞察力とそれを結びつけて再構築することの大切さ。
DSCF8615-1.jpg

もしかしたら大串自然公園はそれを磨くのにうってつけの場所かもね。
大串公園
http://www.city.sanuki.kagawa.jp/sightseeing/sights/oogushi

追記

東讃といえば、三谷製糖などの和三盆糖が有名だが、
今回は三本松駅前の巴堂のぶどう餅を。

徳島にはぶどう饅頭があり、香川にはぶどう餅があり、
似たような感覚があってこれまで食べたことがなかった。
そこで初めて買ってみたもの。
DSFT2444-1.jpg

どちらの肩も持たない客観的な意見を記すと
製法は違えど風味の系統は似ている。
DSFT2461-1.jpg

南予の山田屋まんじゅうのような洗練された風味ではないけれど
ぶどう餅は、口の肥えた和菓子通にはわかる良さを持っている。
味の濃い食べ物しか食べていない人はどうか知らないけれど
ぼくならぶどう餅に高い得点を付けたいな。
(香川県の銘菓として記憶に刻みました)
みなさんはどうでしょう?
(いまの時代、食べログなどの悪影響で味の濃い店が点数が高くなっているね)
(この次は、白鳥の正華堂へ寄ってみよう)

タグ:菓子 東讃
posted by 平井 吉信 at 13:57| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2017年07月23日

太平洋高気圧の前触れのような夕暮れ


小松島市大林町から立江町を望む
DSCF8978-1.jpg

DSCF8961-1.jpg

DSCF8989-1.jpg

赤石町のJR牟岐線鉄橋を望む
DSCF9215-1.jpg

DSCF9200-1.jpg

(フジX20、X-E2+XF18-55mmF2.8-4)
タグ:小松島
posted by 平井 吉信 at 18:20| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2017年07月18日

梅雨明けが近い夕方 コオニユリが咲いていた


梅雨明け間近の夕方、
コオニユリが草に混ざって咲いていた。
その横顔を照らす太陽。
沈む前に投げかけるためいきのような陽射しで。
D7N_6634-1.jpg

D7N_6659-1.jpg

日常生活の万華鏡のひとこま。
見ようとしなければ見えないもの。


(ニコンD7200+AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR)
posted by 平井 吉信 at 22:48| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2017年07月15日

キキョウは太平洋高気圧の陽射しをものともせず咲いている

太平洋高気圧が張り出してきたのではないだろうか。
そろそろ漬け梅の土用干しの時期ではないだろうか。
紫蘇を手配しておいたほうが良いのではないだろうか。

出張帰りの土曜日の朝、洗濯機を回して
庭に出てほぼ一ヶ月咲いているキキョウを見る。
DSFT2314-1.jpg

DSFT2321-1.jpg
きょうも熱くなりそうだ。
でも、その暑さに幸福感を感じる。
(ささいなことに幸福を感じるけれど、社会から目を反らしたくはない)
熱い―と感じる。
生きているからでしょ。
(なんせエアコンを取っ払ってしまったから暑い夏を心ゆくまで愉しめる♪)

フジX-T2+XF35mmF1.4 R
posted by 平井 吉信 at 12:24| Comment(0) | 山、川、海、山野草

弁当を買ってうずしおへ


出張中に徳島駅で途中下車して弁当を購入しようと考えた。
駅舎内のセブンイレブンには良い弁当がないように思う。
(駅だからではなくセブンイレブンにという意味)
乗換の時間からそごう地下までは行けない。
そこで駅周辺にあるデイズ・キッチンという惣菜店に立ち寄ってみた。

野菜たっぷり バランスBENTO (※日曜・祝日はお休みです)
\ 500(玄米使用)
DSCF8785-1.jpg

駅弁ではないけれど、
うずしおに揺られて高徳線を上がっていった。

タグ:弁当 JR四国
posted by 平井 吉信 at 12:16| Comment(0) | 山、川、海、山野草

来る日も来る日もまわり続けた洗濯機の二十年の歳月

昨日、洗濯機の内側の洗濯槽が破損した。
5年前に破損したときは(そのときで15年目だったので取り寄せ部品がない)
部品を接着剤で貼り付けて補修。
万力が使えない場所で手を放すと剥がれてしまうため
力を込めて1時間以上押さえ続けた。
DSCF8939.jpg
洗濯機は、松下電器のNA-F42H1という4.2kgの全自動。
1997年に購入したもので20年目だった。
(ブラウン管テレビは現役で2台ある。15インチと19インチ。この時代の家電は使えば使うほど良さがわかる。まずは道具として愚直に磨き上げようとした。機能が求められる時代にそれは良かった)
DSCF8937-1.jpg

DSCF8946.jpg
20年間毎日動いてくれたことに感謝して
リサイクルとして家を離れるときは酒を振る舞ってねぎらうつもり。

さて、新しい洗濯機を手配するため近所の電気店を訪れると
日立の名札を付けた販促担当の人がいたので
防水パンや水道栓の位置など細かくメモをしたものを見せて
使える機種のなかからおすすめいただいたものにした。
家電はインターネットの口コミはあてにならないので専門店で相談する。

かつて二層式が全盛期の頃に横長の防水パンが設置され
今日の洗濯機(縦型もドラム式も)もそれに合わせているとのこと。
webでサイズをみたら、うちに入る大きさがなかったので
1人用を買うしかないのかをあきらめかけていたが
寸法を読むときの業界知識でわが家にも普通の洗濯機がおけることが判明。
防水パンのサイズは気にしなくて良いのだ。
また、防水パンとは水を流す漕ではなく水が漏れたときの防波堤なので
経年変化は気にしなくて構わないと教えていただいた。
新しい機種同士での価格差(2〜3万円)はインバーターありなしによるもので
節電効果で数年で元が取れるらしい。
圧倒的に静かとも。
また、細かな制御が可能となり繊細な洗い方ができる。
節水もできると聞いたが、うちは地下水使用。
それでも水資源を節約できる。
このようにインバータには利点が多い。

お話しを聞いて実物に触れたうえで
製品にも納得できたので即決。
(中国メーカーとはつくりが違うことが触れてみるとわかる)
今後20年任せる洗濯機は、日立のBW-V70Bという機種に決定。

価格は言い値(といっても値札より下げてもらった)。
その情報(とともに地元の経済循環に)にお金を払うのだ。


(前のブログにも書いたが)
スマートフォンも携帯電話も持たず(PHSは持っている)、
テレビはいまだにブラウン管。
車は20万kmは乗るようにしている。
(生まれて始めて買ったワーゲンゴルフは車体に穴が空くまで乗った)
ジーンズもTシャツもスニーカーすら持たず、
生まれて一度もタバコを吸ったこともなく
パチンコや公営ギャンブルに行ったこともなく
エアコンも取り外したけど
(どうでもいいことを捨てていくと、やりたいことに集中できる。課題ができれば謎解きのように解決する過程を愉しめるようになる)

簡素な暮らしをめざしているのではなく、
やりたいことに集中できるよう環境を調えていく感覚。
ただ生きているいまを
胸の疼くように噛みしめている。
幸福がひたひたと静かに押し寄せてくる感じ。

求めない、求めても得られない、ゆえに頓着しない、
けれど大切にしていることはある。
いまがどんな状況であれ、幸福と言える。
人の暮らしってそれでよいのではないかと。


九州北部豪雨災害の被害に遭われた方々の
心身おだやかにお過ごしになられる日が訪れることを
お祈りいたします。

こちらから思いをかたちにしてみました。
https://docs-donation.yahoo.co.jp/report/kyushu_heavyrain2017/


さて、新しい洗濯機が出張中に届いていた。
DSFT2325.jpg

さっそく出張帰りの洗濯物を始める。
最初の数十秒は洗濯機が自動で制御に必要な情報を集めているようだ。
それからボタンひとつで動き出す。
静かだ。
うちは夜中に洗濯しても誰にも苦情は来ないはずだが、
静かなことは大歓迎。
DSFT2329.jpg

DSFT2333.jpg
洗い上がりを見てさらに驚いた。
カッターシャツにしわがない。
からまないのと、ふわりと仕上がる。
そのまま干して乾いたらアイロン不要だった。

それぞれ専門分野に職人的な研究者がいたサンヨーを失ったのは
日本にとって不幸であったが、
日立は地道にコツコツと研究開発を行っているようだ。
7kg用とのことだが、
底に手が届きやすいし、内部容量は大きい設計のようだ。
小さなサイズで最新の技術が盛りこまれているのが7kgクラス。
ただし同じメーカーの7kgでも価格差がある場合は
インバータ装備の有無での性能差が大きいのでご注意)
つくりこみも中国製と比べてもしっかりしている。
洗濯機はドラム式ではなく完成度の高い縦式がいいということを実感。

革新的な家電はともかくブラッシュアップ(改善)型の家電では
日立のようなメーカーに一日の長がある。
家電で感動するなんて、とも思ったが、
その積み重ねが大きいということだろう。

日立 7.0kg 全自動洗濯機 ビートウォッシュ BW-V70B

posted by 平井 吉信 at 11:54| Comment(0) | 生きる

2017年07月07日

G面上のカマキリ


雨の滴は規則的にガラス窓に落ちる。
バッハならこういうだろう。
弦のG線の上に展開するアリアのようだ。

ミサイルは頻繁に日本海に落ちる。
○○ならこういうだろう。
アメリカ本土に到達するアイスクリームのようだ。

失言は頻繁に政治家に現れる。
そこに寄り添う官僚は出世もある。
寄り添わない人は破廉恥にされる。
火のないところに煙を立てるマッチのようだ。

核もミサイルも怖い。
怖いけれど自分のところには落ちないだろう。
それよりももっと怖いこと。
安全に食べられる食材と水を自国で確保すること。
これが真の安全保障関連法案だ。

相変わらず雨の滴はガラス窓に落ちる。
ぼくはこういう。
繊細にして大胆なガラスの上のカマキリだ。
DSCF8684-1.jpg

DSCF8685-1.jpg

奴はこのあとフジX20(撮影距離3センチ)を乗り越えて
一気に腕を上がって威嚇する。
やってくれるね、ベイビーなのに。
posted by 平井 吉信 at 22:46| Comment(0) | 家の庭