2017年01月29日

スーパーにあらわれた謎のトマト このおいしさは規格外!


これからが旬を迎えるトマトはぼくの大好物。
農園から直接買ってきて、
3kgぐらいをあっという間に食べてしまうこともある。

そんなトマトはスーパーとは縁遠い存在であったと思う。
ところが、直売所(産直市)の野菜やトマトがおいしいかというと
そうは言えないだろう。
集荷量(=売上)だけに目が行く直売所は
そのうち魅力がなくなって売上も低下していく傾向にある。

品質第一を掲げてそれを愚直に実現している直売所は見たことがない。
理念や方針が迷走しているということもあるのだろう。
生産者の高齢化も大きな要因だろう。
かつて売りであった鮮度や価格も直売所優位とは言えなくなっている。
一方で若手が規模を拡大して意欲的につくっている農園もある。
しかしそんなところも量ありきで品質はもうひとつ。
(食への思いが感じられず商売がぎらぎらしていると野菜や果実もそうなっていく)
ここでの品質とは等級や見映えではなく風味をさしている。
そこには農業の持つ構造的な課題があるのではとも考える。
収益を上げることと、品質を確保していくことの両立が難しい。
だから、おいしい野菜や果物は自分でつくっていくしかないと感じる。

そんなことを思うこの頃、スーパーで驚愕のトマトに出会った。
それがこれ。
DSCF2709.jpg

1袋257円と安い。
食べてみて驚いた。
ここ数年、これほどのトマトは食べていないと感じる。

消費者は「あまいトマトがいい」というけれど
ぼくは食べたくない。
欲しいのは、鮮烈なまでの酸味と旨味がぎゅっと閉じ込められながら
甘みが絶妙のバランスで追いかけているもの。
おそらく糖度は高い(10ぐらいはありそう)。
とにかく味が濃い。
味の素のような後味が口をかけめぐる。
けれど化学調味料と違って朝の露のごとく消えていく。
酸味はすみずみまで行き渡り
甘みはどこまでも寄り添って
三者の味覚が海となって溶けていく。
土づくりの栄養バランスを前提に
ぎりぎりまで落とす水分調整がうまく行ったのだろう。
(写真を見れば、生産者がトマトを鍛えたことがおわかりになるでしょう)
DSCF2716.jpg

おいしい食べ方は、尖ったところをほんの少し落として
お尻から食べること。
縦切り、横切り、さらに包丁の切れ味でもちろん味は変わるが
包丁を使わないでかぶりつくことにとどめをさす。
誰かが止めないと1袋をすべて食べてしまいそうだ。

このトマトは近所のスーパーに売っているもので
量もふんだんに並べられている。
(県東部、県南部だと入手しやすいだろう)

不可解なのは「徳島県産」と書いてあるだけで
産地や生産者の名前が入っていない。
スーパーがどこかの農園に相対で買い付けてPB商品として売っているのだろうか。

このスーパーは徳島ローカルで人件費を抑えて配送センターから各店舗に流通させている。
流行は追いかけずおしゃれ感は皆無だが
固定費がかからないので収益性は高いと見る。

このところ県外資本のスーパーやディスカウント店が小松島にも進出し、連日賑わっている。
それぞれ計画を上回る業績を上げているのではないだろうか。
(地場のスーパー、負けるな)
けれど、ぼくが見て買いたいモノはなかった。

ローカルスーパーは良い農家を発掘、育成し
自店の店頭で生鮮4品+自社惣菜を展開していくことしか生き残りはない。
(香川県の新鮮市場きむらなどはその見事な例ではないだろうか)
そのような力学で切磋琢磨するローカルスーパーと
旧態依然のJA系の直売所では年々差が開いていく。

このトマトがどういう経緯で店頭に並んでいるのかわからないが
おそらく店頭の反応でテストマーケティングを行っているのだろう。
近隣の消費者の反応から顧客の水準をはかりつつ
次の一手を見据えているのかもしれない。
当面、このトマトの売れ行きを見守っていきたい。








タグ:直売所
posted by 平井 吉信 at 13:19| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ

和田乃屋に黄花亜麻の季節がやってきた。焼き餅は江戸時代のファストフード

阿波踊り会館からも歩いていけるところの山裾に
天然の滝を取り込む中庭を持つ甘味処が和田乃屋本店
DSC_5209.jpg

徳島市内の観光でここに立ち寄らない手はない。
眉山の山麓、大滝山はお城下の保養の地。
DSC_4926.jpg

ここには皇室をはじめ、文化人や著名人が立ち寄った。
実は父母もこちらの二階で、滝を眺めながら見合いの茶席を囲んだという。
(それがきっかけでここに文章を書く人間がいるわけで)

しかし和田乃屋さんは気取らない庶民の店だ。
女子高生や近所のおばさんたちが気軽に立ち寄って
焼き餅と抹茶を召し上がっていく。
DSC_5162-1.jpg

DSC_5140_01.jpg

その和田乃屋の冬の風物詩といえば
徳島に縁のポルトガル人、モラエスが愛した黄花亜麻
滝を背景に満開となっている。
D7K_3965_NX2-1.jpg

DSCF2673-1.jpg

DSCF2681-1.jpg

DSCF2654-1.jpg

DSCF4804-1.jpg

冬の海松茶色の山麓に山吹の光がぽっとたたずむ風情、
もち米を伸ばして手で焼いた焼き餅と
抹茶をいただきながら庭を眺めると
癒されたい女性御用達の空間となる。
DSCF1186.jpg

DSCF0744.jpg

DSCF0733-1.jpg

DSCF0799-1.jpg

D7K_3892-1.jpg

滝のやき餅は江戸時代のファストフード、
そして平成のスローフード。
D7K_3885-1.jpg

DSC_5195.jpg


タグ:和田乃屋
posted by 平井 吉信 at 11:13| Comment(0) | 徳島

2017年01月28日

スマーティフォンの未来は?


次にスマーティフォンについて。
5年前からスマーティフォンの導入に向けての検討を行うべく
有識者を招へいして委員会を開催して
最終年度の今年度にはそのとりまとめを行っているところ。
初年度 背景、位置づけ、普及率と今後の見通しについて
2年目 利点と不利な点について
3年目 利点のさらなる活用、不利な点を克服する方向性
4年目 従来型携帯電話との優劣の論点の整理、選択の際の留意点
5年目 総括とよりより活用に向けての提言

報告書の概要を数行にまとめると以下のとおり。

「スマーティフォンは、多面的な用途を1台で実現できる優れた電子端末であるが、通信機器としては問題点があり、生死を分ける状況では使用を見合わせることが賢明。利点を活かし不利な点を克服もしくは気にならないのであれば、その活用法について検討する価値はあり、セキュリティやプライバシーについては学校や職場などで研修を行いつつ慎重に対応するのが望ましい」というもの。

委員のひとりとしてぼくが特に付記した意見は以下のとおり。

・多目的は無目的。セキュリティについての洞察がなければ使用を見合わせほうが無難。
・電池の消耗が早すぎる。少なくとも1週間、通常は2週間程度は持たせるべき。
・通信時の操作性、文字入力のソフトキーボードインターフェイス(あいうえお入力、フリップ入力に慣れた若者はそれで良いのだろうが)に慣れない人への配慮が必要。
・ヒトの脳(=人格形成や精神の安定等)、視力に重大な影響を及ぼすブルーライト問題にまったく対策がなされていない。社会で放任されていることは問題。

そして次のような提案を行った。
・電話とメール機能程度に絞った安全性、安定性の高い端末が望まれる。通話のしやすさから折りたたみ式が最適。
・山での遭難等を考慮すると、通信機能は命綱なので、アンテナは内蔵ではなく、電波の状況に応じて引き出せる、もしくは外付けも可能とすべき。
・機種によっては、簡易防水や低温耐性を高めた仕様もあり得るのではないか。
・音声処理のICについては高齢化社会に配慮して聞き取りやすさを実現するデジタル処理技術の開発が求められる。
・カラー液晶機種ばかりではなく電子インク(Kindleのような)を採用した端末を開発することで電池寿命1か月も夢ではなく、ブルーライトの問題もほぼ解決できる。
・通話の便宜を考えると折りたたみ式で、テンキー入力(ハードウェア)を備えるとともに、QWERT配列でない、母音群と使用頻度に配慮した子音群(K行〜W行)を備えた小型キーボードを装着する(脱着方式や赤外線やBT方式による外付けもあり得る)ことで、メール入力時のソフトウェアキーボードの入力しがたさから逃れることができる。こうすればメモ用としても価値が出てくる。
・仕事との連携を考えると、Windows版(モバイルの軽量仕様)の端末も必要ではないか。

国民1人に1台の時代が迫っている現在、多機能汎用型では解決できない問題が多い。
例えば動画ではGoProなどの単機能型カメラが人気を博しているように、
単機能型も必要と考える。
仮に従来型の多機能スマーティフォンを「ガラス」
(日本独自に進化を遂げたガラパゴズ型スマーティフォン)を呼ぶと、
新世代の単機能型は上に上げたような端末となる。
また、機能をそぐことで端末本体の価格も抑えることが可能となる。
高くても2万円までではないだろうか。もちろんSIMフリーである。
こうなるとガラスから乗り換えるヒトは少なくないだろう。
(スマーティフォンについては委員会の了承をいただいて個人的見解を記している)

スマーティフォンはある意味どうでもいい。
このところの国内外の政治を見ていると
気付く人が少ないまま傍観しているとどうなるか。
未来はどちらに向かって進めていくか、一人ひとりの洞察と行動にかかっている。

黄昏の未来はどこに進むか?
DSXE3327-2.jpg

DSXE3305-Edit-5.jpg
(写真は2015年8月13日 プリンセス号が小松島赤石埠頭に着岸したときのもの)

※スマーティフォン検討委員会は架空の物語に基づくものです。
※「スマーティフォン」の表記は、端末もその使い方も「smart」とは言いがたいのでsmartyと婉曲的に用いているものです。
posted by 平井 吉信 at 11:46| Comment(0) | くらしとともにあるモノ

ああブラウン管 戻ってきてほしい


ぼくがテレビを見なくなった(見られなくなった)のは2015年4月だったか。
(こんな画面が映し出された)
DSCF6006-1.jpg

それまではデジタル信号をアナログ波に変換するサービスがあって
それでテレビを見ることができた。
といっても、見たい番組を見るだけに使う。
バラエティ番組などの時間のムダ番組は見ないので
流行語も流行の芸人の名前もまったくわからない。
(PPAP、神してる、なども先日インターネットで検索を試みて意味がわかったところ)

いま使っているのはソニーのプロフィールシリーズの15インチブラウン管。
ハイライトはまだいいが、暗部はつぶれて見にくくなっている。
しかしもともと輝度を下げる設定なので四半世紀を経てもブラウン管は健在だ。

何度かテレビを買い替えようと家電売場に行った。
4Kも8Kも見たけれど、求める画質とは違う。
液晶テレビに共通するのは、
立体感に乏しく陰翳がないが輪郭の不自然な強調を感じるところ。
なぜ、アナウンサーの顔はあれほど月面クレーターのように映るのか?
(実際のお顔がそうだとはとても思えない)
この映像を長期間にわたって見続けると
脳が破壊されるのではないか(脳細胞のシナプスが変調を来すのではないか)という仮説。
(根拠はわからないが本能を信じている。不都合な真実は隠匿されるのが世の常)

買いそびれたのはソニーでもとびきり高性能の13インチブラウン管。
まるで窓を通して見る実物のような絵だったと記憶している。
価格も20万円を超えていた(13インチで!)。
こちらにご紹介されているブログがあった。
http://sune-87.blog.so-net.ne.jp/2013-06-21
(まさにここに書かれているとおり)

ぼくが持っている15インチも10万円を越えていたと思う。
まともに良いモノをつくればそれだけの費用がかかるのだ。

方式はともかくぼくが求めるのは、こんな仕様。
・15インチ程度の4:3
(部屋は20畳程度あるけれど、大きなテレビは生活空間に置きたくない)
・画質は自然だけれど深みがあるもの
・予算は30万円以内。

この条件で世界中を探しても欲しいテレビは見つからない。
(中古を高額で買うのはありえない。ブラウン管の耐用年数を過ぎているし発火のおそれがあるので。自宅の15インチは当初から使っているので)
ああ、ブラウン管(懐古趣味ではなく液晶では実現できない性能を求めているのだ)!
posted by 平井 吉信 at 11:45| Comment(0) | くらしとともにあるモノ

2017年01月19日

雲間 アスファルト 南風


年度末なので移動の頻度と距離が長い。
県北、上勝、愛媛…を半日でなど。
ブログもメールも手つかず。
年賀状は1世紀お待ちください…。
(一度でもいただいたのなら、またこちらから出したのも含めて未来無期限有効としたします)

といいながら、1月に入って初めての休みに束の間のひとこま。
オープンカーの勢揃いに、
雲間からの日射しが錯乱し
潮風に吹かれてヤシがしゃべる。
DSCF2594_HDR-1.jpg

雲間 アスファルト 南風、の連想ゲームは
南阿波サンライン。
DSCF2575_HDR_1.jpg

DSCF2583_HDR.jpg
その心は、
人も植物も雲も生きている、ということ。
posted by 平井 吉信 at 23:59| Comment(0) | 生きる

2017年01月05日

松岡直也がくれた年が明ける贈り物 Beautiful Journey -Romantic Piano Best Collection-


音楽が好きでいつも聴いている。
仕事をしていなければ音楽を聴いていたいけれど
いつも、ではないし、ながら、ではない。
(むしろ集中するときは音楽を聴かない)

だから音楽と向かい合って聴く。
聴くことが多いのはクルマを運転中のときと寝る前のひととき。
深夜であっても隣近所にまったく迷惑にならない音量だから。
(耳が良いことはいいことばかりではないのだけれど)

昨年末、松岡直也の3枚組CDが発売された。
Beautiful Journey -Romantic Piano Best Collection-
一見してベストのようだけど、romantic Piano Best と副題が付けられている。
テーマを持った選曲は一貫している。
そう、これはピアノが際立つ旋律が主役。
けれどそこには奏者(楽器)のせめぎ合いの妙があって
「ピアノ協奏曲」ではない。
ラテンとフュージョンを合せた独創的な音楽なのに
一聴して松岡直也なのに
けれど旋律はこれまでのどの楽曲とも似ていないのに
どこかで聴いたかのようななじみがあるのはなぜ?

聴いていて心が弾むのは、
作曲している人が、弾いている人が、
ただ音楽が好き、という理由だけでやっていることが伝わるから。

海岸沿いの国道55号線を時速60kmで流すとき
ミディアムテンポが軽やかに風景を後方に流していく。
けれど、ゆっくりとこの時間を身体に感じていたいから。
D7K_6565-3.jpg

ひとりの男が好きなことだけを一生かけて取り組んで
その成果を娘が拾い集めたのがこのアルバム。
(初めて松岡直也を買うのならこれだけでいい)
遺した人も遺された人も幸福感に包まれているようで。
D7K_6565_HDR.jpg

クリプトンKX-1で鳴らすと、小音量であっても
豊かな響きと抑制された音楽の弾みが心地よくて
朝でも昼でも夜中でも松岡直也を聴いていたい。
2016年が暮れるときも2017年が明けるときも
松岡直也のこのアルバムがあったから。
http://amzn.to/2iag3cj

D7K_6565-4.jpg

えっ、年賀状?
今年も1枚も出せていません。
いただいた人、今度お会いしたときにでも。

(風景は南阿波サンライン)
posted by 平井 吉信 at 00:11| Comment(0) | 音楽

2017年01月04日

1月3日 月と火星の接近


1月2日は女神の接近事件が起こったが、
D7N_3017-3.jpg
今度は月と火星の接近だ。

太陽と月を除けば全天でもっとも明るい金星は
昼間でも見つけることができるぐらいだが、
月のかたわらにたたずむ火星は
さそり座の隣で爛々と光る野獣の目のような鋭さは感じられない。
アルテミスの妖艶さに魂を抜かれてしまったかのようだ。

標準レンズの写野
DSCF2563-2-Edit_HDR.jpg

APS-C200o望遠(300o相当)
D7N_3030-1a.jpg

ペレアスとメリザンドが見つめる空、
シャガールならこんなふうに表現したかも。
D7N_3030-1a2_HDR.jpg

天文は、ぼうとした光を見るのだけれど
慧眼を持てと諭してくれる。
posted by 平井 吉信 at 19:55| Comment(0) | 天文と気象