2016年12月30日

ここは宮崎 ここは宮崎ブーゲンビリア空港 


次の機材の手配が遅れて1時間半の出発遅れが見込まれる。
それならば宮崎空港を隅々まで見てみようと。
ここは宮崎「ブーゲンビリア」空港である。
DSCF4864-1.jpg

クリスマスアートの企画展示がホール全体を使って行われている。
DSCF4883.jpg

DSCF4913-1.jpg

DSCF4926-1.jpg
作家の岡美智子さんともお話しができた。

宮崎交通グループは宮崎県内で多角的に事業を展開している。
近年は事業の整理を行ったが、この空港ビルの管理も宮交グループではなかったか。
空港名物となったガンジスカレー、マンゴーラングドシャ、ゴボチなども同社の開発である。
空港内でグルメができる数少ない空港ではないだろうか。

2階のカフェ「カンナ」では「ガンジスカレー」を提供している。
DSCF4945-1.jpg

佳い風味だと思う。幸福感を醸し出す豊穣な味わい。
空港でこんなカレーが食べられるなんて。
でも、一度味わったのでぼくは自宅で再現できる。
SBゴールデンカレー中辛をベースに、バター、フルーツで調整してみよう。
DSCF4949-1.jpg

時間に余裕がある人は3階「コスモス」にも。
ガンジスカレーの黒豚トンカツ版があるから。
(こちらがより本格的)

ガンジスカレーの膝元でボンカレーのCMか、と思ったら違った。あの人に似ている。
DSCF4915-1.jpg

時計の長針が12時を指すとき、お神楽のからくりが現れる
外国人観光客が一斉にスマートフォンを構える。
ぼくは持ってないからカメラを構える。
DSCF4962-1.jpg

なにかわからないけど、その人から買いたくなる雰囲気をまとった人がいる。
笑顔がいいから、というのは当然として
仕事を楽しんでいるから。
営業用の笑顔はすぐに見透かされるけど
買って愉しいのはこの方の人徳。
老舗和菓子店の女性。
DSCF4942-1.jpg

みやげ品の水準が高いことは試食してわかった。
今回はたくさんの荷物を持っているので
少ししか買えないのが残念だけど(それも荷物の隙間でつぶれてしまったけれど)、
次回は箱詰めするぐらい買ってみたい商品ばかり。

宮崎マンゴーラングドシャ。これははずせない。
DSCF4870-1.jpg

鶏の燻製や炭火焼きは選ぶのに困るぐらい。
DSCF4872.jpg

ゴボチはいま流行の野菜系スナックのお手本のような菓子。
DSCF4874.jpg

この春に小林市の本店で買ったチーズ饅頭がここでも。
今回は持ち帰れないので見送った。
DSCF4919.jpg

空弁では椎茸鶏そぼろ、チキン南蛮、宮崎牛…。どれを選ぼうか。
往路では鶏そぼろをJR九州日南線のローカルで食べた。
DSCF4933-1.jpg

空の旅、路線バスの旅、ローカル列車の旅。
宮崎よ さらば。また来る日まで。
DSCF4978.jpg

翼は旅人を雲海へと連れていく。
DSCF4983.jpg

DSCF4984.jpg


新婚のカップルを迎え
送り出した半世紀。
高度経済成長が終わると
シーガイヤの破たん、青島の沈滞など
自然破壊型の無理な観光開発のつけが廻ってきた。
けれど、それらの施設や観光地は東アジアからの観光客で賑わいを取り戻しつつある。
そして、夢のような日々を過ごした人たちが
数十年のときを経て日南海岸へが戻ってくるとき、
宮崎空港はきっと温かく迎えてくれる。
いざ、宮崎へ♪
(わが徳島空港も商品開発力やおもてなし力では全国トップクラスだ。ぜひ、行ってみて)


文章を書くお伴の音楽は加山雄三で。
(写真はいつものフジX20。宮崎はこれひとつだけ)
タグ:菓子 九州
posted by 平井 吉信 at 00:22| Comment(0) | まちめぐり

2016年12月27日

日南海岸は新婚への架け橋だ ! 鵜戸神宮の参詣は南国のきらめきとともに


宮崎県といえば新婚旅行。
日本全国で新婚旅行の代名詞となったのはここだけ。
実際に宮崎から日南海岸を訪れて納得した。

若い二人が愛を誓って
わくわくとどきどきと不安をない交ぜにして
宮崎を旅する。
(この写真を見てください。なんともうらやましい、ほほえましい、どんな讃辞も足りないぐらい)
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/shoko/appeal/jaja/20_08.html
道中で二人のときめきはさらに高みへと駆け上がったのではないか。

時は流れて2016年、
高度経済成長のような単一の価値観はなくなっている。
新婚旅行も多様化し、かつてのメッカ宮崎も廃れている、
という意見があったとしてもぼくは与しない。
かつての光があるからそれを求める人がきっといるはず。
もう一度宮崎へ行ってみませんか?

油津のまちなかを散策した後、
宮崎交通の路線バスに乗る。
行きも使いたかったが飛行機の到着の遅れでJRだった往路。
復路は日南海岸を走る路線バスだろう。
朝早い便で油津周辺で拾ってもらう。
バスは宮崎市をめざして朝日が散乱する日南海岸を北上する。
路線バスは地元の人を少し乗せてのどかに走る。
DSCF4658-1.jpg

DSCF4680-1.jpg

DSCF4687.jpg
(岬めぐりのバスはこうして高度経済成長を駆け抜けたのだろう)

ぼくは前日から決めていた。鵜戸神宮で降りようと。
そのために宮崎交通バスの一日乗車券をコンビニで購入。
問題は手にいっぱいの荷物。現地にはコインロッカーがないとのこと。
でもどうにかなるとバスを降りた。
(宮崎県の観光振興からはバスの発着場にコインロッカーを置いておくべき。バスに荷物を置いておけるバスツアーの乗客とは違って外国人旅行者や公共交通を使った個人旅行者には不便)

カートと肩に食い込む荷物を持って階段を上がっていく。
歩行者用トンネルを抜けると今度は下り。
そこにはみやげ品店、洗練されたカフェまであった。
DSCF4695-1.jpg

いよいよ鵜戸神宮の門が見えてきた
DSCF4696.jpg

日向灘を見ながら境内を歩く人生のひとこま。時間の流れが体内に浸透してくる。
これを自分時間というのだろう。
DSCF4702-1.jpg

新婚旅行でドラマを予感させる南国の日射し。これからの苦労もふたりで越えて行けるはず。
何があっても戻れない。愛があればきっと。
DSCF4712-1.jpg

絵葉書のような階段と日向灘のきらめき。その先にあるのが鵜戸神宮の入口
これが鵜戸神宮 まさに鵜戸神宮 ここは宮崎 日南海岸
(芭蕉が来ていたら、例の三連句を詠んだだろうな)
DSCF4714-1.jpg 

階段を見上げるように振り返る
DSCF4721-1.jpg

海に近い境内は潮風と太陽をミルクセーキにしてほのかにあまい蜜の味
DSCF4722-1.jpg

内部は岩窟内に社がある
DSCF4730-1.jpg

DSCF4740-1.jpg

DSCF4742-1.jpg

9時半を過ぎて団体客がちらほらと。そろそろ上がろう
DSCF4748-1.jpg

ウサギの絵馬にはきっと「二人の愛が永遠でありますように」を書かれているはず。応援したいな。
DSCF4744-1.jpg

冬のツワブキですら南国の太陽が照りつける
DSCF4773-1.jpg

トンネルを越えて降りれば駐車場
DSCF4785.jpg

バスを待つ間の駐車場からの眺め
DSCF4799.jpg

DSCF4800.jpg

DSCF4806.jpg

宮交バスが定刻どおりに来た
DSCF4813.jpg

鵜戸神宮のきらめき、忘れない。
DSCF4718-1.jpg

DSCF4793-1.jpg

(カメラは日南海岸をもっとも冴えて再現できるフジX20。今回はこれだけで。製造中止となってから値打ちが出たね)

posted by 平井 吉信 at 12:58| Comment(0) | まちめぐり

2016年12月25日

徳島LEDアート2016 速報 演出ではないほんものに触れてみては?


時間の都合で一部しか回れなかったが、速報として掲載。

DSCF2198-1.jpg

DSCF2205-1.jpg

DSCF2207-1.jpg

DSCF2211.jpg

DSCF2217.jpg

DSCF2225.jpg

DSCF2227-1.jpg

DSCF2231a-1.jpg

DSCF2235-1.jpg

DSCF2248a.jpg

DSCF2264.jpg

DSCF2292-1.jpg

DSCF2308.jpg

DSCF2322-1.jpg

DSCF2338-1.jpg

DSCF2339-1.jpg

すべてを見ていないので…とお断りしたうえで書き続けるので
読み飛ばしていただいてもいいことだけれど…。

アップルの端末が出回った頃、
指先で画面がスクロールしたり拡大したりすることが不思議だった。
サンダーバードの新作では、至るところでVRとARの接続する場面が画かれている。
https://www.youtube.com/watch?v=b48iqR63zEM

人々は常に新しい刺激を求め、刺激に飽きたら既成の表現になってしまう。
(LED電飾を見て目を留めることがなくなった)
参加者を見ていると、SNS投稿のためだろうか、
現物を見るより先にシャッターを押していて
心のなかに入っていっていない気がする。
もはやLEDやPJMはアートというよりも電光看板と同じ領域に入ってきたような気がする。
(いっそのこと風船にスポンサー名を入れて予算を抑える発想もあったかも)
でも、その方向はデジタルサイネージがたどる道と同じようで虚しい。
(サイネージを一定のルールのもと誰でも参加できる地域のパブリックメディア=迷子犬を探していますなど、地域コミュニケーションツールとして活用する方策があったはずだが、地図と観光情報がセットになったような箱や見たくもない広告を見せる手段としてITゼネコンや広告代理店の飯の種にされてしまった)
今回も個人が創意工夫して出品されている作品に共感できるものがあったような。

これは勝浦町でこの秋に行われたイベント。
現地に行かないで写真だけをお見せしても仕方ないけど、
お時間があれば見てください。感じるものはないでしょうか?
http://soratoumi2.sblo.jp/article/177277035.html


このブログでも紹介しているような
流れとさざなみが一体となって川底を映すほんものの川のきらめき、
夜の森の静寂のなかにきらめく樹間の星座や獣の気配の饒舌さ。
時間とともに色あせていくものとそうでないもの―。
わくわくやどきどきを大切にしたいから。
徳島にはそれがある。
目には見えない自分だけの宝を探しに行ってみては?
(アートは無目的なもの。感動ってそこから生まれる。宝物はそれを見ようとする心のなかに発現するもの。問題提起として書いてみた)
posted by 平井 吉信 at 14:39| Comment(0) | 徳島

伊丹から宮崎へ飛んで日南海岸を南下する


宮崎への出張が決まったとき、
まっさきに頭をかすめたのが交通手段だった。
この春に南九州(熊本地震の数日前だった)をクルマで廻った経験から
限られた時間でクルマの選択肢はないと思っていた。
ならば、徳島 → 福岡  → 宮崎  → 日南だが
飛行機を使っても新幹線を使っても予定時刻に間に合わない。
そこで、旅程のエキスパートの女性に探してもらったところ、
徳島 → 伊丹 → 宮崎 → 日南のルートなら可能性があるとわかった。
それで行ってみよう。
乗り物は、JR(普通)、高速バス、飛行機、路線バスを駆使して
8回の乗換がある。
例によって荷物は多い(出張後に対策を考えることにした)。

神戸市内を通過する高速バス
DSCF4340.jpg

三宮のにしむら珈琲本店で神戸の女性とお逢いしたことを思い出した。
(ほのかな恋心を抱いていたのかも)
DSCF4347.jpg

伊丹空港に到着。屋上デッキでひなたぼっこ
DSCF4359.jpg

DSCF4355.jpg

飛行機を見る人、待つ人。それぞれの平穏な日常にひきこまれていく
DSCF4367.jpg

伊丹を飛び立ってまもなく神戸三宮からポートアイランドを見下ろす
DSCF4383-1.jpg

明石海峡から北淡へ。淡路島の東岸をトレースする
DSCF4389-1.jpg

次に雲の切れ目から覗いた景色は? おお、吉野川。脇町の上空だ!
DSCF4394-1.jpg

四国山地を飛ぶが特徴的な地形が掴めない。
吉野川の横谷=大歩危小歩危は見えなかったが
冠雪した地形があったので
剣山周辺の1,800メートル峰を越えて行ったのだろう。

そして高知市の浦戸湾だ。
DSCF4396-1.jpg

続いて仁淀川河口
DSCF4398-1.jpg

さらに浦ノ内湾、横浪三里、明徳義塾も見える
DSCF4401-1.jpg

四万十川河口と中村の赤鉄橋がちらりと雲間に見えた後
足摺岬周辺の海崖をなぞって日向灘へと進んだ。

宮崎空港への到着が15分遅れて
予定していた宮崎交通の路線バスに乗れずJR九州日南線の普通列車に。
DSCF4414.jpg

田吉駅で乗り換えて乗ったのはワンマン列車(トイレはない)
DSCF4416.jpg

車窓から見る洗濯板のような海の地形
DSCF4429-1.jpg

ローカル線で食べる「椎茸鶏そぼろ弁当」(宮崎空港オリジナル)
DSCF4440.jpg

なんでもない川沿いの景色でピントも合っていないが旅情がかきたてられた。
DSCF4446.jpg

飫肥を過ぎてほどなく油津駅に到着。これから仕事だ。

タグ:九州
posted by 平井 吉信 at 13:23| Comment(0) | まちめぐり

2016年12月18日

静かな夕暮れがひたひたと でも心は軽い 中津峰


ここが中津峰という近所の山だということも―。
もう日の入りが近い時刻だいうことも―。
山に来たからには山しかない。
山頂でもない。
行けるところまで、
気の向くままに、風に吹かれるままに
草や樹木を拾い読みしていこう。

DSCF2123.jpg

DSCF2125.jpg

DSCF2128.jpg

受け容れていくと路傍のたたずまいが宝物に見えてくる。
あの丘を越えて行こう。
DSCF2130.jpg

DSCF2133.jpg

DSCF2145.jpg

誘われて獣道へと踏み入れる。
マムシもスズメバチもいないこの季節だから。
DSCF5013.jpg

DSCF5022.jpg

DSCF2149.jpg

トラバースから高みをめざせば散策路に戻る。
DSCF2172.jpg

展望台で見た雲が木星の縞模様のようで。
(10センチ反射赤道儀、オルソ7o ×144倍の視野で明滅していたあのまばゆさ)
DSCF2157-1.jpg

DSCF2162-1.jpg
この淡い濃淡が人の生き方をつむいでいくようで。

ほら、もう夕暮れ。
山を拾い読みしていたら山頂へたどり着けなかった。
(闇へ移りゆく時間を愉しむのでヘッドランプは使わないよ)
DSCF2176-1.jpg

DSCF2143-1.jpg

DSCF2181-1.jpg

豊葦原の瑞穂の国に陽が沈むとき。
(朝が来ると信じて見送る)

(フジX-E2+XF35mmF1.4 R、X20)

タグ:中津峰
posted by 平井 吉信 at 23:10| Comment(0) | 山、川、海、山野草

紺碧の海を見下ろす。ただそれだけの休日〜日和佐城から四国のみち〜


薬王寺を参拝した人は日和佐川から大浜海岸、
そこに横たわるまちなみを見て感動する。
港を隔てた対岸の山に城がある。
DSCF1890.jpg

日和佐城と名付けられているが、
戦国からの城ではない。
日和佐城を見学したら
四国のみちをたどろう。
DSCF1892-1.jpg

みちは分岐があるが気にしないでどんどん進む。
最初の景色は大浜海岸を見下ろす場所。
DSCF1898-1.jpg
ここに来るためにこの場所を訪れるという人もいる。

DSCF1985-1.jpg

腰を下ろして渚を見ながら弁当を食べれば
気持ちが広々とふくらんでいく。
DSCF1903-1.jpg

DSCF1912-1.jpg

置き忘れた秋がある。
D7N_2816.jpg

次々と樹木、植生。
この蝶は自然界になじむ天才。
D7N_2845-1.jpg

角を曲がると風が止む。
D7N_2881-1.jpg

いくつかの展望台でひとやすみしつつ、
海と風を感じられたら、そこでおにぎりを食べる、茶を飲む。
眼を閉じて風を感じる。
D7N_2904-1.jpg

D7N_2841-1.jpg

ただそれだけの休日。
それが生きるちから。



タグ:日和佐
posted by 平井 吉信 at 21:52| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2016年12月11日

あの昭和のウイスキーが限定で…教えたくないけど(見ないでね)


「マッサン」の放映が終了して数年、
ウイスキーの市場が静かになった頃、
ブラックニッカの銘柄に1つ加わった。

髭のウイスキーは父が愛飲していた。
(高級品は飲まないのだ)
このブランドもシリーズが多い。
マッサンの放映時に発売された「ブラックニッカ復刻版」を除いて
庶民の味方のウイスキーである。
そのなかで「ブラックニッカ ブレンダーズ スピリット」が
青いボトルで知らぬ間に発売されていた。

地元のディスカウント店の店頭で二千円少々の値付け。
リニューアルされた余市や宮城峡から類推すると
あまり期待値は高くないといったところだが
青いボトルの存在が気になって買ってみた。

もし、著名なソムリエ田崎真珠だったらこの味をどう画くだろう。

龍馬が維新をめざしてまっしぐらに駈けていく路傍で
キンモクセイが一瞬風に吹かれてちぎれた香りと、
東京から徳島の農家に嫁いで三十年、
夫が手塩にかけて育てた鳴門金時を
畑で焼き芋にして妻に手渡したときのこっくりとした甘やかさ、
ミネラルを含む海部川の清冽な水がもっとも澄んだときのまったりとした切れ味、
眉山に向かうロープウェイで現在進行形の恋に浸る若者の永遠の青さと
ノーベル賞を受賞した夢を見た刹那の円熟との乖離を味わう朝に似た余韻は
華やかで重厚でいて麦畑での秘め事のように甘やかで
ときおり見せる伸びやかな舌の滑りを体感すれば
鳴門海峡にもまれて海面に浮かんだ鳴門鯛のような
ためいきがぽっと出るのである。

秘蔵の竹鶴17年、宮城峡12年と比べてみた。
このブルーボトルのウイスキー、現在の価格でも×3〜4の価値。
10年後には×10で価格の末尾に0がひとつ付く。
だって、この味わいは寝る前のひとときを
まばゆい5分に代えてくれるだろうから。
D7N_2920.jpg

飲み方は寝る前にカシューナッツをひとくちふたくち、
ワイングラスに入れてそのままで。
余韻を味わったら追い水を。

sevensevensevensevensevensevensevensevenseven

ところかわって、とあるCVS711の店頭
(↑店名がわからないように暗号化してみました)
店頭でかけ声が聞かれるかもしれない。
ようこそ、○○へ。 いらっしゃいませ、こんにちは。
(いらっしゃいませ、こんにちは)(唱和)
ニッカウイスキー ブレンダーズスピリットはいかがでしょうか?
(お酒も販売しております、いかがでしょうか)(唱和)
おいしくなったセブンカフェドーナツとセットはいかがでしょうか?
(リニューアルして個装になりました、いかがでしょうか)(唱和)
地域専用出汁を使って味のしみた大根のおでんはいかがでしょうか?
(70円セール中です、いかがでしょうか?)
シアトル系のカフェに負けないおいしい百円コーヒーはいかがでしょうか?
(ケンカを売っていますけど、いかがでしょうか?)
お支払いはナマコカードでいかがでしょうか?
(海の幸、ナマコカードはいかがでしょうか)(唱和)
冬のナマコ、おいしいよ…。え、お呼びでない、お呼びでないね。こりゃまた失礼いたしました(昭和)
(クレイジーキャッツ、シャボン玉ホリデー…昭和の娯楽=文化の品質の高さはどうだろう)

アマゾンhttp://amzn.to/2gy84HM
CSVで買わずに近所の酒屋でどうぞ。

posted by 平井 吉信 at 12:13| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ