2016年08月13日

よみがえるキレンゲショウマの谷 剣山


天涯の花、キレンゲショウマ、剣山。
2015年の豪雨でキレンゲショウマの谷が壊滅したとの報道があった。
現場を見に行きたいが、長らく立ち入り禁止となっており、
無事でいて欲しいと願うだけの月日が流れた。
そして2016年7月中旬、
例年よりずいぶん早くキレンゲショウマが咲き始めたと
徳島新聞に掲載された。

とはいえ、8月になっても仕事の都合でなかなか行かれない。
もう盛りは過ぎてしまっただろう。
心残りのまま、この夏を見送るのか?―
この数日間は、険しい顔で夏の入道雲を眺めていた。

ところが、8月上旬のある日、
無理をすれば行けそうな日が一日だけやってきた。
盂蘭盆会の日、ご住職の読経が終わればただちに出かける案である。
登山口にある見ノ越に着くのは午後の太陽が傾いてからとなるが
それでも行かなければと考えた。
キレンゲショウマの無事を確かめるまでは
2016年は幕を閉じることはないと思ったから。
太平洋高気圧が張り出した天気図を眺めていて
夕立は起こらないほうにかけてみたのだ。

時間を短縮したいので
最短距離となる佐那河内〜神山〜木屋平〜コリトリ〜見ノ越の山岳ルートを走る。
(ほとんどの方には高速道路の美馬I.Cが使えてアプローチが短い貞光ルートがおすすめ)

さあ、見ノ越に着いた。
見たことのない花に目を留める。
D7N_0528.jpg

森を楽しみたいのでリフトは使わない。
森にはハガクレツリフネが朝の滴を宿していた。
DSCF8087.jpg

D7N_0532.jpg

リフトの西島駅が見えてきた。
DSCF8095.jpg

ぼくは花火が苦手で(耳が良すぎてこたえるのだ)
近所で花火があると逃げ出したくなるほどで、
行政には、耳の弱者を考慮して音の出ない花火に変更すべき、
赤ちゃんにもやさしいなどと助言したことがある。
(花火こそ色の無限の変化が楽しめるPJMがふさわしい)
でも、シシウドの花火は歓迎だ。
D7N_0562.jpg

D7N_0563.jpg

D7N_0567.jpg

蜂が遊ぶナンゴククガイソウの群落に遭遇
(D7200+70-200mm /4は手持ちでこんなマクロめいた写真が撮れるのでたまらない)
D7N_0553-1.jpg

D7N_0555.jpg

キレンゲショウマの谷への分岐にさしかかる。
DSCF8305-1.jpg

直進して山頂をめざさずに、ここから東へトラバース。
D7N_0579.jpg

カニコウモリの群落が続く。
D7N_0543.jpg

その合間にシコクフウロが点在するお花畑
D7N_0549.jpg

D7N_0761.jpg

DSCF8167-1.jpg

かれんなヒメフウロの群生地を通り過ぎる。
全国でも剣山にしか見られない稀少な花という。
DSCF8129-1.jpg

DSCF8136-1.jpg

DSCF8181-1.jpg

ところが、今年は草丈が50〜60センチもあるヒメフウロが群生する。
DSCF8178-1.jpg

シシウドではなく、ツルギハナウド
(人のかたちをしている花びらに注目)
DSCF8226.jpg

D7N_0735.jpg

トリカブトのつぼみが美しい
(もしかしたらレイジンソウかもしれないが、よく似ていて区別がつかない)
DSCF8289-1.jpg

D7N_0745.jpg

ソバナとシコクフウロが咲く花畑で足が止まる
D7N_0583.jpg

DSCF8239.jpg

しばらくトラバース道を行く。
DSCF8168.jpg

谷を下るにつれてギンバイソウが多く見られるようになる
D7N_0598.jpg

テンニンソウにとまる蝶
D7N_0593.jpg

2015年の崩壊地に出た。
谷へ降りる歩道があつらえられていた。
DSCF8171.jpg

DSCF8173.jpg


キレンゲショウマ、と思ったら
同じ色の黄色の花が咲いていた。
葉の下に隠れるように花がぶら下がるという
手の込んだ造形。
これは虫に見つかりにくいかもしれず
どんな意味があるだろう。
キツリフネという。
DSCF8190-1.jpg

この黄色はオタカラコウ
D7N_0700.jpg

谷をさらに下ると、今年も咲いていた。
ここは被害が大きかった南部の自生地だが
むしろ花の数は例年より多いように感じられる。
「増えている!」と興奮して言葉に出る。

キレンゲショウマの谷。
DSCF8217.jpg

D7N_0659.jpg

フジX-E2+XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS、XF35mmF1.4 R
DSCF8198-1.jpg

DSCF8212-1.jpg

DSCF8208-1.jpg

DSCF8245-1.jpg

DSCF8249-1.jpg

DSCF8250-1.jpg

DSCF8257-1.jpg

DSCF8264-1.jpg

DSCF8292-1.jpg

DSCF8281-1.jpg

ニコンD7200+AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
D7N_0607.jpg

D7N_0620.jpg

D7N_0623.jpg

D7N_0636.jpg

D7N_0670.jpg

D7N_0704.jpg

D7N_0724.jpg

キレンゲショウマの谷には誰もいない。
(都会の山野草と山が好きな人には信じられない静寂な時間)
じっくりと1時間ばかり眺める。
終盤になって30人程度のパーティがやってきたのには驚いたけど。


森を抜けるとそこには…
DSCF8301.jpg

典型的な夏の雲。
DSCF8303-1.jpg
ときどき雷鳴が聞こえる。
途中でぱらぱらと落ちたこともあったが
これが夕立に発展しないのが今年の夏の剣山の気象。
(でも、山頂をめざすとリスクはあると判断して一目散に降りる)


帰りは祖谷川源流を経由する。高低差が少なく涼しい。
森の表情になごむ。
DSCF8315.jpg

DSCF8329-1.jpg

D7N_0790.jpg

D7N_0779.jpg

DSCF8336.jpg



山頂まで行くことはできなくても
ジロウギュウや一ノ森まで行けなくても
大剣神社の名水が汲めなくても
剣山はキレンゲショウマの谷に遊んだ。

山の日にはさらに多くの人が訪れるだろう。
2016年8月6日、剣山にて
posted by 平井 吉信 at 21:57| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2016年08月07日

越知町の横倉山自然の森博物館を見て横倉山を歩く


国道33号を仁淀川に向けて走らせると
横倉山自然の森博物館で
企画展「仁淀川〜仁淀ブルーが育む自然〜」開催中とのフラッグが2回目に付いた。
誘導されるように33号から少し入った高台にある博物館に辿り着いた。
http://www.town.ochi.kochi.jp/yakuba/yokogura/index.htm

駐車場から5分ほど歩いてさらに館内の長い廊下を2階に上がっていく。
高齢者は夏場にはややこたえるかもしれない。
安藤忠雄の設計らしい。
館内に入る前に道を歩かせて植物を見せ
建物に入ってからは神秘の山へ抱かれる疑似体験をとの世界観かもしれない。
DSCF7768.jpg

立派な博物館なので写真を掲載する。
(館内はフラッシュを使わなければ写真撮影可)。
良い博物館なのに館内の魅力を発信するWebサイトが見当たらないので。

DSCF7769-1.jpg

DSCF7806-1.jpg

DSCF7810-1.jpg

DSCF7794-1.jpg

DSCF7799.jpg

DSCF7790.jpg

仁淀川を全国に知らしめたのはNHK高知放送局が仕掛けた「仁淀ブルー」。
1983年の「日本最後の清流 四万十川」に匹敵する打ち出しであったと思う。
それを助けたのは地元の写真家 高橋宣之さんである。
http://amzn.to/2aNFPSh

動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=Mh9tHTj2Qx8&hd=1

そのときの番組内で使われた音楽が高木正勝さんの作品である(試聴もできる)。
http://amzn.to/2azYy6W
このときも車内でこの音楽を聴いていた。
音楽と自然の境界が溶け込んだ佳作である。



博物館の冠となっている横倉山は以前から知っていた。
行ってみたいと思っていたが、これまでその機会はなかった。
時間はすでに午後の太陽が傾いているが
クルマに登山靴を積んでいた。
博物館でいただいた地図がある。

道中の草花にやはり目がとまる。
名前がわからないのもあるが、夏の山野草として輝いている。
D7N_0449-1.jpg

DSCF7835-1.jpg

神社から上がる登山道。
苔むして暗く滑りそうなので別のルートにした。
DSCF7853.jpg

博物館から半時間程度奥の駐車場まで行った。
(横倉山は行けるところまで行ってみようと)
DSCF7857.jpg

第三駐車場からは比較的平坦な道が続く。
DSCF7863.jpg

D7N_0476.jpg

DSCF7957.jpg

D7N_0487.jpg

両側の原生林の山気が迫ってくる。
きょうはだれも来ていない森にひとり足音をそっと立てる。
D7N_0468.jpg

DSCF7899.jpg

DSCF7909.jpg

しばらくして杉原神社に出た。
杉の巨木群が立ちこめる境内は森と区別が付かない。
DSCF7868.jpg

DSCF7974.jpg

DSCF7979-1.jpg

平家ゆかりの伝説がある。
安徳天皇陵墓として宮内庁が参考地とした場所が奥にあるという。
DSCF7886.jpg

この日の主役はウバユリ。車道の至るところに咲いていたが登山道にも。
DSCF7889.jpg

至るところに宮がある。
D7N_0491.jpg


横倉宮に到着
DSCF7937.jpg

DSCF7940.jpg

DSCF7984.jpg

横倉山は、標高774メートル程度でありながら
もともと赤道付近にあった珊瑚礁がひょっこりひょうたん島のように
この地に移動したとされる4億年前の地質が山頂付近にある花崗岩。
そこから多数見つかった化石、
アカガシ原生林、
世界に数カ所という稀少なコオロギランの自生地など
複雑な生態系がつくりだす山野草の宝庫。
地元(佐川村)出身の植物学者牧野富太郎のフィールドでもあり、
数々の新種の発見がなされた。
そして宮内庁所管の安徳天皇の陵墓参考地が山頂付近にある。
古代の地質、近世の歴史、そして植生の多様性。
たくさんの物語を伝えるために博物館がつくられたのだろう。

今回は、夜までに徳島に戻らなければならないのと
夕立が気になるため、石灰岩地まで踏み入れずに(マムシが多い)、
横倉宮から引き返すことにした。
途中で分岐が数カ所あるが、谷の地形や方角から進路を判断した。
(きょうは横倉山登山を想定していなかったので地形図を持っていない)

そうして駐車場に戻った途端、
大粒の豪雨が降ってきた。
雨具も傘も持っていなかったが
カメラも人も濡れなかったのは奇跡か、
神様のご加護か。
(途中の宮では来訪の感謝を伝えて神々の弥栄をお祈りしていた)

今度はトサノジョロウホトトギスの咲く頃に来てみたいと思った。
(自生地までは行けていないけれど地形図から見当は付いた)

博物館と横倉山のため、仁淀川の桃源郷、鎌井田地区へ立ち寄れなかった。
国道33号から伊野インターへ、あとは徳島まで通い慣れた道をたどるだけ。


追記
龍馬パスポートを持っていたため、博物館の入館料が400円に。
さらに特典として写真集をいただいた。
博物館では独自に出版物をほかにも制作されている。
良い出来映えの資料があったので購入した。
みなさまも佐川町と越知町の博物館と横倉山、仁淀川の鎌井田地区、
さらには、池川から安居渓谷まで1日〜2日の予定で足を伸ばしてみたら。
(さらに石鎚山と吉野川源流を加えて2泊3日なら、いのちの洗濯)
このブログに共感する方なら、一生忘れられない旅となるでしょう。
posted by 平井 吉信 at 11:36| Comment(0) | 山、川、海、山野草

高知県佐川町 郷愁の田園地帯と小川と文学者 ナウマンカルストってどんな場所?


高知県佐川町は一度ゆっくりと廻ってみたいまちだった。
釣り文学で地元を舞台に名作を書き上げた森下雨村の生家がある。
森下雨村の存在を教えていただいたのは
「山釣りのロンド」という釣りエッセイを書かれている
熊谷栄三郎さんからである(当時は京都新聞の記者をされていた)。
吉野川の河原でたき火と酒を囲みながらしみじみとお話しをされていた。
http://amzn.to/2aDxy6m


森下雨村は、探偵小説のさきがけをなした人であったが
52歳で郷里の高知県に戻り、畑を耕しながら
好きな釣りに明け暮れた人。
そんな暮らしのなかでつづった遺稿がまとめられたのが「猿猴川に死す」。
仁淀川の鎌井田集落での友釣りや、
かつて吉野川の上流部に存在した桃源郷のような場所について書かれている。
四国の川を語る上では欠かせないエッセイ。
胸がふるえるような南四国の川の実話である。
http://amzn.to/2aNAudq

空と海でも森下雨村について紹介
http://www.soratoumi.com/river/enko.htm
http://www.soratoumi.com/river/niyodo/index.htm


佐川町は仁淀川南岸の柳瀬川沿いに開けたまち。
高知県西南部での仕事を充実感で終えての帰路、
須崎から33号線と仁淀川中流域に抜けるルートの途中で立ち寄ることができた。
いつも特急南風で通過する車内から見える
のどかな田園風景、
うなぎが棲んでいそうな小川、
落ち着いた旧家のたたずまいに郷愁をかき立てられていた。
さりとて佐川町だけを目当てに行くことはなく、
これまで行ったこともなかった。

ここでいつもの漢和及第(いつもの誤変換)
高知県の地名は濁らない音が多い。
南国市 → なんこくし(ややこしいが、南国土佐(なんごくとさ)の南国(なんこく)である)
須崎市  → すさきし(すざきの鍋焼きラーメンではなく、すさきの鍋焼きラーメン)
佐川町  → さかわちょう(このまちでは運送屋だけが、さがわ、と濁る)
江川崎  → 四万十川の屈曲点にある日本一暑いまちとして知られる。えがわさき、えかわざき、ではなく、えかわさき。川は濁らないので地名も誇りを持って濁らない)

その佐川町内の494号線の山中を通過していて
ナビに見慣れぬ地名が見えた。
「ナウマンカルスト…?」

この名称からどんな光景が想像されるだろうか?
ナウマン象の化石が発掘されたカルスト地形―。
おおかたそんなところだろう。
よし、確かめよう(予備知識はなかった)。

ところが国道から近そうに見えて
道中がナビに表示されない。
山の裏側に迂回して線路沿いから近づけると推察して
右折を2回して線路沿いを進む。
(このあたりから斗賀野駅までの田園風景がいい)

線路にナツズイセンが夏の日射しに勢いよく咲いていた。
DSCF7741-1.jpg

さらに進むと、マンモスのキバをかたどった公園があった。
ここから行くのだなと見当を付けて、クルマを停める許可をいただいて
公園から山中へ入る散策路を探したけれど見つからない。
ふと建物から出てこられた女性にお尋ねしたところ、
「入口がわかりにくいから看板を建て替えするよう○○に要望を出したんだけど」
と答えられてわざわざ入口までご案内いただいた。
(ありがとうございます)
DSCF7738.jpg

真夏でもあり、訪れる人はいないという雰囲気をまとっている。
DSCF7720.jpg
マムシがいそうな匂いがするので注意して進む。
無数のハグロトンボが道を開けるように飛び立つ。
(胴体が緑がオス、黒がメス)
D7N_0371-1.jpg

D7N_0364-1.jpg

足元に注意しながら視界が開けた。
こんな場所である。
DSCF7722-1.jpg

DSCF7726-1.jpg

高台の展望台から西を見下ろすと
マンモスの親子の像が置かれている。
D7N_0388.jpg

石灰岩を覆う夏草のため、
カルストの内部に入っていけそうにない。
(マムシが生息しているだろう)
D7N_0385.jpg

入口から5メートルぐらいに朱色の花が見えたので
草を踏み分けて近寄ってみた。
キツネノカミソリのようである。
DSCF7733-1.jpg

きょうはフジX-E2とニコンD7200のツートップ。
デビューしたばかりのニコンが捉えた映像の鮮鋭さに驚いた。
JPEGそのままである。
D7N_0373-1.jpg

D7N_0396-1.jpg

D7N_0437-1.jpg

チョウやトンボを見ながら公園へ戻った。
気温は32度ぐらい。
クルマをさらに北の仁淀川をめざして進む。


行きたいのは森下雨村のエッセイにもかかれていた
鎌井田地区と浅尾の潜水橋。
仁淀川の白眉であるばかりか、南四国の川のエッセンスがここにはある。
2011年に撮影した画像を並べておこう。
DSC_2095-1.jpg

DSC_2105-1.jpg

DSC_2147c-1.jpg


(横倉山自然の森博物館へ続く)
posted by 平井 吉信 at 10:26| Comment(0) | 山、川、海、山野草