2016年02月27日

阿川梅の里 神山 梅がほころび桃源郷のきざし

梅を主題に祭りが各地で開かれる。
でも、山里は道幅が狭く車を置く場所も広くないので
混雑を避けるために人出を避けてずらして出かけることにした。
梅の開花には少し早いと思ったけれど、そうでもなかったようだ。

実はここへ来るのは初めて。
里を散策するにもどこを歩いていいかわからない。
山なら地形を読めばいいが、里道はそうはいかない。
いつのまにか、人家の庭に入ってしまったり
犬に吠えられたり、崖に出たり行き止まりになったり。
1/25,000の地図を持っていても、
地形図に掲載されていない道、
人が歩ける里道、
軽トラなら通れるが普通車は通れない路、
廃道、荒れた林道、整備途中の林道、
さらには新たにつくられた農免農道が入り交じり、
山なら地形だけを読めばいいが、
地図から読み取れない人工要素が多いため、
地図を持参してもわからない。
まして、標高や地形、東西南北や縮尺が想像できないイラスト図では
歯が立たない。

地図に慣れた人間にはデフォルメが苦痛。
上が南の地図も苦手だし、カーナビも進行方向ではなく
北が上でないと運転しにくいのは、
脳のミューロンが地図を想定してつながっているためだろう。
カフェで1/25000の国土地理院の地図を見ながら
にやけているという子どもの頃からの地図オタクなので。
同様に電子地図もときめかなくて…。

漢和及第(いつもの誤変換なのでご容赦を)

結局、コンパスと地形から迷うことはなかったけれど
観光看板の地図をトレースできなかったのだ。
その顛末と道中、もちろん阿川梅の里に興味のある人は続きをどうぞ。

神山といえば、日本有数の梅の産地。
主な品種は、鴬宿梅を主力に、青うめ、小梅、信濃小梅、林州梅、南高梅。
かつては400トンを越える収量があったはずだが
いまでは激減しているはず。
長期的には外国産との価格差による市場価格の低迷と
生産者の高齢化で摘果作業ができなくなっている点が影響しているのだろう。

梅干しは子どもの頃から大好きな食べ物。
あの大きな果肉の塩で付けた梅干しを
ぐじゅぐじゅと果肉のほとばしる酸味をごくごくと食べていた。

その梅の里山を歩くのが初めてというのは
場所がわかりにくかったからである。

車は交通の邪魔にならない場所を見つけて置いた。
観光看板を見つけたので
手元の国土地理院とにらめっこしつつ散策を開始。

鮎喰川(中流)は楚々として流れる
DSCF8219.jpg

神山へ入るとかかしが河辺で休んでいる
DSCF8224-1.jpg

中流ながら水が澄んでいるのはダムがないため。
それと緑色片岩(青石)が多い川底の影響か。
DSCF8231.jpg

鮎喰川の支流 広石谷川を遡ると阿川地区に。
すると、看板を発見。
公民館や小学校跡地を出発点とするとわかりやすいかも。
DSCF8243a.jpg

集落を流れる川沿いの民家
DSCF8251-1.jpg

集落の商店のたたずまいに目が止まる。
住宅展示場の住宅を見てもまったく心が動かないが
(フローリングの床や島台所の金太郎飴のようなたたずまいに絶句)
古民家や古い商店のたたずまいにひかれる。
DSCF8245.jpg

DSCF8257.jpg

谷川の橋を渡ると急な登り道になっている。わくわくするような傾斜と梅の枝振り
DSCF8258.jpg

石風呂という標識が現れた。
江戸時代に使われた蒸し風呂とのこと。
思っていたところと違うところを通ったようだが、現在位置が判明。
DSCF8293.jpg

DSCF8298.jpg

敷地内には社があって岩と苔が神宿る雰囲気を醸し出す。
DSCF8282-1.jpg

散策路は梅園へと続いていく。
DSCF8328-1.jpg

DSCF8331-1.jpg

DSCF8354.jpg

この後、神木地区へ降りようとしたが
径はやがてなくなり、送電塔に出た。
(観光看板が誘導しようとした径とは明らかに違う。どこで間違えたか?)

すると里の谷へ向かって降りる小径があり
橋をわたって車道に出た。
DSCF8400.jpg

川とともに暮らす集落のなりわいが見える。
DSCF8417.jpg

里山の春が視野いっぱいに匂うよう。
DSCF8439.jpg

神木地区へはこの道路から再度登り返すことに。
DSCF8489.jpg

田んぼのあぜ道に春が見え隠れする。そこに映った空の色に。
DSCF8538-1.jpg

崩れかけた石積みと梅の木、そして谷川。これが阿川梅の里の絵かも。
DSCF8556-2.jpg

タグ:カフェ 神山
posted by 平井 吉信 at 22:46| Comment(0) | 徳島

2016年02月19日

東京は行列がごちそう 光がつながれば都市 情報がつながればDNA 宿主という生命は何を想う


グルメではありません。
グルメブログにもしたくありません。
それでも、食べることの幸福感は生きる原動力となっています。
みなさまに食欲が湧くようなのもたまに良いかと。

東京出張(二日間の長い会議)に臨むに当たって
いつもは会場の近所で済ませている。
飛行機の到着が早くて時間がたっぷり取れるため
空港から京急と三田線を乗り継いで神保町へ。
(もうこの時点で食べる意識よりも老舗の万年筆店を訪ねてみようかなどと)


駅を降りてすぐに行列が見えた。
(時刻はまだ11時半というのに)
東京では昼食に行列は珍しいことではない。
気に留めるまでもなく通り過ぎようとしたら
カレー店のよう。
DSCF0354-1.jpg

店内の様子から回転は早いと見て
知らない店だけど、長丁場の会議だからと自分に言い訳して
普段はあまり食べないカツカレーに挑戦してみようかと。
(メニューの左上に置いてあるので人気メニューではないかと推察)

意外に待つことなく店内へ。
(入店前にメニューを聞いてくれることもあって店内ではすぐに出てきた)

黒いルーは玉ねぎをじっくり炒めたものを基調としながら
野菜の甘さを香辛料で引き締めた感じ。
S0090375-1.jpg

キャベツが皿に乗っているのも
狭い店内で回転率を上げるのと
カレーのコクをひとくちで更新する工夫かと。

S0110379-1.jpg

サラリーマンばかりの客層で地元のソウルフードのような位置づけかとも。
たまにこれが無償に食べたくなることがありそう。
(この店が有名店とは、店を出たあとで判明。スマートフォンを持っていないので情報はパソコンから)

それから岩本町に出て秋葉原まで歩き、日比谷線で南下しようと。
赤いマフラー手ぬぐいにして横丁の風呂屋に通う
昭和の男女を見つめていたのはこの川
DSCF0388-1.jpg

会議は虎ノ門周辺なので定宿はいつも愛宕山近辺にしている。
いままで気付かなかったけれど、
ホテルの左前にひとだかり(飲食店の行列)。
東京名物の東京タワーと行列ということで
さっそく並んでみようと近寄った。
例によって何屋かわからないけれど
数千円を請求される雰囲気ではないし
女性もちらりほらりと並んでいるので
闇鍋感覚の不見転で並ぼうとしたのが…。
DSCF0396.jpg
行列があまりに長く、店は洞窟の奥にあるようで
諦めることに(会議が始まるまで40分ぐらいしかない)。

あとで調べるとそば店が地図上にあるようだが
再開発が進んでいることもあって確信は持てない。

そこで虎ノ門ヒルズの中の香港料理店へ。
DSCF0398.jpg

前回はワンタン麺とマンゴープリンだったが、
今回はサンラータン麺。
酢の酸味がうれしく最後まで残さずいただく。
DSCF0400-1.jpg

ヒルズは昼の憩いの場となっているよう。
DSCF0404.jpg

咽が渇いたので茶を買うことに。
手頃な価格だが、セブンイレブンの緑茶(コカコーラのOEM)は
あっさりと咽に流し込みたいときに手に取る商品。

会議が始まった。
昨日は気付かなかったけれど
席が替わったので東京タワーが見えることに気付いた。
DSCF0392.jpg

延べ12時間にも及び会議を終えて。
夕刻迫る羽田空港。この飛行機で徳島に戻る。
DSCF0408-1.jpg

Webのような都市のネットワークを上空から眺める。
DSCF0426-1.jpg

飽きることなく窓の外から下界を見下ろす。
いつまでも飽きることなどなく眺める。
小さな人間が空を飛ぶことに感動がなくなったら
カレーやラーメンやそばを食べることは
もっとつまらないことだろう。
人が生きることはどんなに地味で地道であっても
いのちのリレーを受けつぎながら、ときを刻むDNAの継承者。
― 漆黒の宇宙に明滅する光なのではないかと。



(フジX20で撮影)
タグ:東京
posted by 平井 吉信 at 18:42| Comment(0) | 生きる

2016年02月16日

前日の雪が解けて徳島県西部のまちや集落はうっすら雪化粧


東予に行っての帰り。
川之江から県境の境目トンネルを越えると雪景色。
樹氷が展開する風景を撮っている人も。
池田ダム湖を過ぎて吉野川が目に飛び込んできた。
増水して笹濁りの水は翡翠色。

橋桁の名残と思われる構造物と
常夜灯、さらに水辺へ降りる階段。
かつては渡し船があったのだろうか。
DSCF8174.jpg

山は清明にして地面にまで日が射している
DSCF8170.jpg

池田のまちの南の山麓が雪解けで蒸発している
DSCF8176.jpg

太陽が川面を追いかけていく
DSCF8186.jpg

吉野川の支流、半田川を少し遡ったところの集落
DSCF8200.jpg

半田の里では雪がないときにはこんな風景が見られる
(2006.9.25)
先の縦長の写真は、
この写真では画面左の半田川(下から上へと流れている)の屈曲点から
下向きに撮っている。
DSC_0182-1.jpg

トトロが出てきそうな里山の風情
ここは半田そうめんの里。
DSC_0187-2.jpg

のどかな里山からおいしい乾めんがつくられている。
(食べたことがない人は、人生で出会う楽しみを残している♪ おすすめは茹で時間6分のうどん)
DSXE6505-1.jpg

冬から春への兆しをちらりと見せつつ冬は手綱を引いて
里山に雪景色を見せてくれる。
それを受け止めて心をくすぐっていたい。

【追記】
フジX-E2は2016.2.4にファームウェアが更新されて電子シャッターが使えるようになった。
フォーカルプレーンシャッターの衝撃から逃れることができたことで
原盤では小石や微細な枝までが分解していて
ナナオL997ディスプレイ上では壮観となっている。
センサーも欲張らない16メガのため、画素ピッチが細かくなりすぎず
トーンと解像度が絶妙に均衡している感じ。
いずれもjpegそのままを縮小。

posted by 平井 吉信 at 18:07| Comment(0) | 生きる

2016年02月14日

低気圧がもたらした重い空気 里山に降りて空白の一日


低気圧の接近が南から湿った風と温かい空気をもたらした日のこと。
どんよりとした空気は生暖かく、湿気を含んでいる。
レンズを通しても湿度が高そうな珍しい冬の一日。

水車を回す水にはまだ春の勢いはない。
DSCF8089s.jpg
この辺りでつくられた特別栽培米を玄米のまま求めて
自宅で分搗き米に精米しているわが家。

あぜ道にオオイヌノフグリ。
DSCF8091-1.jpg

菜の花が灰色の空と重い空気にしっとりと佇んでいる。
DSCF8133-1s.jpg

訃報があり、香典を持参する家人を送迎して時間待ちのひとこま。
DSCF8119.jpg
ご冥福を。

三寒四温ではなく気まぐれな低気圧がもたらした空白。
心が晴れることはないけれど、
あるがままに過ごしてみようと思う一日。

(フジX-E2+XF35mmF1.4 R)
posted by 平井 吉信 at 18:14| Comment(0) | 生きる

2016年02月13日

そんな日もある室戸遊び 空と海 森と寺と?(写真を見てのお楽しみ)


空海が虚空蔵求聞持法の修行を行った場所。
ジオパーク、海洋深層水として地球のエネルギーが充ちる場所。
星野リゾートやイルカなどの観光資源に恵まれながら
観光地として俗化されていない場所。
数日滞在しても飽きない場所。
四国に住んでいる人間にとって
室戸は充ち満ちるエネルギーを浴びに行く場所。
室戸岬は別格と思っている。

高知県に入ると湖のようにおだやかな白浜海岸。
そして、サーフィンのメッカ、生見海岸。
この日は凪ぎだけれど、おだやかな冬日に波間に浮かぶ。
(あとでわかったことだけれど、このなかに知人がいるらしい)
DSCF7856.jpg

DSCF7859-1.jpg

岬をめざして55号線をひたすら南下。
音楽は小野リサで。
DSCF7874-1.jpg

日沖ー丸山海岸のジオパークは港と一体となっている。
DSCF7878.jpg

室戸ケープをエスケープして室津港へ。
停泊する漁船が春の兆しの陽光を浴びている。
DSCF7891.jpg
絵になる港の景色を愛する男に振られたのは
「カモメが飛んだ日」だったか。
港の最奥で遊ぶ子どもが印象的。
DSCF7963.jpg

その周辺で数店舗が名物キンメ丼を提供している。
丼はどこも共通の1,600円(8%税込)。
(金目鯛の照り焼きと海の魚のさしみ、キンメの吸い物、漬物のセットで、最後はキンメの出汁で茶漬けにして食べる)
DSCF7914.jpg

室津港の正面奥に小高い小山があって
そこに第25番札所の津照寺(しんしょうじ)がある。
DSCF7922.jpg

おとぎの国から出てきた色彩が南国の太陽に映える。
港を見下ろしながら急な石畳を上がっていく。
DSCF7935.jpg

ご本尊は地蔵菩薩のようだ。
おんかかかびさんまえいそわか。
(家の法事では自分が読経しているので)。
DSCF7956.jpg

初めて訪れた寺だが、
港のすぐそばなのに標高があり、
集落の人々を見守る本尊のようにも見えた。
DSCF7944-1.jpg



続いて室戸岬灯台と第24番の最御崎寺へ。
海岸性照葉樹の森をくぐり抜けて視界が開けた。
D7K_6725.jpg

DSCF7970-1.jpg

DSCF7977-1.jpg
これは!
土佐湾の海原に散乱する光の帯の見事さ。
(X-E2の電子シャッターが捉えたきめ細かい光の微粒子の散乱)
DSCF7979-1.jpg

恋人の聖地と銘打っているだけに
若いのも熟年のもカップルが次々とやってきて写真を撮っていく。
おいら岬の灯台守は妻とふたりで…

休日というのに最御崎寺は静かだ。
寺というよりも神社のように清らかで
凛とした光の柱が境内に立ちこめる。
DSCF8001.jpg

DSCF7990-1.jpg

ご本尊は虚空蔵菩薩。
(ぼくの守護仏も)
DSCF8010sp.jpg

そのサンスクリット語(真言)を百万遍唱える修行を百日で行うのが
若き日の空海の岬での修行。
宵の明星が飛び込んできて成就したという。
学問の人でありながら実践の人、空海にあやかって
空と海、soratoumi.comのドメインを取得したのは10数年前だったか。

ご住職が時間をかけて無心に灰をならしていらっしゃる。
D7K_6747.jpg
このすがすがしさは、人がつくりだしている。
DSCF8014sp.jpg

敷地の一角に空海のクワズイモの伝説がある。
そのたたずまいが浄土のようにも思えるのだ。
DSCF8018-1.jpg

無意識界への入口が日常の刹那で口を開けている
DSCF8023-1.jpg

DSCF8035.jpg

D7K_6784.jpg

ヤッコソウは枯れかけていたが、
モラエスが愛でた黄花亜麻。和田乃屋(徳島市)の本店の庭で見かけて以来だ。
DSCF8032.jpg

岬のエネルギーは人も自然も浄化する。
そのことを空海は識っていたのだろう。

帰りがけ、ふと見上げた森の上空に
(照葉樹の森の樹幹や葉の照りを追いかけていたから)
虹をまとったオーラが浮かんでいた(彩雲か)。
D7K_6835-1.jpg

しかし雲は見えない。色だけが見えている。
数秒で消えてしまった。
猫のない笑いのよう。

カメラで連写したのに写っているのは2コマだけ。
それも2コマ目では消えかけている。
付近に水蒸気やスプリンクラーなどの人工的な噴霧はない。
快晴の昼間で雲が見当たらない。
そのような条件で彩雲は発生するのだろうか。
吉兆なのか、地震の前兆なのか、
科学で説明しうるのか、できないのか。
※ 撮影日時は、2016年2月11日 15時44分39秒(±1秒程度)、最御崎寺からほぼ天頂方向
  ニコンD7000+AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VRで撮影

室戸へ来てジオパークと海岸を見ないのは
東京へ行って東京タワーを見ないようなもの。

潮だまりへ降りていくと
ひなたぼっこがこぼれる。

岬を背にジオパーク。
斜めの光が潮だまりに落としたもの。
DSCF8051-1.jpg

DSCF8079-1.jpg

打ち上げられた珊瑚には生物の痕跡
持って帰ることはできなくても
光に焼き付ける。
DSCF8082-1.jpg

室戸岬には年中花が絶えることはない。
けれど、いまの時期はシオギクが終わり
ルリハコベには早い。
1年でもっとも花が少ない時期だが、
春の花に彩られる岬はもうそこまで来ている。
D7K_6863.jpg

D7K_6867.jpg

朝ゆっくり起きて室戸へ出かけて
ゆったりと過ごして夕飯の時間までに帰る。
そんな日もある室戸遊び。


posted by 平井 吉信 at 12:10| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2016年02月09日

18年を迎えて ニホンカモシカと過ごすとき


事業を立ち上げて18年目と2日目のある日、
神山へ行くことにした。
(創業記念日とでも?)

いつもの店でランチをいただこうとしたが売り切れ。
ならば評判の良いカレーで。
DSCF7625.jpg
牛肉、マッシュルーム、まろやかなバター風味。
豊かなコクの幸福感をスパイスの香りを立ちこめて
セットのコーヒーが計算されている。

食後に足を伸ばして棚田の広がる隠れた里山、大久保地区へ。
道の駅からは標高255メートルの山が衝立となって
集落が広がっていることが想像できない。
峠を越えると、眼前に鮎喰川支流の上角谷川が蛇行し、棚田がパノラマ状に広がる。
DSCF7632sp.jpg

DSCF7638.jpg

河畔には樹齢年といわれる大イチョウ。
好きな人にはたまらない光景。
DSCF7693.jpg


場所を移動して山中を散策していると、
ふと野生動物を目が合った。
イノシシ、シカ、タヌキなどとの遭遇は日常茶飯事だけれど
これは、ニホンカモシカの子ども。
D7K_6642.jpg
距離3メートル。
でも、逃げない。
こちらを怖がっていないし
こちらも不安を与えないよう
ときおりしゃがんだり視線をはずしたり。
この間、10分ほど。
D7K_6597.jpg
たまたま持っていたニコンD7000+Micro 60mm f/2.8Gと
この日、ファームウェアの改善で操作が一新されたフジX-E2+XF35mmF1.4 Rで。
(この日から電子シャッターが使えるようになり、無音で衝撃のない撮影が可能となった。そのため像の鮮鋭度が上がっているはず)

DSCF7722-4.jpg

目を空に向けた瞬間、空を反射した無垢の瞳が見えた。
D7K_6608d.jpg



帰りに立ち寄ったら、まだそこにいた。
声をかけてみる。
崖から谷を見下ろせるこの場所は、お気に入り、憩い場なのだろう。
ぼくのように散策路をはずれて山中に入らなければ
人間と遭遇する場所でもなし。
自然保護に携わる公的な組織からの問い合わせには協力するけれど
場所については秘匿したい。


神山といえば…
消費者庁の徳島への移転の話題がある。
消費者行政に限らず行政は他省庁や関係団体との調整が必要である。
面談時の配付資料は紙媒体で行うことが少なくない。
再配布に一定の制限を課したいからである。
テレビ会議で代用できるのは
同じ組織内などの同じ目的を共有する人たちに限られるし
不特定の人の意見交換や調整にはなじまない。
(東京の行政機関とテレビ会議の実体験から書いている)
ITの本質は、人の意思疎通を支えることと信じているが
人の意思疎通をITで検証するのは本末転倒では?
ただし、テレビ電話の可否を論じているのではない。
例えば、地域のコミュニケーションツールとして
可能性を秘めているはずのデジタルサイネージさえ、
ITゼネコンの金儲けのネタとしてしゃぶられ
「デジタルサイネージは使えない」などといわれるのは不本意だろう。

むしろ、省庁機能の移転ではなく
省庁の職員のスキルアップを目的に
総務省の若手職員などが短期滞在で現場(地元の官民)と連携しつつ
仕事を行う際の教育訓練としての位置づけや
出向など人事交流の場として位置づけるのが適切ではないか。

あちらからこちらをみれば
(ものごとは自分中心に考えず相手の立場に置き換えてみる)
神山へ省庁機能の一部を移転することで東京は不便になる。
それは、地域活性化の足を引っ張ることになる。

本質は、地域と中央との関係性をどのように再構築するか。
そのためには、この国がどの方向へ行くかのビジョンを示す必要がある。
(いまのように首相の思惑=あえて独裁と書く=で国が動かされ、政局のたびに方向が迷走するのは国益に叶うとは言えないだろう)。
理念、方針などの国のあり方が納得のいく方法で決定され、
国と地域との関係性と課題が抽出され
具体的な行動計画を描かれたあとで
その実行策として省庁の移転が位置づけられたのなら話は別だが。

地域の発展が国の発展というのは地方創成の要であるが、
枝葉末節を議論しているときではないように思うのだ。
神山町の心ある人はそう考えているのではないかと。
タグ:ランチ 神山
posted by 平井 吉信 at 23:37| Comment(0) | 徳島