2015年11月12日

目に見えないアクセス〜「来て良かった。また、来たい」と思いつつ〜


飲食店に入る。
いらっしゃいませ、と言って、
ドン、と水の入ったコップを置く。

そうではなく、
笑顔で運ばれてくる。
もちろんていねいな所作で。

どちらの水がおいしいでしょうか?
(どちらを飲みたいでしょうか?)

茶道の名残手(なごりて)は料理にに通じるもの。
厨房を見ると、
良い料理を出す店は
(客が見ていようが見ていまいが)
手技のキレとタメがある。

ラーメンを茹でる。
湯切りをする。
お待たせしないという気持ちと
ていねいにおつくりするという気持ちが
すばやい動作にやわらかい着地をさせる。
すると、名残手のような動きになる。

ものごとには、目に見えることと、目に見えないことがある。
どちらも大切だが、
目に見えない領域が影響を及ぼしている。
脳には人が意識してアクセスできない領域があり
それが人の心や行動に影響を与えているとされる。
それどころか、無意識の行動は
普段の行動(能力)を軽く越える。

意識は傍観者である: 脳の知られざる営み (ハヤカワ・ポピュラーサイエンス)

意識と無意識の区分は、
さまざまな見方で投影されていることに気付く。
かたちとこころ、
陰と陽(太極図)、
おもてなしも然り。

「おもてなし」とは、表と裏の境界がなく、
思っていることと行動が一致していること。
だから「かたち」から入って「こころ」を導く方程式もある。
習い事がそうだし、
イチローや五郎丸選手の決まり切った所作もそうだ。

たぶん、探している答えはどこかにあるのだけれど
そこにアクセスできていないだけ。
答えに近づくのは情報だけではないこと。
理念や感性の世界の向こうから
こちらへ降りてくるのではないかと。

理念があれば、無意識に通じ、
常識を越えて空に飛翔できる。


閑話休題

久しぶりに立ち寄ったそば店で
「お久しぶりです」と屈託のない笑顔。
その瞬間に、心の上着を脱いでいる。
「こうでなければならぬ」の店よりも、
くつろぎをさりげなく打ち出せる。
そばの味はやさしく滋味ゆたか。
「来て良かった。また、来たい」と思いつつ。
DSXE5949-1s.jpg

脇町 楽庵にて


追記

いまから十数年前のこと。
佐那河内で料理店を営む岩本光治さんに
徳島市佐野塚地区のジイモで芋の汁をつくっていただいた。
吉野川の河原でのひとこまである。

口に運んだ芋煮はじんわりと口に溶ける。
「芋がえらいんですよ」と岩本さん。
(いや、それを引き出せたからこそ)
食材がほんのりと訴える声をたぐっていくと、
波紋を広げるように共鳴する味覚。
塩と昆布だけでこれだけ豊かな世界が描けるのかと。
語らずといえども深い世界があることを知った。

岩本さんのお店は、佐那河内にある。
虎屋 壺中庵

タグ:佐那河内
posted by 平井 吉信 at 12:33| Comment(0) | 生きる

2015年11月10日

海洋堂の造形 四万十に結ぶ


前回からの続き

ここから四万十川を下っていく。
支流の打井川へ入ると、その先に自称「へんぴなミュージアム」がある。
確かに。こんな風景の場所を縫って奥へと入るのだから。
DSXE5944.jpg

アニメやコミックのことはほとんど知らない。
でも、ここは居心地がいい空間だ。
DSXE5930.jpg

DSXE5852.jpg

その理由のひとつは、写真撮影が自由にできること。
わざわざ受付でそう告げられるのだ。

だからこうしてブログで紹介もできる。
そのことがファンを拡大していく。
その便益を受ける人の視点がない権利の主張では
未来はつくれないのだ。

キャラクターを見てもほとんど知らない。
でも、シャッターを押してしまう。
DSXE5865-1.jpg

DSXE5868-1.jpg

DSXE5870-1.jpg

綾波レイがいっぱい
DSXE5880-1.jpg

DSCF9439.jpg

逆光線を透かして妖艶に見える
DSXE5842-1.jpg

DSXE5848.jpg

写真を見て何だろうと思って調べてみたら
「よつばと」という原作に辿り着いた(主人公は緑の髪の女の子)。
ほのぼのとした物語らしく、買ってみようかと思った。
(いまの時代の願望を映しているような気がして)
DSCF9428-1.jpg

多くの来館者はひとりでじっくりと向き合っている。
それぞれの思い出が詰まった部屋は宝物かも。
DSXE5852.jpg

DSXE5913.jpg

この鬼太郎は可動するようだ
DSXE5907-1.jpg

ウルトラセブンは、シリーズ中、もっとも好きな作品。
DSXE5858-1.jpg

DSXE5874-1.jpg

DSXE5921-1.jpg

昭和の匂いのする食玩たち。高度経済成長の夢を運んでくれた。
DSXE5881-1.jpg

BCLブームの先駆けとなったNationalのクーガーシリーズ
クーガー115を復刻してもらえたら(子どもの頃の憧れのラジオだったのだ)
DSCF9432-1.jpg

リバプールからの贈り物
DSXE5915-1.jpg

グラスに顔があってもいいじゃないか。
子どもの頃からこの造形に憧れていた。
晩年の岡本太郎さんにお会いしたことを思い出した。
DSCF9445-1.jpg

写真は撮ってもそれが何のキャラクターなのかわからない。
けれど、ふとレンズを向けたくなるのだ。
DSCF9434.jpg

これをフィギュアでやるとは。
激しい感情の動きを諦念のように鎮めた葛藤。
興福寺も驚いたのでは。
DSXE5924-1.jpg

上とはテイストが違う仏像
DSCF9452.jpg

DSCF9455-1.jpg

企画展示を行うコーナーでの一コマ
DSXE5893-1.jpg

四国の風土をテーマにしたもの、
高知をテーマにした企画販売もある。
DSCF9430-1.jpg

DSCF9474-1.jpg

DSXE5904.jpg

人はキャラクターに自分の思いを投入する。
それを計算ずくで行っても(コミック)
逆にまったく無頓着にモチーフを造形化しても(ゆるキャラ)
共感を呼ぶとは限らない。
作者の世界観が投影されているかどうか、
そしてそこに共鳴できるかどうか。
ゆるキャラがつまらないのは、
売り込みのモチーフありきで世界観がないからだ。
DSXE5933.jpg

DSXE5937-1.jpg

海洋堂ホビー館四万十で少し遊ばせてもらった。
ここは廃校となった小学校の体育館を改装したとか。
(応援したいと思った。近くにはかっぱ館もある)

さて、これから吉野川上流で仕事がある。
そろそろ心の準備(仕事モードへ切り替え)をしよう。
ぼくの仕事はメッセージを伝える仕事だから。

posted by 平井 吉信 at 13:33| Comment(0) | まちめぐり

2015年11月09日

わたつみの豊旗雲 幡多の国 


一晩中走って明け方を迎える頃、
海沿いの国道56号線に出る。
四万十川まであと少し。
ようやくここまで来た。
先に広瀬の河原で待っている仲間たちを追って
四万十川を遡ろうとしている。
カセットのビーチボーイズを巻き戻した。

.。'.*.'☆、。・*:'★    .。.・'☆、。・*:'★
  .。'*・☆、。・*:'★     .。・*:'☆
 ☆、。 ・*'★ .。 ・':....*.:'☆        .。・:'*・':'・★

あれからときは流れて、仕事でやってきた幡多の国。
どんよりと立ちこめる雲。
高知県西部の太平洋は水平線を惜しみなく見せて
鉛色に沈み込む。
D7K_6450s.jpg

大方の海で波乗りを見た。
人と違う生き方をマイペースとはいうけれど、
視点を変えれば生きる焦りにつながる。
でも、パドルを漕ぎだして別世界にいるときは別だ。
この波を逃すと次はない―。
そんな思いで波を待っている。
DSXE5797-1.jpg

白浜でわずかに日が射した。
DSXE5804-1.jpg

海の色が空を映すとたちまち翡翠が現れる。
DSXE5812-1.jpg

DSXE5801-1.jpg

土佐佐賀の海を見下ろす展望台から公園へと歩く。
女郎蜘蛛の生息密度が濃い。
まるで銀河のようだ。
DSXE5810-1.jpg

この個体は、横から見て立体的に位置する造形感覚。
自らの巣から浮かせることで軽やかな印象を残す。
D7K_6480s.jpg

海に突き出したこの展望台。
フジのクラシッククロームが捉える。
この雲と空はあの頃を思い出せる。
DSXE5809-1.jpg

広瀬の河原を泳いで渡っていく。
テントを張った河原は浅いが、
対岸の岩をめざす。
流心から水衝部の岩へと水流の混ぜ込みに
気にすることなく、逆らうことなく身体をしなやかに預ける。
アユになった気分。
岩に着いたら、陸の河童となって飛び込むのだ。

水難事故があると遊泳禁止にする。
お気の毒とは思うけど、
川をもっと知っていれば、
小さい頃から身体で流れを覚えて入ればと。
(そういうぼくも川で叔父をなくしているけれど)

悲しいかな、それも人生なのだけれど、
不思議なのは、原発事故があっても原発を稼働し続けること。
(それを人生とは言わない)

海も川も変わることなく
水と光を降り注いでいる。
これからも。
DSXE5811-1.jpg

DSXE5818-1.jpg

D7K_6500s.jpg

D7K_6502s.jpg

公園の遊具にひかれる。
この配色、この造形、おもしろい。
DSXE5822-1.jpg

DSXE5823-1.jpg

DSXE5825-1.jpg

水車亭を過ぎて、
四万十の米豚と仁井田米という贅沢を見せるのは
あぐり窪川のレストラン。
(米豚の甘みを活かす調理はなかなか難しそうだ)
DSCF9426.jpg

DSCF9385.jpg

(続く




posted by 平井 吉信 at 23:20| Comment(0) | まちめぐり

2015年11月07日

那賀川河川敷に宇宙人到来 それは黄色、紫、白の未確認生物で…


それは月のない夜のこと。
那賀川のほとりに未確認飛行物体が降りたったとの報せを聞いて
密かに特殊部隊を当該地区に派遣しました。

物体は白い円盤状で突起がいくつかあり
その先端が黄色く光っていたというもの。

捜索隊は夜でも昼のように見える暗視野照明装置を付けて警戒に当たります。

まずは流れが早い場所から。
D7K_6362-1.jpg

しかし、こんなところに隠れているはずはありません。
DSXE5659.jpg


やがて、捜索隊は次々と異星人に遭遇します。
彼らが見たものとは(続く)

















黄色い異星人 アオヤギバナ星人を発見。
まるでこの星を謳歌しているようです。
DSXE5677-1.jpg

続いて、薄紫の頭を発見。
これは19世紀にイギリスで発見された異星人に似ています。
ナガバシャ人です。
D7K_6327-1.jpg

D7K_6338.jpg

濃い紫は、ホソバリンドウ星から来たようです。
D7K_6422.jpg

D7K_6345.jpg

白いUFOでは攻撃部隊が見えます。
D7K_6305-1.jpg

ナカガワノギク星の住人です。本来は白いのですが、赤い花もあります。
D7K_6264.jpg

生きることの意味を教えてくれているようです。
DSXE5698-1.jpg

おっと、敵の母船に見つかってしまいました。
確かに白い円盤に突起があり、緑や黄色に彩られています。
DSXE5758-1.jpg

D7K_6399.jpg

D7K_6395.jpg

こちらの装備は攻撃用ではありませんので
まずは抵抗する意思がないことを示します。
彼らと意思疎通としてみると
ウメバチソウ星からの使者のようです。

使者からの伝言を解読すると次のようです。

多くの宇宙人が偵察に押し寄せているのは
この国が経済政策を誤ったことがきっかけで格差が拡大し
貧困層を多く生み出しているから。
平和を強く願って国の犠牲になった人たちの思いを忘れて
自国が攻撃されていないのに戦力を出動させる準備を調えているから。


なるほど、さらにメッセージを聞いてみましょう。

格差を是正する政策を行うとともに、
中央集権を崩して規制緩和を行い既得権を解放、
自由かつ支え合う協調社会のもとで
問題解決に重点を置いた教育に力を入れ
ものづくりや農業、基礎科学の価値を認め尊重し
やりたい人がのびのびと能力を活かし
そこから全体に波及していく社会が必要と訴えています。

(国がお膳立てをして国民を活躍させるという発想の貧しさ)

さらに細かい論点を次々と質問してきます。

クローズアップ現代のキャスターは何か悪いことをしましたか?
ジャーナリストらしい問題提起と鋭い論点で本質に迫っていましたが
何か都合が悪いことがありますか?
本質を国民に問いかけるのがマスコミの使命ではありませんか?


地球人としてこう答えました。

言論統制を行いつつ一億総動員して
狂気の世界へ連れていこうと企みは決して成功しません。
地球46億年、人類60万年の歴史を学んだ私たちは
いまの奇跡とともに、人間の力をもっと信じています。
政治や行政が途を開くことはできず、
一人ひとりが使命感を持って充実した日々を送る意思を持つことから
未来が始まります。
まずは理念を持って高く掲げること。
あとは地道に続けていくことです。
(右とか左のイデオロギー、保守、革新、維新などの分類も不要。あるべき姿を見据えてゼロベースで考えていくこと)

ナルホド、ワカリマシタ。

彼らはひとまず帰っていきました。

秋の那賀川の河原で宇宙のファンタジーを見ようとしたのですが
生々しい現実に戻されたようで。

でも、花のいのちはすがすがしい。
花は与えられるものではなく、自分から求め得るもの。
心の中の花を咲かせることが大切なこと。
(自然界の山野草にも思いをはせてください)


おまけ

おいしくいただきました。
DSXE5728.jpg
posted by 平井 吉信 at 15:00| Comment(0) | 生きる