2015年07月12日

雨の日に雨乞いの滝(神山町)


県庁所在地から
1時間程度で行けるところがたくさんあることをお伝えしている。
仕事が忙しいとお嘆きの方々、
心身の凝りをほぐせる場所がたくさんあるのだから
たまに出かけてみませんか?
都市部に住む人、お試しで短期滞在してみませんか?
(田舎へ行けば、能力とやる気があれば仕事は見つかるはず)

ということで、神山町。
佐那河内村と並んで
15時のおやつを食べる時間に出かけて
都市近郊の体験できる里山。

雨がぽつりぽつりと窓ガラスにこぼれる午後、
雨が降って欲しいと祈りを捧げる雨乞いの滝へ出かけた。

車を置いて約800メートルほど谷沿いを登っていく。
この日も沢音を聞きながら
珍しい鳴き声の野鳥を耳にする。
苔むした遊歩道は特に下りで滑りやすくハイヒール不可だけど、
この日もカップルが多い。
男性がエスコートしながら手をつなぎ、
滝で涼んで、カフェで和むという段取りか。
(滝駐車場から5分ぐらい降りた街道沿いの商店街にカフェがある)

日本庭園が連続する奥入瀬渓流とまでは行かないけれど
こちらは天然の渓谷であることが特徴。

雨乞いの滝に辿り着くまでに大小さまざまな滝があるが
それは見てのお楽しみに。
DSXE2290.jpg

歩くこと20分ぐらいで辿り着くのだけれど
寄り道やよそ見をしながら
40分ぐらいかけて歩くのがおすすめ。
翌日、仕事の疲れが取れているのに気付くはず。
なぜって?
森林浴効果もあるだろうけど
疲労回復にはこのゆったりとした歩みが効果的。
(科学的根拠あり)
DSXE2226.jpg

DSXE2289.jpg

DSXE2294.jpg

さあ、着いた。
足元が滑りやすいので気を付けて。

歩道から滝が見えている。
DSXE2244.jpg

初めて見る人は、感激する。
でも、滝にもっと近づいてみれば、
右奥にも滝があることがわかる。
DSXE2242.jpg

そう、ふたつの滝が流れ込んでいる。
これが雨乞いの滝。
DSXE2263.jpg

水の粒子が白い龍のごとく
岩にぶつかってさらに微粒子となり
周囲の植生が霧となった滝の成分を取り込む。
D7K_3818.jpg

DSXE2274.jpg

D7K_3810a.jpg

ひとつの完成された生態系の姿が
足元の安全な河原状の場所から眺められる。
特に右側の滝の水の落ち始めるあたりに注目しよう。
自然の造形は水と岩と緑をケーキのように散りばめて
水の表情は刻一刻と遷移しているというのに
滝は滝のまま続いている不思議さ。
D7K_3814a.jpg

D7K_3830.jpg

時計がどんどん早くなって
どれだけここにいたのか忘れてしまう。

小雨が降っているけれど、傘を差すほどではない。
雨のなか、雨乞いをする雨乞いの滝。
ここから悲願寺へも上がっていくことができる。
けれど、あまり歩かれていないようで
足元の岩が滑るので帰りに難儀すると断念。
DSXE2286.jpg

ここは神山、ここは徳島。
人と自然が隣り合わせに住んでいるところ。

DSXE2263.jpg

posted by 平井 吉信 at 23:44| Comment(0) | 徳島

2015年07月11日

美郷物産館 お礼の買い物と美郷のマチュピチュ 高開の石積みへ


今年は大雪のため梅が不作とのこと。
入手が難しいとあきらめていたら
店長が5kgの青梅を確保して郵送いただいたお礼に
親戚まわりのついでに美郷物産館を訪れた。

今年もこれで梅干しと梅酒を仕込むことができた。
DSXE2094-1.jpg

美郷物産館にはレール商品は皆無。
野菜もお菓子も加工品もすべて地区内の手作りの品物ばかり。
それぞれが競い合うように磨き上げられて平均点は高い。
毎回新商品が並んでいるようでもある。
当時の美郷商工会の高木さんと地元の人の熱意の賜物だろう。
DSCF7311-1.jpg

標高が高いこと、規模が小さいこともあって
農薬を使わずに立派な農作物を仕上げる生産者も少なくない。
地の利を活かすことで
ここの平均的な野菜の品質は四国有数だと思う。
朝採れをその日のうちにいただく贅沢も味わえる。
コールラビまである。栽培期間中農薬は使っていない。しかも80円。
DSCF7306-1.jpg

DSCF7318-1.jpg

シシトウとゴーヤを買った。
DSXE2208-1.jpg

あなたは野菜の目利きができるだろうか?
安全安心でおいしい野菜とはどんな野菜か?
答は、たったひとことで足りる。
健康に育った野菜である。

化学肥料による外観の水増し(肥大感)などなく
逆にいかにも家庭菜園のしょぼい外観ではなく
(虫食いの野菜を短絡的に安全と捉えないほうがいい)
あくまでも健康的でみずみずしい。

きょう買ったゴーヤも
生で食べるのがもっともおいしい。
やわらかくみずみずしいのに、あくやえぐみがない。

朝採れなのにしなやかなきゅうりや
しっかりしているのに適度にやわらかくシシトウも同様であった。

美郷の野菜には、うんちくや哲学は語られていない。
けれど、愛情を持った栽培者がていねいに育てた野菜であることはわかる。
まじめにこつこつのプロ農家の作品である。


お昼どきだったので手打ちそばの定食を注文。
ぷつぷつと弾力感のあるそばに香ばしい揚げ、
地元の野菜や豆腐が小鉢で付いてくる。
毎日20食限定ですぐに売り切れる。
DSCF7316-1.jpg

こちらも人気商品の田舎だんご。
色はよもぎ(緑)とトウモロコシ(桃色)によるもの。
材料は、餅粉、小麦粉、米粉、砂糖、よもぎ、とうもろこし、食塩、きな粉。
餡は、小豆、金時餡(えんどう、いんげん)。
(食品表示だけでわかる人はわかるだろう)
DSCF7321-1.jpg

DSXE2183-1.jpg
新たに、ドーナツやブルーベリー大福が並んでいる。

梅干しはどの生産農家を選んでも
昔ながらの塩、しその素朴な味わい。
自分が漬けていても、ときどき味比べに買っている。
(特に小梅は漬けていないので)
DSCF7305-1.jpg

美郷地区では梅酒特区として製造に取り組んでいる。
タンクではなく家庭用の瓶でていねいに仕込むのが美郷方式。
500ccで2,500円前後と決して安価ではないが、
それだけ風味に自信を持っている。
http://www.toretabi.jp/gourmet/bishu201310/01.htm
l
今年は若い人が新規参入してますます盛んになっている。
徳長さん、応援していますよ。
トオカミ(ブランデー仕込み)、エミタメ(焼酎仕込み)、売れるといいですね。
(商品名は奥様の名前からと記事には載っていたけれど、祝詞からの出典ですね)

自分で梅酒を仕込む人はわかるけれど
材料費(青梅、米焼酎、蜂蜜)だけで1升4千円を超えるのだ。
(ぼくの梅酒も梅干しも美郷の一級品に負けていないのだ(^^))


ものだけではない。
体験型メニューがもっとも充実しているのが美郷の特長。
http://ameblo.jp/shokokai-misato/

ぼくもこけ玉づくりを明石さんに教わったことがある。
DSC_8709.jpg

DSC_8695.jpg
観光がてら立ち寄れば、
満面の笑顔で親身になって観光情報をいただけるだろう。
そこにあふれているのは地域を思う心とおもてなし。

美郷物産館(みさと屋)
徳島県吉野川市美郷字峠463-3
営業時間 午前10時〜午後5時30分
(休館日:年末年始)

///////////////////////////////////////////////

店をあとにして、高開の石積みへ向かう。
シバザクラの季節は終わっていても
集落の方々が思い思いに花を育てているので
行ってみたくなった。

DSXE2121.jpg

DSXE2119.jpg

DSXE2125.jpg

DSXE2127.jpg

DSXE2139-1.jpg

DSXE2142-1.jpg

DSXE2161.jpg

シバザクラが咲き残っていた。
DSXE2149-1.jpg

DSXE2158.jpg

DSXE2169.jpg

/////////////////////////////////////////////

美郷は、上勝と並んで県内の農家民宿の先進地である。
車から山登りの感覚でようやく登りきると
雄大な景色と手作りの野菜料理が並ぶ農家民宿、
マクロビオティックを売りにしている斬新なコンセプトの農家民宿、
吊り橋を渡って玄関へ入る民宿ではヤギが飼われていて藍染めができるなど、
どこも個性豊かで無条件でおすすめできる。
http://misato-totori.com/
http://www.cnet-oe.ne.jp/kinokonosato/
http://wwwd.pikara.ne.jp/docomoyama/

それぞれ単独でご紹介したいくらいだが、またの機会に。

//////////////////////////////////////////////////

蛍で有名な美郷だけれどそれがごくごく一部。
体験型観光と特産品開発を
地区の人たちの熱意と互いに切磋琢磨により磨きあげている。
身の丈で一人ひとりががんばっている美郷地区は
ほのぼのとしていいな、と思うのである。


追記

地方創成といいながら、
中央集権で、プレミアム商品券という未来への投資とならない愚の骨頂政策や
誰も責任を取らないオリンピック関連施設、
ひたすら国民の求めていない方向にひた走る首相…。

参議院の選挙制度改革と称して選挙区の定数を変更しようとしている。
徳島県は高知県と合区して減となる案が示されている。
だが、これが是か非かというのは本質的な問題ではないだろう。

いまの政治の問題は、
まじめで能力のある人が政治家になれないこと。
(地盤、看板、鞄がなくても熱意と能力のある人が国や地域を動かすしくみをつくるべきであろう)
いまの体制なら、議員数を1/10に減らしても国民生活への影響はないだろう。

議員の報酬は費用弁償程度でいい(だから政治家は兼業であるべき)。
(選挙に多額の税金を使うのではなく、未来をつくる行為に税金を少しだけ使いたい)
多様な職業の人が専門知識を持ち寄って地域のあり方を議論する。
そうなると、議員数はいまより増えるだろう。
(しかし歳費は大幅に減少する)
当然、政党は廃止する。
能力と意欲ある人が未来をつくることに参画できる制度に改めなければ
責任を持ってお金と事業を動かそうとする人に任せなければ、
選挙権を18に下げようが、定数を削減しようが本質は変わらない。
(政党や政治家の顔、定数を代えたところで何が変わるというのか)

そもそも1票の格差が違憲という司法の判断もおかしい。
格差が違憲であるなら、1倍以外はすべて違憲だろう。
市町村長はみな1票の価値が違うが、これは合憲なのだろうか?
司法は、憲法や法律に照らして特定の事案を判断しているだけで
それ以前に、望ましい制度とは何かの議論があるべきだろう。

源流を辿れば、
国家(行政)のしくみがいまのままで良いかということだろう。

地域の特性と人材を活かし、
必要な立法や規制緩和、税制を地域で決められる脱・中央集権が不可欠だろう。
安全保障や外交は国家の仕事として
それ以外は地域で決めるという道州制のようなかたち(地域国家連合)。
(沖縄なら、かつての琉球王朝が担っていた平和外交を基軸に、台湾、中国、ベトナム、フィリピンなどとの交通、物流、交流、観光、教育などの拠点=東南アジアのハブ機能として)

プレミアム商品券も、地方創成枠の押しつけも中央集権のばらまき。
事業が例示されれば独創性は発揮できない。
特区を申請する(国にうかがいを立てる)という行為が
すでに地域行政の足かせになっている。

日本は世界に範を示せる可能性がある。
正しい方向性に向かってぶれない軸で
思い切った変革をスピード感を持ってやっていける
しくみに代えていければ。


posted by 平井 吉信 at 21:25| Comment(0) | 徳島

2015年07月10日

まちの洋食堂は子どもの憧れ お多福食堂


出張が続き、食事を抜くことが多くなる。
空腹は健康に良いことは知っている。
あえて空腹を楽しむ。
(長寿遺伝子のスイッチが入ることを意識して)

ところが、ところが。
人は満腹を楽しむという習性もある。
ならば、空腹を楽しみ、普段は小食で質の高い食事をして
たまに食べたいものを心ゆくまで食べるというのも悪くない。

小さい頃、近所にあった洋食堂に行くのが楽しみだった。
家族で出かけてそれぞれが好きな料理を頼む。
ぼくは、卵のかかったカレーライス。
(家では卵かけは贅沢なので食べられない)
祖父はビールを発注した。
ただし次のひとことは、
「熱燗で」(あの昔のキリンの苦いビールを!)
(お腹を冷やすといけないと思ったのだろう)
父は祖父に逆らわなかったが、
「おまえも飲め」には逆らったようだ。

近所と言えば、アップルパイを売っていたハレルヤ(本店なのだ)。
金長まんじゅうのハレルヤなのだが、
ハレのお菓子はアップルパイであった。
さくっとした生地と甘酸っぱいりんごの具が夢見心地にさせる。
ハレルヤでは現在もアップルパイを売っているが、
これではないですよ、昔のを再現してください、
と会社の方に申し上げたことがある。

そして、丸新百貨店のお子様ランチのある食堂が
最上位のハレということになるだろう。

とにかく、洋食堂は子どもの憧れだったのだ。

さて、小松島の中心部というと
小松島駅から放射状に伸びる街区のうち
二条通である。
かつて、ハレルヤ本店や洋食堂のコトブキ、書店が2軒、映画館まであった。
この二条通と千歳橋という小松島のメイン通りが交差するところに
お多福食堂があった。

そして、お多福食堂はいまも場所を代えて小松島市内にある。
空腹を満たす洋食なら、やはりここに行きたい。
(帰りにセブンイレブンで100円コーヒーを買って港の風に吹かれるのも良し)

昼と待ちかねて出かけていった。
「とんかつ定食を」
(へへへ…)。
DSCF7302.jpg

えっ、何かオチが必要ですか?
そんなこと期待するよりも
お多福食堂へ行ってみたら?

たっぷりの野菜と本格派の肉やハンバーグが
あなたを待っている。
ともかくこのキャベツを見よ!
DSCF7304.jpg

それでは、また♪











忘れた頃に続きを…。
(なんだ、このプレイバックパート2のような進行は)
SCのフードコートでは子どもの夢は描けません。
みなさん、わがまちの食堂に足を運びましょうぞ。
(と、書いたところで見る人が少ない、A級マイナーブログですから)





posted by 平井 吉信 at 23:06| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ

深紅の夕暮れ 空の刻印の意味は?


台風が日本列島に迫る大気の不安定な夕方、
空が燃えていた。
気圧1,015hPa。

地球大変動期を予告する現象ではないが、
不気味な刻印を刻んでいる。
DSXE2100-1.jpg

DSXE2105.jpg

DSXE2110-1.jpg

これから何が始まるのだろう。
posted by 平井 吉信 at 22:14| Comment(0) | 気象

2015年07月08日

タイムマシーンの出口にある松林 北の脇海岸


阿南市北の脇海水浴場は、徳島県南を代表する渚。
小学校時代…海水浴といえば、ここである。
学校でバスを貸し切り、浮き輪に尻を落として
夏の太陽の下、
ざぶん、どぶん、ゆらり、と波に遊んでもらう。
(波は友だちだから)
唇が紫色になったら、砂に潜り込む。
波で砂を洗い流してスイカ割りだ。
海の家では、おにぎりや焼きそばを食べる。

.。'.*.'☆、。・*:'★    .。.・'☆、。・*:'★
  .。'*・☆、。・*:'★     .。・*:'☆
 ☆、。 ・*'★ .。 ・':....*.:'☆        .。・:'*・':'・★

とある夏休み

「行くよ」
「待って!」
松原まで走っていこう。

「口笛聞こえない?」
耳を澄ましてみる…。聞こえてくるのは松原のざわめきだけ。
「口笛?」
その音は彼女の右横30センチのところから聞こえてきた。
息をはずませた呼吸のまま、誰かが口笛を吹いている。
風がささやくように、空気をわずかに震わせていた。
「うん、聞こえる」
口笛はそのまま彼女の頬を撫でるように通りすぎると、
もうふたりの間に距離はなかった。

 国道を左へ 海に向かう真っ直ぐの道
  色づいた早稲の海 自転車ですり抜ける
   入道雲 田に風わたり せみの合唱
  そのとき松林から蝶が飛び出した
   動くものみんな 夏

学校が半日で終わった午後、自転車に乗って海水浴にやってきた。
彼女は浮輪につかまり、漂うように沖へ出ていく。
ぼくはその横を伴泳する。
水が冷たく感じられるころには、浜が小さくなっている。
見上げた空の高さと白い雲……空が視界から突然消えると、
しょっぱい感覚がした。それが二人にとって初めてのキスだった。

太陽は西へと傾いている。
さっきと同じ道なのにまるでちがう景色に思えてきて…
(きっと疲れたんだよ)
背中でこっくり──。
この道はもうすぐ黄金色に変わる。


.。'.*.'☆、。・*:'★    .。.・'☆、。・*:'★
  .。'*・☆、。・*:'★     .。・*:'☆
 ☆、。 ・*'★ .。 ・':....*.:'☆        .。・:'*・':'・★


海開きには少し早い。
あの夏がやってきた!
夏はいまもそこにあるし
夏はこれから始まろうとしている。
おとなの衣装(分別)を脱いで
背の高い子どもに戻ろう。

思い出とは過去をあたためることだけでなく
未来への燭光であり、風を送るタイム扇風機。

空を映す鈍色(にびいろ)の海
DSXE2034-1.jpg

DSXE2049-1.jpg

荒れ気味の渚から松林へ入ると
ここだけ時間が止まっている。
タイムマシーンの出口のようだ。
DSXE2038.jpg

DSXE2040.jpg

世代を重ねがらも
あの日と同じような蝶が蜜を吸い、
ほほを撫でる風が松林を吹き抜ける。

DSCF7194-1.jpg

日常と非日常の接点を行き来しつつ
ヒトは生きていくことができる。
DSXE2037-1.jpg

そのような生き方、そのような土地を選ぶのは、自分。
(楽園は、それを見ようとする心のなかにある)
rakuen.jpg
さて、あなたは?

 → 北の脇の夏休み
 → 上向きの視線は人間が夏と交わした契約
posted by 平井 吉信 at 13:16| Comment(0) | 生きる

2015年07月04日

雨だから濡れてつやめく山野草 雨なのにからりとミーティング


良い土曜日だった。

予定より早く合宿の場に来てしまった。
ここは海部郡内のとある町。
しばらく付近を散策していると…。

道ばたの崖で思いがけない植物たちが
雨に濡れて咲いていた。

空から落ちる雫を映してたゆたうアジサイ。
DSCF7262.jpg

DSCF7260.jpg

ホタルブクロ。
たったいま生まれた花のいのちが水滴を宿す。
(ホタルブクロには思い入れがある)
DSCF7265.jpg

これは園芸種かも。
DSCF7235.jpg

見たこともない山野草。熱帯の魔法にかかったよう。
DSCF7253-1.jpg

雨が好きではしゃいでいるコオニユリ。
DSCF7240.jpg

DSCF7237-1.jpg

これもわからないけれど、もぎたての紫の新鮮さ。
シソの葉のような特徴を持っている。
DSCF7259-1.jpg

擬人化できそうな花弁
DSCF7255-1.jpg


愛嬌のあるタキユリが崖からうつむいて、しなやかな媚態を見せる。
DSCF7244-1.jpg

これらがわずか数十メートルの間に饗宴する。
(あえて場所を伏せているのは貴重な生態系と感じたため)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山野草の集いのあとは、ヒトの集い。
この日は、ある企業の1泊2日の企業研修にお招きいただいた。
職場から離れた非日常の空間で
仕事中にはできないミーティングをやってみようというわけ。
やらされ感のない活発な発表やWSを見せていただいた。
雨のなか行われた懇親の場もなぜか晴れやか。

品質や顧客満足度は現場で魂を入れて作り込むものだけど
そのためには、非公式な意思疎通が仕事を円滑に進める前提となる。
人は変えられなくても自分は変えられることも真実。
誰かのせいにすることなく、誰かのために動くことで
組織は活き活きとした規律を持つことができる。
豊かな個性の発揮とチームワークの発揮
その第一歩を踏み出して現場で活かされるといいなと
少しあたたかい空気を胸に閉じ込めて帰路に就いた。

追記
持ってきたカメラは富士フイルムのX20。
撮ったままのjpegの美しさは息を呑むほど。
ぶれないし被写界深度も深い。
2/3サイズのセンサーの完成された世界がある。
(後継機のX30は、EVFとチルト液晶、MFに使えるピントリングを装備するなど、山野草を近くで撮る人が腕が良くなったと錯覚しそうなほど山野草や料理の撮影に向いている)
FUJIFILM デジタルカメラ X30 シルバー FX-X30S

FUJIFILM デジタルカメラ X30 シルバー FX-X30S







タグ: タキユリ
posted by 平井 吉信 at 23:10| Comment(0) | 徳島

2015年07月01日

心がそぞろ歩いた夕暮れの刹那 虹が出ている通知サービス体験版を申し込む?


南太平洋ポリネシアのランギロア環礁だったか、
西も東も北も南も天も地も360度紅に染まって暮れていったことがあった。
島をめぐるあてのない旅も半ばのとある日のほんの一瞬のできごと。
カメラも構えられず放心状態でたたずんでいた。
(あのような地球の「黎明」は二度と見たことがない)

雨の続く日の夕方、手元の電話が鳴った。
「虹が出ています、ご存知かなと思って―」。
(とある通信会社の虹の連絡サービス体験版には申し込んでいないけれど、通報していただける奇特な人がいた)

お礼を言って東の空を見上げると、
確かに。

なぜか手元にカメラがある。
さっそく何枚かシャッターを押した。
地平線から半円を描いている虹だった。
DSXE2061-1.jpg

そして西の空へ目を向けた途端、
おっ、これは!と思った。
DSXE2066-1.jpg

カメラを持って川にかかる橋にやってきた。
係留された漁船、暮れゆくまちなみを影絵に
淡々と天然色のコマ送り。
富士フイルムX-E2+18-55mmF2.8-4で「萌える」を切り取る。
DSXE2072-1.jpg

次に、XF14mmF2.8 で空をほおばる。
DSXE2077-1.jpg

再び、18-55mmF2.8-4で
漁船を背景に深紅の名残の余韻を味わう。
DSXE2087-1.jpg

DSXE2089-1.jpg

虹も夕暮れも良いけれど
それに心が動くことがもっと良いことで。

南太平洋の島めぐりをして思ったこと。
心の心象風景はどこも同じ。
ただ、それを見る人の気持ちを映しているだけ。


鳥の楽園が見えてきた(テティアロア島)
horizon.jpg

珊瑚礁の外洋は波が荒い。水深もいきなり数百メートルになる。そして雲が沸き立つ。
cloud.jpg

ラグーン(礁湖)の静けさ、まるで世界の窓から見る光の静寂。
windows.jpg

ランギロアのあの夕暮れは二度と再現されていない。ここはボラボラ島。
tasogare.jpg

ちっぽけな人間。だからふくれあがる可能性があるんだ。
quiet.jpg


タグ:
posted by 平井 吉信 at 20:36| Comment(2) | 気象