2015年05月02日

晴れときどき上勝 旭川沿いの午後 ツツジを光のシャワーで愛でる


仕事でほんの一瞬でも時間があれば
自分を取り戻そうとしている。
いや、そもそも自分の時間と
他人の時間を区別する必要はない。

きょう一日だけでも多くの人に
ご相談やお願い事を打診いただいた。
身体はひとつしかないのだけれど、
やりくりすることを楽しみにしてしまおう。

ところで、ここは上勝町。
晴れとしかいいようがない天気。
本日もテレビの取材が入っている横石さんと打ち合わせの後、
町内で次のコマに移動するわずか10分で時間をこじあけた。

説明が長い!
要するに移動の途中で散策を挟んだというところ。
旭川に沿ってツツジが花開く午後の遅い時間。
太陽は西に傾いてなお、
初夏の片鱗を見せて降り注ぐ五月のひとこま。
(地元の人は花の散歩道という。クルマも置けるので川沿いを吊り橋まで散策してみたら? 訪れるのなら午後がおすすめ。逆光がツツジをいっそう魅せてくれるから)


瀬音を聞きながらツツジを見る。
きょうはなんとカメラを持っている。
富士フイルムX-E2に、
XF18-55mmF2.8-4 R LM OISとXF35mmF1.4 R。

こういう場面なら世界中でもっとも愉しい絵が撮れる。
色が濃い?
そうではなくて、やわらかさのなかに、
色の濃淡を重ねながらも濁らない世界。
ああ、メイド・イン・ジャパン。

DSXE0127.jpg

DSXE0161-1.jpg

DSXE0164-1.jpg

DSXE0175.jpg

DSXE0155-1.jpg

DSXE0153-1.jpg

DSXE0145-1.jpg

それはともかく、
新緑の上勝に来てみたら。
(徳島市内から1時間だし)

DSXE0122-1.jpg

DSXE0114-2.jpg

【追記】
16MPのAPS-Cセンサーは考えられる理想の道具立て。
明るくて小さなレンズで周辺まで解像しつつ
大伸ばしに耐えられ、高感度特性も抜群。
センサーのイメージサークルとレンズ設計の自由度のバランスということ。
フルサイズの最新機種に負けていないように思う。

【さらに追記】
しそを採ってきたばかりなのに、手作りしそジュースをありがとう、Hさん
毎年のことながら、越後名物笹だんごをありがとう、Kさん。
森の幸定食をありがとう、Oさん。
採れたてのおいしいシイタケをありがとう、Bさん。
コーヒーを入れてくれてありがとう、Tさん、Mさん。

それにしても、寝る時間が…
タグ:上勝町
posted by 平井 吉信 at 01:49| Comment(0) | 山、川、海、山野草