2015年05月23日

ブログからつながること 教育からつむぐこと


SNSはやっていないけど、
Web上に名前や顔写真、電話番号まで載せていると
良いこともある。

自分の世界観を打ち出していくと
そこに共感する人たちと最短距離で出会える。
すでに相手はこちらの思いがわかっているので
いきなり本題に入れる。
そこには、SNSのわずらわしさ、
お義理の「いいな」、からみ、炎上とは無縁。
ケータイ電話に「はじめまして」の着信をいただくこともある。
(そのためにWeb上に番号を公開している)
ラインのような内輪の閉じた空間ではなく
あくまで共感を求めて外へ開いていくもの。
それが匿名でないWebやブログの良さかも。


このブログがきっかけとなって
中学生の頃の同級生の女の子と電子空間で再開することができた。
当時の彼女のイメージは、足が早く運動神経が良くて
素朴で飾らないけれど笑顔がまぶしい小麦色の女の子。
(彼女の笑顔は好きだった)
感じたことを天然色で表現できる
連続テレビ小説のヒロインのようだった。

DSC_3298-1a.jpg

話が弾んだのは中学の恩師について。
M先生は、当時齢七十を超えていた数学の教師。
春夏秋冬よれよれの灰色のコートを着て
手には黒板を指さす棒を持って
初登場のとき、机をぴしりと叩いて授業を始めたときは
教室が静まりかえった記憶がある。

がっしりとした骨格に引き締まった筋肉質の身体、
張りのある声はいまの30代〜40代には求めえない骨太さ。
風貌だけでも威厳に満ちていたが、
権威は一切まとっていない。
(学校や文部省の方針、出世にも頓着しない)
(教師というよりは数学者、哲学者というべき)
3年間の授業では、にこりともしたことがない。
誰にも媚びず、生徒を怖がらせる存在であった。

ときに声を荒げてて
「おせ(阿波弁でおとなの意)にならんとわからん」
などと苛立つこともあるけれど、
わかるように教える、わかるまで教えるという信念と
やさしさの照れ隠しのような感情を含んでいたと。
(中三の1学期には微分積分にまで進んでいた)。
「畏敬」とはこんなときに抱く感情。
そのとき教えてもらった生徒はみんな感じていた。
ぶっきらぼうな言い方ではあっても
生徒への愛が根底にあることを。


設立されたばかりの私立中学の第1期生だったので
後に学園の理事長となる方ともキャッチボールをした記憶がある。
歴史がないことで、学園が上から下まで等距離にあった。
先生と教科書以外の関連内容で質問したり討論することも少なくなかった。
屋上には後藤光学製の20センチアクロマート屈折赤道儀を備えた天文台があり、
当時は周囲が暗かったこともあって
肉眼の900倍の光を集める口径20センチ50倍の視野に
まぶしいばかりのオリオン星雲M42を捉えた夜には
♪ オリオン舞い立ちすばるはさざめく♪と
片道30分の真っ暗な土手沿いの道を
「冬の星座」を歌いつつ自転車を漕いで帰った。

D7K_0406-1.jpg

当時の学園は、徳島市内でありながら荒野に埋もれるような場所で
麦畑のような葦原(秘密基地をつくっていた)の道を駅に歩いていくと
M先生の自宅があった。
(スタジオジブリの素材になりそうな光景)
一度、数人で尋ねたことがあるが
自分に厳しく律する哲学者のような暮らしに感銘を受けた。

国語のF先生はやはり70歳を越えていたが
対照的に好々爺で、孫に接するように語りかける。
それでいて、背筋を伸ばし「稟」とした存在。
(やわらかな楷書、しっかりとした草書というか)

ときどきは教科書から離れて
時事問題や文学を語られるのだけれど
(特に瀬戸内文学など)
経験を積み円熟したものの見方を
わかりやすく展開していただいた。

その後、名門の公立高校に進むぼくであったが、
受験勉強は一切しなかった(これまでの人生でも一度も受験勉強をしていない)。
学校ではすでに高校の教科に進んでいたし、
受験勉強とはいえ、いまさら中学の教科書を繙くのも気が向かない。
さらに、学校には受験生がいないので合否のデータがなかった。

進学校とはいえ公立の高校に入った途端、
あまりの教師の水準、志の低さに愕然とした。
彼らは生徒が理解しようとしまいと時間通りに進めるだけ。
授業に創意工夫が見られないのだ。
この経験は、後に人前で話をするようになるぼくの反面教師となった。
高校の授業はおもしろくないので
授業中は天文学や天体物理学などの本を読みあさっていた。
教科書もわくわくするおもしろさがなかったし。

その後、レールの上を歩かず自分で人生を切りひらいていくと決めた。
大学では求めるものがないと判断して
(実際にそうだろう。狭い範囲であっても専門性、実用性はないし、広く俯瞰する汎用性、応用力も得られないだろう)
独学でさまざまな学問を勉強と実践をいまも続けている。
それは中学時代に得たものが大きかった。


再び、中学に戻ろう。
とある夏のこと。
F先生は、受け持ちの生徒全員(といっても7人しかいないので事実上の英才教育)を
明日香村に連れていってもらったことがあった。

DSC_1732-1.jpg

このときの甘酸っぱいできごとは胸のポケットにしまうとして
その後、たびたび訪れる明日香、ひいては考古学、民俗学に引かれるきっかけとなった。
(三内丸山遺跡への承継、遠野物語への探求、先月も石見銀山と妻木晩田遺跡へ)

日本は教育にもっとも力を入れよう。
それも既存の領域の予算を増額するのではなく
押しつけの道徳を施すなどではなく、
これまでの教育のしくみをゼロベースで見直すべき。
志を持つ地域の人たちやプレーヤーを活用しつつ
閉ざされた学校から地域に開かれ、地域とともに地域の役に立つ
人生の多世代がクロスする場でありたい。
授業は覚えることから、
「考える」こと、議論と合意形成を身に付けることへ。
(そうしないと実際に行動できないだろう)
突出した個性ある人材を生み出せるよう。
そして教育費は限りなく低廉に。
(だって人材は国、地域、企業の資産だろう。教育機会の差がその後数世代にわたって影響しているように見えるから)

一機の原発の災いが引き起こした途方もない損失や
オスプレイの購入費を見るたび
お金(というか力を入れるべきところ)の使い途を間違えていると思う。
何度も言っているが、政治家と政党はすべて廃止しよう。
志と知見を持つ人たちによる費用弁償に置き換えるべき。
場合によってはプロジェクトごとの任期付の雇用や特命もあり得る。
住民を巻き込んでコミュニティとして行動していくためには、
コンサルタントに依頼してはいけない。
中央集権は弊害のみ。
移民をもっと受け容れよう。


.。'.*.'☆、。・*:'★    .。.・'☆、。・*:'★
  .。'*・☆、。・*:'★     .。・*:'☆
 ☆、。 ・*'★ .。 ・':....*.:'☆        .。・:'*・':'・★


4.jpg

あんなことがあった、こんなこと覚えている?
そうだったね。

人は、思い出を食べて生きていけるけれど
人生は短いようで長いから、
もっと輝く未来が待っているに違いない。

posted by 平井 吉信 at 19:10| Comment(0) | 生きる

2015年05月22日

薄曇りの春のきざしの河辺にて


ときは4月上旬、ところは南紀に遡る。

まだ、春浅い、霧が掛かった河畔にて。
晴れていれば主役となったであろう光と影が水と岩に沈着した。

物体からするりと抜けて色が漂う。
人に見られていることに気付いて
元に戻ろうとする色彩たち。
色の粒子と霧がとまどいながらも
つややかな妖精の風土記。
淡い―。

南紀・古座川の一枚岩にて。
(2010.4.1)

DSC_5604nxd.jpg

DSC_5605nxd.jpg

ニコンD50+AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm
AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED
(いにしえの600万画素のCCDデジカメに1万円台のズームレンズ。D40もそうだが、出てくる画に存在感があったのでは?)
posted by 平井 吉信 at 01:43| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2015年05月17日

上勝町の苔の名所 山犬嶽


山犬嶽(やまいぬだけ)は、全国棚田百選の「樫原の棚田」を通っていくことができる。
樫原の棚田を守ってきた人たちと無縁でなかったこともあって
ときどき通っていた。
DSXE0917-1.jpg

この山がツアーのメッカとなっているのは
苔の名山だから。
DSXE0792-1.jpg

DSXE0833-1.jpg

DSXE0790.jpg

鎖の付いた巡礼岩
DSXE0842-1.jpg

ここに辿り着けばこの山の魅力がわかる。
大きな岩が唯一の展望で眼下に照葉樹の森を見る。
弁当を広げて風を感じるひととき。
DSXE0857.jpg

登山口は民家の横を通り抜けて杉の小径となるが、
いくつかの分岐で山頂をめざす道と苔の名所を通る径に分かれる。
この山では登山地図は役に立たず、
むしろ登山口の看板をデジカメで撮影していくのが良い。
(苔の名所をぐるぐる回るうち、どこから上がるのか、降りるのかわからなくなりがち)
map.jpg


登山口周辺は車を置くことができない(たまに置いている人がいるが、地区の迷惑になる)。
樫原の棚田の手前、登山口から2km下に駐車場が設けられている。
里山を散策できる魅力もあり、車はここに置くことをおすすめしたい。
タグ:上勝町
posted by 平井 吉信 at 00:00| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2015年05月14日

凛とたたずむ


沢筋の木かげの森に群生するヤマシャクヤク。
陽光を受けて黄色にも緑にも見える白。
すべてを映し出しながら
ときに向こうが透けて見えそうなときもあり
それでいて自らの個性を輝かせる。

見る人が想像を膨らませても
ヤマシャクヤクは凛と風に揺れるだけ。

全体として躍動しながら
個々の花が存在をひらいていく。
社会もそうありたい。

D7K_7192.jpg

憲法はどのような役割を担っているのか?
自衛権と自衛の方策はどうあるべきか?
原発のない社会をどのようにめざすか?
教育は国の力なのに大学の学費を値上げ?
個人情報の秩序ある保全とは?
科学振興やものづくりは?
まち・ひと・しごと、地方創成の意義は?
補助金や交付金に依存しない方策は?
国がやるべきこと、地域がやるべきこと、地域、地区、個人の役割とは?



posted by 平井 吉信 at 10:49| Comment(0) | 生きる

2015年05月09日

品良く萌える 初夏の新緑 砥石権現


深い森、明るい森、混交林、
森にもさまざまあるけれど、
四国の千メートル超の広葉樹に覆われた明るい森に出かけよう。
その山は、砥石権現という(神社ではなく山)。
昨年秋に初めて訪れた。

県庁まで20分の距離にある自宅から
わずか50km少々で到着。
(これが徳島。ランチを食べに行く感覚で出かけられる)
登山口にはクルマが2台だけ。
「黄金連休をふるさとや行楽地で過ごした人々のUターンラッシュが…」の世界とは無縁。

DSXE0327-1.jpg

ああっ―。
初夏の陽射しに背伸びをすると
身体の奥までゆるめられそうで。

DSXE0340-1.jpg

若葉を透かしてみる。
D7K_3116.jpg

沢筋ではヤマシャクヤクが開いている。
この黒と黄色のカミキリムシは?
D7K_3096-1.jpg

踏み跡は明確だが、
どこをたどっても尾根をめざせばそれでいい。
DSXE0376-1.jpg

金属の光沢を帯びた赤紫のツツジもあった。
山中に現れた広告のよう。
D7K_3129.jpg

しばらく沢筋を下ってみる
DSXE0368-1.jpg


庭園に見立てた小高い岩地
DSXE0364-1.jpg

桜のような色彩のツツジが現れた。
(もしかしてアケボノツツジだろうか?)
この山の南斜面に点在している。
DSXE0399-1.jpg

DSXE0402-1.jpg

D7K_3201-1.jpg

D7K_3236.jpg

D7K_3270.jpg

D7K_3321.jpg
(ここまでがD7000)

次々と花に目を奪われる様子を再現してみた。
(ここからがX-E2)
DSXE0399-1.jpg

DSXE0402-1.jpg

南の斜面を望む展望台のような開けた場所に、ひときわ見事な桃色ツツジ。
DSXE0443-1.jpg

蛇が首をもたげたような山野草が顔を出している。
DSXE0546-1.jpg

尾根筋から頂上に近づくと両側の斜面にカタクリが見えてくる
(D7000)
D7K_3150.jpg

D7K_3153.jpg

D7K_3157.jpg

D7K_3171.jpg

D7K_3344.jpg

さらにX-E2で。
DSXE0388-1.jpg

DSXE0396-1.jpg

カタクリを愛でつつ適当な尾根で昼休み。
おむすびとおかずで。

ミツバツツジにはクマバチが飛ぶ
D7K_3326.jpg

砥石権現の山頂を過ぎて
東側のピークにさしかかった。
D7K_3366.jpg
この山の魅力を伝えるために、
北東斜面からのルートを切りひらいた岳人の森の山田さんと
木沢村を中心とする那賀奥の山の魅力を伝え続けた
地下足袋王子こと平井さんの功績を忘れてはならないだろう。

尾根筋にある小さな山野草をX20で拾ってみる。
カメラ本体が小さくて軽くて手持ちで撮影できる。
一眼レフと三脚ではとうてい撮れない景色がこの小さなカメラなら撮れる。
地上すれすれの景色に近づくのに、メカは要らないでしょう。
DSCF6366.jpg

DSCF6382.jpg

DSCF6394.jpg

DSCF6400.jpg

DSCF6409.jpg

DSCF6417.jpg

DSCF6389.jpg

別の沢筋でヤマシャクヤクの群落があった。
DSXE0518-1.jpg

「この手、離すなよ」(← 今年の流行語大賞の最有力候補かも)
DSXE0628.jpg

DSXE0454-1.jpg

そして、森と花に遊んでもらった。
DSXE0412-1.jpg

DSXE0424-1.jpg

季節とともに、人も生き物もある。
森の叡智は人のいのちの源だから。

posted by 平井 吉信 at 20:25| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2015年05月04日

連休の中津峰は静かだった


午後の遅い時間の山歩きはいい。
戻ってから夕食がうまい、ということもあるし
午前中と昼を充実して過ごしたうえで
さらに身体をほぐしながら楽しめるので。

連休中なのに、この日も誰一人出くわさなかった。
自宅から10km少々の距離なので
日没間近に出かけることもできる。

この日はまだ西に太陽が出ていたので
森の光と影がもたらす陰翳を楽しめた。

登山口すぐの光景
DSXE0196-1.jpg

DSXE0204-1.jpg

DSXE0205-1.jpg

DSXE0208-1.jpg

DSXE0210-1.jpg

DSXE0215-1.jpg

DSXE0220-1.jpg

DSXE0221-1.jpg

この木立を抜けると773メートルの山頂
DSXE0228-1.jpg

DSXE0230-1.jpg

わからないけど、もしかして植えられた?
DSXE0239-1.jpg

DSCF6292.jpg

DSCF6294.jpg

DSCF6308.jpg

DSCF6317-1.jpg

DSCF6351.jpg

山頂から尾根を伝うと霧が立ちこめてうれしい
DSXE0296-1.jpg

DSXE0297-1.jpg

DSXE0301-1.jpg

間伐された杉木立の流れを見ながら帰る。
DSXE0313-2.jpg






タグ:中津峰
posted by 平井 吉信 at 00:00| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2015年05月03日

瑠璃色の山野草を忘れないで モモイロの山野草を見つけないで


この時期の四国の山野にあふれているのは
ヤマルリソウ。
湿った沢沿いにたたずみ、
わたしを忘れないで、forget-me-not
と言付ける
あの花にも似ている。
D7K_3057.jpg

D7K_3059.jpg

D7K_3060.jpg

同じ日にこんな山野草も。
ホタルカズラというらしい。
D7K_2901-1.jpg

D7K_2887.jpg

D7K_2874.jpg

D7K_2859.jpg

一つひとつ、色が違う。
青と紫の間で
どちらとも言えず揺らめいている。
(D7000+AF-S Micro 60mm f/2.8G。フラットまたはニュートラルで現像)
********************

今年は、偶然入ったいくつかの沢筋で
(山域も離れている)
桃色の山野草を見つけた。
同じ山野草に遭遇すると、
自生地には共通点が見えてくる。

D7K_3042.jpg

DSXE0084-1.jpg

DSXE0081-1.jpg

DSXE0075-1.jpg

DSXE0073-1.jpg

DSXE0054-1.jpg

DSXE0041-2.jpg

DSXE0041-1.jpg

D7K_2551.jpg

D7K_2516.jpg

DSXE9547-1.jpg

DSXE9597-1.jpg

DSXE9639-1.jpg

DSXE9625-1.jpg

赤土の湿った場所に不釣り合いなほど蠱惑的。
それでいて節度を感じさせる品格。
野に咲いてこそ山野草、いつまでも。
posted by 平井 吉信 at 13:36| Comment(0) | 山、川、海、山野草