2015年04月29日

こかげ〜観光は自分を映し出す鏡〜


4月は異動と出発のとき。
願ったりの人も本意でない人もいるだろう。
受け容れるまでに時間が掛かる人もいるだろう。

家に籠もっていては心が動かない。
月曜日を迎える気力が見つからない。

こんなときは動いてみること。
つまり、かたちから精神に働きかけること。

例えば、あてもなく普段行かないところに出かけてみる。
何気ない風景のなかに何かが見つかる、
というより教えてくれる。

そんな人の気持ちになりきって
とある川の支流に出かけた。
山奥ではなくまちから近いけれど、人家はない。
流れる水は手ですくって飲めると思う。
(まちなかのスーパーまで10分の距離というと驚く?)

水と緑を見ていて、ほんとうの主人公に気付いた。
それは、こかげ。
太陽が当たるでもなく、日陰でもなく。
D7K_2939-1.jpg

初夏の太陽
  小さな支流
    ななめに差し込む光
     新緑の残照
       透かして見る
D7K_3010-1.jpg

D7K_2960-1.jpg

ふと見つけた風景の一コマ。
言葉を並べただけでも伝わるから文章は要らないのかも。
DSXE9897.jpg

平坦な渓流沿いの小径を歩き続ける。
何も考えず、目に飛び込む水と光、
ふと小さな植物に目をとめる。
空間はせせらぎの粒子で満たされているけれど静寂。
ぼくは何も考えない。
ここは、南四国、徳島。
(ベートーヴェンが田園交響曲を着想した小川の散策はこんな場所だったのではと?)


.。'.*.'☆、。・*:'★    .。.・'☆、。・*:'★
  .。'*・☆、。・*:'★     .。・*:'☆
 ☆、。 ・*'★ .。 ・':....*.:'☆        .。・:'*・':'・★


徳島には何もない、観光地としてはつまらない、という声が多い。
PRが不足しているという意見が出るのが観光関連の会議のパターン。
けれどPR予算をなくしても集客はおそらく変わらない。

DSXE9926-1.jpg

日曜日なのに、この場所には誰も来ない。
観光地でもなければ、観光ガイドにも載っていない。
そんな場所が至るところにあるのが徳島。

D7K_2982.jpg

D7K_2966-1.jpg

電車の中吊りポスターや奇をてらう動画には主語がない。
(見ているのは自治体関係者と広告代理店だけかも)
いや、見たとしても心が動かない。
それらは机の上で考え出されたものだから。

観光は大切だと思う。
入込客を増加させなければ、どのまちもやっていけなくなるだろう。
でも、観光は実態を映し出す残酷さも併せ持つ。
なぜなら観光は、
そこに住む人が自分たちをどう見ているかを映す鏡だから。

公共のトイレを見てみよう。ぴかぴかに磨かれているだろうか?
季節の花がかれんに置かれているだろうか?
自動水栓となっているだろうか?

県外ナンバーの車が後に付いている。楽しい家族旅行かもしれない。
速度を上げたくないあなたは、
脇によって道を譲ってあげるだろうか?

道を尋ねられたとする。
「あそこを右に行って次に左に行って…」で伝わった試しがない。
ならば、可能な限りわかりやすい方法で道を伝えようとするだろうか?
目的地が近くで、わかりにくい場合は同行してあげられるだろうか?

観光地の飲食店には
自分の判断で厳選して取り寄せた観光情報が置かれているだろうか?
それらは見やすく整理され、清潔に保管されているだろうか?

そこに住む人が誇りと使命感を持って人々を迎える。
それが観光ではないだろうか?
観光の特効薬はないので、
子どもの頃から、誰かをもてなす気持ちを身体で感じ
親が手本を示し、
学校では気付きを与えているだろうか?

対峙すべきは東京の価値観ではなく、
自分たちの意識。
自らの価値観に挑戦し磨き上げる自覚。

だから、ぼくは発信を続けている。
人生の楽園を求める見知らぬ人のために。
PRの代わりに地道に積みあげていく。

いまの県政に必要なのは
(県議会に限らず市町村議会も機能を果たしているようには見えない)
KPIやパフォーマンスではなく
回り道でも大切なことを続けること。
その大切さを伝えていくこと。
ひとりでもやっていこう。



posted by 平井 吉信 at 01:26| Comment(0) | 徳島

2015年04月19日

山釣りの沢、記憶をたどる水辺に春の宴


山釣りは、渓流や沢を遡行しつつ釣りをすること。
いまは亡きあの人が友釣りとともに楽しみにしていたもの。

目当ての沢に降りるために高巻きをしたり、
ときにロープを使うなどして林道から降りる経路を探りつつ
岩や樹木にしがみつきながら上り下りすることもある。
釣りというよりはルート探索と渓相の観察をしながら
山を踏んでいく。それが愉しみでもあり。

だから渓流釣りでは、
ちょっした擦り傷や打撲は日常茶飯事。
アメゴが釣れればいいが、釣れなければ山菜でも採って帰るか。

海部川、那賀川、勝浦川の上流、源流がこれまでのぼくの行き先。
最初に行ったのは勝浦川の源流だった。2市2町を流れるこの川の
源流がひとまたぎできる流れを見たときの驚きは忘れない。

川が中流に差し掛かると
河原が広がって川の匂いがたまらない。
川が流れていくのを
ぼうと眺める。
炎や水はとどまることがない。
それでいて、全体としてはひとつの生命体のようでもある。

ぼくの川好きは小学校の頃に始まっている。
地図を片手にまだ見ぬ川の様相にときめく小学生。
それから国土地理院の地図を集め始め、
今度は自分の理想とするまちを地図に描いてみる。

ここに海があり、川が流れ込む砂浜があり
自然の地形を利用した自然度の高い港を持ち、
川はこのあたりで平野がなくなって穿入蛇行をして、
水当たり(水衝部)から下流に向けて用水を引く。
鉄道は沿岸都市部とつなぎつつも、
上流の集落とは道路や公共交通で結節して…。
小学生にしてはマニアックな子どもだったと思う。
(いまもそうかも)

後にパソコンで地形を楽しめるソフト「カシミール3D」と出会い、
開発された方からいただいたご連絡が縁となって
宍喰にお住まいになっている。
(「人生の楽園」に出演されてもおかしくないのである)

ところが、仕事が増えてくると
山釣りに行く時間が取れなくなった。
もう、どのぐらい通っていない?
第十堰の頃からか?
(釣り三昧の人生が待っているはずだったのに。…私ではない)

那賀川は奥へ行くほど川の懐が深くなる。
支流は、赤松川、古屋谷川、蝉谷、海川、折宇谷、栃谷、久井谷、
本流筋からは南川(みながわ)、そこからさらに湯桶谷などの支流に分かれる。
北川は、高の瀬峡に通じて千本谷などに分かれつつ剣山山系に源を発する。
最大の支流、坂州木頭川は、大美谷、沢谷、にくぶち谷、
やがて本流筋の槍戸川はこれまた剣山をめざす。

名前のある谷もない谷も含めて奥へ行くほど広がる流域は、
かつて林業で栄えた山の集落。
ダムのなかった時代は、木頭でカワマス(サツキマスだろう)が釣れたと
地元ご出身で徳島市南部にお住まいの玄さんは語ってくれた。
ひとつの谷に入山するのも怖いほどの深い森に包まれ
大台ヶ原と並んで全国有数の多雨地域が恵みをもたらした。
この谷を1頁ずつ繙いていくだけでも人生は充実したものになる。
(残念ながらそんな時間はまったく取れないけれど)

.。'.*.'☆、。・*:'★    .。.・'☆、。・*:'★
  .。'*・☆、。・*:'★     .。・*:'☆
 ☆、。 ・*'★ .。 ・':....*.:'☆        .。・:'*・':'・★

春の陽射しを受けてきらめく水面、
ネコヤナギなどの水辺の樹木、
足元の山菜などを愛でつつ
釣り歩く楽しさは何ものにも換えがたい。

朝まづめが基本だから朝が早いのが釣り。
でもきょうは久しぶりに沢を歩いてみようと思った。
(どこに行くかは運転しながら決めよう。いずれにせよ県南ということで)

中流域でクルマを停めてみた。
紫の花の群れが目に飛び込んできたから。
田んぼの畦に咲いているサギゴケの仲間のようだ。
D7K_2435-1.jpg

もっと近くで見ようと近づくと、カラスヘビが昼寝中。
シマヘビかヤマカガシの黒化型と見た。
(もうそんな時季?)
D7K_2434.jpg

山に入った。
歩き始めると春の山菜や山野草がちらほら。
盛りを過ぎてなお若葉と競う山桜。
幾重にも衣を重ねるがごとく、
さらにさらに光が回り込む。
D7K_2443.jpg

D7K_2447.jpg

D7K_2451.jpg

春の野に咲く小さなリンドウ(フデリンドウか?)
D7K_2501.jpg

D7K_2491.jpg

名前がわからないけれど、スミレの仲間が次々と現れる。
D7K_2578.jpg

単なるスミレでなく白にインクを何色もこぼしたように。
D7K_2570.jpg

のどかな陽射しであっても陽光を浴びれば暑いぐらい。
小学生の頃、大物を釣り上げて魚拓に取ったことを思い出しながら
時間の経つのを忘れて半日歩いた。

岩場に咲く可憐な花をモモイロイワバソウと名付けてみる。
D7K_2602.jpg

D7K_2551.jpg

D7K_2516.jpg

(ここまでがD7000+AF-S Micro 60mm f/2.8G、AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR)
(ここからが、X-E2+XF14mmF2.8 R、XF35mmF1.4 R、XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS)
DSXE9657-1.jpg

DSXE9597-1.jpg

DSXE9547-1.jpg

DSXE9639-1.jpg

DSXE9689-1.jpg

DSXE9649-1.jpg

DSXE9625-1.jpg

小さくても明日を見ている
DSXE9762-1.jpg

急な斜面や崖に咲いていたので3点支持で撮影。
「撮れた!」
でも、この撮影後に沢に滑り落ちた。
DSXE9755-1.jpg

多少のどっきりもあるけれど、それはそれでOK。

きょうは沢と沢筋の山野草に遊んでもらった。
それが南四国の普段のくらし。
(でも、仕事はやるよ)
また、あした。

タグ:
posted by 平井 吉信 at 22:10| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2015年04月13日

花の百名山とはいわないけれど 春の日峰山はあやかし


例によって悪い癖。
年度末が終わったというのに仕事の山、山で休日返上。
仕事をしていたら日が傾いた。

これはいかん、と飛び出して山へ向かった。
曇りの夕方ですでに日没が近づいている。
カメラなんか持っていって仕方ないだろう。
そう思いつつも、富士フイルムX20を持ち出した。

ところが、標高192メートルの山なのに
花が豊かなこと(園芸種が拡散したのもあるけれど)。

登山口では黄色と紫の対照
DSCF5746.jpg

ツルニチニチソウは野山で広がっている
DSCF5752-1.jpg

道からそれると不気味に鎮まった池の畔に
DSCF5757.jpg

桜は散りゆく その痕跡がオブジェとなる
DSCF5764.jpg

蝶が乱舞するようなシャガのたたずまい
DSCF5772-1.jpg

中腹に現れる菜の花畑
DSCF5775-1.jpg

ムラサキカタバミは年中無休なのかも
DSCF5781-1.jpg

タツナミソウの仲間
DSCF5782-1.jpg

春の七草ゴギョウの呼び名はハハコグサ
DSCF5789.jpg

ジュウニヒトエ。良い名前を付けられた花
DSCF5806-1.jpg

DSCF5836-1.jpg

線香花火のような
DSCF5813-1.jpg

桜の散りゆく美学
DSCF5819.jpg

紫の濃い花が地面に這っていたらそれはキランソウ
DSCF5828-1.jpg

赤い羽毛も春のよそおい
DSCF5842.jpg

やがて登山道は山道へ ここがまた愉しい
DSCF5846.jpg

徳島市方面を望む 眉山を遠望
DSCF5852.jpg

人生いろいろ スミレもいろいろ
DSCF5859-1.jpg

ツツジ 桜… 色はひといろじゃない
DSCF5879.jpg

DSCF5898-1.jpg

踏みつけそうなところにヒメハギ
DSCF5888-1.jpg

緑の桜
DSCF5912-1.jpg

DSCF5934-1.jpg

DSCF5949-1.jpg

DSCF5855-1.jpg

DSCF5958-1.jpg

日没はとうに過ぎて2時間近く歩いている 視界が開けて海
DSCF5957.jpg

小松島 元根井漁港に漁船が帰っていく
DSCF5965.jpg

誰もいない金長神社に妖しく灯るあかり 
DSCF6004-1.jpg
ここではないが、那賀川町の芦原で狸に化かされたことがある。
(父も別のときにその場所で化かされたという)
その話はいつか。

夕暮れはあやかしの時刻 そして彩花し。 


【追記】
富士フイルムのX20はたびたびこのブログでも紹介し
おすすめしている。
一眼レフは重いし使いこなせないけれど
このブログのような写真が撮りたいひとにはおすすめ。
(いや、高価な一眼レフでも撮れない広角マクロの世界がある)
この日もすべて手持ちで撮影できている。

妖しい夕暮れのかすかな光は
花の妖艶な色彩を抽出するかのよう。
X20で撮りたい世界観が表出する。
いまはその後継のX30である。

ポケットに収まるカメラは撮る目的がなく持ち出すのには良いけれど、
撮ることを決めていくときは、
ある程度の大きさがないと安定した構えが難しく
低速シャッターでぶれやすいしレンズ設計にも無理がある。
今回のX20はすべて手持ち。一眼レフならまず無理な速度域でも撮影できた。
後継のX30もほぼ同サイズで実用的。
けれど、首に提げていても苦にならない。
これ1台で遠景の風景から食卓、花のクローズアップまで。
旅から日常、作品づくりにまで広く使える。








posted by 平井 吉信 at 22:37| Comment(0) | 山、川、海、山野草

土佐の高知のはりまや橋で


四国の四県都でもっとも雰囲気がローカルなのは高知市。
商店街には全国FCではなく地元の老舗が軒を並べ
高知県の人口の4割が集中する。
地元では「おまち」と呼ばれている。

東のよさこい情報交流館を起点に、はりまや橋からひろめ市場へ、
日曜市、県庁、市役所、高知城へと続く中心部は
高知の真ん真ん中であるけれど、のどかな感じ。
人のつながりが生きているまちである。
さらに、まちなかに図書館ができるという。
たまには観光客になってまちを歩こう。

南国土佐をあとにして♪
DSCF6091-1.jpg

故郷の友が門出にうたったよさこい節を♪(高知よさこい交流館)
DSCF5131-1.jpg

土佐の高知のはりまや橋で♪
DSCF6081.jpg

(観光客がお菓子の)かんざし買うを見た(菓舗浜幸)
DSCF6087-1.jpg

始めて乗ったとでん(土佐電鉄)。はりまや橋で乗り換え切符をもらうしくみ。
DSCF6031.jpg

仕事で立ち寄る前に昼食で立ち寄った古民家を改装した店舗。
庭を眺めながら地元の野菜と魚介の定食をいただく(草や)。
DSCF6045-1.jpg

たくさんの方のご意見をうかがいつつ
提案についてのご賛同が得られ、
気持ち良く帰路についた。

.。'.*.'☆、。・*:'★    .。.・'☆、。・*:'★
  .。'*・☆、。・*:'★     .。・*:'☆
 ☆、。 ・*'★ .。 ・':....*.:'☆        .。・:'*・':'・★

戻ってきてニュースを見ようとしたら
あら、浦島太郎になっていた。
DSCF6006-1.jpg

長年使い込んだソニー15インチトリニトロン(ブラウン管)はいまも現役。
目に優しい映像が気に入っている。
ひと晩置いてみたら解決するかもしれないと
翌日再度電源を入れてみると
どのチャンネルを回しても同じ映像。
そこで気付いた。

 砂の嵐に隠された♪

これは、バベルの塔(バベル二世の住処とされる基地)に違いない。
(大変なものを見てしまった)
さて、どうしよう。

タグ:高知 菓子
posted by 平井 吉信 at 21:36| Comment(0) | まちめぐり

2015年04月12日

観光地を体験する 屋島編

子どもが小さい頃は、親は遊べる施設がある有名な観光地へと連れて行く。
三角窓の付いた小さなパブリカで妹たちとともに行ったのが屋島。
展望台から皿を投げた記憶がある。

屋島は高松市の東に位置する台地で
崖に囲まれながらも頂上は平たい。

屋島も四国の他の有名な観光地と同様、
子どもの頃に一度行ったら、
もうそれで十分という位置づけだった。

観光関連の会議などでは四国の観光地はPRが不十分、情報発信ができていないなどと、マスコミも含めてたびたび指摘がなされるが、それが本質だろうか? むしろ、口コミしてもらえるおもてなしをつくることに力点を置くべきではないだろうか(来てもらうための発信ではなく、来てもらった人の心をつなぐ努力)。効果はないとわかっていても発注主の意向で電車の宙づりポスターや、インパクトはあっても来訪につながらない動画制作などに多額の予算が使われる現状に、受託する広告代理店も内心は複雑だろう。


しかし、著名な観光地のその後の展開に期待するとともに
既存ストックを再活用する視点があるのでは?と感じて
急きょ思い立って午後から出かけてみた。
往時を偲んで高速道路は使わず国道11号線を上がっていく。

高級リゾート「エクシブ」を見上げ
海産物を商う市場や老舗の飲食店が点在する
鳴門の北灘の海を駆け抜ける。
JF北灘 さかな市では、桜鯛と呼ばれるマダイの季節だが、
まだ型が小さい。
そこでマダイに比べれば味は落ちるが型の良いレンコダイを買った。
(3枚に下ろしして刺身にできるけど、鱗を取るのが手間なのでさばいてもらった)

香川県最初のまち「引田」。
世界初のブリの養殖を手がけたまちであり
和三盆や醤油などの特産品がある。

続いて、手袋のまち「白鳥」。
先日も運転用の手袋を地元のアウトレット店で購入した(値段は書けない)。

さらに、まちが続いて東讃でもっとも賑やかな「三本松」、
そして、津田の松原のある津田を過ぎる。

香川県内を中心に、
四国、山陽にはマルナカというスーパーがあるが
東讃にもマルナカはたくさん出店している。
そのなかの一店舗になぜか吸い込まれるように入って驚いた。
(理由はないけれど直感が働いた)
酒コーナーに、インターネットでも手に入らなくなっている
ニッカのウイスキーたちがずらりと並んでいるではないか。
(2015年4月時点)
「初号ブラックニッカ復刻版」「初号スーパーニッカ復刻版」、
さらに「フロム・ザ・バレル」までも―。
丹念に探すと竹鶴17年や山崎12年なども見つかるのではないか。

国道11号線は少しずつ混み始める。
大学のある志度に入るとちょっとした渋滞となった。

源平の壇ノ浦の牟礼、八栗山と庵治石の庵治を抜けると屋島である。
(道の駅 源平の里 むれは、売場の動線に工夫がある、品揃えも充実しているように見える)
ここまで来れば、栗林と高松市内は目前となる。
こうして見ると東讃には良い地域資源が揃っている。
高速道路ではすべて素通りするため
一般道を走ってみたい。

国道11号線をはさむかたちでJRと琴電志度線が併走する区間がある。
このことは国道から支線への右折がややこしく
また支線から国道へと出る車と交錯する場合もある。
(幹線道と駅が接近する利便性はあるが、解決が容易でない問題でもある)
そのせいか、高徳線は事故が頻発する路線であり
(数少ない乗車経験で数回事故に遭遇)
JR四国の空調の温度管理がうまく行っていない路線でもある。

今回は屋島に行くので
観光客向けのうどん店にも立ち寄った。
接客、気配り、味…コメントは控えたい。

それよりも屋島の峰を背景に神社のたたずまいが心に残る。
DSXE9415.jpg

DSXE9419-1.jpg

屋島ドライブウェイ(630円)を通って屋島の台地に上がっていく。
東側は壇ノ浦や庵治を見下ろす絶景である。
まるで北欧のまちなみのようにも見える。
これだけで有料道路の価値がある。
D7K_2363.jpg

DSXE9453-1.jpg

DSXE9450.jpg

終点には広大な駐車場があり、台地を囲むように散策路が広がっている。
この路をすべて歩くと1時間近くはかかる(私はそれ以上かけた)。
DSXE9457-1.jpg

DSXE9438-1.jpg

西を見れば、高松市内とサンポートが指呼に、
海をみれば屋島台地の先端と瀬戸内の多島海の絶景、
東は源平の世を忍びつつアリーナや採石場などがミニチュアのように美しい。
施設というと、ホテルと水族館(閉鎖されているホテルも残存しているが)、
第八十四番札所の屋島寺がある。
D7K_2393.jpg

D7K_2390.jpg

さらに、みやげもの店、飲食店、工芸品店などが並ぶ山上のミニ商店街がある。
D7K_2400.jpg

D7K_2406.jpg

茶屋の展望台からは、幼い頃にやった皿投げ(かわらけ投げという)ができる。
厄除けの意味があるようだ。
http://www.yashima-kanko.net/index.html
空中に的が浮かんでいる。
D7K_2411.jpg

D7K_2414.jpg

D7K_2422.jpg

小松島には金長狸がいるが
屋島には四国の総大将がおり、屋島寺の境内に鎮座している。
D7K_2395.jpg

桜は満開を過ぎていたが、
フランスからの団体観光客も訪れており
源平の装束のイラスト絵の看板などを見て
さかんにシャッターを切っていた。
D7K_2398.jpg

D7K_2379.jpg

D7K_2385.jpg

昭和の時代の竜宮城のようなハードとソフトは
往時は人々の夢を叶え、成長を見守ってきた。
けれど、時代の流れのなかで取り残されつつある。

いくつか改善すべき点が目に付いた。
観光地でもっとも大切な要素は2つ。
おもてなしの心であり、それを体現するのが清潔で配慮のあるトイレだと思う。
(お金を産まない要素を大切にしている観光地にはリピートされる理由がある)
その意味でトイレは要改善である。

北に広がる瀬戸内の海はのどかである。
東西のまちなみには人間社会の秩序が感じられる。
南の讃岐平野にかすむ山々もまた瀬戸内のようである。
屋島という台地の魅力は、
訪れる人の視点の置き方と、お迎えする人の心が噛み合えば
これからも色あせることはないはずである。
(わざわざ来たくなるソフトに取り組めば良いということ。それを考えるのが地元の楽しみでもあり)



posted by 平井 吉信 at 14:27| Comment(0) | まちめぐり

2015年04月11日

牟岐55ラーメン 無心に味わう時間が生きる元気を与えてくれる


仕事の合間に立ち寄った牟岐のラーメン店で
注文したのは「牟岐ラーメン」。

幼い頃の話だが、
ぼくの近所に八百屋は半径100メートル以内に5件、
(スーパーがない時代は商店街が役割を果たした)
ラーメン店もいくつもあった。
それは、徳島ラーメンの源流、白いスープの小松島ラーメンの系統。

「お昼はラーメンにするで?」と母親。
やがて、玄関の戸ががらがらと開いて出前が届く。
はやる心を抑えてサランラップの輪ゴムをはずす。
胡椒をふりかけてご飯とともに無心にすする。

ところが、おとなになるにつれ
徳島ラーメンは食べなくなっていった。
(徳島ラーメンの呼び名は後付で、子どもの頃は中華そばと呼んでいた)

いまぼくが好んで足を運ぶラーメン店は3店のみ。
麺屋藤(相生町)と牟岐55ラーメン(牟岐町)。
つけ麺ならChannel R55(宍喰町)で
日本初の手延べつけ麺の完成度と個性は突き抜けている。
(いずれも徳島市内から1.5〜2時間南に位置する店)

このブログを見ていただいている人なら
お気に召すと思うけれど
好みは人それぞれであって優劣をつける必要はない。

赤い鉢に浮かぶスープの海に浸る太めの麺。
DSCF5697-1.jpg
スープまで完食してしまうのは
身体に吸い込まれる感覚があるから。
DSCF5698-1.jpg

食べることは人が限りなく繰り返す行為だけれど
無心に味わう時間が生きる元気を与えてくれるようで。

posted by 平井 吉信 at 00:08| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ

2015年04月10日

紫の上重ね


仕事の帰りにふと川が見たくなって潜水橋のほとりに車を停めた。
河原を散策していると
竹林のなかでかれんな花を見つけた。

青紫から紫の階調と幾重にも波打つ表情は
夜の帳を待ちわびた源氏物語の姫が
黒髪を床に広げたよう。

ひそかに、ムラサキノウエカサネと名付けた。
DSCF5732-1.jpg

DSCF5726-1.jpg

(フジX20)

posted by 平井 吉信 at 23:32| Comment(0) | 山、川、海、山野草