2015年01月08日

冬の「天涯の花」しずかに

いまは冬の四国だけれど
夏の剣山に思いをはせている。

天涯の花―。
宮尾登美子さんが1996年8月から1997年2月まで
徳島新聞に綴った連載小説。
その後、舞台やドラマでも上演された。

人のつながりのみならず、
人と風土のつながりをつむぐ文章は
天涯の花、仁淀川など四国そのもので
凛とした光の柱が立っているのを感じた。

そして、昨年末に天璋院篤姫のように旅立たれた。

2012年から2014年の夏の剣山で撮影した
キレンゲショウマを捧げたい。

森に包まれてふくらむつぼみ
D7K_1369_NX2.jpg

仲間から離れてぽつんと咲いている
DSCF4879.jpg

月の妖精のような花。
それぞれ自分の見せ方を知っている
D7K_7281-2.jpg

谷間にうつむいているだけでなく、光のかけらを投げかけているような
D7K_7257.jpg

D7K_1244a_NX2_01.jpg

キレンゲショウマ・パルマータ。涙をためた珠子のように露をやどす
D7K_0192.jpg

季節は夏 虫たちが忙しい
D7K_7380-1.jpg

華やかな森の精 早朝は霧に包まれるはず
D7K_0177-1.jpg

日陰の花ではなく、陽光を求めてすくっと立ち上がる。
キレンゲショウマは月光と太陽の両方を味方にしているのだ。
D7K_1357a_NX2.jpg

あたり一面に広がる光景は夏の剣山の風物詩
D7K_7355-2.jpg

冬の剣山の銀世界を思いつつ
険しい沢沿いの斜面にひろがる
黄色の桃源郷を待っている。

何度も読み返した「天涯の花 」(集英社文庫)

特に感銘を受けた「天璋院篤姫」(上) (講談社文庫)

同じく「天璋院篤姫(下) 」(講談社文庫)



追記

つるぎ町役場の篠原さんは
東京の宮尾さんのご自宅まで
何度か地元の特産品の干し柿を持参されたという。
人のつながりから地域も仕事も動いていく。



posted by 平井 吉信 at 11:48| Comment(0) | 生きる

2015年01月02日

一年の計は歴史と神秘から始まる

2015年が明けました。

年賀状はここ数年出しておらず、
いただいたものにもご返信していませんが
それに代えて目には見えないお返しを。
みなさまのご多幸をお祈りいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お供え物を調えて
神棚で天津祝詞を奏上。
続いて仏壇で読経。
例年と変わることなく。

開経偈 
般若心経
観音経普門品偈
十三仏真言
光明真言
お大師様宝号
回向文

今度は台所の荒神棚(三宝荒神様)へ。

それぞれに酒を奉る。
秋から冬は日本酒を楽しみたいので手持ちはある。
・福小町 純米辛口(秋田湯沢)
・久保田 千寿(新潟朝日)
・上勝の棚田米と湧き水と負けん気でこっしゃえた純米吟醸原酒(徳島上勝)
・喜多屋 純米大吟醸(福岡八女)

北の酒は辛口のなかに透明な旨味が、
南の酒は果実のような豊潤さが味わえる。
この元日は、喜多屋を神棚、仏壇、荒神棚へとお供え。

しばらくして手元で飲み比べると
神棚…元よりも力が籠もり、香気が高く濃厚に。
仏壇…水の如しと言いたいような抜けた感じに。

この差は誰でもわかる。
官能試験ではこの差がわからない人はいないと思う。
二重盲検法など統計の有意性判定で明らかになるけれど
もしかして食味計の数値に表れるかも。

お備えする時間はほんの数分で激変する。
(ぼくの経験ではほぼ一瞬で風味が変化する)
神様は神気を込めてくださり
仏様ご先祖様は香りを召し上がるということなのだろう。

神棚には産土の神様、天照大御神、阿波の一宮の大麻比古神社、
県内では、天石門別八倉比売神社、大粟神社、
さらに、九州の霧島神宮、幣立神宮、高千穂宮、
中国では厳島神社、
四国は、石鎚神社、金刀比羅宮、田村神社、
関西では、大阪の住吉大社、大神神社、
熊野本宮大社と八咫烏、天河大辨財天社などが
お札として鎮座されている。

神々様には弥栄を
そして、このブログをご覧になられる方、
さらに多くの方々のご多幸をお祈りしている。


東からの太陽が差し込む2015年初めての朝の神棚。
DSXE7480-1.jpg

その後、産土さんの東八幡神社へ。ご祭神は品陀和気命(応神天皇)。
DSXE7497-1.jpg

神社の境内は気持ちの良い空間でいつまでもいたくなる。
産土神社をご支援するため毎年お札を求めている。
DSXE7509-1.jpg


次は天石門別八倉比売(あまのいわとわけやくらひめ)神社へ。
神山の上一宮大粟神社などとともに
旧阿波国一宮と比定されているもの。

クルマは阿波史跡公園に置いて歩くといい。
文化財めぐり、付近の森の散策、草原でのフリスビー、
気延山への登山などと合わせて数時間は費やせる。
DSXE7524-1.jpg

元日というのに人は少ない。
これが徳島の良いところ。
クルマは県外ナンバーが意外に多い。
DSXE7528.jpg

石段を上がりきると天石門別八倉比売神社の境内へ
DSXE7552-1.jpg

神社の名前がアマテラスオオミカミを連想させる名前であるし、
神社の裏手の丘には卑弥呼の墓と伝えられる
五角形の磐座(いわくら)がある。
DSXE7546-1.jpg

神が降臨する依り代として使われたのだろうか。
ぼくの目には古墳と映る。
そしてこの稜線を辿ると気延山(きのべさん)。
気延山は矢野神山ともいい、三角縁神獣鏡が発見された。
この周辺一帯はパワースポットともいわれている。

すぐ近くには大泉神社。
天の真名井(あめのまない)と呼ばれる
これまた五角形の井戸がある。
ご利益があるといって汲みに来る人がいる。
DSXE7563.jpg

神山(神の山なんて)の大粟神社とともに
歴史や神秘が好きな人を惹きつける要素があるのだろう。

目に見えない土地の良さに気付くのも心の地産地消。



気圧についての追記

昨夜は、紅白歌合戦が放映されている時間帯に気圧が急降下。
朝、起きると静かな印象。
雪がひと晩で降ったのだろう。
けれど気温が高めなので昼前には溶けそう。
いまは10時台で1007hPaまで上昇。
D7K_1748-1.jpg

D7K_1751-1.jpg
(カシオプロトレック WWFモデルPRW-1300WFJ-7JR。過去24時間を1ドット2時間・1hPaで表示)
タグ:神社
posted by 平井 吉信 at 01:18| Comment(0) | 徳島