2019年11月17日

紅葉の仁淀川と安居渓谷番外編 道の駅633美の里 森の小さなお菓子屋さん


道の駅633美の里(むささびのさと)は
四国を縦と横に横断する国道(194号、439号)が交差する近くにある。
目の前には仁淀川支流の上八川川が流れている。
(仁淀川が上流のダム群で瀕死となりながらも清流たりえるのは土居川と上八川川の存在が大きい)
須崎から佐川、越知、鎌井田、池川を経由して大豊I.Cへ向かう途中で
お腹が空いたとしても
周辺にはコンビニはもちろん飲食店がほとんどない。
距離は長いが快適な運転の合間に
ふと止まりたくなる絶好の場所にある。
(四国の道の駅でもっとも好きな場所)

まずここでは山茶を探す。
地元ではほうじ茶が日常の茶のよう。
りぐり山茶もここで常時手に入る。
RXM01468.JPG

DSCF6816.jpg

次に食堂で昼を食べる(山里定食)。
DSCF6819-1.jpg

食堂の入口にある「森の小さなお菓子屋さん」ではパイを買う。
パイには、さつまいもとかぼちゃがある(ともに地元産とうたわれている)。
この手のお菓子は砂糖の含有量が多いものだが
原料は、さつまいも、かのこ豆、白あん、バター、卵、小麦粉、砂糖、マーガリン、ラム酒で、
さくっとした外皮と穀物の甘さが程良く何個でも食べられそうである。
(かぼちゃはさつまいものところが入れ替わるだけ)
運転のお伴におすすめしたい。
(1個150円)
RXM01475.jpg

RXM01483-1.jpg

によどぶるぅ、というシフォンも気にはなる。
紫芋による発色だそうだ。
RXM01459.jpg

道の駅633美の里は地元の方々が精一杯盛り上げている。
ますますお元気でと声をかけて徳島までの長い帰路をめざす。
(本山でおいしいコーヒー店があるが満車で入れなかった)
タグ:仁淀川
posted by 平井 吉信 at 20:37| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ

紅葉の仁淀川と安居渓谷(本編)


池川のまちなかを過ぎれば安居渓谷への分岐が現れる。
国道から分かれて進む道では離合が困難な場所がある。
仁淀ブルーのなかでももっとも人気の場所だけに
紅葉の時季には地元の走行ルールを事前に調べて訪問したほうがいい。

宝来荘前に停める車が多く繁忙期は満車となる。
その手前の駐車場に停めて歩くことをおすすめしたい。
また、第二駐車場も穴場と思う。
(写真は下流から順に)。
DSFT6380-1.jpg

DSFT6374-1.jpg

D7N_5630-1.jpg

D7N_5631-1.jpg

DSCF8074-1.jpg

宝来荘と吊り橋
DSFT6205.jpg

DSFT6203-1.jpg

支流の滝をめぐる散策は人気のコース
DSFT6363.jpg

周辺は錦絵のよう
DSFT6230-1.jpg

DSCF8028(1)-1.jpg

DSCF8036(1)-1.jpg

DSCF8041(1)-1.jpg

DSFT6356-1.jpg

D7N_5554-1.jpg

庭園のような場所がある
DSCF8068-1.jpg

DSCF8072-1.jpg

D7N_5559-1.jpg

D7N_5615-1.jpg

水晶淵(ただしこの色も本来の仁淀ブルーではないと思う)
DSFT6300-1.jpg

D7N_5557-1.jpg

DSCF8063(2)-1.jpg

安居渓谷はもちろん良いが
人が多い休日を避けるのがいいかもしれない。
また、時間のある人は面河渓谷を訪れてみたらいいだろう。
(仁淀水系の支流では第一に指を屈する場所ではないかと)

でも究極の水の色は吉野川源流白猪谷にある。
一度ご覧いただいたら生涯忘れられないだろう。(渇水期は除く)

genryu.jpg

gennryu2.jpg

水の色を感じないのに色があるという感じ。
posted by 平井 吉信 at 19:25| Comment(0) | 山、川、海、山野草

紅葉の仁淀川と安居渓谷〜池川のまちを流れる土居川〜


国道33号線を遡ると越知町から北へ分岐して
仁淀川支流の土居川に沿って北上する。
土居川水系も透明度の高い川で
その上流に安居渓谷がある。

茶畑の下には風情のある沈下橋
夏場はここでコロガシをしている(水中メガネで見ながらアユを針にかける)
DSFT6197-1.jpg
(この上流に商店街があるとは信じがたいでしょう)

その上手でSUPをしているカップル。
理想的な静水域で道路からも見られない水面をすべっていく。
DSFT6200-1.jpg

D7N_5543-1.jpg

ダムがない土居川は川底が生きている
DSFT6202-1.jpg

日曜日をこんなふうに過ごしながら
水から上がって茶畑プリンでも食べるといいだろう

池川のまち(商店街)は自宅の裏が土居川
(これは反則。客が途切れると自宅兼店の裏手から友釣りができるなんて)
D7N_5549-1.jpg

商店街沿いの道路も川まで降りていく
(郡上八幡もいいまちだが、さらにのんびりとしている)
DSCF8005s-1.jpg

タグ:仁淀川
posted by 平井 吉信 at 18:50| Comment(0) | 山、川、海、山野草

紅葉の仁淀川と安居渓谷〜仁淀ブルーとかわの駅おち〜


仁淀ブルーのプロモーションをNHK高知放送局が仕掛けたのは2012年だったか。
仁淀ブルーの青には緑色は含まれないと思う。
(エメラルドグリーンではないのだ)
そのためには条件がある。
それは川底の色、ひいては珪藻の状態。

このところ四国は雨がなく渇水気味である。
このような条件下では
水は澄んでいても仁淀ブルーは現れない。
ぼくもこれまで二桁は訪問しているが
仁淀ブルーと言い得る状況だったのは1〜2回ぐらいだ。

おそらくはある程度の大水が出て4〜5日が経過した頃
川底が清掃されたとき。
そのうえで光を沈み込ませる深さが不可欠。
だから渇水期には出現しない。
(誰かが「仁淀ブルー指数」を定点で毎日発表して欲しいと思う)

率直に書かなければならない。
仁淀川上流のダム群が水質を悪化させている。
(水質というよりも底質かもしれないが)
本流で数カ所泳いで川底を観察したが
川は死んでいる、と感じた。
そのため本流では仁淀ブルーはまず見られない。
(奇跡的に条件が整ったら見られるかもしれない。ぼくは一度しか見たことがない)

けれども川と風土に目を向ければ仁淀川はいまも憧憬の川だ。
高知県佐川町出身の作家、森下雨村の珠玉の名随筆集「猿猴川に死す」では
鎌井田地区の佇まいが桃源郷のように描かれている。
浅尾沈下橋から上流を俯瞰して屈曲部のあたりが描かれている場所ではないのだろうか。
(仁淀川のポスターでいつも出てくるのは浅尾沈下橋である)
鎌井田地区の仁淀川には置き忘れた四国の風土が息づいている。
DSCF7981(1).jpg

そして仁淀川の水は千変万化を見せる。
太陽が射す川底は明るく
太陽が射さない川底は碧色の階調に沈む。

窪川の仕事で美馬旅館に投宿後、
須崎から佐川へ、土居川を遡って池川の商店街を抜けて
安居渓谷に入る。

佐川町から越智町に入ると国道33号線沿いに「かわの駅おち」ができていた。
DSFT6166-1.jpg

DSFT6170-1.jpg

DSFT6173-1.jpg

町がスノーピークに運営を委託しているのだろう。
地元の物産とアウトドア用品を置いてある。
でももっとスノーピーク色を出したほうが良くはないかな?
その一方で、町内との連携がやや希薄な感じはする。
なぜここにこの施設があるのか、
どのように地元とつながっているのか。

「人生に、川遊びを」と訴える。
― 子どもの頃からそうしていますよ(そしていまも)。
RXM01453-1.jpg

この日の浅尾沈下橋
(水量が少ないうえに川底の状態が良くないので冴えない)
DSFT6184-1.jpg

DSFT6188.jpg

むしろ河畔の野菊に惹かれた
DSCF7989(1)-1.jpg
タグ:仁淀川
posted by 平井 吉信 at 18:39| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2019年11月10日

六花亭のマルセイバターサンド 数年ぶりの口福のとき


そごう徳島店での北海道物産展には行きたくても行けなかったが
義弟が北海道に出張しておみやげを買ってきてくれた。
それがなんと六花亭のマルセイバターサンド。
DSCF7020-1.jpg

もしこの世にこのお菓子がなかったらどんなに味気ないだろう。
スマートフォンがなくてもぼくには困らないけれど
六花亭がない世界は実に味気ない。
(世の中にはもっとおいしいお菓子があるよとささやかれても心に響かない)

5個入りで650円(税込)という価格でこれが売られているのだから
ぼくが菓子屋なら廃業したいと思うだろう。
誰が食べてもおいしいという最大公約数を
北海道の良質の材料を使いながら手頃な価格で提供している。
製品はともかく企業の世界観がさらにすばらしい。
四国には宝物のような川があるが、
北海道には六花亭がある。
みんな違ってみんないい。

数年ぶりに訪れたこの時間、
コーヒーや紅茶ではなく緑茶でいただくこととした。
銘柄は曲風園の大歩危茶。
DSCF7630-1.jpg

DSCF7641-1.jpg

DSCF7030-1.jpg
(もっともよく飲んでいる緑茶がこれ。霧が発生する渓谷の支流で農薬を使わずにていねいにつくられている)

時代とともに緑茶に求められる嗜好は変化しているが
渋みのない春の日射しのようなやわらかな風味が曲風園の特徴。
その感性がマルセイバターサンドの親しみやすさを引き立てると考えた。

DSCF7021-1.jpg

口の幸せという言葉はもしかして
いまの社会がもっとも求めていることかもしれない。
それと同時に社会全体の幸福をつくっていくことこそ
一人ひとりの使命ではないかと。
緒方貞子さんの志をみんなが受けついで共同体をつくっていければいい。

六花亭のマルセイバターサンドはおいしいだけではない
地域社会の幸福の実現というメッセージが込められているように思えるのだ。


追記
最後の行の意味がわからないとの質問メールをいただいたので補足を。
「地元の素材を活かして」「地域とともに」「地元密着で」などと打ち出す企業は少なくないが
それには地元の宝を掘り起こし、
受けつがれてきた意味を探るとともに
時代とともに新たな光を当てる作業が必要。

その根底には地域への愛しみ、文化や風土を尊重し尊敬する精神があるはず。
その精神が社内にあふれ地域へも浸透する企業になったとき
そこから紡がれる精神風土の豊かさが製品やサービスに込められる。

だからカタチだけを似せても追いつけない世界がある。
それは精神論ではなく現実に製品の品質の差を生み出している。
(ここでの品質とは総合的な意味を含む)。
もっともそれを感じる人がいなくなれば企業も存続しなくなる。
そのことを理解して企業も息の長い啓発を行っている。それがホンモノたる由縁。
六花亭製菓株式会社はその域に達した数少ない企業のひとつではないかと。

posted by 平井 吉信 at 16:00| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ

ナカガワノギク 世界中で那賀川中流の岩場だけに咲く


那賀川は剣山山系の南斜面に源を発し阿南市の紀伊水道に注ぐ全長125kmの一級河川。
小見野々ダム、長安口ダム、川口ダムなどの巨大なダムがせき止めているが
流域は日本有数の雨の多い地域であり無数の支流を集めて流れる。
最大24時間降水量では、2004年の海川地区で1,317o、
1976年には日早地区で1,114oと当時の木頭村が全国1、2位の記録を持っている。
古くから木頭杉に代表される林業の産地であり
かつては流木に乗って竿1本で川を下る職業があった。

このように大雨が降ると一気に下っていく激流が洗う中流域に
鷲敷ライン(急流で知られる景勝地)がある。
そこには大雨が降ると水没する岩場に咲く固有の植物や希少種が自生する。
DSFT5721.jpg

見た目はどこにでもありそうなナカガワノギクは
世界中でここだけという希少種。
その特徴は水没しても流されにくいように
葉が流線型をしているということ。
この日も同じ岩場にリンドウやアオヤギバナが咲いていた。

DSCF7364-1.jpg

D7N_5278-1.jpg

DSFT5724-1.jpg

DSCF7340-1.jpg

川沿いの公園のような場所ではイチョウが色づいている。
弁当を持って一日を過ごしてみてはどうだろう。
DSFT5732-1.jpg

DSFT5742-1.jpg

DSFT5750-1.jpg

ナカガワノギクが開花して丹生谷に秋が訪れた。
DSCF7368-1.jpg
posted by 平井 吉信 at 15:34| Comment(0) | 山、川、海、山野草

光のまち阿南 牛岐城趾のあかり


阿南駅から阿南市役所へ
そして富岡のまちの商店街を見下ろす高台が牛岐城趾である。
ここに地元企業によるLEDの装飾が施されている。
RXM01086.jpg

RXM01125.jpg

駐車場もある。
posted by 平井 吉信 at 12:50| Comment(0) | まちめぐり