2020年04月04日

佐那河内村から神山へ桜紀行


おおげさな題を付けてしまった。
自宅から半時間程度で行ける場所であり
午後の遅い時間に出かけても夕方までに戻って夕食の支度を始められるというのに。

佐那河内村は徳島県内で唯一の村でありながら
県庁から半時間程度の距離にある。
本日時点でコロナ感染者がもっとも少ないのは香川県の2名、継いで徳島県の3名。
しかも徳島県の感染者は県外で感染して戻ったもの。

人口が少なく場所が広いうえ、肉魚野菜米と食材の宝庫である点がのんびりとさせている。
公的機関に行ってもマスクを付けている人は少ない。
コロナ禍を機会に移住を考えている人は四国を考えてみてはどうだろう。
(徳島に移住される際は相談に乗りますよ。公的機関ともつなぎます。ブログのコンテンツ1000以上ありますけどまず読んでみてください。起業される場合も無料で相談に乗りますから)

その際に移住では全国的に有名な自治体がいくつかあるけれど、
佐那河内村はおすすめの場所である。
広々としている、清流がある、蛍がいる、高原がある、イチゴ、スダチの産地であるなどなど。
しかも県庁まで半時間少々で着いてしまう。津波の心配もない。

段々畑に桜が植えられている光景が目に飛び込んでくる。
DSCF1639-1.jpg

村内を流れる園瀬川では蛍が見られる(特に支流の嵯峨川)
DSFT8632-1.jpg

DSFT8636-1.jpg

車を降りて近くへ行こうとすると潜水橋がある。
DSFT8644-1.jpg

里山らしい風情が光に踊る
(春が見えるというのはこんな瞬間)
DSCF1659-1.jpg

DSCF1674-1.jpg

DSCF1683-1.jpg

DSCF1656-1.jpg


佐那河内村から10分西へ走れば神山町。
ここでは鮎喰川がまちの真ん中を流れる。
DSCF1709-1.jpg

DSFT8663-1.jpg

ゆうかの里という個人がつくった桜山もある。
DSCF1714-1.jpg

DSCF1724-1.jpg

さて、これから米を炊こう(米を炊くのはぼくの役割。おいしい研ぎ方、炊き方教えますよ)
きょうは6分搗きに精米して。
posted by 平井 吉信 at 21:53| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2020年04月02日

アルコールが入手しづらいときの代替案


アルコールが消えた
新型コロナウイルスの破壊に一定濃度のアルコールが有効とのことで
どこでもアルコールの入手が難しくなっている。
「アルコール」と書いてあればエタノール(工業用)であろうと燃料用であろうと
ウェットティッシュであろうと片っ端から店頭から消えている。

国は布製マスクの配布を決めたというが
台湾では2月からマスクの国内管理を国がITを用いて行うことで
全国民にマスクを配布して国民の不安を払拭しているし買い占めも転売も起こっていない。
蔡英文総統の支持がうなぎのぼりである。

アルコールを入れる容器も不足している
アルコールの需要がひっ迫しているということは精製量の問題だけでなく
容器の生産が追いつかずボトルネックとなっているからである。
ご存知のように高濃度のアルコールを入れられる容器は限られている。
ぼくのテストでもPET容器は35度程度のアルコール濃度なら短期間では影響はなさそうだが
70%を越えるパストリーゼ77を入れたら1日で破裂してしまった。

アルコールに変わる選択肢を探す
消毒(この言葉は変に思う。除菌もそぐわない。減菌が正しいのだろう)のためにアルコールが不可欠だが、液体も容器も生産が追いつかない。
ならば、以下のものを探せば良い。
@アルコール以外の物質で安全に減菌ができるもの
A現時点でも入手が容易であるもの
B廉価であること
C容器に依存しないもの
D手荒れしにくいもの

調べてみるとそれに該当しそうなものがあった。
それは、ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムを無機塩で調整した粉末を水に溶かして弱酸性次亜塩素酸水をつくる粉末の活用である(商品名を書かないのは各社から販売されているため)。

塩素系漂白剤との違い
似た名称の次亜塩素酸ナトリウムはハイターなど塩素系漂白剤でおなじみである。ノロウイルスなどにも効果があるため罹患者が使用したトイレの清掃やふきんの減菌で活用されている。
希釈してドアノブなどにも用いることができるが、金属を変質させる怖れがあり拭き取りを要するなど取り扱いに注意が必要とされている。しかし次亜塩素酸水はこれと違うのである。

弱酸性次亜塩素酸水とは2009年に食品添加物に指定されたもので人体への安全性は確保されている。
https://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/08/dl/s0819-8m.pdf(厚生労働省)
アルコールで手指を減菌する場合、手荒れが気になる方もいらっしゃるだろう。
塩素系漂白剤は希釈しても手につけることは避けた方がいいが、
次亜塩素酸水は手に付けても皮膚には影響がない。
ただし行き過ぎた除菌は皮膚の善玉菌を殺傷しかねない。
(除菌を気にするあまり過度の使用による弊害、潔癖症になってしまっては元も子もない)。

手すりやドアノブなどに触れた直後に減菌できれば感染のリスクは減らせるだろう。
つまり外出したときに迅速かつ的確に手指の減菌を行えることが感染防止に役立つ。
家庭用であっても潤沢に使えないと減菌が徹底できないことがあるだろう。
廉価で入手しやすいことは不可欠である。

粉末は入手が容易で長期保存も可能
次亜塩素酸水の素となる粉末は意外に高くない。
またボトルに入れて販売しないので現在も流通に出回っている。
ぼくも地元の家電量販店の売り場で購入したが、
8袋(1袋で500ccの弱酸性次亜塩素酸水ができる)入りで1000円少々で買える。
ドラッグストアなどにも幅広く在庫されていて4月時点でも容易に入手できるはずだ。

液体(次亜塩素酸水)では日ごとに効果が落ちていくが、
粉末では長期間の保存が可能で災害時の感染予防などの備蓄にも適する。
粉末を溶かすのが面倒だからと次亜塩素酸水(液体)を購入する場合は
製造してからの経過日数(鮮度)と効能がある期間に使い切れるかどうかの吟味が必要。

また、空間除菌という効能には根拠がないことに注意。
空気清浄機(○○イオンなど)、加湿器(次亜塩素酸水使用)、ペンダントなどで空間除菌をうたっていても効果がないばかりか、場合によっては人体に悪影響がある場合がある。仮に加湿器からの蒸気に除菌効果があるとしてもそれは加湿器本体から数十センチ程度の範囲ではないか。新型コロナウイルス患者が咳をしても飛沫は2メートル程度とのこと。加湿器から重い水蒸気を発散させても近距離しか届かないはず(その証拠に加湿器は置いてある周辺が湿ったり濡れたりしている)。ペンダントに至っては詐欺まがいの製品。人々の不安につけ込む商売はやめよう。

容器の確保はどうする?
問題は粉末を購入するはいいが、容器をどのように確保するか。
弱酸性次亜塩素酸水は光を遮断する必要があることので
中味の見えない遮光ボトルが必要だ。
そこで次亜塩素酸水をスプレー容器で販売しているメーカーの製品を調べてみた
(ノロウイルスが流行したときに買ったもので容器は洗って保管していたもの)。

DSCF1611-1.jpg

手元にあった次亜塩素酸水のスプレー容器を見てみよう。
販売元は商社や卸ではなく次亜塩素酸水の製造元で直販で流通を行っている。
次亜塩素酸水は高い除菌力と安全性を兼ね備えているが、
前述のように液体では時間とともに効力が落ちていく難点があり、備蓄していても意味がない。
このメーカーでは液体は自社生産をしているが、メーカーにとっても容器の入手難があるものと推察する。
それでも数日の品切れはあるが、インターネット通販で入手できる。

家庭用(400〜500ml用)と外出用(50ml)の確保
容器にはPP(ポリプロピレン)、PE(ポリエチレン)とある。
DSCF1615-1.jpg
まずはこの液体(中味は調整した次亜塩素酸水)を買って
中味をそのままつかってみる。使い切ったら次亜塩素酸水用のボトルとして再利用する。
500mlと50mlの容器がある。
特に市場から消えているのは50ml用の容器である。
ここでは4本(次亜塩素酸水塩素水入り)が2千円前後で購入できるが、
容器単独で買ってもその程度の価格で入手するのは難しいのではないか。
50ml用 https://amzn.to/2R0IZH9


500ml用 https://amzn.to/2UTYORh

(ただし500ml 4本の次亜塩素酸水を数ヶ月で使い切れるかどうか確認をお願いします)

既存のボトルの活用
無印良品のアルカリ電解水クリーナー (400ml)も利用できる。
https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4550182554113
投稿時点(2020.4.2)で店舗も通販も在庫があるようだ。
中味入りと容器のみの2つの形態で販売されている。
ぼくは容器のみを店舗で購入した。
用途は自作の虫除けスプレーの容器として使うため。
ハッカ油+アルコール+精製水でつくるのだが、作り方は簡単。
ただしPET容器には入れられない。
自宅では蚊除けとして(ハッカの清涼感があるのも良し)、
山ではブヨなどの虫を除ける用途で使っている。
皮膚につけても安心で廉価につくることができる。

無印良品のボトルの表示は以下のとおり。
DSCF1616-1.jpg

フマキラーはスーパーで見かける製品だが、これも店頭から消えている。
フマキラーによれば新型コロナウイルスの減菌に一定の効果があるとリリースしている。
https://www.fumakilla.co.jp/new/3720/
https://www.fumakilla.co.jp/new/3725/

上記のWebの情報からは製品に記載されていないアルコール濃度も判明。
・フマキラー キッチン用アルコール除菌スプレー(アルコール濃度49v/v%)
・アルコール除菌プレミアム ウイルシャット(アルコール濃度63v/v%)
・ウイルシャット ノンアルコール除菌プレミアム(アルコール不使用)

上記の情報が正しいならば、
アルコール濃度50%でも効果があること、
ノンアルコールも同等の除菌効果があったとしている。
また、手指用とはうたっていないが、手指にかかることは想定していると書かれているので
手指用に使っても差し支えないと判断できる。

フマキラーの容器を使い終わったあと、
弱酸性次亜塩素酸水を入れておけるかどうかだが、
容器の材質については現物にもWebにも記載がない。
しかし容器は遮光性があること、
50%濃度のアルコールに耐えられる容器であることから
弱酸性次亜塩素酸水には問題がないと判断できるのではないか
(くれぐれも容器は捨てずに洗浄して再利用してください)。

手指だけではない用途
政府が布マスクを2枚配布する方針を発表した。
効果は限定的であることに加えて洗浄のノウハウが必要なことから
かえって体調不良につながらないかと懸念がある。
布マスクの再利用については専門家の助言を守って運用してください。

その際に洗い終わって乾いた布マスクの表裏両面に
次亜塩素酸水のスプレーを塗布することは有効ではないかと個人的には考えている
不織布のマスクを減菌して洗うのは難しいと思われる。
もみ洗いができないので浸け洗い、そして乾燥させるのだが
これには時間がかかる。室内干しでは雑菌が増殖する怖れがある。
だから洗わずにマスクの両面に次亜塩素酸水を噴射して天日もしくはドライヤーの熱風で乾かす。
これで数回は使えると思うのだが、いかがだろう?
(自己判断でお願いします。専門家の見解等が判明すればブログ記事を修正することがあります)。

最後に2つのお願いがあります。
次亜塩素酸水(ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムを水に溶かしたもの)は
新型コロナウイルスへの減菌効果の有無については検証はなされていません。
→ 業界の参考記事がありました。化学工業日報


このことを理解したうえで既存ウイルスへの反応などから各自が判断してください。
新型コロナウイルス感染症への対応は人類全体の叡智と良心で当たらなければなりません。
不要な買い占めは厳に慎んでください。

参考文献
新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水の有効性について((一財)機能水研究振興財団 )
http://www.fwf.or.jp/data_files/view/1707/mode:inline

亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの有機物存在下における殺菌効果及びウイルス不活性効果(論文)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsei/31/3/31_15-053/_pdf



posted by 平井 吉信 at 12:16| Comment(0) | 新型コロナウイルス対策

2020年03月30日

佐川の牧野公園 今年最後のバイカオウレン いまだからハルリンドウ


高知県の四万十町窪川への出張の翌日、佐川町を経由して戻ることとした。
考えてみればぎりぎりの日程感。
2月中開催が何度か伸びて関係者の判断で3月中旬に設定されたもの。
無事に仕事を終えての安堵の帰路でもあった。

車は役場に置くのが良いと思う。
そこから牧野公園に向けて
酒蔵や牧野博士ゆかりの施設を抜けていくまちなみ。
佐川は知的な雰囲気が感じられる学問のまち。
DSCF0624.jpg

DSFT8176.jpg

牧野博士が子どもの頃過ごした佐川のまちなかの金峰神社の階段を上がっていけば
DSFT8235-1.jpg

シハイスミレと思うのだが、炬が細長く上に向いているのが気になる
DSCF0911-1.jpg

DSCF0889-1.jpg

牧野公園で最初に迎えてくれるのはユキワリイチゲ
DSCF0702-1.jpg

みんな違ってみんないい、と言いたげに
DSCF0869-1.jpg

右の小さな花こそこの日の主人公のセントウソウ(もっとも多い)
DSCF0871-1.jpg

咲き誇るユキワリイチゲの宴
DSCF0873-1.jpg

続いてオオミスミソウ
DSCF0638.jpg

DSCF0836-1.jpg

白いヒトリシズカと桃色のオオミスミソウ
DSCF0826-1.jpg

牧野博士が発見して妻の名を付けたスエコザサ
DSFT8209-1.jpg

高度を上げていくとセリバオウレン
DSCF0679-1.jpg

DSCF0678-1.jpg

次々と現れるスプリングエフェメラルを愉しめるのは四国でここだけ
こんな愉しい光景もある。バイカオウレンの花は終わっているがハルリンドウとシハイスミレ
DSCF0663-1.jpg

バイカオウレンは終わっていますよ、と案内所で聞いたが、わずかに残っていた
DSCF0698-1.jpg

DSCF0704-1.jpg

DSCF0710-1.jpg

牧野少年はこの山野草に夢中になったのだ
そしてエイザンスミレ(白花と赤が混じる個体がある)
DSCF0644-1.jpg

DSCF0714-1.jpg

D7N_5863-1.jpg

陽光を浴びて福寿草はいっそう福々しく
DSCF0736-1.jpg

DSCF0796-1.jpg

徐々に高度を上げていくと
DSFT8208-1.jpg

佐川のまちを見下ろす高台(大岩)に出る
DSFT8197-1.jpg

ここにはヒメスミレ
DSCF0775-1.jpg

佐川のまちを駆け抜ける特急南風を見ながら降りると
ハルリンドウが春の日を浴びている場面。
DSCF0923-1.jpg

起きてしまった過去(パンデミック)を悔いても仕方ない。
光が差し込める未来を信じていまを生きていくしかない。
posted by 平井 吉信 at 23:09| Comment(0) | 山、川、海、山野草

立江の夫婦桜(小松島市立江町) 2020年3月


今年の春は目に見える景色が違うような気がする。
一期一会の感が深まっているような。

曇りがちの空からこぼれた日射しを
二本の桜が受け止めそして照り返す。
DSFT8538-1.jpg

DSCF1485-1.jpg

DSFT8559-1.jpg

そこに百年を経た夫婦桜の箴言がある。
そのメッセージを受け止めました。
伝わっていますか?
DSCF1480-1.jpg


→ 立江の夫婦桜 ひとやま越えれば岩脇公園の水
http://soratoumi2.sblo.jp/article/179504859.html

→ 平成から令和へ 夫婦桜(立江町)
http://soratoumi2.sblo.jp/article/185799523.html
タグ:
posted by 平井 吉信 at 00:08| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2020年03月29日

「青い瞳のステラ、1962年夏…」と「星空の南十字星(サザンクロス)」の柳ジョージ 


ふと耳にしたのは柳ジョージの「青い瞳のステラ、1962年夏…」。
その瞬間、雷に打たれたよう。

初めて柳ジョージ(&レイニーウッド)を耳にしたのは中学の頃だったか、
ダイエーの4階にあったオーディオ売場で
オンキヨーのM6マーク3という31センチ2ウェイのスピーカーから流れた
「微笑の法則 〜スマイル・オン・ミー〜」だった。
国産のスピーカーでこれ以上に鳴りっぷりが良いスピーカーはないと思われる機種だったと思う。
そこからせり出してくる声に足が止まった。

成人してからは柳ジョージの最高作と言われている
2枚組のアナログLP「Woman and I」を購入。

徳島には米軍基地も横浜のような街並みもないけれど
音楽で背伸びをしていたのだ。
「青い瞳のステラ、1962年夏…」はこのアルバムの目玉曲でもあった。
YouTubeに1993年のライブ音源がある。
https://www.youtube.com/watch?v=j5aINIgqRVE

魂で歌っているように感じられるけれど
音楽はあくまで端正に流れていく。
最高の職人芸を提供しながらすれていないアマチュアリズムを持ち続けた人。
(だからライブ音源がすばらしいのだろう。なぜこんなバンド、音楽、歌い手が現在はいないのだろう)


レイニーウッド時代の音も悪くないけれど
アトランティック時代では「GEORGE」も好きだ。
「星空の南十字星」という楽曲を聴くと
南太平洋の離島で過ごした日々を思い出す。


ある日、近くの民家から子どもの鳴く声がして母親があやしていた。
どこの国も、どの母親も同じ…
ああ地上はどこもそうなんだと腹に落ちた。
Image00030.jpg

Image00035.jpg

すがすがしさと切なさに眠れずファレを抜け出して
見上げた夜更けの空に南十字星が燦々とあった。
Image00037.jpg

柳ジョージの歌は本人が地上にいなくなってもなお南の空に輝いている。


追記1
CD1枚で聴きたい人はこのベスト盤がいいだろう。
プレミアム・ベスト 柳ジョージ オリジナルレコーディングのリマスター
〔収録曲〕
1. 「祭ばやしが聞こえる」のテーマ
2. 微笑の法則~スマイル・オン・ミー~
3. 青い瞳のステラ、1962年夏…
4. さらばミシシッピー
5. 酔って候 (Live at Budokan)
6. 雨に泣いてる (Live at Budokan)
7. 星空の南十字星
8. RUNAWAY〔悲しき街角〕
9. ビッグ・カントリー
10. 真夜中のテレフォン・コール
11. コイン ランドリィ ブルース
12. For Your Love
13. フーチー・クーチー・マン
14. 明日への風
15. Long Time Comin’
16. 愛しき日々


追記2
南十字星は赤道近くに行かなければ見えないと思っている人も多いだろう。
北に位置する星は意外にも高知県から見える。
もっともそれを見たからといって南十字星の一部とはわからないかもしれない。
全天第二の輝星にして南極老人星とも呼ばれるりゅうこつ座のα星、カノープスが2月に南中する時は徳島でも地平線から少し上で見ることができる。
この星を見ると長生きできる、といわれているのはご存知のとおり。
知っていればけれど。
posted by 平井 吉信 at 23:31| Comment(0) | 音楽

2020年03月28日

晴れた日は乾いた寂寥感 雨の午後はしっとりと心につゆを落とす(とくしま植物園)


近所にあるお陰で前を通りかかったときなどに立ち寄っている。
とくしま植物園のある徳島市南部は
県内でももっとも住みやすいと思われる地域。

園内は平坦な公園と丘陵を登っていくコースからなる。
今回は公園の園地を主にご紹介。
DSFT8410-1.jpg

DSFT8417-1.jpg

DSFT8419-1.jpg

DSFT8392-1.jpg

早咲きの桜は寒桜の一種だろうか
DSCF1102-1.jpg

DSCF1108-1.jpg

斜めの光で園芸種のスミレを地面すれすれで見る。でも主役はホトケノザかも
DSCF1122-1.jpg

DSCF1125-1.jpg

公園の周辺部の土手に咲いている花を見よう
DSCF1159-1.jpg

ヒメスミレ
DSCF1137-1.jpg

その近くにスミレ
DSCF1149-1.jpg

さらにその近くにムラサキサギゴケ
DSCF1158-1.jpg

DSCF1127-1.jpg

晴れているがどこか寂寥感が漂う。
しかしそれはそれで静寂と平和を象徴している。
(それは顔料インクの世界かも)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

霧雨にむせぶような雨の日、
丘陵の散策路をたどる。
雨露を宿した路傍の植物に足を止める。
DSCF1365-1.jpg

DSCF1370-1.jpg

DSCF1380-1.jpg

DSCF1390-1.jpg

上がりきるとソメイヨシノが部分的に開花
DSCF1398-1.jpg

DSCF1414-1.jpg

さらにしだれ桜などが咲いている。
DSCF1451-1.jpg

天気予報では山間部で雪が…というようなひんやりとした空気感。
目に見える輪郭がやわらかく儚げ。
染料系のインクが染みだしたとでもいおうか。
DSCF1417-1.jpg

DSCF1437-1.jpg

DSCF1441-1.jpg

DSFT8515-1.jpg

DSFT8502-1.jpg

DSCF1449-1.jpg

霧雨にたたずむ丘陵は心を濡らす。
けれど、この空気感は汚れを洗い流してくれるよう。
晴れでも雨でも―。

posted by 平井 吉信 at 23:40| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2020年03月26日

日本でここにしかない 勝浦雛桜が咲く稼勢山(かせやま)


徳島県の勝浦町といえば、ビッグひな祭りが有名である。
道の駅ひなの里かつうらに隣接する施設で開催されるほか、
DSCF0874-1.jpg
前松堂のある棚野の商店街、横瀬の商店街、奥座敷と呼ばれる坂本地区などの街道沿いで思い思いの展示物が展開される。

桜ぼんぼり 里山 神社 おひな街道をいく(勝浦町坂本地区)
→ http://soratoumi2.sblo.jp/article/179167503.html

近年はもうひとつ花を添えるできごとがあった。
それは町内で咲く珍しい桜の品種があるのだが
それが近年になって新種と認定されたとのこと。
その桜は地元の方によって「勝浦雛桜」(かつうらひなざくら)と命名された。

株分けして町内の民家に点在するらしいのだが
最大の群落は稼勢山の北東斜面の中腹にある。
そこは民有地で「桜園」と名付けて見せていただけるようなのである。
(近隣には河川敷にひまわりが一面に咲く場所もある。もちろん盛夏のこと)
→ 横瀬立川のひまわり畑で子どもに帰る
http://soratoumi2.sblo.jp/article/57418778.html

場所はわかりにくい。
咲いている場所は到着する数分前に判明したもので
事前に目星を付けたところと違っていた。
車は県道沿いの広い場所か公共施設の駐車場に停めて歩くのが現実的。
国土地理院1/25000地図にも掲載されていない道を歩いて登る。
(車で登ろうとされている年配のご夫婦がいたので無理ですよと説得)
民有地のため場所を紹介してよいかどうかはわからないので
写真を掲載することで風景と生態的な両面からご覧になれるようにしたい。

歩き出すと目に付くのは春の山野草たち
桜に辿り着く前に足を止めては眺めてしまう。
DSCF1176.jpg

DSCF1179-1.jpg

DSCF1183-1.jpg

DSCF1191-1.jpg

ぼくはヤマザクラがもっとも好きである。道中にも咲いていた。
DSCF1178-1.jpg

途中の道中はこんな場所を通る
DSFT8431.jpg

スミレではタチツボスミレが多い
DSCF1201-1.jpg

DSCF1206-1.jpg

アケビの実のようなものから綿毛が飛び出していた
DSCF1198-1.jpg

どうやら桜園に着いたようだ。
DSFT8432-1.jpg

DSFT8456-1.jpg

新聞記事では町内にお住まいの定作(じょうづくり)さんが植えられたとある。
来訪者に説明をされている左側のお方がそうではないか。
DSCF1218-1.jpg
(親しみやすいが品のあるお方である)。
かつて町内で醸造されていた「桂華」(日本酒)の蔵元、もしくはご親族ではないだろうか。

勝浦雛桜は、エドヒガンとヤマザクラの交配種とされる。
ソメイヨシノと比べても花が一回り大きく
ふっくらしている印象。
群れとなって咲く様子は陽気な田舎娘のような魅力がある。
DSCF1214-1.jpg

DSCF1215-1.jpg

DSCF1225-1.jpg

DSCF1232-1.jpg

勝浦川や横瀬の商店街が指呼の間に見える
DSCF1233-1.jpg

DSCF1253-1.jpg

定作さんは散策しやすいように道を整備し座る場所をご用意されている
DSCF1245-1.jpg

DSCF1250-1.jpg

D7N_5894-1.jpg

D7N_5901-1.jpg

D7N_5920-1.jpg

ツツジと桜の饗宴
DSCF1263-1.jpg

DSCF1268-1.jpg

DSCF1273-1.jpg

近所の小麦屋さん(パン店)で買ってきた桜餡の入ったコッペパンを持ってきた
DSCF1276-1.jpg

園内の散策路が下にも伸びている
DSCF1284-1.jpg

DSCF1290-1.jpg

DSCF1293-1.jpg

ユキヤナギと勝浦雛桜
DSCF1299-1.jpg

DSCF1301-1.jpg

椿も咲く散策路は落ち着いた風情
DSCF1312-1.jpg

近くで花びらを見たら屈託のない明るさ
DSCF1317-1.jpg

DSCF1320-1.jpg

感謝の気持ちで道を帰路につく

黄色いのはカタバミ(ムラサキカタバミは帰化植物だがこれは在来種)。ハコベも見える
 DSCF1327-1.jpg

これはヒメスミレか
DSCF1338-1.jpg

DSCF1332-1.jpg

坂本川沿いに咲いていたのはスミレ(○○の付かないスミレ)やゲンゲ
→ スミレと判断したが、葉のかたち、花弁の反り具合からしてヒメスミレか
DSCF1351-1.jpg

DSFT8486-1.jpg

自宅から車に乗って近所の山へ行くとしたら感染症のリスクとは無縁。
これがコンクリートに囲まれて室内で数日待機せよと言われたら
精神的に参ってしまうだろうな。
仕事に行かずに田畑を耕して収穫して
雨が降れば本を読んだり音楽を聴いたり。
こんなときだからこそ生きることの本質を見つめる機会。
ただいまを生きることを受け容れていく。

(フジX-T30+XF35mmF1.4 で8割近くを撮影。残りはフジX-T2+XF18-55mmF2.8-4 、ニコンD7200+AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G。地元新聞社の撮影した写真はこの桜のやわらかさや素朴さが伝わってこなかったので多めに掲載)
タグ: 勝浦町
posted by 平井 吉信 at 22:56| Comment(0) | 山、川、海、山野草